プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(土・日・祝は翌日)、6,000円(税抜)以上送料無料

カケレコ・ジュークボックスTOP >

EL&PやLE ORMEやBANCOのDNAを継ぐイタリアン・キーボード・プログレ新鋭特集!

1970年のEL&Pのデビューを機に、キーボードを主体とするプログレッシブ・ロック・バンドは世界中に拡散し、多種にわたるキーボード・サウンドが70年代以降のプログレ・シーンを大いに彩りました。

イタリアにも、重厚なツインキーボードをフィーチャーしたBANCOや「イタリアのEL&P」とも言われるキーボード・トリオ、LE ORMEなどの名バンドが数多く登場しましたよね。

そんな往年の名バンドたちのDNAを受け継いだキーボード・プログレの新鋭バンドたちをご紹介してまいりましょう。

ピアノ、オルガン、シンセ、メロトロンが縦横無尽に交差する圧巻のキーボード・サウンドの数々を、どうぞご堪能ください♪

BAROCK PROJECT

試聴 Click!

この音の瑞々しさやまばゆさときたら!EL&Pやジェネシスやニュー・トロルスのDNAを継いだイタリアの新鋭で、前作もカケレコベストセラーとなりましたが、この2015年作、さらに突き抜けてます!すごいワクワク感!

LA CURVA DI LESMO

試聴 Click!

HOSTSONATENのFabio ZuffantiとLA COSCIENZA DI ZENOのStefano Agniniによるプロジェクトで、バロック建築や絵画が目に浮かぶような荘厳かつ壮麗な音世界はさすがのスケール。

SCHERANI

試聴 Click!

この必殺のオープニング・ナンバーを聴いて立っていられるかい?HOSTSONATENのキーボーディストが贈る、傑作クラシカル・シンフォ!!こ、これは悶絶〜〜

FEM

試聴 Click!

P.F.M.やBANCOやLE ORMEなど往年の伊プログレのDNAとともに、米カンサスばりのキャッチーなプログレ・ハード色も併せ持った伊新鋭。リリカル&ハードにかっ飛ばす痛快な2014年デビュー作!

LOGOS

試聴 Click!

陽光溢れる豊かなイマジネーションと柔らかな詩情。レ・オルメやP.F.M.のDNAを継ぐ注目のイタリアン・ロック新鋭による2014年作なんですが、これはオススメですよ〜。

IL CERCHIO D’ORO

試聴 Click!

70年代に活動しながらアルバムを残さずに終わった幻のグループが00年代に復活。13年作の2nd。そそり立つように荘厳でクラシカルなトーンからスペイシーで艶のあるトーンまで自在なシンセ、哀愁を漂わせるオルガン、繊細で陰影豊かなピアノ、ここぞという場面で叙情的に溢れだす必殺のメロトロン!

PROGENESI

試聴 Click!

EL&Pやジェネシスやレ・オルメやPFMに影響を受けたメンバーによりミラノで結成されたグループ。2012年デビュー作。キーボードとギターによる息もつかせぬスリリングな音の応酬と、イタリアらしいクラシカルな叙情性とが違和感なく同居するハイレベルな一枚!

LA COSCIENZA DI ZENO

試聴 Click!

荘厳に鳴り響くメロトロン、唸りを上げるヘヴィ・オルガン、リリカルなピアノなど多彩な表情で鮮やかに彩るキーボード群が強力。切々と歌い上げるヴォーカルとリリカルなキーボードを中心とした穏やかな「静」のパートととのコントラストも見事!

ENTITY

試聴 Click!

EL&Pやレ・オルメのDNAとともに地中海のエッセンスもあって、なるほどイタリア領サルディーニャ島出身の伊シンフォ新鋭なのかぁ。いいです、これ!

SENZA NOME

試聴 Click!

イタリアの新鋭プログレ・グループ、08年デビュー作。こ、これはバンコじゃないのか!?高速変拍子の中をキーボードとギターが精緻かつ狂暴に疾走するアンサンブルは、ずばりBANCOファン必聴!

ALEX CARPANI

試聴 Click!

ファズの効いたヴィンテージなハモンドが荒々しく炸裂!そこに力強くからむサックスを吹くのは、なんとVDGGのDavid Jackson!ジェネシスやEL&Pやレ・オルメのDNAを継いだイタリア新鋭、充実の2014年作!

DORACOR

試聴 Click!

90年代以降のイタリアを代表するKey奏者の一人Corrado Sardellaによるソロ・プロジェクトの11年作。煌びやかなキーボード・アンサンブルを基調に、荘厳なメロトロン、優雅に舞うヴァイオリン、リリカルなピアノ、詩情豊かなメロディなど、イタリアらしい叙情性がたっぷり。

FUFLUNS

試聴 Click!

着実に受け継がれ、時を超えて今も息づく70年代イタリアン・ロックのあの熱情と詩情。IL BACIO DELLA MEDUSAのヴォーカリストを中心に、THE WATCHの元ベーシスト等で結成された70年代志向のイタリアン・ロック新鋭グループ。2016年デビュー作。

GAN EDEN

試聴 Click!

