プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

オルガン・ロック、フュージョン、ごった煮風・・・なんでもありのジャーマン・ジャズ・ロックを探求!

スタッフ増田です。

ハード・ロックやロマンチシズム溢れるシンフォニック・ロック、実験的なクラウトロックなどのイメージが強いドイツ。

しかしながらそんな中にも、英国のVertigo産オルガン・ジャズ・ロックやカンタベリー・ロックにも匹敵する!?優れたグループが多く存在します。

今回はそんなジャーマン・ジャズ・ロックの「なんでもあり」な魅力をお伝えすべく、様々なタイプのジャズ・ロック・グループを集めてみました。

まずは「英国オルガン・ロック風」からどうぞ!

IKARUS/IKARUS

クレシダやスティル・ライフなどヴァーティゴ系のオルガン・ロックをベースに、ソフツやカーンあたりのカンタベリーのエッセンスをまぶした感じ。

これがドイツのバンドの71年作唯一作とは、驚き!

試聴 Click!

EILIFF/EILIFF and GIRLRLS !

暴走するリズム隊、グルーヴィーなオルガン、エキセントリックなサックス、ヘヴィで暴力的なギターが塊となって畳みかけるジャーマン・プログレ!

レッド・ゾーンを振り切る圧倒的な音圧に悶絶!

71年作&72年作をカップリング。

試聴 Click!

JOY UNLIMITED/SCHMETTERLINGE

AFFINITYが好き? ブルージーでジャジーなオルガン、紅一点の女性ヴォーカル。たまらないですよね。

そんなあなたにはこのバンドがオススメ!71年作。

試聴 Click!

EMERGENCY/EMERGENCY

そして同じくAFFINITYやCOLOSSEUMなどのVertigo産ジャズ・ロック好きにオススメしたいのがコチラ。

ぐおお、この叙情たっぷりのオルガンに洒脱でグルーヴィーなベース、哀愁のヴォーカル、むせぶサックス!

マイナーなグループですが、これ、聴かなきゃ勿体ないです!71年作。

試聴 Click!

ここからはSOFT MACHINEやエレクトリック・ジャズなどを彷彿とさせる、流麗なジャズ・ロックをご紹介。

PASSPORT/HAND MADE

ドイツを代表するジャズ・ロック/クロスオーヴァー・グループ、73年作。

SOFT MACHINEにも匹敵する強靭さ&スリリングさに熱いジャーマン魂を散りばめたような、流麗かつ骨太なサウンドが至高。

ジャズ・ロック・ファンは避けて通れない一枚です。

試聴 Click!

XHOL CARAVAN (XHOL)/HAU-RUK

これを初めて聴いたとき、「ドイツのビッチェズ・ブリューだ!」と雄叫びましたよっ!

ジャーマン・ジャズ・ロック/サイケ/アヴァンギャルドの最高峰、71年作。

試聴 Click!

ZYMA/THOUGHTS

緊張感漂うフリオ・キリコばりの高速ドラムとテクニカルなベースを軸に、美麗な女性ヴォーカル、気品あふれるヴァイオリン、たおやかなダブル・キーボードが優雅に旋律を奏でていく極上のジャズ・ロック。

これが78年の自主制作盤とは、恐るべし…。

試聴 Click!

ここからはジャズやらなにやら色んなジャンルが混ざり合ってしまった「ごった煮風」ジャーマン・ロックをご紹介。

LUCIFER’S FRIEND/BANQUET

ヘヴィなハード・ロックのイメージも強いドイツのグループですが、本74年作はブラス隊やオーケストラをフィーチャーしたプログレ/ジャズ・ロック色の強いサウンドが特徴。

流麗さとハードさ、ドラマチックさが見事にブレンドされた「Spanish Galleon」はプログレ・ハード史に残る傑作!

試聴 Click!

