プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

ウェス・アンダーソン監督の映画で使われているロック・ソングTOP15-米音楽サイトULTIMATE CLASSIC ROCK発表

ウェス・アンダーソンはアメリカのテキサス出身の映画監督/脚本家。
若干27歳の時に監督デビューを果たし、その才能を高く評価されてきました。
2014年に公開された『グランド・ブダペスト・ホテル』は、第64回ベルリン国際映画祭審査員グランプリや第87回アカデミー賞の4部門を受賞していて、今後さらなる活躍が期待されています。

そのアンダーソン監督の作品では60~70年代のロックが多く使われていて、中にはマニアックな選曲も…。
その中から米音楽サイトULTIMATE CLASSIC ROCKが選んだ15曲をご紹介いたしましょう。

15位:「Ooh La La」 From The Faces/ 『OOH LA LA』

映画『天才マックスの世界』 (1998)

試聴 Click!

14位:「Heroes and Villains」 From The Beach Boys / 『SMILEY SMILE』

映画『ファンタスティック Mr.FOX』 (2009)

試聴 Click!

13位:「Judy is a Punk」 From The Ramones / 『RAMONES』

映画『ザ・ロイヤル・テネンバウムズ』 (2001)

試聴 Click!

12位:「Search and Destroy」 From Iggy and the Stooges/『RAW POWER』

映画『ライフ・アクアティック』 (2004)

試聴 Click!

11位:「This Time Tomorrow」 From The Kinks/ 『LOLA VERSUS POWERMAN AND THE MONEYGOROUND PART 1』

映画『ダージリン急行』 (2007)

試聴 Click!

10位:「Street Fighting Man」 From The Rolling Stones/ 『BEGGARS BANQUET』

映画『ファンタスティック Mr.FOX』 (2009)

試聴 Click!

9位:「Alone Again Or」 From Love/ 『FOREVER CHANGES』

映画『アンソニーのハッピー・モーテル』 (1996)

試聴 Click!

8位:「Play with Fire」 From The Rolling Stones/ 『OUT OF OUR HEADS(USS)』

映画『ダージリン急行』 (2007)

試聴 Click!

7位:「Making Time」 From Creation/ Single

映画『天才マックスの世界』 (1998)

試聴 Click!

6位:「2000 Man」 From The Rolling Stones/ 『THEIR SATANIC MAJESTIC REQUEST』

映画『アンソニーのハッピー・モーテル』 (1996)

試聴 Click!

5位:「I am Waiting」 From The Rolling Stones/ 『AFTERMATH』

映画『天才マックスの世界』 (1998)

試聴 Click!


4位:「Queen Bitch」 From David Bowie/ 『HUNKY DORY』

映画『ライフ・アクアティック』 (2004)

試聴 Click!

3位:「She Smiled Sweetly」 From The Rolling Stones/ 『BETWEEN THE BUTTONS』

映画『ザ・ロイヤル・テネンバウムズ』 (2001)

試聴 Click!


2位:「Me and Julio Down by the Schoolyard」 From Paul Simon/ 『PAUL SIMON』

映画『ザ・ロイヤル・テネンバウムズ』 (2001)

試聴 Click!

1位:「A Quick One While He’s Away」 From The Who/ 『A QUICK ONE』

映画『天才マックスの世界』 (1998)

試聴 Click!

原文はこちら
http://ultimateclassicrock.com/wes-anderson-classic-rock-moments/

関連カテゴリー

関連在庫CD

  • FACES / OOH LA LA

    ラスト作にして初の全英1位を獲得した73年

  • ROLLING STONES / BEGGARS BANQUET

    ブルースをルーツとするアーシーなサウンドへと回帰した68年の会心作、「悪魔を憐れむ歌」「ストリート・ファイティング・マン」などの代表曲を収録

    68年作。前作『Satanic Majesties』から一転して、ブルースをルーツにしたアーシーなサウンドへと回帰。「悪魔を憐れむ歌」や「Street Fighting Man」などストーンズらしいエネルギッシュなナンバーはもちろん、ブルージーなナンバーもコクのあるアンサンブルが光る。代表作となった傑作。

