プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

1980年プログレどうでしょう?

スタッフ増田です。

1980年といえば、時代はニューウェーブ全盛期。
フロイドは前年に『壁』を発表してヒットを飛ばしますが、バンド内には亀裂が入っていたし、ELPは解散してしまうし、YESもクリムゾンも復活前の活動停止中……プログレの時代は70年代の終焉と同時に終わりを迎えたかのように見えました。

しかしながらそんな”プログレ氷河期”80年代の始まりにも、瑞々しい感性にあふれたプログレ作品は生まれていました。
そして、そんな作品はロックの中心地、英米よりもむしろユーロや辺境にあり!?

今回はそんな1980年に生まれたプログレ名作たちをピックアップしてまいります!

GENESIS/DUKE

英国プログレ界の代表的グループが息を潜めていくなか、新たなポップ路線を突き詰め商業的にも成功を収めたジェネシス。
本作はスティーブ・ハケット脱退後、3人体制でリリースされた2枚目のアルバムですが、瑞々しいポップさとプログレッシヴな音楽性を両立させたのみならず、トータルアルバムとしての完成度も見事な珠玉の一枚ですね!

試聴 Click!

ASIA MINOR/BETWEEN FLESH AND DIVINE

ジェネシスからの、いきなりフランス行っちゃいましょう!トルコ系フランス人のメンバーを中心に結成されたシンフォ・グループの2nd。
キャメル・フォロワーらしいフルートが彩るロマンティックさと、切れ味鋭くエキゾチックな激しさが渦を巻くサウンドがもう絶品!

試聴 Click!

EDEN/PERELANDRA

お次はドイツ。プログレ氷河期といえど、彼らジャーマン・シンフォは70年代後半から80年代初頭にかけてが絶頂期と言っても過言ではないでしょう。
幻想的なヴァイオリンやフルートと煌びやかなシンセが織り成す、繊細かつダイナミックなサウンドが気持ち良い名作2nd!

試聴 Click!

FM/CITY OF FEAR

次はカナダが生んだ名プログレ・トリオFM、ピーター・ガブリエルやネクターにも関わった名シンセ奏者Larry Fastをプロデュースに迎えた4th。
土地柄もあってか、カラッとしたアメリカ気質の明るさとユーロの陰翳&気品を併せ持ったサウンドはクオリティ高し!

試聴 Click!

WHIPPING POST/SO WE ARE

こちらはスイスのグループですが、ALLMAN BROTHERS的パワフルなブルース・ロックを下敷きにしつつ、荘厳なメロトロンやプログレチックなフルートを織り交ぜたサウンドがなかなか斬新!
英国叙情派プログレ好きにはぜひチェックしていただきたい一作です。

試聴 Click!

ZAMLA MAMMAZ MANNA/FAMILY CRACKS (FAMILJESPRICKOR)

70年代後期~80年代と言えば、商業化するロックへのアンチテーゼを叩きつけたアヴァンギャルドな「RIO運動」も忘れちゃいけません。
世界中に広がったRIOの参加グループの中から、北欧ZAMLA MAMMAZ MANNAの超絶技巧的80年作をどうぞ!

試聴 Click!

KORAL/KORAL

ここからは東欧プログレに参りますよ!ちょっとヒプノシスっぽいジャケがスタイリッシュですが、サウンドはとにかく「泣き」!
東欧らしい強烈な哀愁を伴ったハンガリー産プログレ・ハードの逸品です。

試聴 Click!

PROGRES 2/DIALOG S VESMIREM

このグループ、伊ヘヴィ・シンフォのファンは要チェックですよ!
重厚なグルーヴ感と強靭な変拍子で畳みかける豪快さがたまらない、東欧はチェコが誇る名作1st。

試聴 Click!

IGRA STAKLENIH PERLI/IGRA SVETLOSTI

旧ユーゴはセルビア出身グループ、79年1stと80年の2ndを収録した2in1CD。
ピンク・フロイド、ホークウィンド、カン、タンジェリン・ドリームあたりに影響を受けたようで、なるほどスペーシーで冥想的な音世界に尖ったビートと破天荒なヴォーカルを乗っけた個性派スペース・プログレ!

試聴 Click!

SERU GIRAN/BICICLETA

ラストは南米アルゼンチンから80年の名作をお届けしましょう。
詩情あふれる繊細で感動的なメロディと、スリリングなジャズ・タッチが交差するサウンドは見事という他ありません。
天才チャーリー・ガルシア率いるアルゼンチンを代表するシンフォ・グループ、名作3rd。

試聴 Click!

AUCAN/BROTES DEL ALBA

こちらはチャーリー・ガルシアがゲスト参加している同じくアルゼンチンのグループ。
アコースティック楽器をフィーチャーしたフォーキーなシンフォ・サウンドが特徴的で、メルヘンなバンドネオンの音色や穏やかな弦楽器、ファンタジックなヴォーカルラインがたまらない郷愁を誘います…。

試聴 Click!

