プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

11月22日は「いい夫婦の日」。夫婦がメンバーに在籍するグループの作品をピックアップ!

スタッフ佐藤です。

今日は11月22日で「いい夫婦の日」。

それにちなんで今日は、カケレコ在庫を中心に夫婦がメンバーに在籍するグループの作品を取り上げてみたいと思います☆

ウッズ・バンド/ウッズ・バンド

ゲイ&テリー・ウッズを中心に結成されたウッズ・バンド唯一のアルバム。

アコースティック・ギター、エレクトリック・ギター、ダルシマートによる広がりのあるサウンドと、タイトなリズムが重厚なバンド・アンサンブルを奏でます。

試聴 Click!

GAY & TERRY WOODS/BACKWOODS

いかにも英国的なジャケット通り、どこを切っても溢れる芳醇な香り。

ウェスト・コーストの爽やかな風を取り入れつつも、英国ならではの陰影を保つ絶妙なバランス感覚が絶品です。

スティーライ・スパンで活躍した夫婦デュオによる英フォーク名品。

試聴 Click!

PUMPKINHEAD/PUMPKINHEAD

こちらは「アメリカのスティーライ・スパン」!?

2組の夫婦で結成されたアメリカ出身グループで、アイルランドへと渡り活動したトラッド・フォーク・ロック・バンド。

トラッド・ナンバーにヴァン・モリソンやニール・ヤングのカバーも交えつつ聴かせます。

アイリッシュ・ミュージックを土台にしながらも米国のグループらしいカントリー由来のカラッとしたおおらかさがあって素敵だなぁ。

試聴 Click!

ALLMAN AND WOMAN (CHER)/TWO THE HARD WAY

グレッグ・オールマンが当時の妻シェールと組んだデュオで、なるほど”ALLMAN AND WOMAN”。

サザン・フィーリングとアーバンなポップ・センスがバランスした佳曲揃いのメロウAOR盤!

試聴 Click!

フランク・ザッパ/アポストロフィー and オーバーナイト・センセーション

いずれも歌もの中心でザッパ入門に最適と言える73年作&74年作。

2枚ともで初期マザーズの重要メンバーだったイアン&ルース・アンダーウッド夫妻が参加!

試聴 Click!

ミッシング・パーソンズ/ベスト

そのザッパのバンドで活動したテリー・ボジオ、パトリック・オハーン、ウォーレン・ククルーロらが、テリーの妻デイルをフィーチャーして結成したニューウェーブ・バンド!

試聴 Click!

CENTIPEDE/SEPTOBER ENERGY

ネオンレーベルから発表された英ジャズ・ロックの大名盤!

R.フリップによるプロデュース、ティペット夫妻の作曲、I.カー、E.ディーン等総勢50名が参加と、錚々たる顔ぶれが集結した英国ジャズ・ロックの名士たちによる祭宴!

試聴 Click!

デラニー&ボニー&フレンズ/モーテル・ショット

サザン・ロック/スワンプ・シーンを牽引した夫婦デュオ、レオン・ラッセルや後のD&Dの面々が参加した71年作。

試聴 Click!

RICHARD & LINDA THOMPSON/HOKEY POKEY

英国フォーク・シーンを代表する夫婦デュオと言えばこちらでしょう。

サイモン・ニコルやパット・ドナルドソンら気の知れた仲間達と心おきなく繰り広げられる音楽世界。

変わらぬ凛としたブリティッシュ・トラッド・フォーク・ロックに、アメリカ由来のカントリー・タッチも随所に盛り込み作り上げられた傑作!

試聴 Click!

JOHN & BEVERLEY MARTYN/STORMBRINGER !

こちらの夫婦も、トンプソン夫妻と並び称されるべき名デュオですよね。

この格調高さと叙情美。

張り詰めた空気感には一流の風格を感じます。

試聴 Click!

スプリガンズ・オヴ・トルガス/ジャック・ウィズ・ア・フェザー + ラウディ・ダウディ・デイ

本名義での唯一作に、カセットリリースされた幻の作品も収録。

PENTANGLEも取り上げた「Let No Man Steal Your Thyme」でのマンディ・モートンの歌唱、さすがの存在感だなぁ。

アコギやマンドリンやフィドルの活躍に隠れがちですが、夫マイク・モートンの表情に富んだベースラインもまた良いんですよ。

試聴 Click!

