プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(土・日・祝は翌日)、6,000円(税抜)以上送料無料

カケレコ・ジュークボックスTOP >

世界中から強力な個性派タイトルが集結!2012年上半期リリース新鋭プログレ傑作選

常にハイレベルな作品を輩出し続けるイタリア勢を始めとして、英米にフランス、スペイン、北欧、南米と、まさに世界中から豊かな個性に彩られた傑作たちが多数届けられました。 既存のバンドのみならず新鋭のデビュー作に力作が目立ったという点でも、非常に実りの多かった2012年前半。 今回はそんな中から選りすぐった名盤たちを一挙にご紹介してまいりたいと思います。 準備はよろしいですか?それでは新鋭探求の旅へいざ出発!!

NEOGRASS

試聴 Click!

ノルウェー産新鋭シンフォ・バンドの6th。これが北欧の雄大な雪景色を想起させるイマジネーション溢れるアンサンブルが素晴らしい一枚。メロトロンとバンジョーが一緒に鳴るプログレなんて彼らでしか聴けません。

ONITHOS

試聴 Click!

伊シンフォ新鋭によるデビュー作。メロトロンの幽玄なる調べのなか、爪弾かれるピアノとフルートの鮮烈な響きが交錯するあまりに劇的なオープニング。そこから弾けるように飛び出すファンタジックなアンサンブルも痛快な伊シンフォの鏡のような一枚!

LUGNORO

試聴 Click!

ヴィンテージ・プログレもついにここまで来ました。70年代ロックの「あの」ザラつき感まで見事に表現して見せたハード・プログレを聴かせる、驚異のスウェーデン新鋭が登場!

VADE RETRO

試聴 Click!

こちらは南米ヴィンテージ・プログレと言うべきサウンド。LA MAQUINA、SERU GIRANなど往年のアルゼンチン・プログレの遺伝子を色濃く受け継ぐ新鋭。これは南米好きには堪らないサウンドでしょう。傑作!

THANK YOU SCIENTIST

試聴 Click!

この上半期、おそらく最も驚かされたのがこちらのバンド。あまりにダイナミックな曲展開、そこに絡んでいくスピーディーなブラス・セクション、テクニカルに疾走するギター、清涼感溢れるヴォーカル・・。これは間違いなく現代プログレ最高峰だなぁ・・。

NEXUS

試聴 Click!

おそらく今南米一熱いプログレ・バンドと言ってよいNEXUSの12年作。これが泣きてんこもりの王道シンフォが炸裂する逸品なんです。では本作からは泣きのシンフォ・ファンには一撃必殺であろうこのオープニング・ナンバーをどうぞ!

HOSTSONATEN

試聴 Click!

ピアノ、ストリングスによるクラシカルな気高さとギターを中心としたエネルギッシュな演奏、幽玄のメロトロン、そして展開ごとに巧みに入れ替わる男女混成のヴォーカル陣・・。現代イタリアン・シーン最高のアーティストが放つ傑作ロック・シンフォニー!

SCHERANI

試聴 Click!

オープニング・ナンバーにやられる度はNO.1!ピアノ、ヴァイオリンによってひたすら艶やかに優美に紡がれる完璧なるクラシカル・シンフォ・ナンバーに悶絶必至!

NOOUMENA

試聴 Click!

このバンド、もとはデスメタルやってたって!?フランスらしい退廃感と耽美さが薫るアヴァン・プログレ新鋭。

CORALSPIN

試聴 Click!

現代に甦った70年代QUEENと言うべき音楽性を持つ英国新鋭のデビュー作。女性ヴォーカルのフレディーライクな歌いっぷりも見事です!

DAAL

試聴 Click!

歌わないイタリアン・シンフォだって!?正直このバンドに限ってはヴォーカルは不要です。へヴィー・シンフォ特有のダークな質感の中に滲むイタリアンな叙情美がたまらなく素晴らしい逸品。う〜ん、これはいいバンドです。

DELUSION SQUARED

試聴 Click!