BANCOみたいな攻撃的なキーボード・プログレかと思いきや、PFMみたいな叙情性と気品にも溢れてるし、LE ORMEみたいな荘厳さもあるし。70年代イタリアン・ロックへの愛に溢れた、ファンタスティックで暖かみのあるサウンドが素晴らしい18年作!

Facebookコメント

在庫一覧

  • BAROCK PROJECT / SKYLINE

    バンド自身が最高傑作と自認する15年作4th、往年のプログレやハード・ロックやクラシックを見事に料理しきった傑作、ジャケットはポール・ホワイトヘッド

    クラシック音楽やキース・エマーソンに影響を受けたキーボード奏者&コンポーザーのLuca Zabbini率いるグループ。Luca自身がこれまでの最高傑作と評する2015年作4thアルバム。新たなドラマーとギタリストを迎え4人編成となっており、ゲストとして、なんとあのニュー・トロルスのVittorio De Scalziが3曲目に参加して録音されています。爽快なアカペラの多声コーラス・ワークではじまり、アコギとエレキによる弾むようなバッキング、透明感あるリリカルなピアノ、ファンタスティックなキーボードが豊かに広がるアンサンブルの何と素晴らしいこと!このオープニングを聴いて、ムーン・サファリを思い出すリスナーはきっと多いはず。前のめりに突っかかるようなリズムのキメとともに、ハモンド・オルガンがうねりを上げるところは、往年のプログレのDNAを継ぐ幻想性とともに、現代的なエッジが絶妙にバランスしててカッコ良いし、ガツンと歪んだギターとハモンドが突っ走るところなんかは70年代ハード・ロックも継いでてグッとくるし、管楽器風のトーンのキーボードが高らかに鳴り響いたかと思うとクラシックそのままの流麗なピアノが流れてメロディアスなパートにスイッチしたり、溢れんばかりのアイデアとそれを軽々とこなす演奏も特筆ものだし、すごいワクワク感いっぱい。EL&Pやジェスロ・タルへの愛情たっぷりなパートなんかもニンマリだし、往年のプログレ・ファンにも激レコメンド。前作も素晴らしい出来でしたが、さらに突き抜けた傑作!

  • DORACOR / LA VITA CHE CADE

    伊出身11年作、きらびやかなキーボードと硬質なギター絡むドラマティックなキーボード・シンフォ、11年作

    90年代から活動し、シンフォ・ファン必聴の名作を数多く残しているキーボード奏者Corrado Sardella率いるグループ、2011年作。スケールが大きくきらびやかなキーボードを中心に、エッジの効いた硬質なギター、手数多く焦燥感を煽るドラムがスリリングに畳みかけるダイナミックなシンフォニック・ロック。荘厳なメロトロン、優雅に舞うヴァイオリン、リリカルなピアノ、詩情豊かなメロディなど、イタリアらしい叙情性も魅力的。ドラマティックなシンフォニック・ロックのファンは必聴の力作です。

  • FUFLUNS / SPAVENTAPASSERI

    70年代志向のイタリアン・プログレ新鋭バンド出身の腕利き達が結成したグループ、2016年デビュー作

    IL BACIO DELLA MEDUSAのヴォーカリストを中心に、THE WATCHの元ベーシスト等で結成された70年代志向のイタリアン・ロック新鋭グループ。2016年デビュー作。荘厳にたなびくハモンド・オルガンやメロトロンのバッキング、高鳴るムーグのリード、時に陽光のような柔和さや時に格調高さを添えるアコースティック・ピアノやフルート。ヴィンテージなトーンのキーボードを軸に、ここぞではギターとリズム隊が重厚に鳴り響いてイタリアン・ロックらしい荘厳さを添えるサウンドが特徴です。イタリアらしいシアトリカルで情熱的なヴォーカルも印象的。70年代イタリアン・ロックのファンは要チェックの快作です。

  • GAN EDEN / GOODBYE

    イタリア新鋭18年作、BANCOやPFMなど70年代イタリアン・ロックへの憧憬と暖かみのある気品に溢れたキーボード・プログレ/シンフォニック・ロック

    key奏者Angelo Santo Lombardiを中心とする07年デビューのイタリア新鋭、前作から9年ぶりとなる18年作3rd。BANCOやPFM、LE ORMEといった70年代イタリアン・ロックの遺伝子を継承し、多彩なキーボードをダイナミックに駆使したクラシカルなシンフォニック・ロックを展開。キーボードの多様性はかなり特筆で、思わず耳を傾けてしまいたくなるキメ細やかなピアノを中心に、ヴィンテージなオルガン、煌びやかなシンセ、さらにはチャーチ・オルガンやチェンバロなどの荘厳な音色も取り入れ、イタリアらしい気品に満ちた丁寧なアンサンブルを聴かせています。歪んだギターを交えてアグレッシヴに展開する場面もあれど、全体の雰囲気は優雅で叙情的、かつどこか切なくメランコリック。しっとりと深みのあるヴォーカルも感動を誘います。ヴィンテージなサウンド・メイクも含めて、タイトながらも暖かみに満ち溢れたサウンドが愛おしい好盤です。

