プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

新旧「ジェネシス・フォロワー」特集

社内BGMから聴こえてきた「Can you tell me where my country lies ?」の旋律。

言わずと知れたGENESIS『Selling England By The Pound』のオープニングを飾る名曲「Dancing With the Moonlit Knight」ですね。

繊細なサウンドと歌声に、穏やかな幸福感に包まれてしまいました。

ということで、ジェネシスをスタートに、彼らから影響が色濃い繊細なサウンドを持った世界の新旧ジェネシス・フォロワーの名作を聴いてまいりましょう。

SELLING ENGLAND BY THE POUND

試聴 Click!

ジェネシス・フォロワー筆頭格ときたら、英国のこのグループですよね!

ENGLAND/GARDEN SHED

古くから、5大プログレバンドの名作にも比肩する隠れた名盤として認知されてきたイギリスのシンフォニック・ロックバンドの77年デビュー作。

YES、GENESISの影響が色濃い音楽性を持ちながらも、飛び抜けたメロディー・メイクの上手さ、メロトロンをはじめ楽曲を彩るドラマ性、そしてタイトな演奏の中にも英国然とした湿り気と叙情美を感じる音作り。

ずばり、イエス『危機』 meets ジェネシス『フォックストロット』と言える大名盤。

試聴 Click!

GORDON GILTRAP/PEACOCK PARTY

60年代にはマイク・オールドフィールドやバート・ヤンシュらとともにフォーク・シーンで活躍し、70年代半ばにプログレッシヴ・シーンでソロ・デビューしたギタリスト&コンポーザー。最高傑作とも評される79年作。

バックが特筆で、ベースのジョン・G・ペリー、ヴァイオリンのRic Sanders、ダリル・ウィエズ・ウルフやトレースやマリリオンでお馴染みのドラマーIan Mosely、クォーターマスのベースJohn Gustafsonほか、錚々たるメンバーが参加しています。

プログレとフォークの隙間に埋まってしまったニッチなアーティストですが、これはジェネシスとグリフォンの間に位置づけられるような愛すべきファンタスティック英プログレ逸品です。

試聴 Click!

ユーロからもピックアップしてまいりましょう。まずは、ジェネシス・フォロワーの宝庫ドイツから。

AMENOPHIS/AMENOPHIS

80年代のドイツに、こんなにもジェネシスやキャメルへの愛情に満ちた作品が生まれていたんですね。

時代を考えると自主制作なのは仕方がないけど、泣きの美メロに溢れた叙情派シンフォの名品ですよ、これ!

試聴 Click!


【ユーロロック周遊日記】ジャーマン叙情派シンフォの名盤AMENOPHIS『AMENOPHIS』

【関連記事】

【ユーロロック周遊日記】ジャーマン叙情派シンフォの名盤AMENOPHIS『AMENOPHIS』

プログレ不遇の80年代にドイツの地でリリースされたAMENOPHISの83年作『AMENOPHIS』をピックアップ!

TIBET/TIBET

ドイツのジェネシス・フォロワー屈指の名作ですね。

イントロのメロトロン、まるでジェネシス「Watcher Of The Skies」!

クラシカル&リリカルなパートが美しいですねぇ。

試聴 Click!

ジャーマン・シンフォはファンタスティックな名作ぞろい。こちらの記事で特集しておりますので、あわせてチェックください。


ジャーマン・シンフォニック・ロック特集 - プロテスタントの敬虔主義が息づくドイツならではのシンフォニック・ロック -

【関連記事】

ジャーマン・シンフォニック・ロック特集 – プロテスタントの敬虔主義が息づくドイツならではのシンフォニック・ロック –

プロテスタントの敬虔主義をベースにして生まれた職人的ストイシズムと人間の感情にフォーカスしたロマン主義が息づくドイツで生まれた、器楽的に繊細でいてファンタスティックなリリシズムに溢れたジャーマン・シンフォニック・ロックを特集!

