プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

【KAKERECO DISC GUIDE Vol.1】スイスが誇る孤高のプログレッシヴ・ロック・バンドCIRCUSの1st『CIRCUS』特集!

スタッフ佐藤です。

今回ご紹介するのは、スイス出身のプログレッシヴ・ロック・バンドCIRCUSのデビューアルバム『CIRCUS』です。

洗練されたサウンドの素晴らしさは勿論ですが、ただのテクニカル・プログレではないCIRCUSならではの大きな特徴があるんですよね。

そんなCIRCUSの76年リリース1stアルバムの魅力に迫ってみたいと思います!

■CIRCUSとは

CIRCUSは72年に結成され、76年~80年の間に4枚のアルバムを発表、80年に解散したプログレッシヴ・ロック・バンド。

出身はスイス第3の都市バーゼル。フランス・ドイツと国境を接する都市で、ヨーロッパ屈指の名門音楽大学とされるバーゼル音楽院の所在地としても知られています。プロ・テニスプレイヤーのロジャー・フェデラーの出身地としてご存知の方もいらっしゃるかもしれません。

スイスと言えば、ISLANDやDRAGONFLYといったバンドがユーロ・ロック・ファンに親しまれてきましたが、CIRCUSも入手困難な状況が続いたにもかかわらず、そのサウンドの素晴らしさによって長年ファンから愛されてきた人気バンド。

1stアルバム製作時のメンバーはこの4人です。

Fritz Hauser – ドラム、ヴィブラフォン
Andres Grieder – フルート
Marco Cerletti – ベース、ギター
Roland Frei – ヴォーカル、テナーサックス、アコースティック・ギター、12弦アコースティック・ギター


■エレキギターレス&キーボードレス!?孤高のデビュー・アルバム!

CIRCUSの驚くべき特徴として挙げられるのが、エレキギターとキーボードを使用していないこと。
それを踏まえてまずは1曲目「STORMSPLINTER」を聴いてみましょう。

試聴 Click!

サウンド全体の印象としてはかなりヘヴィに聴こえると思いますが、アンサンブルをよく聴いてみると、リズム隊、アコースティック・ギター、フルート、サックスのみによって構築されているのがわかります。主にヘヴィな聴感を生んでいるのは、フリーキーな爆発力を持ったサックスと暴力的なまでのテクニックとうねりを有するリズム隊。その中で鳴らされるフルートやアコースティック・ギターもどこか緊張感を漂わせていて、初期クリムゾンを思わせる幽玄さを醸し出しています。

ベースのMarco Cerlettiにギターのクレジットがありますが、ごく一部の使用に留まっていて、ほぼ生楽器だけでこのダークで強靭なサウンドを作り上げてしまっているんです。驚きですよね!

続いては2曲目「NOWADAYS」です。

試聴 Click!

ヴァン・ダー・グラーフ・ジェネレーターを彷彿させる暗黒感が全編を覆う、緊張感たっぷりのナンバー。ヴォーカルの抑揚の付け方もかなりピーター・ハミルの影響を受けていますね。でも単なるVDGGフォロワーに陥らず本家に負けないドラマ性ある名曲に仕上げてしまっていて、バンドの実力の高さを物語っています。

他にもヴィブラフォンを交えジェントル・ジャイアントばりの緻密なアコースティック・アンサンブルに目が眩む「DOWNTALK」や、瑞々しいアコースティック・ギターが流麗に駆け抜けるフォーク・ロックとVDGG調ダーク・プログレが対比する15分の大作「ROOM FOR SALE」など、全編聴き所と言って問題ない孤高のプログレッシヴ・ロックが展開されており、。

スイスということでユーロ・ロックに多いシンフォニックなサウンドかと思われそうですが、実際はユーロ色はほぼ皆無で、VDGGはじめ英国プログレからの影響を独自に昇華したサウンドと言うことができます。というわけでむしろ英国プログレ・ファンにこそ聴いてみていただきたい作品なんです。

■CIRCUSメンバーのその後

80年に4thアルバムをリリースし、同年にCIRCUSは解散。フルート奏者Andres Griederは解散後目立った活動は行なっていないようですが、他のメンバーはそれぞれの活動を展開しました。

よく知られているのがドラマーFritz Hauser。後にCIRCUSへ加入したキーボーディストStephan Ammannとともに新バンドBLUE MOTIONを結成。ドラムとダブル・キーボードという変則トリオ編成で、技巧的かつユーロ然としたロマンチックさを感じさせるキーボード・シンフォの逸品を残しています。

ベーシストMarco Cerlettiは、90年にソロ・アルバム『Random And Providence』を発表。ソングライターとして裏方の活動も行なっています。ヴォーカル/サックス他を務めたマルチプレイヤーRoland Freiは、後年のメンバーTheodor Jostと共に75年結成のブルース・バンドLazy Poker Blues Bandに加入し活躍しました。



5年という短期間で活動を終えてしまったCIRCUS。スイス出身という関係上、ユーロ・ロック・ファンのみが知るバンドという位置づけですが、正直それはあまりに勿体ない!今回再発されたこの1stアルバムが、国の壁を越えて一人でも多くのプログレ・ファンの耳に届けられることを願わずにはいられません。

CIRCUSの在庫

  • CIRCUS / CIRCUS

    スイス最高峰のプログレ・バンドである彼らが76年にリリースした1stアルバム、ずばり5大バンドの名作クラスにも比肩するユーロ・ロック大傑作!

    スイス最高峰のプログレ・バンドである彼らが76年にリリースした1stアルバム!ユーロ・プログレ屈指の人気作である2nd『MOVIN’ ON』がよく知られますが、このデビュー作も驚異の出来栄え。重くタイトに刻むジャジーなリズム・セクションに乗って、重厚に吹き荒れるサックスやフルート、ヒリヒリと緊張感のあるトーンのギターが初期キング・クリムゾンばりに強度の高いアンサンブルで突き進む「動」のパート。そしてVDGGやGNIDROLOGあたりを思わせる暗黒が立ち込める中を憂いの滲むヴォーカルが歌う「静」のパート。両者がダイナミックに対比され、アーティスティックで構築的なプログレッシヴ・ロックを作り上げています。ヴォーカルはピーター・ハミル影響下の独特の抑揚を付けたスタイルで、サウンドの緊張感を更に高めていて見事です。随所で挿入されるアコースティック・パートでは、アコギやフルートやヴィブラフォンらがGENTLE GIANTに迫る緻密なアンサンブルを編み上げていてここでも驚愕。いやはやとんでもないテクニックです。洗練されたテクニカル・プログレとしての完成度の高さこそ次作に譲りますが、溢れ出んばかりのアーティスティックな感性の放出は本作が圧倒的。5大バンドの名作クラスにも匹敵する、文句なしのユーロ・ロック傑作!

  • CIRCUS / MOVIN ON

    スイス出身、圧倒的なテクニックでスリリングに突き進むテンションの高いプログレ、名作!77年リリース

    スイスを代表するプログレ・グループ。77年作の2nd。フリオ・キリコばりのスリリングなドラム、クリムゾンを想わせるサックス&フルートを中心に絶えず畳み掛けるスリリングな展開は、これぞプログレ。リリカルなパートも交えた緩急の構成も見事。アナログのB面すべてを使った大曲「Movin’ On」は彼らの魅力がすべて詰まった名曲。必聴盤。

「CIRCUSの在庫」をもっと見る

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。