  • ROLLING STONES / THEIR SATANIC MAJESTIES REQUEST

    『サージェント・ペパーズ』に触発され制作されたストーンズ初のコンセプト作、サイケデリックな67年作

    • UIGY9063

      特殊紙ジャケット仕様、SACD~SHM仕様~(※SA-CDプレーヤー専用ディスクです。通常のCDプレーヤーでは再生することはできません。)、2011年DSDマスター、定価4500

      盤質:傷あり

      状態:良好

      帯有

      紙ジャケ上部に若干黄ばみあり

  • ROLLING STONES / AFTERMATH (US)

    66年リリース、全曲ジャガー/リチャーズ作品、ブライアン・ジョーンズの音楽センスが開花した名作

    本作は、66年にリリースされた、MICK JAGGER、KEITH RICHARDSによるオリジナル曲のみで構成された最初の作品で、ストーンズの重要な転機点となった作品です。と同時に。BRIAN JONESによる実験的な作品とも言えます。BRIANはBEATLESのGEORGE HARISONが『RUBBER SOUL』でシタールを使ったことに影響され、「Mother’s Little Helper」ではシタール、「LADY JANE」「I Am Waiting」ではダルシマーを使用しました。それとは対照的にKEITH RICHARDSはギターの演奏に集中。本レコーディング前から、MICKとKEITHによるバンドの支配力が強まり、結成時からのリーダーであったBRIANはフラストレーションが高じることとなりました。彼はそのはけ口として様々な楽器を演奏するようになったのです。BRIANのバンドへの寄与は1969年6月の脱退までますます減って行きますが、アルバム全体としては纏まっており、BRIAN在籍時(あくまでBRIANがバンドのメンバーとして活躍していた時期)としては、間違いなく大傑作と言えるでしょう。ファンによってはこのアルバムをベストとして挙げている人も多く、中でもこのUS盤では、題名曲「PAINT IT BLACK(黒くぬれ!)」が収録されている点が最大の注目点。US盤7枚目のアルバムであり、全米2位を獲得!UK盤と比べると、3曲少なくなっており、冒頭曲が「黒くぬれ」(全米1位)に差し替えられ、「Going Home」がアルバムの最後へ移動しています。

  • KINKS / LOLA VERSUS POWERMAN AND THE MONEYGOROUND PART 1

    70年作

  • LOVE / FOREVER CHANGES

    「フォーク・ロック界のジミヘン」の異名をとる黒人ミュージシャンArthur Lee率いるLA産サイケ・フォーク・ロック・バンド、67年傑作3rd!

    Jimi Hendrixとも交流があった黒人ロック・ギタリスト、Arthur Lee率いるサイケ・フォーク・ロック・バンドが67年に発表した傑作3rd 。“黒人音楽とTHE BYRDSとの邂逅”とも称された傑作1stの流れを汲んだフォーク・ロック・サウンドに、本作では甘美なストリングスなどのアレンジを導入。サイケ・ポップやネオアコのリスナーまでを魅了する幻想/白昼夢のようなエッセンスを湛えています。Arthur Leeのペンによるカオティックな歌詞も本作の特徴で、甘美で夢見心地なサウンドとの奇妙なコントラストも一興。

    • AMCY6255

      デラックス・エディション、デジタル・リマスター、ボーナス・トラック7曲、スリップケース付き仕様、定価1785

      盤質:無傷/小傷

      状態:

      帯有

      スリップケースのみ不備(汚れあり)、その他は状態良好です

  • ROLLING STONES / BETWEEN THE BUTTONS

    6thアルバム、67年作

    67年作。本作においてすでにサイケデリックの萌芽がみられ、様々な実験的サウンドが色濃く出た作品となった。ジャケット写真はジェレッド・マンコーヴィッツが、バック・カヴァーのイラストはチャーリー・ワッツが担当。

サウンドトラックの在庫はこちら!

サウンドトラックの在庫一覧

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。