STRING DRIVEN THING/MACHINE THAT CRIED

後にヴァン・ダー・グラーフに加入するヴァイオリニストが在籍した英プログレッシヴ・フォーク・ロック・バンドですね。

本作は、ヴォーカル/ギターのクリスとヴォーカル/パーカッションのポーリーンのアダムス夫妻が在籍した最終作。ヒステリックな弦楽器とアクの強いヴォーカルが織り成すダークでドラマチックなサウンドに鳥肌!

試聴 Click!

BOB & CAROLE PEGG/HE CAME FROM THE MOUNTAINS

朴訥としたボブのトラッドらしい歌声、かわいらしいハイ・トーンのキャロルの歌声と二人のハーモニーがとっても良い感じ。

後にMR.FOXを結成する夫婦デュオによる69年作。

試聴 Click!

いかがだったでしょうか。こちらの記事もあわせてどうぞ!


秋の終わりに聴きたい、郷愁を誘うフォーキーなアルバム。

【関連記事】

秋の終わりに聴きたい、郷愁を誘うフォーキーなアルバム。

スタッフが日替わりのテーマでオススメ作品をご紹介する「日々是ロック」。今日は「秋の終わりに聴きたい、郷愁を誘うフォーキーなアルバム」です。

関連カテゴリー

関連CD在庫

  • GAY & TERRY WOODS / BACKWOODS

    STEELEYE SPAN脱退後の75年に発表された伝説的名盤

    STEELEYE SPAN、WOODS BANDを経て、ゲイ&テリー夫妻がゲイ&テリー・ウッズ名義で発表した1stアルバム。75年作。いかにも英国的なジャケット通り、どこを切ってもブリティッシュの芳醇な香りが漂うブリティッシュ・フォークの名作。ウェスト・コーストの爽やかな風を取り入れつつも、ブリティッシュならではの陰影を保つ絶妙なバランス感覚は彼らならでは。ゲイの澄み切ったフィーメール・ヴォーカルとテリーの枯れた哀愁漂うヴォーカルの絡みが素晴らしい。

  • WOODS BAND / WOODS BAND

    アイルランドの伝説的バンド、スウィニーズ・メンのメンバーで、スティーライ・スパンでも活動したウッズ夫妻によるグループ、71年作

    ゲイ&テリー・ウッズを中心に結成されたウッズ・バンド唯一のアルバム。アコースティック・ギター、エレクトリック・ギター、ダルシマートによる広がりのあるサウンドと、タイトなリズムが重厚なバンド・アンサンブルを奏でます。トラッドを下地にした格調高く美しいメロディーも絶品。

  • RICHARD & LINDA THOMPSON / HOKEY POKEY

    夫婦デュオでの2作目、75年作

    75年作の2nd。サイモン・ニコルやパット・ドナルドソンら気の知れた仲間と心おきなく繰り広げられる音楽世界。英国音楽文化の伝承というテーマに、新たなアプローチを加えることで前作に負けず劣らぬ傑作となった。

  • ALLMAN AND WOMAN (CHER) / TWO THE HARD WAY

    グレッグ・オールマンによる夫婦デュオ、メロウ・グルーヴの好ナンバーが揃った77年作!

    オールマン・ブラザーズ・バンドでお馴染みのグレッグ・オールマン(Key/G/Vo)と、新婚ほやほやだった女優でシンガーのCherとの夫婦デュオ。77年作。この後、結婚生活は3年あまりで破綻してしまうということで唯一作。オープニングから軽快なメロウ・グルーヴ・ナンバーが炸裂!軽快なギターのカッティング、流麗なエレピやコーラスを掛けたエレキ、そこにからみつくホーン・セクション、そして、ソウルフル&キャッチーな伸びのあるヴォーカル&ハーモニー。ジミー・ウェッブやジャクソン・ブラウンなど、作曲陣も特筆で、サザン・フィーリングと都会的なポップ・フィーリングとがあわさった佳曲がそろっています。ジミー・ウェッブによるグルーヴィーな「We’re Gonna Make It」なんて、スワンプ・ロックのファンもたまらないでしょう!サザン・ソウル、スワンプ・ロック、AORのファンにもオススメな快作!

