プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

7/13はナイスの日…ってことでNICE関連作をピックアップ~!

本日7/13は7(ナ)1(イ)3(ス)の日なんだとか。これはもうキース・エマーソン擁するNICEを聴かねば…!と思ったのですが、ちょうどカケレコの在庫が売り切れちゃってました。NICE、意外とあんまり入荷しないんですよね。

その代わりNICEのメンバーによる関連作が充実しておりましたので、ご紹介してまいりましょう~。

EL&P(エマーソン、レイク&パーマー)/タルカス

まずはご存知キース・エマーソンがNICE解散後に結成したEL&P。NICE時代から温めてきたロックとクラシックの融合。その表現における一つの最高峰を極めた傑作と言えば…『タルカス』ですね!

試聴 Click!

REFUGEE/REFUGEE

NICEのリズム隊リー・ジャクソン&ブライアン・デヴィソンが、キース・エマーソンの代わりにkey奏者パトリック・モラーツを引き入れて結成したグループ!各種キーボード群が目まぐるしく行き交う演奏は、さながらキーボードの万華鏡!

試聴 Click!

MAINHORSE/MAINHORSE

そんなREFUGEEに入る前にパトリック・モラーツが在籍したこちらのバンドもピックアップ!オルガン&ギターがリードするハード・ドライヴィングな演奏が最高にかっこええぞ~!

試聴 Click!

JACKSON HEIGHTS/RAGAMUFFINS FOOL and BUMP ‘N’ GRIND

元ナイスのヴォーカル&ベーシスト、リー・ジャクソン率いるグループといえばJACKSON HEIGHTSですね。キース・エマーソンやクリムゾンのマイケル・ジャイルスやイアン・ウォーレスも参加して、極上のブリティッシュ・ポップを展開。

試聴 Click!

BRIAN DAVISON’S EVERY WHICH WAY/EVERY WHICH WAY

最後はこちら。元NICEのドラマーのブライアン・デヴィソンが後にARCなどで活躍するシンガー、グラハム・ベルと結成したグループ。 FREEに迫る芳醇さを持つ、英国ロックの深い森の奥で静かに佇む逸品…

試聴 Click!

~おまけ~

SOUNDS NICE/LOVE AT FIRST SIGHT

THE NICEとは関係ないけど、こんなバンドもいます。いかにもなヒプノシス・ジャケが印象深いオルガン・インスト作品。S.ゲンズブールをカバーした「Love At First Sight」を聴いたポール・マッカートニーが「サウンズ・ナイス」と呟いたことから、バンド名はそのままずばり「SOUNDS NICE」!

試聴 Click!


聴かなくなったプログレ&オールド・ロックのCDがございましたら、カケレコを是非ご検討ください。
1枚1枚、専任スタッフが丁寧に査定させていただきます。

「カケレコのとことん査定」、詳しくはこちら。

買取詳細ページへ"

関連カテゴリー

関連CD在庫

  • EL&P(EMERSON LAKE & PALMER) / TARKUS

    ELPを象徴する大作「Tarkus」収録、71年発表の大名盤2nd!

    NICEのKeith Emerson、KING CRIMSONのGreg Lake、ATOMIC ROOSTERのCarl Palmerによって結成され、ギターレスのトリオという変則的な編成ながらそのハンディを全く感じさせない音楽性でプログレッシブ・ロックの1つのスタイルを築いたイギリスのグループの71年2nd。アルマジロと戦車が合体したような架空のキャラクターである「タルカス」をコンセプトにした大曲を含むその内容は、怒涛の変拍子とテクニカルなバンド・サウンドで迫る彼らの初期の代表作の1つであり、前作同様、非常に屈折したクラシカル・ロックの名盤となっています。また、オルガンやピアノに加えて飛躍的にモーグ・シンセサイザーが存在感を示すようになっており、大きく楽曲に取り入れられているのが特徴と言えるでしょう。