MESSAGE/SYNAPSE

イギリス人を中心にドイツで結成されたグループ、76年作4th。

初期はNEKTARにも通ずるメロディアス・ハード路線でしたが、本作で聴けるのは涼やかなジャズ・ロック。

と思いきや途中で粘っこいギターが入ってきたり、シアトリカルな展開になったり、恐るべしクセとアクはこれぞジャーマン。

試聴 Click!

GRASLAND/ECHT NULL !

真面目なドイツ人がカンタベリー・ロックをやろうとしたらこうなった…のかなあ!?

優しいエレピと無骨なギターとスペーシーなシンセがせめぎ合っちゃう、異色のジャーマン・プログレ、81年作。

試聴 Click!

NINE DAYS WONDER/WE NEVER LOST CONTROL

サックスをフィーチャーしたGONGテイストのジャズ・ロックかと思ったら謎の環境音が流れはじめるし、軽快なパートが始まったと思いきやシンセがうねうね言ってるし。

コロコロと表情を変えるザッパなみに雑多な作風が特徴の、まさにごった煮ジャーマン・プログレ、73年作。

試聴 Click!

LIFT/LIFT

ここまでは西ドイツのバンドをお送りしましたが、こちらは東ドイツを代表するバンド、77年1st。

「東ドイツのプログレ」と聴くとちょっと堅苦しいイメージがあるかもしれませんが、このバンドを聴くとビックリ!

CAMEL風の穏やかなフルートをフィーチャーしたシンフォやジャズ・ロック、クラシカル・ロックなどを織り交ぜた溌剌とした作風で、大変耳馴染みのよいサウンドを聴かせています。

試聴 Click!

KARAKORUM/BETEIGEUZE

最後は昨年デビューしたドイツの新鋭グループをご紹介!

ダブルギター、メロトロン、オルガンによるクリムゾンタイプの70年代志向プログレかと思ったら、リズム隊がしなやかにジャズを刻み始めると途端に本格派ジャズ・アンサンブルに発展したりして変幻自在!

なるほど、現在のドイツのプログレも「ごった煮」だったのね・・・。

試聴 Click!

関連カテゴリー

関連CD在庫

  • EILIFF / EILIFF and GIRLRLS !

    71年リリース、アグレッシヴに畳みかけるジャズ・ロック/ジャーマン・プログレ

    ドイツ出身、サックス、キーボード奏者を含む5人編成のグループ。71年作の1st「EILIFF」と72年作の2nd「GIRLRLS!」をカップリングした2in1CD。手数多くタイトなドラム、ゴリゴリと疾走するベース、エキセントリックなサックス、エレピを中心にジャジーなキーボード、ヘヴィで暴力的なギターが塊となって畳みかけるアグレッシヴなジャズ・ロック/ジャーマン・プログレ。レッド・ゾーンを振り切る圧倒的な音圧とせわしなく緊張感溢れる展開が魅力の好グループ!

  • LUCIFER’S FRIEND / BANQUET

    英国人ヴォーカリストJOHN LAWTON率いるジャーマン・ハード・グループ、洒脱なジャズ・ロック的アプローチが秀逸な74年の傑作!

    ジャーマン・ハード・ロックの先駆者、ルシファーズ・フレンドが74年にリリースした通算4枚目のアルバム。彼等の全ディスコグラフィー中最高傑作の呼び声の高い名盤。30名から成るブラス隊とオーケストラをフィーチャーし、シンフォニック色も加味した作品。ドイツという枠を超えて70年代のプログレッシヴ・ハード・ロックの歴史的作品。(国内盤帯より)

