プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

祝来日☆フィル・マンザネラ特集!

こんにちは、スタッフ佐藤です。

来たる6月30日~7月2日・7月4日、Billboard LIVE東京・Billboard LIVE大阪にてフィル・マンザネラが来日公演をおこないます。

ロキシー・ミュージックのギタリストとして有名な彼ですが、ソロ活動や自身が率いるバンドでの活動、さらにプロデューサーとしても手腕を発揮するなど才能溢れるアーティストとして第一線で活動を続けてきました。

801やQUIET SUNなどのプログレ系バンドを率いた他、近年ではピンク・フロイドの14年作『ENDLESS RIVER』のプロデュースに名を連ねていたりと、ロキシーの歴代メンバーの中では最もプログレッシヴ・ロック・シーンと深い関わりを持つミュージシャンと言えるのがマンザネラなんですよね。

というわけで今回は来日公演を祝して、70年代の主要な参加作品を中心に取り上げながら、フィル・マンザネラの足跡を追っていきたいと思います!

本名Philip Geoffrey Targett-Adams。1951年ロンドンにて、コロンビア人の母親とイギリス人の父親の間に誕生。

幼少~少年期、キューバやベネズエラなど中南米を転々とする暮らしを送る中で音楽に目覚め、自身の音楽的ルーツとして後のソロ作品にも反映されることとなるキューバ音楽・ラテン音楽の素養を培っていきます。

ROXY MUSIC

最初にマンザネラがメジャーシーンへ浮上したのが、ブライアン・フェリーとブライアン・イーノという2人の奇才が在籍したグラム・ロック/モダン・ポップの伝説的グループROXY MUSICのギタリストとしてでした。ちなみにROXY MUSICのギタリストとして彼は4代目に当たります。デビューと同時にそのエキセントリックで型破りなサウンドと奇抜なビジュアルセンスで英国ロック・シーンに衝撃を与えたロキシーですが、そんな中でマンザネラのトレードマークと言えるのが昆虫(ハエ?)を思わせるメガネ。他のメンバーに負けず劣らず得体の知れない怪しい男感が凄いですよね!

ROXY MUSIC(1972)

試聴 Click!

VIVA ! ROXY MUSIC(1976)

試聴 Click!

AVALON(1982)

試聴 Click!


QUIET SUN

マンザネラが、英アヴァン・プログレの雄THIS HEATで活躍する奇才ドラマー=チャールズ・ヘイワード、マッチング・モールで知られるカンタベリー・シーンのいぶし銀ベーシスト=ビル・マコーミックらとともに結成したジャズ・ロック・バンド。このバンドはロキシー加入以前の70年に結成され、ソフト・マシーンともツアーを行うなど生粋のカンタベリー・ジャズ・ロック・バンドとして活動していました。72年にバンドは解散。当時はデモ・レコーディングのみにとどまったものの、後の75年に唯一作となるアルバムを制作します。

QUIET SUN(1975)

試聴 Click!

801

ロキシー・ミュージックが一時的に解散状態にあった76年、マンザネラを中心にブライアン・イーノ、ビル・マコーミック(元マッチング・モール)、フランシス・モンクマン(元カーヴド・エア)、サイモン・フィリップスら腕利きメンバーが終結したのがこの801。メンバーが物語るようにプログレッシヴ・ロック然としたサウンドを展開します。76年のライヴ作や77年の名盤『LISTEN NOW』が知られますが、マンザネラはその後も度々ソロ・プロジェクト的に801名義を使用して作品をリリースしています。

801 LIVE(1976)

試聴 Click!

LISTEN NOW(1977)

試聴 Click!

ソロワーク

ロキシーや他のプロジェクト・バンドで活動する傍ら、75年のソロデビュー作にして名盤『DIAMOND HEAD』を始めとしてソロ・ミュージシャンとしても良作を多数発表。自身のルーツであるラテン音楽を取り入れた作品もリリースするなど近年もクリエイティヴな活動を続けています。

DIAMOND HEAD(1975)

試聴 Click!

K-SCOPE(1978)

試聴 Click!

SOUTHERN CROSS(1990)

試聴 Click!