  • BOB & CAROLE PEGG / HE CAME FROM THE MOUNTAINS

    後にMR.FOXで活躍するBOB & CAROLE夫妻が69年の録音したトラッド・フォーク作

    後に中心メンバーとしてMR.FOXで活躍するBOB & CAROLE夫妻が69年に録音(リリースは71年)した作品。アコーディオンやフィドルやフルートが軽やかに鳴らされる牧歌的なトラッド・ナンバー、繊細なアコギ爪弾きにフィドルやチェロが翳りに満ちたフレーズを流麗に奏でるバラードともに心にじんわりと染みてきます。朴訥としたボブのトラッドらしい歌声、かわいらしいハイ・トーンのキャロルの歌声と二人のハーモニーも良い感じ。英フォーク・ファンは必聴の名作です。

  • PUMPKINHEAD / PUMPKINHEAD

    アイルランドへ渡った米フォーク・グループ、アイルランドのトラッド・レーベルMulligan Recordsからリリースされた76年作。

    アイリッシュ・ミュージックを演奏する米フォーク・グループの76年作。カルフォルニア出身のThom & Kathy Moore夫妻とRick & Sandi Epping夫妻の4人によるグループで、71年にアイルランドに渡り、TV番組に出演するなど活動しました。76年にPUMPKINHEADの活動が終了した後もメンバーはアイリッシュ・ミュージック界で活躍。Thom Mooreは自作曲がMary Blackの傑作『NO FRONTIERS』に2曲取り上げられたり、Rick Eppingはハーモニカ奏者として知られ、Christy Mooreなど多くのアイルランドやアメリカのフォーク・ミュージシャンと共演しています。本作は、ジグやリールなどトラッドとオリジナルやVan Morrison、Neil Youngのカヴァーといったフォークを交互に収録。アイリッシュ・ミュージックを土台にしながらも全編米国のグループらしいおおらかさに包まれています。中でもMary Blackが賞賛したThom MooreのヴォーカルがGOOD。1曲目、Thom 作のフォークでは、切ないメロディーにのるジェントルでふくよかなヴォーカルが、ハーモニカとともに、郷愁滲むゆったりとした空気を生み出します。他にもニール・ヤング「Are You Ready For The Country?」のカントリー調のカヴァーなど、トラッドが苦手な方も米フォーク作として十分楽しめる作品。プロデュースは、Planxty、Bothy Band等アイルランドの名グループで活躍したブズーキ奏者Donal Lunny。もちろん演奏もしています!

  • MISSING PERSONS / BEST OF

    テリー・ボジオ&デイル・ボジオの夫妻を中心に、パトリック・オハーン、ウォーレン・ククルーロらザッパ・バンド出身者が結成したニューウェーブ・バンド、全15曲

  • SPRIGUNS OF TOLGUS / JACK WITH A FEATHER + ROWDY DOWDY DAY

    SPRIGUNSの前身として知られる英フォーク・バンド、自主制作された75年1st+1st以前のカセットリリース作を収録

    マイクとマンディのモートン夫妻によるデュオを中心に72年から活動をはじめ、後にSPRIGUNSと発展するグループ。75年に自主制作されたSPRIGUNS OF TOLGUS名義では唯一のアルバム。マンドリンやフィドルによる軽快なアンサンブルをバックに、親しみやすい男性ヴォーカルと紅一点マンディ・モートンのヴォーカルがハーモニーを聴かせる、というトラッド・フォーク・スタイル。PENTANGLEも取り上げた「Let No Man Steal Your Thyme」でのマンディの歌唱はさすがの存在感です。それ以前にカセット・リリースされていた幻の作品『ROWDY DOWDY DAY』の全12曲も収録!

    • BELLE223622MARQUEE

      紙ジャケット仕様、SHM-CD、デジタル・リマスター、定価3143+税

      【購入特典:カケレコオリジナル特典ペーパーをプレゼント!】、レーベル管理上紙ジャケットに若干圧痕がある場合がございます。ご了承ください。

  • FRANK ZAPPA / APOSTROPHE’ and OVERNIGHT SENSATION

    歌もの中心の73/74年作、どちらもザッパ入門に最適のアルバム!

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。