プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

「バンド名動物縛り」~『カケレコのロック探求日誌』一週間一気読み!~

こんにちは。10月に入りましたね。

今週の10月4日は「世界動物愛護の日」でした。

動物愛護・動物保護のための世界的な記念日、とのこと。そんな記念日にあやかり、今週は、「バンド名動物縛り」というテーマで、facebookに投稿してまいりました。

どうぞご覧ください。

Facebook

10月1日(月):CAMEL / MIRAGE

トップバッターは英国の名プログレ・グループ、CAMEL。

ギタリストのAndrew Latimerを中心に、71年の結成から現在まで、メンバーを入れ替えつつも精力的に活動を続ける彼ら。
一昨年16年に続き今年も来日公演を果たしたりなど、そのタフさは老いを感じさせませんよね。

アルバムは印象的な砂漠&ラクダジャケの74年作2nd『MIRAGE』をピックアップ。3rd『スノーグース』や4th『MOONMADNESS』に比べLatimerのハードなギターが目立っているものの、CAMELらしい柔らかなファンタジックさもたっぷり。叙情的かつ格好良いCAMELサウンドを楽しめる一枚です。

・・・いやあ、改めて聴き直しましたがどの曲も名曲! 代表曲「Lady Fantasy」はもちろん、同じく組曲の「White Rider」のドラマチックさも見事だし、「Supertwister」のフルートも絶品だし・・・これは傑作ですね~。(増田)

試聴 Click!

CD詳細ページへ

10月2日(火):WOODEN HORSE / II

今日取り上げるのは、英国フォーク・バンド、ウッデンホースの1973年2nd。西日を浴びた木馬のジャケットが神秘的です。

「木馬」と言えば、中に隠れて敵を奇襲したトロイの木馬伝説を思い浮かべますが、こちらの作品はそんな策略やたくらみとは無縁の、素朴で親しみやすい楽曲が並びます。

ストローブスのトニー・フーパーをプロデューサーに迎えた今作。CSN&Yに影響された爽やかなフォーク・ロックの中で、ボーカル・ハーモニーが光っています。

右から左から爽やかに吹き抜ける2人の男性ボーカルの中を紅一点スーザン・トレイナーの清流のような美しいボーカルが響き渡り、至福の心地よさです。(みなと)

試聴 Click!

CD詳細ページへ

10月3日(水):BADGER / ONE LIVE BADGER

セレクトするのは、イギリスのバンドBADGERによる73年デビュー作「ONE LIVE BADGER」です。

ご存知、初期イエスのキーボーディストを務めたトニー・ケイが結成したグループで、バンド名はアナグマを意味します。

ロジャー・ディーンが描いた愛らしいアナグマの姿に癒やされますが、オリジナルLPおよび紙ジャケでは、ジャケを開くとアナグマがポップアップするというギミックが施されていました。

本作はデビュー作にしてライヴ・アルバムという大胆不敵なもので、彼らが前座を務めていたイエスの、「YESSONGS」レコーディング用機材を借りて録音が行われたそうです。

その内容は、ブライアン・パリッシュの骨太なリードギターとトニー・ケイのオルガン&メロトロンが絡み合う、ドライブ感ある熱っぽくダイナミックなブルース・ハード。

特にトニー・ケイは、イエス時代の端正なプレイとは打って変わってエネルギッシュに弾きまくっていて、こんな演奏もできたのかと驚かされます。

ライヴならではの熱気ある演奏は大変カッコいいですが、欲を言えばよりしっかりしたプロダクションで同内容のスタジオ作も残してほしかったと、本作を聴くたびに思ってしまいます。(佐藤)

試聴 Click!

CD詳細ページへ

10月4日(木):MR.FOX / GIPSY

今日はキツネです。英国フォーク・グループMR.FOXの71年作。

ボブ&キャロル夫妻を中心としたバンドで、非常に個性的なサイケデリック・フォークを奏でています。

白眉はやはりタイトル曲の「The Gipsy」でしょうか。

RPGゲーム音楽みたいなキャッチーなオルガンのリフが随所で効いていて、ボブの飄々とした歌声、ドラムというより太鼓のドコドコしたリズム、ヴァイオリンとフルートのケルティックなパートなどなど、あちこちに振れつつ大団円になだれ込みます。

アクが強いサウンドなのですが、度々聴きたくなる作品です。(みなと)

試聴 Click!

