プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(土・日・祝は翌日)、6,000円(税抜)以上送料無料

カケレコ・ジュークボックスTOP >

2014年リリースの新鋭シンフォ傑作選!

90年代はじめに北欧やイタリアから次々とクリムゾンやジェネシスなど往年の名グループのDNAを継いだグループが登場してプログレ新鋭シーンが盛り上がり、00年代に入っても世界中にその勢いを広げながら、魅力的な作品が届けられています。

2014年もまた、世界各国より優れたプログレ新譜が次々とリリースされました。

カケレコでベストセラーとなった作品を中心に、18タイトルを厳選してピックアップいたしましょう。どうぞ試聴をお楽しみください!

【ロシア】LITTLE TRAGEDIES

試聴 Click!

EL&Pをモダンなヘヴィネスでアップデートしたような重厚極まる「動」のパートと、対照的にエニドばりにクラシカルでロマンティックな「静」のパートの鮮やかな対比。ロシア新鋭屈指のグループによる渾身の2014年大傑作!

【ロシア】INNER DRIVE

試聴 Click!

ずばりLOST WORLDに比肩する、ロシア注目の新鋭、鮮烈な2014年デビュー作!ベテランで言えばAFTER CRYINGにも肩を並べるクラシカルなシンフォを聴かせますよ〜。

【ロシア】GROUP 309

試聴 Click!

2011年のデビュー作もヴィンテージなプログレ・ファン歓喜の傑作でしたが、この2014年作2ndもジェネシスやイエスやEL&PのDNAを継ぎつつ、モダンなヘヴィネスで躍動する傑作。注目のロシア新鋭!

【イタリア】ROSENKREUTZ

試聴 Click!

ラストの17分を超えるタイトル・トラックの素晴らしさときたら!ジェネシスやグリーンスレイドからムーン・サファリまでを俯瞰したような、躍動感いっぱいで歌心みなぎるアンサンブルがめくるめく名曲。これは注目のイタリア新鋭ですよ〜。

【イタリア】FEM

試聴 Click!

P.F.M.やBANCOやLE ORMEなど往年の伊プログレのDNAとともに、米カンサスばりのキャッチーなプログレ・ハード色も併せ持った伊新鋭。リリカル&ハードにかっ飛ばす痛快な2014年デビュー作!

【イタリア】SYNDONE

試聴 Click!

90年代はじめから活動するベテラン伊プログレ・バンドによる2014年作なんですが、クラシックの気品、ジャズの躍動感、地中海音楽のエキゾチズムがブレンドしたまばゆいサウンドは、これぞイタリアン・プログレ!

【スウェーデン】HIDDEN LANDS

試聴 Click!

この透明感溢れるリリシズムとファンタジー。これぞ北欧プログレの魅力ですよね。アネクドテンに通じるタイトさもあって、このスウェーデン発の新鋭、良いです。

【スウェーデン】FREDDE GREDDE

試聴 Click!

天才と言っても、この人の場合は近寄りがたい感じではなく、ほのぼのハートフル。あのムーン・サファリに一人で対抗できる、と言っちゃっても過言ではない、スウェーデンのマルチミュージシャン、圧巻の14年作!

【スウェーデン】A SECRET RIVER

試聴 Click!

ずばり「ピンク・フロイドのメランコリーと音響感覚 meets ジェネシスの幻想美」。モダンな音響センスを持ったSSWのバックを、ヴィンテージなプログレ新鋭バンドがサポートして幻想美を加えた、というようなスウェーデン新鋭、2014年デビュー作!

【イギリス】KARFAGEN

試聴 Click!

キース・エマーソンばりに高らかに鳴るムーグによる荘厳なキーボード・プログレを軸に、ボタン・アコーディオン「バヤン」やフルートによるエスニックな要素、北欧カイパに通じる幻想性なども織り交ぜたサウンドはただただ絶品。

【イギリス】TIGER MOTH TALES

試聴 Click!