フランスから登場したゴシック・シンフォ・バンドの2nd。ゴシック・ハード調の耽美さを持つアンサンブルに美声フィメール・ヴォイスが高らかに響く、すべての女性ヴォーカル・ファンにオススメしたい作品となっています。

HARVEST

試聴 Click!

スペインはバルセロナ出身の新鋭プログレ・バンドの2nd。ギターを中心としたソリッドなアンサンブルに清涼感たっぷりの女性ヴォーカルが乗るメロディアス・プログレ。これは暑い夏のひと時に浸りたい一枚ですね〜。

MAURIZIO DI TOLLO

試聴 Click!

イタリア出身のドラマー、マルチ・プレイヤーによる12年作。FABIO ZUFFANTI、MASCHERAのメンバーも参加で展開される、FINISTERREタイプの艶やかかつ叙情美に溢れた傑作イタリアン・シンフォ作品。コレはもう絶品と言うほか無し!

SUNCHILD

試聴 Click!

ウクライナ出身、英国に拠点を置くCAELLYSIレーベルの総帥を務めるキーボーディストANTONY KALUGINによるプロジェクトSUNCHILDの12年作。本作もクールな質感を持つキーボード・サウンドを中心としたドラマティシズム溢れるメロディアス・シンフォを展開。

BAROCK PROJECT

試聴 Click!

イタリアに現れた新世代型シンフォ・バンドによる傑作3rd。BAROQUE+ROCK=BAROCKという名の通り、格調高いバロック・アンサンブルとロック的ダイナミズムが一体となった未体験のサウンドを展開!ドラマティックな歌唱を聴かせる男性ヴォーカルも魅力です。

Facebookコメント

在庫一覧

  • HOSTSONATEN / RIME OF THE ANCIENT MARINER CHAPTER 1

    FINISTERRE出身の奇才FABIO ZUFFANTIによるシンフォニック・ロック・プロジェクト、12年作

    近年常にその動向が注目されるイタリアのシンフォニック・ロック・プロジェクト、HOSTSONATENの12年作。あまりに流麗な弦楽、繊細に奏でられるクラシカルなピアノ、きらめくような音色のアコギらが織りなす柔らかな美感に満ちたアンサンブルと、分厚いシンセを纏って力強く歩むアンサンブルとが入れ替わり立ち替わり現れ、雄大なストーリーを築き上げる圧巻のシンフォニック・ロック。熱い叙情が込められた渾身のギターソロや、汲めども尽きぬ泉のように湧きあがるメロトロンがアンサンブルを劇的に彩り、聴き手を感動へと導きます。曲展開に合わせて入れ替わるヴォーカルもそれぞれの個性を存分に発揮しており、全体を通してドラマティックな起伏に満ちたストーリーを紡ぐ効果を担っています。イタリアらしい零れ落ちるような叙情と情熱を帯びて躍動するアンサンブルがあまりにも素晴らしい、傑作シンフォニック・ロックです。

  • LUGNORO / ANNORSTADES

    スウェーデン、新鋭とは思えない埃っぽいヴィンテージ・サウンドを聴かせるハード・プログレ、12年デビュー作

    スウェーデン出身の新鋭ハード・プログレ・バンド、12年のデビュー作。ヘヴィーなリフレインの合間に流麗なフレージングを聴かせるギターと埃っぽい音色で弾きまくるハモンド・オルガンによる、ドライヴ感あふれるアンサンブルが素晴らしいハード・プログレ。12年作とは到底思えないヴィンテージ・サウンドを展開していますが、よくある単に音色がヴィンテージなだけというのとは違い、楽曲自体が70年代ハードロックそのものと言えるほど精巧に作り込まれているところが、このバンドの70年代へのこだわりと愛情を伝えています。どこか洗練されず性急な印象を与える曲構成までも再現されており、70年代ハードロックファンならニヤリとすること間違いなしの内容となっています。

