プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

LOCANDA DELLE FATE 『Force Le Lucciole Non Si Amano Piu 妖精』 – ユーロ・ロック周遊日記 –

音楽シーンが壮大なプログレッシヴ・ロックから初期衝動的なパンク/ニューウェイブへと移り変わっていく70年代後半に残された、栄光のイタリアン・シンフォニック・ロックの最後の輝きと言える作品が、LOCANDA DELLE FATEが77年に残した唯一のアルバム『Force Le Lucciole Non Si Amano Piu 妖精』。

バンドの出身は、イタリア共和国北西部に位置し、アルプス山脈南西麓に広がるピエモンテ州の都市アスティ。彼らのサウンドの特徴である、透明感あるリリシズムや緻密さや気品は、彼らがアスティ出身ということも関係しているでしょう。ジャケットからして、情熱のイタリアン・ロックのイメージとは異なるクリアで幻想的なイメージですが、きっとアスティの歴史が育んだ風土がその音の中に息づいているはずです。

バンドの起源は、何とR&Bグループ。解散したR&Bグループのメンバーだった3人、Oscar Mazzoglio(Key)、Luciano Boero(B)、Giorgio Gardino(Dr)のトリオ編成でスタートしました。

Oscar Mazzoglio(Key)
Luciano Boero(B)
Giorgio Gardino(Dr)

当時のレパートリーは、何と英米で人気だったハード・ロックやブラス・ロック。レッド・ツェッペリン、ディープ・パープル、ブラック・サバスをはじめ、ブラッド・スウェット&ティアーズやシカゴなどをカヴァーしていたようです。このバンドの魅力として切れ味鋭いリズム・セクションが挙げられますが、BS&Tやシカゴで印象的なR&B~ジャズ由来のシャープなグルーヴ感が根っことしてあるんですね。なるほど、納得。

その後、『妖精』で作曲面をリードする3人、Alberto Gaviglio(g)、Michele Conta(Key)、Ezio Vevey(G & Flute)が加わり、6人編成となり、プログレッシヴ・ロック・バンドへと大きく舵を切ります。バンドの最後のピースとして、ヴォーカルのLeonardo Sassoが加わってラインナップが完成。バンドはいったんライヴ活動をストップし、スタジオに篭もり、1年間をかけて作曲に専念します。出来上がったデモ・テープが、何とあのヴァンゲリスの弟Nico Papathanassiouに気に入られ、彼のプロデュースで録音されたデビュー作が『妖精』です。

Alberto Gaviglio(g)
Michele Conta(Key)
Ezio Vevey(G & Flute)
Oscar Mazzoglio(Key)
Luciano Boero(B)
Giorgio Gardino(Dr)
Leonardo Sasso(Vo)

アルバムのオープニングを飾るのは、彼らの代表曲であり、イタリアン・シンフォニック・ロックの中でも屈指の名曲と言える「A Volte Un Instante Di Quiete」。冒頭から、つややかで透明感あるトーンのピアノによるクラシカルで流麗なフレーズが溢れ、そこにスティーヴ・ハケットの影響を感じさせる繊細なタッチながらスリリングなギターが続き、シャープなリズム・セクションもボトムを支えて、あぁ、ただただ圧巻!どこまでも見渡せるような透明度の高い音の数々、そこからくっきりと浮かび上がる幻想世界。何というイントロ。ハモンドもかぶさってくるわ、フルートも入ってくるは、ジェネシスと初期P.F.M.の最良の瞬間が合わさったような、なんて言っても過言ではないアンサンブルに驚きます。彼らの出自から分かるように、ジェネシスやP.F.M.のフォロワーではなく、R&B時代から技術と音を磨き上げた「ベテラン」と言える経験と実力があるわけで、しかも、その実力にも関わらず表舞台とはずっと縁がなかったわけで、ようやく作品として世に出せるという喜びが溢れた渾身のアンサンブルに胸が熱くなります。それにしても、リズム・セクションの充実ぶりは凄い。クリムゾン1stでのマイケル・ジャイルズや、初期P.F.M.でのフランツ・ディ・チョッチョにも比肩すると言える素晴らしさ。ただただ至福。

T1: 「A Volte Un Instante Di Quiete」

試聴 Click!