  • REFUGEE / REFUGEE

    エマーソンが抜けたNICEに、彼に匹敵する実力者パトリック・モラーツが収まる形で結成されたキーボード・トリオ、74年の唯一作

    Keith Emerson率いるThe Niceのリズム隊であったLee Jackson、Brian Davisonが、EL&P結成のためThe Niceを解消したKeith Emersonの代わりに、MAINHORSEのメンバーのスイス人Patrick Morazを引き入れて結成したキーボード・トリオの74年作。その内容はPatrick Morazの技巧が冴え渡るクラシカルなキーボード・プログレであり、The Niceと同じリズム隊を擁しながら、The Niceとは違ったタイトなプレイを連発。後にYESの「Relayer」に参加することになる、プログレッシブ・ロック界屈指のテクニシャンPatrick Morazのオルガン、ピアノ、モーグ・シンセが堪能できる名盤となっています。

  • MAINHORSE / MAINHORSE

    渡英直後のパトリック・モラーツが結成したキーボード・プログレ・バンド、スリリングかつ技巧的な71年唯一作、名作!

    後にREFUGEE、そしてYESへと参加し、その卓越した技巧を見せつけることとなるスイス人キーボーディストPatrick Morazが在籍したイギリスのグループの71年唯一作。その内容はPatrick Morazのオルガンを中心としたキーボードとギタリストPeter Lockettのドライブ感が素晴らしいプログレッシブ・ロックであり、サイケデリックな質感を残したハード・クラシカルな作風はNICEとも共通するものですが、叙情的な楽曲では非常にメロディアスなヴァイオリンやチェロなどの弦楽器が登場するなど多彩な仕掛けが施されており、シンフォニック・ロック黎明期の名盤となっています。

  • BRIAN DAVISON’S EVERY WHICH WAY / EVERY WHICH WAY

    元NICEのドラマーBrian Davisonと後にARCなどで活躍する実力派シンガーGraham Bellを中心とするグループ、70年作、枯れた哀愁が胸に染みる英フォーク・ロックの名作

    元NICEのドラマーBrian Davisonと後にARCなどで活躍する実力派シンガーGraham Bellを中心とするグループ。ゆったりしたテンポの中、ムーディーなサックスやフルート、エモーショナルなGraham Bellのヴォーカルが枯れた哀愁を放つメロウなフォーク・ロック。音の隙間からフツフツと溢れ出る叙情性がスッと胸に染み入ります。本当に味わい深く素晴らしすぎるメロディ。フルートの静謐な響きは、クリムゾンの「風に語りて」や「Cadence And Cascade」を想わせます。名作。

  • JACKSON HEIGHTS / RAGAMUFFINS FOOL and BUMP ‘N’ GRIND

    元NICEのヴォーカル&ベーシスト率いる英国叙情たっぷりのポップ・グループ、73年作の3rdと4thのカップリング

    元NICEのヴォーカル&ベーシスト。Vertigoレーベルよりリリースされた2作品、73年作3rdと73年作4thをカップリングした2in1CD。端正で美しいメロディ、クラシカルなタッチの格調高いピアノ、叙情性溢れるメロトロンが印象的。メロディの素晴らしさは特筆もので、STACKRIDGEのJames Warrenや10ccあたりを想わせるジェントルで美しく繊細さもある美メロ満載。どの曲も本当に素晴らしいです。どちらの作品も、英国らしい陰影に富んだ英プログレッシヴ・ポップの名作。ドラムは、元クリムゾンのMike Giles。なお、盤は、先に再発されていたMINORITY盤と同じものです。

  • SOUNDS NICE / LOVE AT FIRST SIGHT

    ポール・マッカートニーも「サウンズ・ナイス」とうなったオルガン・インストの逸品、69年作

    デビュー前のGUNに在籍していたKey奏者ティム・マイクロフトによるプロジェクト。69年の唯一作。しなるようなリズム隊、艶やかなストリングス、悠々とソロをとるオルガンが印象的なオルガン・インスト。「ラヴ・アット・ファースト・サイト(ジュテーム)」のカヴァーを聴いたポール・マッカートニーが「サウンズ・ナイス!」と言ったところから、バンド名が出来たという逸話が残っています。ガス・ダッジョンのプロデュースで、アレンジはポール・バックマスターで、ジャケットはヒプノシス!クリス・スペディング(G)、テリー・コックス(Dr)の参加も特筆です。

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。