プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

レコード・コレクターズ2023年11月号「日本の新名盤1970-89」連動企画 ~新人スタッフ大濵が語る、ジャパニーズ・ロックの過去と現在~(前編)

カケレコ・ユーザーの皆さん、こんにちは。

今月発売の『レコード・コレクターズ2023年11月号』では、通巻600号記念企画として「日本の新名盤1970-89」が掲載されています。

実は、今年の9月にカケレコに入社したスタッフ大濵さんは、日本のオールド・ロックが大好き。

そんなわけで、『レコード・コレクターズ』に連動する形でカケレコでも日本のロックにフォーカスしてみることにしました。

前編はスタッフ大濵さんが日本のオールド・ロックへの思いを語るインタビュー記事、後編は、彼女が愛聴する名盤や現在気になっている作品などを取り上げます。

―― 大濵さんは日本の古いロックが好きだそうですが、20代だから1990年代~2000年くらいの音楽が「古い」という感じでしょう?

(大濵)いえ、実は1970年代の日本のロックやフォークが好きなんです。

―― 生まれていないのに?

(大濵)はい、昔の方が好きみたいです(笑)

―― なにか、日本のオールド・ロックを聴き始めるきっかけになった作品はありますか?

(大濵)いま思うと、細野晴臣さんの『HOSONO HOUSE』が、古い日本の音楽に興味を持つきっかけでした。

―― 古い邦楽アルバム・ベスト3を挙げるとしたら?

(大濵)はちみつぱいの『センチメンタル通り』、はっぴいえんどの『はっぴいえんど』、小坂忠さんの『ありがとう』かな。

―― どれも名盤ですね。それぞれのアルバムについて、選んだ理由や好きなポイントなど教えてください。

(大濵)まず、はちみつぱいの「センチメンタル通り」は、「土手の向こうに」という曲が収録されていて、その曲が私の耳にしっくりきたんです。ザ・バンドに影響を受けていることが分かって、なるほどと思ったり。はっぴいえんどは、最初は聴き慣れない感じだったけど、「しんしんしん」という曲が好きになってからほかの曲も聴くようになりました。ロック要素もしっかりあって、面白いなあって。小坂忠さんの「ありがとう」は、細野さんのファンになり彼の経歴を辿っていく中で出合った作品です。タイトル曲の「ありがとう」が細野さんのヴォーカル曲で、何度も“ありがとう”を繰り返す歌詞がユニークだなと思いました。

―― ところで、大濵さんはどうして古い音楽が好きなんでしょう?

(大濵)生まれる前の時代に、漠然とした興味がありました。だから、実際には体験することができなかった1960~70年代の音楽や文化に興味があるのかもしれません。

―― なるほど。大濵さんから見て、現在の邦楽と昔の邦楽の違いは何だと思いますか?

(大濵)1960~70年代の音楽の方が、今の音楽よりも聴きやすいと思います。あと、奥深さも感じられて現在の音楽にはない良さがあります。

―― その「奥深さ」とは具体的に?

(大濵)日本語の良さを感じるところ。あと、言葉も含めて、ただ洋楽の真似をしているだけじゃないところがすごいなって。

―― 真似ではなく、日本人のオリジナリティーがある。

(大濵)いまも昔も、日本のアーティストは大抵海外から影響を受けていますよね。でも、はっぴいえんどなどを聴いていると、海外からの影響を吸収して、“日本の音楽”に昇華させているように感じます。

―― では最後に、大濵さんにとって音楽探求の魅力はどんなところにありますか?

(大濵)わたしの場合は細野さんでしたが、誰か好きなアーティストがいたら、そこから自分なりに調べていって、そのアーティストがどんな音楽家たちと作品を作っていたのかを知ることが面白いです。

―― 特に70年代などは、あるアーティストのファミリー・ツリーで関連作品を辿っていくと、どんどん色々なアーティストへと広がっていきますよね。カケレコではそれを、「カケハす」と呼んでいます。

(大濵)そうなんですね。わたし、カケハしてました(笑)

―― 大濵さんは、カケレコと相性がいいのかもしれませんね(笑)



今回は、レコード・コレクターズ2023年11月号の連動企画として、カケレコの新人スタッフ、大濵さんへのインタビューをお届けしました。

彼女は、PINK FLOYDを数枚聴いただけというプログレッシヴ・ロック・ビギナーですが、上のインタビューの通り音楽に対する強い探究心を持っています。

これから少しずつプログレッシヴ・ロックも聴いていきたいとのことですので、カケレコ・ユーザーの皆さんには大濵さんの奮闘を見守ってくださいますよう、よろしくお願いいたします!

ジャパニーズ・ロックの在庫

「ジャパニーズ・ロックの在庫」をもっと見る

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。