プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

ウェス・アンダーソン監督の映画で使われているロック・ソングTOP15-米音楽サイトULTIMATE CLASSIC ROCK発表

ウェス・アンダーソンはアメリカのテキサス出身の映画監督/脚本家。
若干27歳の時に監督デビューを果たし、その才能を高く評価されてきました。
2014年に公開された『グランド・ブダペスト・ホテル』は、第64回ベルリン国際映画祭審査員グランプリや第87回アカデミー賞の4部門を受賞していて、今後さらなる活躍が期待されています。

そのアンダーソン監督の作品では60~70年代のロックが多く使われていて、中にはマニアックな選曲も…。
その中から米音楽サイトULTIMATE CLASSIC ROCKが選んだ15曲をご紹介いたしましょう。

15位:「Ooh La La」 From The Faces/ 『OOH LA LA』

映画『天才マックスの世界』 (1998)

試聴 Click!

14位:「Heroes and Villains」 From The Beach Boys / 『SMILEY SMILE』

映画『ファンタスティック Mr.FOX』 (2009)

試聴 Click!

13位:「Judy is a Punk」 From The Ramones / 『RAMONES』

映画『ザ・ロイヤル・テネンバウムズ』 (2001)

試聴 Click!

12位:「Search and Destroy」 From Iggy and the Stooges/『RAW POWER』

映画『ライフ・アクアティック』 (2004)

試聴 Click!

11位:「This Time Tomorrow」 From The Kinks/ 『LOLA VERSUS POWERMAN AND THE MONEYGOROUND PART 1』

映画『ダージリン急行』 (2007)

試聴 Click!

10位:「Street Fighting Man」 From The Rolling Stones/ 『BEGGARS BANQUET』

映画『ファンタスティック Mr.FOX』 (2009)

試聴 Click!

9位:「Alone Again Or」 From Love/ 『FOREVER CHANGES』

映画『アンソニーのハッピー・モーテル』 (1996)

試聴 Click!

8位:「Play with Fire」 From The Rolling Stones/ 『OUT OF OUR HEADS(USS)』

映画『ダージリン急行』 (2007)

試聴 Click!

7位:「Making Time」 From Creation/ Single

映画『天才マックスの世界』 (1998)

試聴 Click!

6位:「2000 Man」 From The Rolling Stones/ 『THEIR SATANIC MAJESTIC REQUEST』

映画『アンソニーのハッピー・モーテル』 (1996)

試聴 Click!

5位:「I am Waiting」 From The Rolling Stones/ 『AFTERMATH』

映画『天才マックスの世界』 (1998)

試聴 Click!


4位:「Queen Bitch」 From David Bowie/ 『HUNKY DORY』

映画『ライフ・アクアティック』 (2004)

試聴 Click!

3位:「She Smiled Sweetly」 From The Rolling Stones/ 『BETWEEN THE BUTTONS』

映画『ザ・ロイヤル・テネンバウムズ』 (2001)

試聴 Click!


2位:「Me and Julio Down by the Schoolyard」 From Paul Simon/ 『PAUL SIMON』

映画『ザ・ロイヤル・テネンバウムズ』 (2001)

試聴 Click!

1位:「A Quick One While He’s Away」 From The Who/ 『A QUICK ONE』

映画『天才マックスの世界』 (1998)

試聴 Click!

原文はこちら
http://ultimateclassicrock.com/wes-anderson-classic-rock-moments/

関連カテゴリー

関連在庫CD

  • KINKS / LOLA VERSUS POWERMAN AND THE MONEYGOROUND PART 1

    70年作

  • THE WHO / A QUICK ONE

    66年作2nd

    本作は、THE WHOの2枚目となるオリジナル・アルバム。この後、次々に名作と呼ばれる作品を発表していき、英国を代表するモッズ・カルチャーを牽引する筆頭のバンドになっていく前のバンドの魅力が感じられるアルバムです。 このアルバムの一番の特徴としては、メンバー全員が積極的に曲作りに参加していること。ブリティッシュ・ビート然としたサウンドのモータウン・ナンバー「HEARTWAVE」をはさんで、JOHN ENTWISTLEが書いた「BORIS THE SPIDER」や、KEITH MOON作のインスト・ナンバー「COBWEBS AND STRANGE」等、それぞれの個性が存分に活かされた内容。そして最大の聴き所は、アルバムのタイトル曲でもあるPETE TOWNSHEND作、「A QUICK ONE」。この曲は、PETEが書いた最初のロック・オペラ曲。ある意味でこの後のザ・フーというバンドの方向性を決定づけた記念すべき1曲です。

    • POCP7064

      リミックス・リマスター、ボーナス・トラック10曲、定価2,427+税

      盤質:傷あり

      状態:

      帯有

      ケースにスレあり、帯中央部分に色褪せ・ケースツメ跡あり

  • GENESIS / TURN IT ON AGAIN – THE HITS

    99年編集のベスト盤、全18曲

  • RAMONES / RAMONES

    76年作、全員ラモーンで全員革ジャン革パンのバンドの歴史はここから始まった。

    1976年作、ラモーンズの記念すべきファースト・アルバム。全14曲すべて3分以内のロックンロール。そして、バック・コーラス以外エクストラのミュージシャンを使っていない、四人だけのシンプルなサウンド。ファースト・アルバムや処女作にそのアーチストの本質があるという人がいるが、ラモーンズの場合はまさにそう。その後のアルバムに収録される曲は、アレンジに凝っていたり、楽器が増えて音の厚みが増したりもするが、基本はどれもワンツースリーフォーで始まる軽快なロックンロールだ。それが悪いというわけではない。リスナーはそんなワンパターンなラモーンズ節をずっと愛して今まで楽しく聴いてきているのだから。邦題のように「激情」というほどサウンドはハードではないし、ギターは音がおとなしめだし、ビートも決して高速なわけではない。今聞くとけっこうのんびりしたパンク・ロックに聴こえるが、ここから始まったというヴァリューに傷がつくわけではない。むしろ、そのいけてなさ加減が愛らしいとさえ言える。ジャンル分けなど無意味。すべてのロックファンにおすすめ。

  • ROLLING STONES / BETWEEN THE BUTTONS

    6thアルバム、67年作

    67年作。本作においてすでにサイケデリックの萌芽がみられ、様々な実験的サウンドが色濃く出た作品となった。ジャケット写真はジェレッド・マンコーヴィッツが、バック・カヴァーのイラストはチャーリー・ワッツが担当。

    • UICY93790

      紙ジャケット仕様、SHM-CD、定価2800

      盤質:傷あり

      状態:

      帯有

      ステッカーなし、帯中央部分に色褪せあり、紙ジャケに小さい汚れあり、解説に書き込みあり

サウンドトラックの在庫はこちら!

サウンドトラックの在庫一覧

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。