プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

愛すべき「もったり」感。必殺のブルース・ハード・ロックをピックアップ。

スタッフ増田です。

前のめりに突っ走るスピーディーなハード・ロックも好きだけど、これでもかと「タメ」を活かしたブルース・ハードも良いっ!

そんな方々のために、今回は「もったり」しつつも大変痺れるブルース・ハード・ロックをピックアップいたしました。

HACKENSACK/UP THE HARD WAY

まずはコチラの英国のグループ。一昨年43年ぶりの新譜が出、そして今年は新規リマスターでの再発が発売となりました。

これでもかと「間」を活かした必殺のギター・ワークに、後にサムソンでも活躍する巨漢ヴォーカリストNicky Mooreのシャウトが炸裂。これは腹に溜まります。

試聴 Click!

ORANG-UTAN/ORANG-UTAN

英米混成ハード・ロックと言ったら、カクタスだろうって? おいおい、俺らも忘れちゃこまるぜ。

ツェッペリンにも負けないソリッドさと、タメを活かしたブルージーさ。もう、文句なしですねえ~。

試聴 Click!

BLACK CAT BONES/BARBED WIRE SANDWICH

初期にはFREEのポール・コゾフとサイモン・カークが在籍し、アルバムには後にFOGHATで成功を収めるロッド・プライスが参加しているものの、アンダーグラウンドに埋もれてしまった英ブルース・ハードの70年唯一作。

タメを効かせた骨太のリズム、生々しくむせび泣く2本のギター。アンダーグラウンド臭ぷんぷんのヘヴィなサウンドがあまりにも格好良い・・・。

試聴 Click!

LEAF HOUND/GROWERS OF MUSHROOM

そんなBLACK CAT BONESを母体に結成されたLEAF HOUNDもご紹介。

相変わらずヘヴィかつ金切り声をあげるように鋭角的なギターに、ATOMIC ROOSTER、CACTUSで活躍するピーター・フレンチのシャウトが炸裂。骨太な名バンド!

試聴 Click!

WHALEFEATHERS/WHALEFEATHERS

ここで米国に行ってみましょ~。

なるほど、オハイオ産のバンドながら英ブルー・ホライゾンからリリースされたのも納得。

クリームジミ・ヘン、初期フリートウッド・マックを行ったり来たりするような8分を超えるオープニング・ナンバーからこれでもかと濃厚で、本格臭ぷんぷん。

試聴 Click!

FINCHLEY BOYS/EVERLASTING TRIBUTES

イリノイ州出身のヘヴィ・サイケ/ハード4人組。68-69年に録音され72年にプライヴェート・プレスでリリースされた唯一作。

このヘロヘロとしたギターのなんとも言えず、キマらないこと・・・癖になる脱力感。

バキッ!としたハード・ロックが好きな方には「なんじゃこりゃ~」かもしれませんが、ブルージーなB級サイケ・ハードのファンには是非ともおすすめの一枚です。

試聴 Click!

関連カテゴリー

関連CD在庫

  • HACKENSACK / UP THE HARD WAY

    エネルギッシュでブルージーなブリティッシュ・ハードの名作、74年作

    74年にリリースされた彼等のデビュー作で、ブルースからの影響が強く感じられるブリティッシュ・ハード・ロック。Ray Smithのツボを押さえたギター・ワークと巨漢ヴォーカリストNicky Mooreの貫禄すら感じられるソウルフルなヴォーカルは必聴。1曲目がとにかくカッコ良くて、冒頭のハイハット一発で悶絶。タメとキレ味抜群のリズム隊はかなり良い感じ。「イェイ」の一声で全部持っていく存在感抜群のヴォーカル、空気読まずに弾きまくるギターも最高。フリーに比肩するアンサンブルで聴き手を飲み込む好グループです。

  • ORANG-UTAN / ORANG-UTAN

    2本のギターがブルージー&アグレッシヴなフレーズをぶつけあうハード&ソリッドなハード・ロック・バンド、71年唯一作

    JASON CRESTのTerry “Nobby” ClarkやKILLING FLOORの Mick Clarkeによってロンドンで結成されたハード・グループ。71年にアメリカで発売された唯一作。ツイン・リード・ギター体制でブルージー&スリリングなギターが左右チャンネルを暴れ回り、ヴォーカルが絞り出すようにシャウトを炸裂!引きずるようなヘヴィなリズムも文句なしの格好良さ。ZEPPELIN級のハード&ソリッドなサウンドが圧巻の名作。