SPINETTA JADE/ALMA DE DIAMANTE

最後はコチラ!アルゼンチン・ロック・シーンの大御所Luis Alberto Spinettaが率いたグループ第一作。
テクニカルなジャズ・ロックと南米らしいメロウネスが融合したサウンドがとろけるように心地よく、カンタベリーなどのジャズ・ロック・ファンにもぜひ聴いていただきたい一枚です!

試聴 Click!

いかがでしたか?
まだまだご紹介しきれなかった80年作はありますが……随時更新していきますので、ぜひチェックして下さいね!

関連カテゴリー

関連CD在庫

  • GENESIS / DUKE

    ヒットチューン「TURN IT ON AGAIN」収録、プログレ期とポップ期の転換点に位置する80年作

  • ASIA MINOR / BETWEEN FLESH AND DIVINE

    トルコ系フランス人のメンバーが結成したシンフォ・グループ、CAMELを想わせるファンタジックかつメランコリックなフレンチ・シンフォの名作、80年作

    非常にフランスらしい冷ややかな質感を持ち、流麗なメロディーとフルート奏者によるリリカルな調べでCAMEL系の名グループとして知られるバンドの80年2nd。基本的な路線は前作から受け継がれたものですが、よりバンドとしてメリハリがつき、フルート、ボーカルのメロディーの洗練も素晴らしい名盤となっています。また、もともとトルコ系の人物を中心に結成されていることから、前作よりもエキゾチックなフレーズが目立ち、物悲しく郷愁を誘っています。はかなくも美しい美意識の詰まったシンフォニック・ロックの傑作です。

  • EDEN / PERELANDRA

    女性ヴォーカルをフィーチャーしたYES系統のジャーマン・シンフォ・グループ、80年作2nd

    Dirk SchmalenbachとMichael Dierksを中心に結成され、70年代後半から80年代初頭のジャーマン・シンフォニック・ロックシーンを代表する名盤を作り上げたグループの、80年作2nd。基本的な路線は前作の流れを汲んだ華やかなYES系のシンフォニック・ロックとなっていますが、前作よりは管弦セクションが押さえられ、シンセサイザーによる彩りが増していることから、バンドとしてのダイナミズムをより感じることが出来ます。また、前作に続いてAnnie Haslam系の女性ボーカリストの存在が楽曲にシンフォニックな味わいを与えており、そのメロディーも時代性を反映した非常にポピュラリティーに富んだもの。デビュー作に続いてこちらもやはり名作と言えるでしょう。

  • PROGRES 2 / DIALOG S VESMIREM

    80年作、旧チェコ・プログレの名作

    旧チェコ・スロヴァキアのグループ、80年作の1stアルバム。タイトで手数の多いドラムに、マイナー調のダークなギター、陰影を帯びた荘厳なキーボードをフィーチャーしたヘヴィ・シンフォ。変拍子を多用して嵐のごとくヘヴィに畳みかける展開には、イタリアン・プログレのファンもしびれること間違いなし。東欧らしいメランコリックな哀愁を帯びたヴォーカルも素晴らしいです。ゴリゴリと突き進むへヴィなパートと豊かな陰影を生かした繊細なパートとの鮮やかな対比がたまらない逸品です。

  • SERU GIRAN / BICICLETA

    天才Charly Garcia率いるアルゼンチンを代表するグループ、80年リリース3rd、詩情溢れるメロディの洪水!

    CHARLY GARCIA、DAVID LEBON、PEDRO AZNAR等によるアルゼンチンを代表するグループ。80年作の3rdアルバム。繊細なタッチのピアノと詩情溢れるメロディーによる「静」のパートと、フュージョン・タッチのスリリングな「動」のパートとが織りなすドラマティックなサウンドは、南米歌ものロックの最高峰と言える完成度。GARCIA、LEBON、AZNARの3人ともが甲乙付けがたい楽曲を書けるのもこのグループの魅力。どの楽曲もたおやかなメロディーが絶品。感動的な名作。

  • AUCAN / BROTES DEL ALBA

    アルゼンチン、歌心溢れるファンタジックなシンフォニック・ロック、80年作、チャーリー・ガルシア、レオン・ヒエコらが参加

    アルゼンチンのシンフォ・グループ、80年2nd。フォーキーなアコギにたおやかで慎ましいエレピ、女性的なヴォーカル。歌心溢れるファンタジックなアンサンブルに、ハーモニカやバンドネオンの懐かしい音色がたまらない郷愁を誘う。清々しく穏やかな朝を思わせる、のどかでパストラルなアルゼンチン・シンフォの傑作です。

  • KORAL / KORAL

    ハンガリー出身、泣きの旋律に溢れるプログレ・ハード、80年デビュー作

    ハンガリーのグループ。80年作の1st。ダークでクラシカルなハモンド、アタックの強いハード&アグレッシヴなギターを中心とするプログレ・ハード。東欧らしい強烈な哀愁が印象的。