キース・エマーソンばりに高らかに鳴るムーグによる荘厳なキーボード・プログレを軸に、ボタン・アコーディオン「バヤン」やフルートによるエスニックな要素、北欧カイパに通じる幻想性なども織り交ぜたサウンドはただただ絶品。

【イギリス】SCHNAUSER

試聴 Click!

スタックリッジ meets カンタベリーな新鋭がイギリスから登場!この2014年作、ニッチ・ポップとカンタベリー・ミュージックのファンならド直球ですよ〜。

【スペイン】DRY RIVER

試聴 Click!

クイーンからディープ・パープル、果てはLAメタルやビック・バンドまでを素材に稀代の諧謔精神で「プログレ」に仕立てあげるスペインの新鋭。1stに続き、いやはや恐るべしな奇天烈プログレとなった2014年作2nd!

【オランダ】SILHOUETTE

試聴 Click!

カケレコ月間ベストセラーになるなど出世作となった前作に続く2014年作4thが登場!前作で極めたキャメル系シンフォ・サウンドに、モダンなエッジとダイナミズムが加わり、ドラマティックさを増したダッチ・シンフォ快作!

【オランダ】MINOR GIANT

試聴 Click!

続々と優れたプログレ作品を生み出す00年代のオランダからまたまた注目の新鋭が登場!清涼感いっぱいに広がる多彩なキーボード・ワーク、そして、オランダらしい柔和で温かみあるハイ・トーンのヴォーカルとフックに富んだ伸びやかなメロディ。充実の2014年デビュー作!

【ポーランド】MILLENIUM

試聴 Click!

オープニングを飾る19分を超えるナンバーは、ベートーヴェンやワーグナーなど偉大なる作曲家へのオマージュであるとともに、ジェネシス「サパーズ・レディ」やピンク・フロイド「エコーズ」など偉大なるプログレ名曲へと捧げられた大曲!

【フランス】MOTIS

試聴 Click!

メロトロン、ソリーナ、ローズ、ハモンドなど、ヴィンテージ・キーボードがこれでもかと溢れるファンタスティックなフランス新鋭!なんと、あのアトールの名ヴォーカル、アンドレ・バルザーもゲスト参加した2014年快作!

【アメリカ】DRUCKFARBEN

試聴 Click!

イエス、ジェントル・ジャイアント、カンサスが好き?でしたら、このカナダの新鋭はやばいですよ〜。北米らしい爽快&痛快なプログレ・ハード快作!

Facebookコメント

在庫一覧

  • DRY RIVER / QUIEN TENGA ALGO QUE DECIR...QUE CALLE PARA SIEMPRE

    クイーンからディープ・パープル、果てはLAメタルやビック・バンドまでを素材に稀代の諧謔精神で「プログレ」に仕立てあげるスペインの新鋭、2014年作2nd

    (クイーン + ドリーム・シアター)÷モンティ・パイソンと言えるサウンドで2012年に鮮烈にデビューしたスペインの新鋭プログレ・バンドによる2014年作2nd。しとやかなピアノに導かれ、ヴォーカルが流麗なメロディを伸びやかに歌い出すと、このバンドの持ち味であるオペラティックなコーラス、格調高いストリングス、天高く奏でられるようなメロディアスなリード・ギターが続き、オープニングから期待が高まります。ヴィンテージなハモンド・オルガンとヘヴィ・メタリックなギターが疾走するハードなパートへと突入すると、ドリーム・シアターやスティーヴ・ヴァイをフェイヴァリットに上げるのも納得な変幻自在のアンサンブルで畳み掛けます。メタリックなギターは躍動していますが、「メタル」にはならず、ロックンロール的なグルーヴが一貫していて、まるでサーカスのようにエンターテイメント精神たっぷりなのがこのバンドのおもしろいところ。突如、ビッグバンド・ジャズも飛び込んできたり、アイデアが凄いです。さすがは、フランク・ザッパやモンティ・パイソンもフェイヴァリットに上げているだけあります。クラシカルな素養を感じさせるピアノをはじめ、ギターもリズム隊もテクニック抜群だし、それ以上に、アレンジセンスが並大抵ではないし、メロディアスなパートは、びっくりするほどの格調高さでメロディ・センスも抜群だし、コーラスも巧みだし、いやはや恐るべしなグループ。本作もまた、1stの延長線上にある稀代の奇天烈プログレと言えるでしょう。これは傑作!

