プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

カケレコスタッフの日々是ロック6/26:米サイケ・ハードUMBRAを筆頭に、アングラかつハイレベルな秘蔵発掘盤をピックアップ!

こんにちは。スタッフ増田です。

最近J.J.ケイルがマイブームで、仕事の行き帰りにずっと聴いています。1st『ナチュラリー』はもちろん、その後の作品も格好良いですね。ハードボイルドな雰囲気がたまりません…。

さて、直近の入荷や売れ筋のタイトルの中からスタッフおすすめの作品をピックアップするコーナー「日々是ロック」。

本日は昨日入荷したこちらの作品から、各国のアングラかつハイレベルな発掘盤をカケハシてまいります!

[NEW] UMBRA/UMBRA

ジャケからして妖しいですが、中身も一筋縄では行きません。いきなりスペーシーなSEが飛び込んできたり、配管でフルートみたいな音を出したり、宅録ならではの実験精神がたっぷり。71~72年に活動した知られざる米コロラド州のサイケ・ハード・バンド、秘蔵音源集!

試聴 Click!

この新規発掘盤もまだまだ注目!美麗女性ヴォーカルをフィーチャーした英国のプライヴェート・プログレ盤!

[NEW] TOUCHSTONE/MUSIC FROM PANDORA’S BOX

ずばり「粗野なルネッサンス」!?生々しく躍動するギター、前のめり気味なドラムと格調高いピアノやオーボエ、アニー・ハズラムを思わせる美麗女性ヴォーカルの対比が新鮮だなあ。幻の英国72年作!

試聴 Click!

アングラ・プログレ盤ならこの作品もオススメ!フルートやサックスがむせび、ヘヴィなギターが暴れるジャーマン・プログレッシヴ・ヘヴィ・サイケ。

BLUES GOES ON/BLUES GOES ON

フルート&サックスがむせぶジャジーなナンバーから、 轟音ファズ・ギター&エレキ・ヴァイオリンが暴れ狂うヘヴィ・サイケ・ジャムまで。70年代初頭ドイツの薄暗い地下室から送るディープ盤…!

試聴 Click!

米国に戻りまして、この作品はもうチェックしました?シカゴのリサイクルショップから発掘されたという謎の本格ヘヴィ・サイケ盤…!

MAD TIMOTHY/A VERY SNUG JOINER

「名スルメ盤ですね、この作品は。何度も聴いているうちにドップリと気だるげなボーカルにハマります。」by レビュワー エアラコブラさん。バンド名やアルバム名以外謎に包まれた作品ながら、中身はブルージー&ドライヴィングな本格派ヘヴィ・サイケ!

試聴 Click!

こんな英アングラ・ハード盤も再入荷しております。ハード・ロック好きは要チェック!

[再入荷] WICKED LADY/AXEMAN COMETH

後DARKで活動するギター/ヴォーカリストが率いた幻の英ハード・ロック・トリオ、71年~72年音源集。スピーカーが割れんばかりの轟音ファズ・ギターが轟く、幻の英サイケハード発掘盤!

試聴 Click!

こちらの作品は中古盤も入荷中♪ JETHRO TULLを思わせるサックスやフルートも炸裂するカナダ産ハード・ロック!

HEAT EXCHANGE/REMINISCENCE

パワフルなハード・ロックだけど、フルートが叙情的だったりつんざくようなワウ・ギターが入ったりとバラエティ豊か!ハード・ロック・ファンのみならず、プログレ・ファンをも楽しませてくれるであろう1枚!

試聴 Click!

いかがでしたか?気になる作品が見つかれば幸いです。


聴かなくなったプログレ&オールド・ロックのCDがございましたら、カケレコを是非ご検討ください。
1枚1枚、専任スタッフが丁寧に査定させていただきます。

「カケレコのとことん査定」、詳しくはこちら。

買取詳細ページへ"

関連カテゴリー

日々是ロック

  • MAD TIMOTHY / A VERY SNUG JOINER

    情報求む!シカゴのリサイクルショップから発掘された、ブルージー&ドライヴィングな本格派ヘヴィ・サイケ69年作!

    シカゴのリサイクルショップから発掘されたという未知のヘヴィ・サイケ盤が初の公式リリース!1969年頃に録音されたと思われるものの、バンド名やアルバム名以外の情報が全く謎に包まれたこの一枚。しかしながらその内容は、BLUE CHEERやSIR LORD BALTIMOREも彷彿とさせる実に重厚でドライヴィングなヘヴィ・ブルース・サイケ!粗くザクザクと鳴らされるギターにドッシリと力強いベース、スピーディーながらも安定感のあるドラム。けだるげ且つ哀愁漂うヴォーカリストの歌声も良いし、曲によってはkey奏者も参加してジャジーな雰囲気のある達者なピアノを奏でていたりと、決してアマチュアのデモ音源に留まらない本格派の香りがプンプン!オリジナル盤を救出した発見者の驚きが伺える、奥深き米サイケ・シーンの秘宝盤です。

  • TOUCHSTONE / MUSIC FROM PANDORA’S BOX

    原盤はメガレア、アニー・ハズラムを思わせる女性Voをフィーチャーした英国サイケ/プログレ幻の72年作!