  • MESSAGE / SYNAPSE

    ジャーマンらしいクセ味がたまらないユーロ・ジャズ・ロックの逸品、76年作4th

    イギリス人のTOM McGUIGAN(Vo、木管楽器、キーボード奏者)を中心にドイツで結成されたグループ、76年作の4th。初期はネクターにも通ずるメロディアス・ハードが持ち味でしたが、本作で聴けるのは涼やかなユーロ・ジャズ・ロック。オープニング・ナンバーでの、ギターとエレピのミニマルなフレーズが交錯するリフをバックに、サックスが幻想的に鳴らされるアンサンブルは、ソフト・マシーン『6th』あたりを彷彿させます。でも、途中では、粘っこくギターのカッティングが入ってきたり、ヴォーカル&メロディはどこかシアトリカルでどこか猥雑な感じだし、一筋縄ではいかないところはいかにもジャーマン・ジャズ・ロック(ジャケからも分かる通り)。フュージョン・タッチの2曲目でのキレ味とスティーヴ・ハウを彷彿させるギターのリードは見事だし、テクニック、アンサンブルのアイデアともにハイ・クオリティ。ユーロ・ロック〜ジャーマン・プログレのファンにはたまらないクセとアクのある逸品です。

  • JOY UNLIMITED / SCHMETTERLINGE

    ドイツ、オルガンをフィーチャーしたスモーキーな渋みを持つジャズ・ロック、71年作

    個性的なグループを多く排出したPilzからリリースされたジャーマン・ロック・グループの71年作。スモーキーな渋みを持ったオルガン・ロックを基本にしながら、巧みにフルートを利用したアプローチで聴かせる作風であり、ハスキーな歌声を聴かせる女性ボーカリストJoy Flemingを擁していることから、オランダのEarth & FireやデンマークのSavage Roseを髣髴とさせる作品と言えます。また、オルガンのプレイはブルージーなものから時にクラシカルなサウンドも聴かせており、この時期のジャーマン・ロックならではの彩りを放ちます。

  • IKARUS / IKARUS

    ジャーマン・プログレ、CRESSIDAなどの英国オルガン・ロックやCARAVAN/SOFT MACHINEなどカンタベリー系に通じるサウンド、71年作唯一作

    サックス&フルート奏者在籍のジャーマン・ロック・バンド、71年の唯一作。手数多く走るドラムとよく動くベースによる安定感あるリズム隊を土台に、ブルージー&ハードで引きずるようなギター・リフ、淡くむせぶハモンド・オルガンを中心として、時に叙情的に、時に熱気ムンムンに畳み掛けるアンサンブルは、クレシダやスティル・ライフなどヴァーティゴ系のオルガン・ロックに通じる質感が印象的です。フルートやサックスがリード楽器としてフィーチャーされているのも特筆で、ジャズのエッセンスが感じられ、初期ソフト・マシーンやカーンのようなカンタベリーな味わいすら感じます。4曲の大曲主義で駆け抜ける構成も実に巧み。これはブリティッシュ・ロック・ファンにもたまらない名作です。

  • XHOL CARAVAN (XHOL) / HAU-RUK

    ジャーマン・ジャズ・ロック/サイケ/アヴァンギャルドの最高峰、71年発表の傑作

    ジャーマン・ジャズ・ロック/サイケ/アヴァンギャルドの最高峰バンド。本作は71年にベルリンの名門レーベルOhrからリリースされた傑作。電子サックスに顕著な「先進性」と、ジャズだのロックだのというカテゴライズなど度外視していたであろう「独創性」が感じられる、パッションと自信に充ち充ちたサウンド。2本のサックスがフリーキーかつスピリチュアルに、そして抑制とタメも見事に効かせながら絡み合う70sマイルス的ジャズ・ロックM3は圧巻。

  • KARAKORUM / BETEIGEUZE

    ドイツ出身の新鋭プログレ17年デビュー作、ダブルギター、メロトロン、オルガンによるクリムゾンタイプの70年代志向プログレに独特の浮遊感を纏わせたユニークなサウンドが特徴