  • LA CURVA DI LESMO / LA CURVA DI LESMO

    HOSTSONATENのFabio ZuffantiとLA COSCIENZA DI ZENOのStefano Agniniによるプロジェクト、70年代テイストたっぷりな2015年デビュー作

    FINISTERRE〜LA MASCHERA DI CERA〜HOSTSONATENを率いる90年代以降のイタリア・プログレを代表する才人Fabio Zuffantiと、2011年のデビュー以来、70年代ヘヴィ・シンフォ・テイストたっぷりな傑作を3作リリースしている00年代イタリアの注目バンドLA COSCIENZA DI ZENOを率いるKey奏者Stefano Agniniというイタリア北部はジェノヴァ出身の2人によるプロジェクト。2015年デビュー作。アルバム冒頭からいきなり溢れ出るメロトロンにまず興奮。柔らかで幻想的なハモンド、壮麗なトーンで糸をひくようにメロディを紡ぐムーグなど、キーボードはもろに70年代イタリアン・ロックの世界。複数の女性ヴォーカルの歌声が絡みあうヴォーカル・アンサンブルも特筆で、演劇的な妖艶さ、クラシカルな格調高さ、フォーキーな人懐っこさ等が見事にバランスして、イタリアらしい壮麗なサウンドを築いています。ジェノヴァ出身らしく、ナポリなど南部のバンドとは趣が異なり、地中海的な躍動感やたおやかさはなく、バロック建築や絵画が目に浮かぶような荘厳かつ壮麗な音世界が絶品。70年代キーボード・プログレのファンは必聴と言える名作です。

  • PROGENESI / ULISSE L'ALFIERE NERO

    イタリア新鋭プログレ・バンド12年デビュー作、ELP〜バンコを彷彿させるキレのあるキーボードをフィーチャーしたへヴィ・シンフォの力作!

    イタリアの新鋭プログレ・バンド、12年デビュー作。複雑な変拍子を鮮やかに決めていく肉感的なリズム隊の上を、ワイルドに唸るハモンド、振幅激しくうねるシンセを中心としたテクニカルなキーボード、硬質なギターがスピーディーかつエネルギッシュに躍動するヘヴィ・シンフォ・アンサンブルが圧巻!中でもキーボードは、キース・エマーソンが乗り移ったかのようにスリリングでキレのあるプレイを全編で披露しており、時にバンコを思わせるバロック調の重厚なプレイまでも聴かせるかなりの実力派。目まぐるしくヘヴィな演奏を主としながら、クラシカルなヴァイオリンやピアノが格調高く舞うパートも登場し、一曲の中で静動織り交ぜて表情豊かに展開していく、イタリアン・ロックならではの魅力を見事に発揮しています。キーボードとギターによる息もつかせぬスリリングな音の応酬と、イタリアらしいクラシカルな叙情性とが違和感なく同居するハイレベルな一枚です!

  • SCHERANI / EVERYBODY'S WAITING

    イタリア、HOSTSONATENのキーボード奏者、12年ソロ作

    HOSTSONATENのキーボード奏者による12年のソロ作。 クラシカルにして繊細、見事な表現力を持つピアノと鮮烈に響き渡るヴァイオリンの研ぎ澄まされた音色があまりに美しい、冒頭のシンフォニック・ロックナンバーですでに悶絶必至。ファンタジックな色合いを与えるメロディアスなシンセ、女声ヴォーカルのおおらかに包み込むような歌唱、どこか物悲しく響くフルートなどに彩られた、クラシカルな美感とシンフォニックな高揚が渾然一体となって聴き手を感動の渦へ誘い込みます。 これは間違いなくHOSTSONATENにも匹敵するほどの傑作です。

  • SENZA NOME / SENZA NOME

    伊プログレ新鋭、08年デビュー作、P.F.M.やBANCOの遺伝子を受け継ぐ正統派イタリアン・ロック、超レコメンド!

    イタリアの新鋭プログレ・グループ、08年デビュー作。P.F.M.やBANCOの遺伝子を受け継ぐ正統派のイタリアン・ロック。これは素晴らしい作品です。春の陽光のようにファンタスティックなキーボード、たおやかなアコギ、切々と胸に響くイタリアらしい詩情が印象的な「静」のパート。そして、特筆は、一転して牙をむく「動」のパート!高速変拍子の中をキーボードとギターが精緻かつ狂暴に疾走するアンサンブルは、まるでBANCO!アグレッシヴなキーボードやアヴァンギャルドなピアノなど、BANCOのKey奏者Vittorio Nocenziからの影響を強く感じさせます。バロック音楽の遺伝子がある「静」と「動」の鮮やかな対比により、ダイナミックにドラマティックに展開するイタリアン・ロックの逸品。おすすめです!

関連CDリスト

日本中のディープなロック・ファンから集まった中古CD、世界のニッチ&ディープな新品CDの在庫豊富!続きはリストで探求ください!