  • NEXUS / AIRE

    現アルゼンチン・シンフォ・シーンの代表格、2012年作

    現代アルゼンチン・シンフォの代表格NEXUSの12年作。テクニカルかつ叙情的な演奏によって描かれる濃厚なドラマティシズムが素晴らしいシンフォニック・ロック。これでもかと哀愁を漂わせるヴォーカル・メロディはまさに王道というべきものですが、他のバンドならクサくなるところを、聴き手をしっかりと泣かせる堂に入ったパフォーマンスとして聴かせてしまうところにこのグループの高い実力を感じることができます。泣きのヴォーカルを支える演奏の熱量も相当なもの。過剰にテクニックに走らず、丁寧に紡がれる歌心に満ちたアンサンブルが胸を打つ傑作です。

  • SCHERANI / EVERYBODY'S WAITING

    イタリア、HOSTSONATENのキーボード奏者、12年ソロ作

    HOSTSONATENのキーボード奏者による12年のソロ作。 クラシカルにして繊細、見事な表現力を持つピアノと鮮烈に響き渡るヴァイオリンの研ぎ澄まされた音色があまりに美しい、冒頭のシンフォニック・ロックナンバーですでに悶絶必至。ファンタジックな色合いを与えるメロディアスなシンセ、女声ヴォーカルのおおらかに包み込むような歌唱、どこか物悲しく響くフルートなどに彩られた、クラシカルな美感とシンフォニックな高揚が渾然一体となって聴き手を感動の渦へ誘い込みます。 これは間違いなくHOSTSONATENにも匹敵するほどの傑作です。

  • SUNCHILD / ISOLATION

    KARFAGENのキーボード奏者による別プロジェクト、12年作

    KARFAGENのキーボード奏者ANTONY KALUGINによるプロジェクト・バンドSUNCHILDの12年作。PINK FLOYDからの影響が色濃く現れた空間的な音作りが特徴的で、その中をクリアな響くギターと重量感たっぷりに刻まれるリズムという北欧プログレを思わせるコンビネーションが力強く歩む劇的なシンフォニック・ロックを展開します。多彩に音色を変えつつアンサンブルを彩るシンセ、豊穣な音色を聴かせるオルガンも特筆ものの素晴らしさ。加えて、プログレ的な難解さを微塵も持たない洗練されたメロディラインと肉感的な歌唱が、このグループならでは魅力を醸し出しています。後半の20分超に及ぶ組曲も恐るべき完成度。これは現代メロディアス・シンフォとして非の打ち所のないほどの傑作です。

  • VADE RETRO / FLORECIENDO EN HELIOPOLIS

    アルゼンチン産新鋭プログレ・バンドの12年作、70年代南米プログレを思わせる繊細な音運びと珠玉のメロディに溢れた大傑作!

    アルゼンチン出身の新鋭プログレ・バンドによる12年作。冒頭、音響派を思わせる幻想性に満ちた音空間を聴かせたかと思うと、ギターによるこぼれ落ちんばかりの哀愁を放つソロに、SERU GIRANなどの70年代アルゼンチン・ロック直系のロマンと清涼感を併せ持ったメロディが湧き出てきて、ここですでにこのバンドの魅力に取り込まれていることに気づきます。ピアノの流麗なフレーズに乗せて歌われる淡い叙情を秘めたヴォーカル・メロディも素晴らしい。そうかと思うと今度はジャズ/フュージョン風のテクニカル・アンサンブルまで飛び出してきて、あたかも在りし日のアルゼンチン・ロックが甦ったかのような錯覚を覚えます。70年代的な質感を持った音使いと現代的なモダンな音使いとをバランスよく配するセンスも特筆です。LA MAQUINA、SERU GIRANを始めとする70年代南米プログレがお好きな方には、何を置いてもオススメしたい大傑作です。