  • FEM(FEM PROG BAND) / SULLA BOLLA DI SAPONE

    往年の伊プログレのDNAとモダンなヘヴィネスとの完璧な融合、新鋭イタリアン・ロック・バンドによる鮮烈な2014年デビュー作!

    P.F.M.やBANCOやLE ORMEに影響を受けた新鋭イタリアン・ロック・バンド。12年のデビューEPに続く待望の2014年デビュー・フル・アルバム。モダンなタイトさとヘヴィネスでかっ飛ばすドラム&ベース、太くエモーショナルなトーンでスリリングなリフから泣きのオブリガード&ソロまで駆け抜けるギター、豪快に鳴り響くムーグ・シンセやハモンドなどヴィンテージなキーボード。そして、力強くもセンチメンタルなハイ・トーンの歌声がグッとくるヴォーカル、ロッカンダ・デッレ・ファーテをも彷彿させるフックに富みまくったキャッチーかつ叙情たっぷりのメロディ。ヘッド・バンキングできそうなハード・エッジな疾走感と70年代イタリアン・ロック由来の叙情美と構築美が絶妙にバランスしたサウンドは、まさしく00年代型イタリアン・シンフォニック・ロック/プログレ・ハードと言えるでしょう。ここぞでは、切れ味鋭い変拍子リズムにムーグ・シンセやオルガンが鳴り響き、バンドが一体となってなだれ込むムゼオ・ローゼンバッハばりの荘厳かつエネルギッシュなヘヴィ・シンフォを聴かせてたまらないし、クラシカルで格調高いピアノの旋律は美しいし、米カンサスばりの突き抜けたプログレ・ハードにも泣きそうになるし、ただ一言、痛快!これはオススメですよ〜!

    • MAR142236

      直輸入盤(帯・解説付仕様)、定価2800+税

      盤質: | 無傷or小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

      状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

      帯有

      解説にケースツメ跡あり

      1,890円

      1,512円
      (税込1,663円)

      416円お得!

      CD詳細ページへ

  • KARFAGEN / MAGICIANS THEATER

    ウクライナ出身のコンポーザーAntony Kalugin率いるソロ・プロジェクト、映像喚起的でイマジネーション溢れる2014年のシンフォ傑作

    ウクライナ北東部の工業都市ハルキウ出身で、1981年生まれのAntony Kaluginによるプロジェクトで、HOGGWASHやSUNCHILDやGNOMONなど数多くのサイド・プロジェクトをこなす多作家のKaluginが、学生時代の97年から続ける彼の中核となるソロ・プロジェクト。2014年リリースの6枚目で、2部構成のコンセプト作。キース・エマーソンを彷彿させるファンファーレのように高らかに鳴るリードから幻想的にたなびくバッキングまで奔放にイマジネーションを紡ぐムーグ・シンセ、そして、エッジの立ったヘヴィなトーンで流麗なフレーズを伸びやかに奏でるギター。ピンク・フロイド、キャメル、フォーカス、フラワー・キングスをフェイヴァリットに挙げるとおり、映像喚起的なキーボードを中心に、ギターが力づよいダイナミズムを生む壮大なシンフォニック・ロックが特徴です。フルートやエレピやアコギがそっと叙情を奏でるファンタスティックなパート、近現代クラシック直系の瑞々しく艶やかなパート、ワールド・ミュージック的なエッセンスやニューエイジ的フレイヴァーがにじむ雄大なパートなども織り交ぜながら、鮮やかにサウンドが描かれていきます。これは素晴らしい作品です。名作!