CD詳細ページへ

10月5日(金):BUFFALO / VOLCANIC ROCK

こんにちは。今週はいつもと少し趣向を変えて、「バンド名動物縛り」というテーマでお送りしてきました。

それにしても動物が入ったバンド名って多いですよね。犬ならTHREE DOG NIGHTやPAVLOV’S DOG、猫ならSTRAY CATS、他にもMONKEYSにRABBITS、マイナーだとCOYOTEやAARDVARK(ツチブタ)などなど。
(後から思いついたのですが、「ANIMALS」なんてそのまんまでした…。)

今回は英国のバンドが多くなってしまったので、最後はオーストラリアのハード・ロック・バンドをご紹介。今ではPC機器メーカーの方が真っ先に浮かんでくるけど、単語としては「水牛」という意味の「BUFFALO」というグループです。

オーストラリアのハード・ロックというとAC/DCくらいしかピンと来ないかもしれませんが、このBUFFALOも欧米ではそれなりの知名度を誇るバンド。

アルバムは代表作と言える73年作2nd『VOLCANIC ROCK』をピックアップ!

英国ハード、特にBLACK SABBATHからの影響を伺わせるヘヴィで引きずるようなギター・リフも強烈ですが、さらにオジー・オズボーンとレスリー・ウェストの中間のようなエネルギッシュなダミ声ヴォーカルが凄い!間違いなくHR/HMのルーツの一つと言えるであろう名グループです。

ちなみに、本当は最後に英語以外の「動物バンド」をご紹介したいなと思い探していたのですが、なかなかイタリア語などで動物の名を冠したバンドが見つかりませんでした…。動物バンド名は英語圏ではメジャーながら、他の言語圏ではあまり人気がないのかもしれません。(増田)

試聴 Click!

CD詳細ページへ

カケレコのSNSではワクワク探求情報を発信中!

Facebook
Twitter

Instagram

CAMELの在庫

  • CAMEL / A NOD AND A WINK

    デビュー30周年記念作品であるとともに、同年に他界したピート・バーデンスへの追悼作でもある02年作14th

  • CAMEL / CAMEL

    73年リリースの記念すべき1stアルバム、代表曲「Never Let Go」収録

    ファンタジックなサウンドで独自の道を切り開いたキャメルのデビュー作。73年作。初期の代表作として知られる「ネヴァー・レット・ゴー」「秘密の女王」を収録。

  • CAMEL / MIRAGE

    74年リリース、初期の代表曲「LADY FANTASY」収録の2nd

    Andrew Latimerを中心にファンタジックなアプローチでプログレッシブ・ロックの重要バンドに位置づけられるイギリスのバンドの74年2nd。名盤となる次作「The Snow Goose」に見られるファンタジックさと気品に比べるとPeter Bardensのキーボードが若干おとなしく、その代わりAndrew Latimerのギターが前に出て渋く泣いているようなイメージであり、全体的にややハードな雰囲気が漂っているものの、その音像は単純なハード・ロックとは全く違う甘みを感じるものであり、フルートの効果的な使用も相まって、マイルドな質感を醸し出しています。自作につながるようなファンタジックさの片鱗も見え隠れする素晴らしい作品です。

  • CAMEL / SNOW GOOSE

    ポール・ギャリコ「白雁」をモチーフにリリカルかつイマジネーション豊かに綴られる、一大コンセプト・アルバム傑作、75年発表

    Andrew Latimerを中心にファンタジックなアプローチでプログレッシブ・ロックの重要バンドに位置づけられるイギリスのバンドの75年3rd。オーケストラ・セクションを迎え、ポール・ギャリコの小説「白雁」をコンセプトに掲げたアルバムであり、全編インストルメンタルによる彼らの代表作の1つです。特にAndrew Latimerによるフルートの優しげな調べが印象的な「ラヤダー」は、澄んだシンフォニック・ロックのお手本として有名であり、同じくフルートを扱いながらもアプローチの全く違うJethro Tullとの比較で論じられています。決して派手さはないものの優しさとロマンに溢れており、肌触りの良いギターやPeter Bardensによるキーボードの音色、リズムセクションの軽快さ、そしてインストルメンタルのハンディを感じさせないメロディーとアレンジの上手さで御伽噺の世界をマイルドに表現しきった名盤です。