2曲目のタイトル・トラック「Force Le Lucciole Non Si Amano Piu」で、いよいよヴォーカルLeonardo Sassoが登場。美麗なアンサンブルとは対照的に、カンツォーネやオペラの国イタリアならではの情熱的で哀愁に満ちた歌声が特徴で、バンコのヴォーカリスト、ジャコモを彷彿させます。アンサンブルの緻密さと「歌」の持つパッションとの対比が生むダイナミズムというか生命感がこのバンドの希有な魅力と言えるでしょう。もし繊細な美声のヴォーカルだったとしたら、これほどの震えるほどの感動はきっとなかったはずです。そして、ヴォーカルとともにもう一つ特長的なのがフルート。軽やかに舞うフルートから放たれる叙情性はキャメルにも負けていません。9分を超える大曲ですが、めくるめくキメのパートの連続で、まるでジェネシス、キャメル、P.F.M、バンコを濃縮したような極上のアンサンブルが続きます。ルネッサンス~バロックの歴史と文化が確かに息づく気品とエネルギー。1曲目から2曲目へと続く16分間は、シンフォニック・ロックが生んだ最上級の時間と言えるはずです。

T2: 「Force Le Lucciole Non Si Amano Piu」

試聴 Click!

3曲目以降も佳曲がずらり。ヴァイオリン奏法によるゆらゆらと独特なトーンのリード・ギター、軽やかにたゆたうムーグ・シンセ、光の揺らめきのように煌めくリズム隊による浮遊感と幻想性と清涼感とが絶妙にバランスした3曲目「Profumo Di Calla Bianca」はイル・ヴォーロにも負けない「音を描く」センスを感じさせるし、バンコばりに春爛漫な「歌」が溢れる4曲目「Cercando Un Nuovo Confine」はただただ感動的だし、「歌」のパートとテクニカルなパートとをつんのめるような変拍子のキメで鮮やかにつなげていく5曲目「Sogno Di Estunno」は1曲目と同じくプログレ・ファン歓喜間違いなしだし、イ・プーやタイ・フォンにも負けない繊細な美メロたっぷりの6曲目「Non Chiudere A Chiave Le Stelle」も泣けるし、メロディとドラマを愛するプログレ・ファンにとって至福と言える楽曲が続きます。

T6: 「Non Chiudere A Chiave Le Stelle」

試聴 Click!

そして、最後を飾るのがイタリアならではの詩情溢れる「歌」と1曲目にも負けない器楽性とが見事に同居した、彼らにしか描けないシンフォニック・ロックの名曲「Vendesi Saggezza」。軽やかに流れていくピアノ、霧のように幻想的にたなびくシンセ、ロマンと気品に溢れるハープシコードやビブラフォン、その上に降り注ぐ陽光のように柔らかでまばゆい「歌」。「歓喜」というキーワードがぴったりの演奏と歌にただただ心躍るばかり。場面の展開をドラマティックに演出するキメのパートの切れ味もジェネシスやジェントル・ジャイアントに一歩も引けをとっていません。そして、「麗しの」という形容がぴったりのピアノに導かれ、1曲目のテーマがリフレインされ、感動のフィナーレを向かえます。なんという構成美。ただただ華麗。

T7: 「Vendesi Saggezza」

試聴 Click!

圧倒的な完成度にも関わらず、「シンフォニック・ロック」にとっての逆風の中、人知れずにシーンの片隅に置き忘れられてしまった、でもそんな時代が生んだ悲劇がプログレ・ファンの心をグッととらえて離さない愛すべき一枚。その点では、同年にリリースされた英国プログレの名作、イングランド『ガーデン・シェッド』とともに、プログレッシヴ・ロックがシーンに放った華麗なる最後の一撃として永遠にプログレ・ファンに記憶されることでしょう。聴き手のロマンを永遠にかきたて続ける、イタリアのみならずユーロが誇るシンフォニック・ロック大傑作です。


イタリアン・ロック特集

【関連記事】

イタリアン・ロック特集

イタリアン・ロックを「プログレ」という視点ではなく、西洋文化の中心地イタリアで育まれたロック・ミュージックとしてとらえなおすと?