  • MILLENIUM / IN SEARCH OF THE PERFECT MELODY

    ポーランド屈指のプログレ新鋭バンド、前作に負けず劣らずの傑作に仕上がった2014年作10th

    99年結成のポーランド屈指のプログレ新鋭バンド。最高傑作と言える圧倒的な強度のシンフォニック・ロックを聴かせた前作からわずか1年でリリースされた2014年作10thアルバム。「完璧なメロディを探して」というタイトル通り、アルバム冒頭から伸びやかなハイ・トーンのヴォーカルがアカペラで高らかに歌い上げ、鳥肌もの。間髪いれず、彼らの持ち味である、ピンク・フロイドゆずりのディレイ音による空間的なアンサンブルの中、ギター、続いてサックスがリードを取る展開もスケール大きいです。このタイトル・トラックは、ベートーヴェンやバッハやワーグナーなど偉大なる作曲家へのオマージュであるとともに、偉大なるプログレ大曲、ジェネシス「サパーズ・レディ」やピンク・フロイド「エコーズ」やイエス「危機」へのオマージュとして作られた19分を超える大曲。メランコリックでいてスタイリッシュな彼らならではのプログレッシヴ・ロックを極めた名曲です。ロング・トーンでまるで歌うように優美に奏でられるギターと夢想的なサックスが柔らかにメロディを紡ぎ合うインストあり、ストリングスが艶やかに彩る、愛とともに裏切りを描いた渾身のバラードあり、ピンク・フロイドゆずりの洗練を極めたアンサンブルとともに突き抜けたメロディ・センスで聴き手を壮大な音のストーリーへと導き感動を誘うサウンドは彼らの真骨頂。前作に負けず劣らずの傑作です。

    • LM90CDDGLYNX

      デジパック仕様 ※1曲目00:15にブツッという雑音、2曲目05:03以降に一部の音が奥に引っ込んだような感じになります。製造段階での問題と思われますので、何卒ご了承ください

  • MINOR GIANT / ON THE ROAD

    続々と優れたプログレ作品を生み出す00年代のオランダからまたまた注目の新鋭が登場!キーボードが清涼感いっぱいに彩る2014年デビュー作!

    2010年に16歳という若さで作曲&レコーディングをはじめたKey奏者&コンポーザーRindert Lammersを中心に結成されたオランダ産シンフォニック・ロック・バンド。2014年のデビュー作。清涼感いっぱいに多彩なキーボードが広がっていくまばゆいオープニング。メロディアスなムーグ・シンセのリードに続き、オランダらしい柔和で温かみあるハイ・トーンのヴォーカル、フックに富んだ伸びやかなメロディに心躍ります。映像喚起的な透明感と浮遊感あるパートやエッジの立ったギターがリフを刻むヘヴィなパートなどモダンな音色も聴かれますが、全体の印象としてはヴィンテージな優美さが際立ちます。流麗なピアノをバックにした透き通るようにピュアなバラードも魅力的です。いかにもオランダ的なジェントルな歌心に溢れたメロディアスなシンフォニック・ロックの佳曲ぞろい。Rindertは、00年代のオランダ注目のミュージシャンと言えるCHRISことChristiaan Bruinとも交流があるようで、続々と優れたミュージシャンを輩出する00年代のオランダから目が離せません!

  • MOTIS / JOSQUIN MESSONNIER

    メロトロンがこれでもかと溢れるファンタスティックな仏プログレ新鋭、2014年作、アトールのアンドレ・バルザーがゲスト参加!