    ずばり「粗野なルネッサンス」!?原盤はメガレアとして知られる幻の72年英国プライベート・プレス作品!何と言ってもアニー・ハズラムを思わせる女性ヴォーカリストの美声が特筆。生生しいトーンで縦横無尽に躍動するギターや前のめり気味のドラムは「いかにも一発録り」というガレージ・チックな雰囲気ながら、そこに気品あるピアノや伸びやかな女性ヴォーカル、さらにオーボエやフルートといった管楽器が加わると、一気にルネッサンスを思わせる荘厳で神秘的な音空間に。その一方でレイト60’sの残り香たっぷりのオルガンをフィーチャーしたサイケ・パートあり、ピアノやギターやリズム隊が流麗でジャジーに絡み合うパートありと、振り幅の大きい自由奔放さも魅力的です。英サイケや知られざるブリティッシュ・ロックのファンは要チェックの逸品!

  • WICKED LADY / AXEMAN COMETH

    後にDARKで活動するギター/ヴォーカルMartin Weaver率いる英サイケ・ハード・バンド、69-72年録音音源集

    この後DARKで活動するギター/ヴォーカルMartin Weaverが率いた幻の英ハード・ロック・トリオが、71年から72年にかけて録音した音源を集めた編集盤。ヘヴィに歪んだリフ、ファズ・ギターによるリードプレイで終始押しまくる豪快なハード・ロック。2トラック一発録りによるサウンドは決して良くはありませんが、目の前で演奏しているような生々さがよく出ており、この手のバンドのサウンドとしては逆にいい雰囲気を醸し出しています。すべての音がひとつの塊としてまとまることで、バンドのパワフルな側面が大増幅されたようなサウンドは圧巻の一言です。

  • BLUES GOES ON / BLUES GOES ON

    まるでドイツの煙立ち込める地下室から聴こえてくるようなアシッド・ブルース・プログレッシヴ・ヘヴィ・サイケ、71年作!

    70年初頭にジミヘンのトリビュート・アルバム等を制作していたドイツのバジェット・レーベルKenが71年に残したアシッド・ブルース・プロジェクト盤。ミュージシャンのクレジットはありませんが、セッションにはGREENLIGHT、SPHINX TUSHといったハンブルグのバンドが参加していたようです。「Hey Joe」のカヴァーが収録されているなどジミヘン・ライクなヘヴィ・サイケが基本かと思いきや、リリカルなフルートとむせぶサックスがジャジーに絡み合う楽曲があったり、ハモンド&ヴァイオリンを加えたノリノリなロックン・ロール・ナンバーがあったりと、意外にも多彩でプログレッシヴなアプローチを取り入れた内容に驚き。単なるブルース・ロック・アルバムに留まらぬごった煮感と偏屈さは流石ドイツと讃えざるを得ません。さらに最終曲ではレッドゲージ振り切りまくりの轟音ファズ・ギター&並のギターを凌駕するほど凶悪に歪んだエレクトリック・ヴァイオリン(!?)がパワフルなリズム隊と共に暴れ回る狂気の沙汰のようなヘヴィ・サイケ・ジャムが飛び出してきてもう唖然。アングラ・サイケ・マニアはもちろん、コアなジャーマン・ロック好きも是非!

    • GF287GEAR FAB

      ペーパーケース仕様、一部マスター・テープに起因する音飛びがございます。ご了承ください

      ペーパーケースに若干折れがある場合がございます。ご了承ください。

  • HEAT EXCHANGE / REMINISCENCE

    パワフルかつソリッドな演奏を軸にプログレやサイケ〜ファンクまでバラエティ豊かなサウンドを聴かせる、カナダ産ハード・ロック・バンドの音源集。

    60年代後半にカナダのトロントで結成された、サックスやフルート奏者を含む6人編成のハード・ロック・バンド。本作に収録されているのは、メンバーが所有していたマスター・テープから発掘されたもの。リリースに至らなかった72年録音の幻のアルバムや3枚のシングルを含む全てのスタジオ・レコーディング音源、全10曲を収録した貴重な音源集です。パワフルなハード・ロックを主体に、プログレやサイケ、ファンクまでをも取り込んだ内容。力強くかつソリッドな演奏のリズム隊を土台に、クラシカルなオルガンとたおやかなフルートが流れるメランコリックなT1、つんざくようなワウ・ギターで幕開けるT2、跳ねるビートにサックスやコーラス、軽やかなピアノが盛り上げるファンキーなT8など、表情豊かなサウンドを聴かせてくれます。KING CRIMSONやJETHRO TULL、SAMURAI (UK)なども引き合いに出される、ハード・ロック・ファンのみならず、プログレ・ファンをも楽しませてくれるであろう1枚!

  • UMBRA / UMBRA

    71〜72年に活動した米コロラドのサイケ・ハード・バンド、実験精神溢れる秘蔵音源集!

    71年から72年にかけて米コロラド州デンバーで活動したサイケ・ハード・バンド、秘蔵発掘音源集!週末のライヴで資金を稼ぎ、自宅にスタジオを構築。SONY製のオープンリールデッキを駆使し、自分たちの手で録音/編集を行ったという全8曲を収録。驚くべきはその実験精神!アルバムの冒頭からテープ逆再生によるスペーシーなSEを登場させたり、配管パイプを吹いてフルートのような音を出したりと、自由奔放なアイディアは宅録ならでは。ブルージーなディストーション・ギターを中心としたヘヴィ&サイケデリックなアンサンブルも聴き応え十分です。ただならぬサイケ・ハードをお探しの方は是非。

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。