  • BLACK CAT BONES / BARBED WIRE SANDWICH

    英国出身ブルース・ロック、閉塞感が迫りくるミドルテンポ中心のアンサンブルが強烈、70年発表唯一作

    英国出身ブルース・ロック・グループ70年発表、唯一作。メンバーであったポール・コゾフとサイモン・カークがFREE結成の為、脱退。バンドを再構成してDECCAからリリースされたのが本作です。タメを効かせた骨太のリズム隊が生み出すウネリに乗って、時に引きずるような重低音のリフを刻み付け、時に縦横無尽にむせび泣く2本のギター。閉塞感が迫りくるミドルテンポ中心のアンサンブルはFREEを彷彿させる部分もありながら、より強烈なアンダー・グラウンド臭を放っています。本作を持ってグループは解散。ギタリストRod
    PriceはFOGHATを結成、ヴォーカル以外のメンバーはPeter FrenchとLEAF HOUNDを結成します。FREEファンはもちろん、英アンダー・グラウンドの入り口としても絶好の一枚。

  • FINCHLEY BOYS / EVERLASTING TRIBUTES

    イリノイ産ヘヴィ・サイケ/ブルース・ハード4人組、北米B級サイケの魂と言える72年作!

    イリノイ州出身のブルージーなヘヴィ・サイケ/ハード4人組。本作は68-69年にかけてレコーディングした音源を72年にプライヴェート・プレスとしてリリースした彼らの唯一作。ブルースを下地にしたもったり系サウンドのうえを這いずり回る拙いファズ、情けなくなると同時にその情念に打ちのめされてしまうシャウト&ハープ…。これぞ北米B級サイケという渋みと哀愁が滲む、愛すべき楽曲群で充満した名盤です。KINKS「I’m Not Like Everybody Else」のカヴァーも聴き応えあります。しかし本編ラストM8では、突如として腰を抜かすほどのヌケのよい音に豹変し、ファンキーなベース&カッティング、ソウルフルなコーラス…と、このあたりはまったくもって謎ながら、愛して止まない連中です。

    • REACTIONCD006REACTION

      ペーパーケース仕様、最新発掘の68-69年録音を収録したボーナス・ディスク「NEVERENDING TRIBUTES」との2枚組、オリジナル・マスター・テープからのデジタル・リマスター

    • REACTIONCD006REACTION

      ペーパーケース仕様、最新発掘の68-69年録音を収録したボーナス・ディスク「NEVERENDING TRIBUTES」との2枚組、オリジナル・マスター・テープからのデジタル・リマスター

      盤質:傷あり

      状態:並

      2590円

      1295円
      (税込1425円)

      1424円お得!


      CD詳細ページへ

  • WHALEFEATHERS / WHALEFEATHERS

    アメリカン・サイケ&ブルース・ハード、71年作2nd

    69年にオハイオで結成された4人組サイケ&ブルース・ハード・ロック・バンド。71年にリリースされた2ndアルバム。クリームと初期フリートウッド・マックを行ったり来たりするような8分を超えるオープニング・ナンバーから本格派ぷんぷん。低重心で手数多く叩きまくるドラム、ハードエッジな中にも憂いがたっぷりなアルペジオやリフ、くすんだトーンで早弾くハモンド・オルガン、そして、クリーム直系のメロディ・ライン。リズム・チェンジし、ブルース・ロックに展開した後のセクシーなトーンのリード・ギターはまるでピーター・グリーンばりの素晴らしさで特筆です。マイナーながらR&B〜サイケ〜ブルース・ロックの流れを汲み、ハード・ロックへと突入したサウンドは、クリームやスプーキー・トゥースやプロコル・ハルムのファンはたまらないでしょう。これは名作です。

聴かなくなった60&70年代ロック/プログレのCDはございませんか?

査定の正確さ・高額買取で評価いただいているカケレコ「とことん査定」。選ばれる3つの理由やご利用いただいたお客様の声など詳細はコチラ⇒http://kakereco.com/about_assess.php

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事