LOCANDA DELLE FATEの在庫

  • LOCANDA DELLE FATE / MISSING FIREFLIES

    これは驚きました!イタリアン・シンフォの最高峰バンドによる2012年作、1曲目を聴いて心躍らないプログレ・ファンは居ないと断言!

    77年にイタリアン・シンフォ屈指の傑作をリリースしたグループによる、2012年再結成作。ヴォーカル、キーボード、ドラム、ベースのオリジナル・メンバー4人に加えて、ギターとキーボードの2人を新たなメンバーとして迎えた6人編成。いや〜、1曲目を聴いて心躍らないプログレ・ファンは一人もいないと断言!77年作に比べて幾分力強くタイトなドラムを土台に、ヴィンテージな音色のファンタスティックなキーボードとマイルドな歪みのギターがリズムを刻む中、ムーグ・シンセがどこまでも続くようにリリカルなフレーズを奏でる。場面が切り替わるように、ムーグからギターへとリードが移り、あの77年作を彷彿とさせる、繊細なタッチの歌心いっぱいのギターが流れると、もう胸がいっぱいになります。手数多くシャープにリズム隊が走りだし、キレのある変拍子の中をピアノが流麗にフレーズを奏でる・・・もうあまりの素晴らしさに笑みがこぼれます。ふぅ、あれ、はじまってからまだ5分しかたってない!8分を超える大曲2曲を含む新録の4曲の完成度の高さは圧巻の一言です。77年のライヴ音源(クリアなオーディエンス録音)を3曲収録しており、そちらももちろん素晴らしい。ベテランの復活作とは思えない瑞々しさに溢れた大傑作です!

  • LOCANDA DELLE FATE / FORSE LE LUCCIOLE NON SI AMANO PIU

    イタリアン・シンフォニック・ロックの頂点に君臨する名盤中の名盤、77年作

    単発ながらイタリアン・シンフォニック・プログレッシブ・ロックの頂点に君臨する名盤を生み出したグループによる77年作。テクニカルでタイトなリズム・セクションをボトムに、アコースティック・ピアノやアナログ・シンセサイザー、チェンバロ、ギター、フルートといった楽器がふくよかなサウンドを彩る作風であり、ツイン・キーボード、ツイン・ギター編成で聴かせるその叙情性とファンタジアはイタリアン・シンフォニック・ロックの中でも飛びぬけたクオリティーを誇ります。PREMIATA FORNERIA MARCONIやMAXOPHONEといった叙情性と牧歌的な雰囲気を持ったグループにも全く引けを取らない奇跡の1枚であり、且つスリリングな技巧に裏打ちされた名盤となっています。

  • LOCANDA DELLE FATE / BLOOM LIVE

    イタリアン・プログレの名バンドによる2010年にイタリア国内で行われたライヴを収めたCD+DVDの2枚組、往年と変わらぬパフォーマンスに感動!

    77年にイタリアン・シンフォ屈指の名盤を残し、12年には復活作を発表&来日も果たしたイタリアン・プログレの名バンドによる、2010年にイタリア国内で行われたライヴを収めたCD+DVDの2枚組。77年作からの6曲に、アルバム未収録曲1曲、後の12年作に収録される1曲の全8曲約60分という内容。何と言ってもあのロング・トーンで切なく泣くギターや繊細で格調高いピアノ、そして太くコクのあるヴォーカルが織り成す、77年作そのままの力強いパフォーマンスが圧巻。フルート奏者不在ながら、オリジナルでのフルート・パートを艶のある音色でシンセが歌い上げるところなども実に感動的です。これはその後の活躍を十分に予感させる素晴らしいライヴ作品です!

    • AMS225AMS

      CD+DVDの2枚組、スリップケース付きギミック・ペーパーケース仕様(トールサイズ)

      盤質:傷あり

      状態:

      ディスク収納部に破れ・折れあり、その他は状態良好です

「LOCANDA DELLE FATEの在庫」をもっと見る

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。