  • CAMEL / MOONMADNESS

    前作「スノーグース」と並び初期キャメルの持ち味が最大限に発揮されたファンタジックな大名作、76年作

    Andrew Latimerを中心にファンタジックなアプローチでプログレッシブ・ロックの重要バンドに位置づけられるイギリスのバンドの76年4th。前作「スノー・グース」と並んでファンタジックなCAMELの音楽性をダイレクトに伝える作品であり、Andrew Latimerの消え入るような儚げなフルート、Peter Bardensの堅実かつ時に奔放なキーボードの妙技、そして軽やかに変拍子を紡ぐリズムセクションのトータル感で聞かせます。シンフォニックに、そしてジャジーに、肌触りの良いマイルドさを持った傑作であり、ゆったりと身を任せられるような自然なサウンドが一貫して個性的な1枚です。

  • CAMEL / BREATHLESS

    元キャラヴァンのメンバーが多く在籍した「キャラメル」期の名作、78年7th

  • CAMEL / I CAN SEE YOUR HOUSE FROM HERE

    ルパート・ハインがプロデュースを手掛けた79年作、新加入した元HAPPY THE MANのKit Watkinsによるスペイシーなシンセワークが冴える傑作!

    キーボードにキット・ワトキンス(元ハッピー・ザ・マン)を加え、更にサウンドの幅を広げた第三期キャメルの傑作アルバム。79年作品。

  • CAMEL / NUDE

    81年リリース、小野田少尉の実話を基にしたコンセプト・アルバム

    第二次世界大戦後、南方の島に取り残された一兵士(小野田寛郎氏/ヌードとはオノダのもじり)の実話を音楽化。人間味に溢れたドラマティックなサウンド・ストーリー。81年作。

  • CAMEL / STATIONARY TRAVELLER

    東西分割時代のベルリン市民たちに焦点を当てたシリアスな作風の84年作

    東西分割時代のベルリンの人々をテーマにしたシリアスな内容のアルバム。内省的な彼らの美学が光る。1991年に復活アルバムをリリースする以前のラスト・スタジオ・アルバム。1984年作品。

  • CAMEL / HARBOR OF TEARS

    「アイルランドの悲劇」をテーマに綴られる重厚かつ感動的なコンセプト作、96年リリース

    アンディ・ラティマーの祖母の体験を基にしたアイルランド移民の悲劇を作品化。ケルトの旋律と激しい情念を描き出すラティマーのギターが感動を呼び込む名作。

  • CAMEL / RAJAZ

    ラティマーの極上ギターを全編で堪能できる99年作

    出会い、そして別れ。アンティ・ラティマーのギターが紡ぎ出す8つの物語。

「CAMELの在庫」をもっと見る

WOODEN HORSEの在庫

  • WOODEN HORSE / WOODEN HORSE

    女性ヴォーカルを含む英フォーク・グループ、美しい3声ハーモニーが魅力的な72年作1st

    女性ヴォーカルを含む英フォーク・グループ。YORKレーベルより72年にリリースされた1stアルバム。左右チャンネルに配置された男性ヴォーカル2人、そして中央に陣取る女性ヴォーカル。オープニングから美しい男女3声ハーモニー。アコギも3本が鳴らされ、柔らかなコード弾きをバックに、2本のアルペジオが流麗にからみ合います。木漏れ日に包まれたジャケのイメージ通りの爽やかな風を感じるようなサウンドが印象的。CS&Nの3人にも勝るとも劣らないコーラス・ワークは特筆ものです。どの曲も流れるようなメロディを持つ佳曲揃いで、ジャケの雰囲気にピンときた英フォーク&米フォークのファンならきっと気に入ってしまうことでしょう。