    ヴィンテージ・キーボードやエレクトリック・ブズーキを操るマルチインストゥルメント奏者、MOTISことEmmanuel Tissot率いるグループ。2014年作6th。ANGE直系のシアトリカルなシンフォニック・ロックを軸に、MALICORNEに通じるフレンチ・トラッドのフレイヴァーが香るサウンドが持ち味。とにかくメロトロンM400やソリーナやローズやハモンドなどヴィンテージ・キーボードがこれでもかとフィーチャーされていて、特にメロトロンが大活躍!幻想的に溢れるメロトロンをバックにリリカルに紡がれるハモンド、そして、スティーヴ・ハケットを彷彿させる格調高いマンドリンやブズーキが織り成すファンタスティックなアンサンブルは、ジェネシス〜アンジェあたりのファンはたまらないでしょう。MOTISによるフランス印象派絵画のように柔らかで親しみやすいハイ・トーンのヴォーカルとフックあるメロディも特筆。なんと、アトールの名ヴォーカリスト、アンドレ・バルザーがゲスト参加し、1曲でヴォーカルを担当。この曲がまた素晴らしい!アナログ的な温かなサウンドプロダクションも印象的で、70年代の発掘作品と言っても分からないでしょう。これはシンフォニック・ロックのファンは必聴の快作!

  • ROSENKREUTZ / BACK TO THE STARS

    ジェネシスやカンサスへの愛情に溢れたフックに富んだプログレ・ハードを聴かせるイタリアのプログレ新鋭グループ、2014年デビュー作

    ジェネシスやカンサスへの愛情に溢れたフックに富んだプログレ・ハードを聴かせるイタリアのプログレ新鋭グループ、2014年デビュー作。煌びやかなトーンのファンタスティックなキーボード、メロディアスかつエッジの立ったスピード感溢れるギターによるヌケの良いアンサンブル、そして、英詩による伸びやかなハイ・トーンのヴォーカルとグッとくるハーモニーによるサウンドはこれぞプログレ・ハード!キャッチーなメロディも特筆で、これでもかと叙情美に溢れています。特に17分を超えるラストのタイトルトラックは聴き応えある名曲で、ジェネシスやグリーンスレイドからムーン・サファリまでを俯瞰したような、躍動感いっぱいで歌心みなぎるアンサンブルがめくるめく続きます。イタリアらしさはほとんどないため、むしろ英米のキャッチーなプログレやプログレ・ハードのファンにオススメ。これは心躍りますよ〜。1曲で、MOONGARDENやMANGALA VALISでお馴染みのChapman Stick奏者のCristiano Roversiがゲスト参加。

  • TIGER MOTH TALES / COCOON

    ジェネシスの他、BIG BIG TRAINなど新鋭プログレにも影響を受けた英国のマルチミュージシャン、スケールの大きな14年デビュー作

    80年、英国はノッティンガムシャー生まれで、子どもの頃から好きだったジェネシスやクイーンをはじめ、BIG BIG TRAINやFROSTなどプログレ新鋭にも強く影響を受けて音楽制作をはじめたマルチ・ミュージシャン&コンポーザーPeter Jonesによるプロジェクト。2014年のデビュー作。霧が晴れ陽光が降り注ぐ瞬間のような幻想性とともに晴れ晴れしさのあるヴィンテージなキーボードとスティーヴ・ハケットゆずりのリリカルなエレキギターで幕開け。北欧のムーン・サファリにも通じるファンタジックなアンサンブルから一転、ズンズンとヘヴィに突き進むギターリフが入るとともに、ドラムも力強さを増し、モダンなタッチの重厚なシンフォへと展開。その暗闇を抜けると、再び光りが差したようにメロディアスなリードが溢れ、ジェネシスばりのキメとともにフィナーレへ。オープニング・ナンバーから渾身の展開に引き込まれます。演劇的なヴォーカル・ワーク、クイーンばりのコーラス・ワーク、そして、古き良きジャズ・フィーリングが後半に壮大なシンフォニック・ロックへと帰結していく8曲目など、英国的な諧謔センスも織り交ぜるアレンジセンスも見事。イタリアのファビオ・ズッファンティや近年大活躍のオランダのクリスに続く才能と言っても過言ではない注目の新鋭。これは力作です。