    ドイツ出身の新鋭プログレ・バンド、自主制作リリースした16年のデモアルバムに続く17年作。左右のチャンネルに配された2人のギタリストによるヴィンテージ臭プンプンのざらついたプレイと、メロトロンやオルガンが霧深い幽玄な雰囲気を作り出す、クリムゾンタイプの70年代志向プログレを鳴らします。歪んだギターがスリリングに切り込むハードなパートも多いのですが、全体にどこか不思議な浮遊感があって過剰に重くならない優れたバランス感覚に唸らされます。またこういったバンドには珍しくジャジーなパートも頻繁に登場し、特にジャズ色の強いリズム隊がしなやかにジャジーなリズムを刻み始めると、ギターやオルガンも本格派のジャズ・タッチで応酬するのが面白いところ。クリムゾン系のダークなプログレに独特の浮遊感を纏わせた、一筋縄ではいかないユニークなサウンドを構築しています。マスタリングをGROBSCHNITTで知られるEROCが担当。

  • EMERGENCY / EMERGENCY

    ドイツ産ブラス・ジャズ・ロック、71年作

    70年代前半に活動し、4作品を残したドイツ出身のジャズ・ロック・バンドによる71年デビュー作。安定感ある職人的なリズム・セクションに乗って、熱気ある派手なプレイスタイルのオルガンと、重層的な響きを持つブラスが交錯する、グルーヴィーかつ重厚感溢れるブラス・ジャズ・ロック。これは猛烈にかっこいいです…!ヴォーカルは英語。

  • GRASLAND / ECHT NULL !

    カンタベリーとハード・ロックとジャーマン・シンフォの邂逅!?異色のジャーマン・プログレ81年作

    ベルリン出身のプログレ・グループ、81年唯一作。カンタベリー・ロックからの影響を伺わせる美麗なエレピを全面的にフィーチャーしつつ、同時にハードに歪んだギターが骨太にリフやソロを奏でていくという、「カンタベリー・ハード」的サウンドがなんとも独特。さらに時にはジャーマン・シンフォを思わせるスペーシーで硬質なトーンのシンセも雪崩れ込んできて、まさにドイツらしい「ごった煮」感満載の音世界が作り上げられています。とはいえ優しく人間味あるメロディ、また同時期の西ドイツではやや珍しい独語ヴォーカルの醸し出す「いなたさ」など、全体的に親しみやすい雰囲気が漂っているのは好印象。ジャーマンもの好きは勿論、カンタベリー・ファンも変わり種ながらチェックしてみてはいかがでしょうか。

  • ZYMA / THOUGHTS

    ドイツ、女性ヴォーカル、ヴァイオリン、ダブル・キーボードなどを特徴とするクラシカル・ジャズ・ロック、78年自主制作盤

    78年に自主制作された作品。女性Vo兼ヴァイオリン、ダブル・キーボード、ドラム、ベースという変則編成のグループ。フリオ・キリコばりの高速ジャズ・ロック・ドラムを土台に、シンセ、ピアノ、ヴァイオリンが緊張感溢れる演奏を繰り広げる個性的なジャーマン・プログレッシヴ・ロック。美しいハイ・トーンを持つ女性ヴォーカルも印象的。テクニカルなパートだけでなく、流れるようなフルートが印象的なメロディアスなパートも魅力的。自主制作とは思えない驚異のテクニックと完成度。おすすめです。

  • NINE DAYS WONDER / WE NEVER LOST CONTROL

    サックスをフィーチャーした個性的ジャーマン・プログレ、73年作2nd

    後にGNIDROLOGに参加するSAX奏者が在籍したジャーマン・プログレ・グループ、73年作2nd。リーダーでありヴォーカルのWalter Seyffer以外のメンバーが一新され、前作以上につかみどころのない拡散的な内容に仕上がっています。VDGGやGONGを彷彿とさせる演劇的ヴォーカルをフィーチャーした変則的なジャズ・ロックかと思いきや、パープル風の様式美ハード・ロックが始まったり、民族風のパーカッションや荘厳なメロトロンが突如鳴り響いたり…。流れるように展開やリズムが変化していく奇抜な作風ですが、キレのあるサックスをはじめとする丁寧かつテクニカルな演奏で違和感なく聴かせてくれます。個性豊かな好グループです。

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

文・後藤秀樹

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。