  • WOODEN HORSE / II

    女性ヴォーカルを含む英フォーク・グループ、73年作2nd、ジャケから漂う秘宝臭の通りの英フォーク・ロック逸品

    女性ヴォーカルを含む英フォーク・ロック・グループ。YORKレーベルより73年にリリースされた2nd。プロデュースは、元ストローブスのトニー・フーパー。1stでの美しい男女3声ハーモニーはそのままに、ドラムが入ってより伸びやかに、そして、時折キーボードやフィドルも鳴らされることで爽やかさの中に英国的な陰影もあるフォーク・ロックを聴かせています。CS&NやS&GやPP&Mから影響を受けつつ、英国ならではの翳りある牧歌性がにじむ佳曲ぞろい。「このジャケからしてただならぬ音が聴こえてくるはず」というフォーク・ファンの期待に見事に応える逸品です。

「WOODEN HORSEの在庫」をもっと見る

BADGERの在庫

  • BADGER / ONE LIVE BADGER

    イエスの初代キーボード奏者Tony Kayeによるグループ、アグレッシヴなブルーズ・ハードを展開、73年リリース作

    元YESのキーボーディストTony Kayeが中心となり結成されたイギリスのプログレッシブ・ロックグループの72年デビュー作。デビュー作にしてライブ作という異色の内容となっており、当時彼らが前座を務めていた「YESSONGS」レコーディング前のYESの機材をJon Andersonの提案によって使い、ライブ録音が行われました。その内容はブルージーなギターワークとTony Kayeのオルガン、メロトロンで聴かせるブリティッシュ・ハード・ロックであり、ライブ作と言うこともあって強烈なドライブ感あるダイナミックなサウンドが収録されています。

  • BADGER / WHITE LADY

    74年2nd、ジェフ・ベック、ブリン・ハワース参加、アラン・トゥーサンのプロデュースによる英ホワイト・ソウルの旨味たっぷりの逸品!

    3rdまでの初期イエスのKey奏者トニー・ケイが結成したグループ。74年作の2nd。1stからトニー・ケイとドラマー以外のメンバーが代わっており、注目は、APPLEからソロ作をリリースしたことで知られるJackie Lomaxの参加。他には、元STEALERS WHEELのギタリストPaul Pilnickが参加しています。なんとアラン・トゥーサンのプロデュースで、録音もニューオーリンズ。作曲も全曲Jackie Lomaxの参加で、米南部色溢れるファンキーなホワイト・ソウルに変化しています。イエスつながりでこの作品を聴いたプログレ・ファンには不評だったようですが、ホワイト・ソウル・バンドで聴くと、曲は良いし、演奏も歌声も旨味たっぷり。ファンキーだけどカラッとしないでどこか哀愁が滲むグルーヴ感が良いし、くすんだオルガンの音色はブリティッシュだし、Jackieのヴォーカルもソウルフルな中に憂いがありグッとくるし、メロディも英国らしい陰影いっぱいで泣けます。ゲストも注目で、英スワンプの名作を残した名スライド・ギター&SSWのBryn Haworthに加え、なんとタイトル・トラックでJeff Beckが参加(さすがの切れ味)!改めて評価されるべき愛すべきニッチな名品です。

「BADGERの在庫」をもっと見る

MR.FOXの在庫

  • MR.FOX / MR FOX and GIPSY

    英エレクトリック・トラッド、70年1st/71年2nd

    70年発表のデヴュー作と71年のセカンド(ラスト作)を収録した2in1。英国フォークを基調にしたメロディーに被さるエレクトリックな味付けがなかなか。

  • MR.FOX / JOIN US IN OUR GAME

    英エレクトリック・トラッド、70年作1stと71年作2nd

    70年作1st「MR.FOX」と71年2nd「GIPSY」との2in1CD。

「MR.FOXの在庫」をもっと見る

60&70年代ロック/プログレCDの買取なら是非カケハシ・レコードへ!

ご紹介したようなオールタイムのプログレや60s/70sロックのCDで聴かなくなったものはございませんか? 査定の正確さ・高額買取で評価いただいているカケレコ「とことん査定」、是非一度お試しください!買取詳細&買取査定額の一例はコチラ↓
http://kakereco.com/about_assess.php

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

文・後藤秀樹

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。