他にもロキシーのバンドメイトであるブライアン・フェリーやイーノのソロ作への参加や、アンディ・マッケイとのユニット作品、ジョン・ケイル作品やスティーヴ・ウィンウッド作品へのゲスト参加、ジョン・ウェットンとコラボレーションしたWETTON/MANZANERAなどなど、多くの作品で彼のプレイを聴くことができます。

さらにはプロデューサーとしての顔も持ち、上記のミュージシャンたちの作品のほか、前述したデヴィッド・ギルモア、ピンク・フロイド、ニュージーランドのポップ・ロック・バンドSPLIT ENZ、ドイツのNWシンガーNina Hagen、ラテン・ミュージックのシーンではアルゼンチンの才人Fito Paezなどのプロデュースも手掛けています。本当にマルチな才能に恵まれたアーティストなんですよね。

そんな英国の偉大なるロック・ギタリストの来日公演、きっと素晴らしいステージを見せてくれることは間違いないでしょう!


☆そんなフィル・マンザネラ来日公演のチケットプレゼントを実施中!ご希望の方は下記ページからご応募ください。6月19日まで!


「フィル・マンザネラ」ビルボード・ライヴ東京公演・大阪公演のチケットプレゼント!!

【関連記事】

「フィル・マンザネラ」ビルボード・ライヴ東京公演・大阪公演のチケットプレゼント!!

ビルボードライブ東京と大阪で6月および7月に行われる『フィル・マンザネラ公演』<のチケットを、日頃カケレコをご愛顧いただいているお客様を対象に、各公演2組4名様にプレゼント!!ご応募、お待ちしております♪

PHIL MANZANERAの在庫

「PHIL MANZANERAの在庫」をもっと見る

ROXY MUSICの在庫

  • ROXY MUSIC / FOR YOUR PLEASURE

    73年作の2nd、イーノ在籍最後の作品、アヴァンギャルドにぶっ飛んでいて、かつ洗練されたモダン・ポップ傑作!

    ブライアン・イーノ在籍時最後の作品となる73年の2nd。前半と後半でプロデューサーが変わっていて、次作も手がけるクリス・トーマスがプロデュースした前半は、1stの延長線上のアヴァンギャルドかつポップな作風、初期ジェネシスも手がけたジョン・アンソニーがプロデュースした後半は、怪しくもアーティスティックな作風が特徴です。オープニングの「Do The Srand」から相変わらずにエキセントリック!シャープなリズムを軸に、フィル・マンザネラが鋭角なフレーズで切り刻み、アンディ・マッケイがサックスをぶつけ、イーノのシンセがおもちゃ箱をひっくり返したようなポップさを加えます。ブライアン・フェリーのきわものヴィヴラード・ヴォーカルもキレをましています。一転してダークに後半の幕を開けるのは、ビニール人形を愛する男を歌う「In Every Dream Home A Heartache」。エコーするイーノのシンセサイザーに揺れるようなアンディ・マッケイのサックスとフィル・マンザネラのギターが絡み、そこにブライアン・フェリーが淡々と言葉をのせて妖しい空間を作り出します。「狂気」に満ちたうねるようなギターソロも圧巻。各音とそのぶつかり合いはぶっ飛んでいるのに、全体としては洗練させて聴かせるのがこのグループの恐るべきところで、アヴァンギャルドかつポップな初期ロキシーの魅力が詰まった名作!

    • TOCP65823

      紙ジャケット仕様、デジタル・リマスター、一部オリジナルマスターテープに起因するノイズ等があります。定価2548

      盤質:傷あり

      状態:並

      帯有

      解説に小さい汚れあり、紙ジャケにスレあり

    • TOCP65823

      紙ジャケット仕様、デジタル・リマスター、一部オリジナルマスターテープに起因するノイズ等があります。定価2548

      盤質:傷あり

      状態:良好

      帯有

      紙ジャケに小さいスレあり

  • ROXY MUSIC / FLESH AND BLOOD

    80年作

  • ROXY MUSIC / AVALON

    洗練の極致に到達した82年発表の代表作

「ROXY MUSICの在庫」をもっと見る

WETTON MANZANERAの在庫

  • WETTON MANZANERA / WETTON MANZANERA

    ロキシー・ミュージックでバンドメイトだった二人によるユニット、87年作

「WETTON MANZANERAの在庫」をもっと見る

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。