  • FM / CITY OF FEAR

    カナダはトロント出身のプログレ・トリオ、80年作4th、東欧に通ずる陰影ある幻想美とクラトゥのようなポップ・フィーリングが合体した逸品

    カナダはトロント出身、ギター・レスでヴァイオリン、キーボード、ドラムによるトリオ。80年作4th。シナジーで知られ、ピーター・ガブリエルやネクターにも関わった名シンセ奏者のLarry Fastがプロデュース。時にメロトロンのような荘厳なトーン、時にソリーナのような冷ややかなトーンで溢れ出すシンセを中心に、要所で気品に満ちたフレーズで引き締めるヴァイオリン。初期の東欧プログレに通ずるような奥ゆかしい幻想美と同郷のクラトゥを彷彿させるようなポップさとが合体した前作を踏襲したサウンドはオリジナリティ、完成度ともにかなり高いと思います。ユーロ・ロックのファン、とくにハンガリーあたりのプログレ・ハードのファンに是非とも聴いてもらいたい逸品。

  • SPINETTA JADE / ALMA DE DIAMANTE

    アルゼンチン・ロック・シーンの大御所Luis Alberto Spinettaが率いたグループ、テクニカルなジャズ・ロックと南米らしいメロウネスが見事に融合した80年リリースの名作

    アルゼンチンを代表するミュージシャンLuis Alberto Spinettaが結成したグループSPINETTA JADEの第1作となる80年作。タイトかつしなやかに刻むジャジーなリズム・セクション、カンタベリー系にも通じる柔らかな陰影がかかったエレピを主体とするアンサンブルを、ミニモーグとARPシンセが浮遊感たっぷりに彩る芳醇なサウンドはさすがの素晴らしさ。77年作『A 18′ DEL SOL』でも聴かせたジャズ・ロック/フュージョン的アプローチが光ります。そこにSpinetta特有の鼻にかかったハイトーン・ヴォイスが乗ると、一気にアルゼンチンらしい甘くメロウなリリシズムがいっぱいに溢れ出してきて、ただただ絶品です。中でも彼のセンチメンタルなヴォーカルが堪能できるドラマティックな2曲目タイトルナンバーは名曲。彼自身によるアコギの芳醇なプレイも聴きものです。テクニカルなジャズ・ロック・サウンドとアルゼンチンらしい豊かなメロウネスが絶妙に融合した名作。南米プログレのファンはもちろん、カンタベリーなどのジャズ・ロック・ファンにも聴いてみていただきたい一枚です!

  • IGRA STAKLENIH PERLI / IGRA SVETLOSTI

    旧ユーゴ産サイケ/スペース・プログレ・グループ、79年1stと80年2ndをカップリング!

    旧ユーゴはセルビアにて76年に結成されたグループ。79年にPGP-RTBよりリリースされたデビュー作と80年作2ndを収録。ピンク・フロイド、ホークウィンド、カン、タンジェリン・ドリームあたりに影響を受けたようで、なるほどスペーシーで冥想的な音世界に尖ったビートと破天荒なヴォーカルを乗っけたサウンドはその通り。ホークウィンドばりのエッジの立ったリズム・ギターからカンのミヒャエル・カローリを彷彿させる緊張感いっぱいのリードまでギターはキレキレだし、突如ハイ・トーンで雄叫びを上げるヴォーカルも尋常ではないし、アヴァンギャルドなだけでなくクラシックの確かな素養も感じさせるし、メンバーからは相当なポテンシャルを感じます。2ndでは1stの音楽性を土台に、ノイ!〜ハルモニアを彷彿させる明るいトーンのキーボードをフィーチャーし、サウンドは開放的になった印象。かと思うと、ギターは1st同様にうつむき加減で鋭角なリズムを切り刻んでいて、これが相変わらずの格好良さです。それにしても、旧ユーゴにこれほどまでにクラウト・ロック/サイケ〜スペース・ロックのファン悶絶必至のバンドが居たとは。このバンドはグレイトですよ〜。

  • WHIPPING POST / SO WE ARE

    まるでクリムゾンの『ポセイドンのめざめ』meets ウィッシュボーン・アッシュと言えるスイス産プログレの隠れ名品

    78年から80年までの活動期間に3枚のアルバムを残したスイスのグループ、80年作の最終作。ALLMAN BROTHERSの曲から拝借したであろうグループ名の通り、ギターにはブルース・ロックの残り香を感じますが、このバンドが面白いのは、ユーロ・ロックらしい幻想性や寂寥感に満ち溢れているところ。ひっそりとたなびくように鳴るキーボード(メロトロン?)、初期クリムゾンを彷彿させるアヴァンギャルドなサックスやフルート、マイケル・ジャイルスからの影響を強く感じるタイト&メロウなドラム、そして、物悲しいヴォーカルとリリカルなメロディ。まるでクリムゾンの『ポセイドンのめざめ』『リザード』 meets ウィッシュボーン・アッシュって感じ!?辺境プログレらしい奥ゆかしさもたっぷりなユーロ・ロック&プログレの隠れた名品です。

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。