お次はイタリア!

ACQUA FRAGILE/MASS-MEDIA STARS

1stと同じく、P.F.Mプロデュースの元制作された74年リリースの2ndアルバム。

ジェネシスからの影響が感じられる緻密なアンサンブルと、イタリアというより英国のバンドに近い叙情的なメロディー、清涼感すら感じる開放的なコーラス・ワークというスタイルが完成した名作。

ヴォーカルのBernardo Lanzettiは、この後、本家P.F.M.に加入!

試聴 Click!

ベルギーへとひとっ飛び!

MACHIAVEL/JESTER

ジェネシスの気品とパイロットのポップ・センスを合わせると? ベルギーを代表する名品ですね!

試聴 Click!

北欧からもセレクトいたしましょう。

POPOL VUH (POPOL ACE)/POPOL VUH (POPOL ACE)

このオープニング・ナンバーを聴いて心躍らないプログレ・ファンはいないと断言!

ジェネシス、クリムゾン、ジェスロ・タルからの影響が色濃いファンタスティックなノルウェー産プログレ!

試聴 Click!

ここからは、90年代以降の新鋭バンドをセレクトしてまいりましょう。

やはりここからスタート。

MOON SAFARI/BLOMLJUD

アネクドテンを筆頭に90年代以降のプログレ・シーンを築き、リードしてきたスウェーデン。その極めつけがこのムーン・サファリ。

3rdが出世作となりましたが、2ndの時点でもう凄かった!美しく流麗なメロディと雄大なスケールのシンフォ然とした演奏が理想的に合わさっていて、プログレアルバムとしての完成度は一番かも!

試聴 Click!

スウェーデンと言えば、こちらの作品も素晴らしいメランコリック・シンフォ。

HIDDEN LANDS/HALCYON

スウェーデン新鋭17年作。

アネクドテン/アングラガルドの系譜に連なる緊密なテンションと北欧の情景美を想起させる透明感が融合、唯一無二のサウンドを繰り広げます。北欧らしい神秘的なイメージが次々と描き出される名品!

試聴 Click!

ジェネシスのDNAを継ぐ好バンドの宝庫イタリアからもピックアップいたしましょう。

NATHAN/ERA

イタリアの新鋭シンフォ・バンド、18年作2nd。

つややかでクリアなトーンのキーボード・サウンドが気持ちよく躍動する、清涼感とスケールに溢れたシンフォニック・ロックを聴かせます。

初期ジェネシスの遺伝子を感じさせる気品あるアンサンブルがゆったりと立ち上がってくるドラマチックな展開の連続に心奪われる伊シンフォ新鋭!

試聴 Click!

SUBMARINE SILENCE/THERE’S SOMETHING VERY STRANGE IN HER LITTLE ROOM

ジェネシス系伊シンフォの名バンドとして知られるMOONGARDENのギタリストとキーボーディストによるプロジェクト・バンド、13年作2nd。

初期GENESISのファンタスティックさ、幻想性、叙情美を理想的に受け継いだ文句なく素晴らしい一枚。

伸びやかに尾を引くロングトーンのギター、ひたすら柔らかくファンタスティックに広がるシンセ、繊細な叙情美を添えるフルート。

初期GENESISのファンタスティックさ、幻想性、叙情美を理想的に受け継いだ文句なく素晴らしい一枚。

試聴 Click!

機材やITの発達によりマルチ・ミュージシャンによる名作が続々と誕生していますが、そんなミュージシャンの中でも注目なのがオランダのCHRIS。

Webマガジンでは過去にインタビューも行いましたが、真摯な受け答えは、さすがはプロテスタントが息づく職人気質な国オランダ。

サウンドも音楽への深い愛情を誠実さがみなぎっていますよ。

CHRIS/MAKING SENSE

2013年作が高く評価されているオランダの天才マルチ・ミュージシャンの2010年作2nd。

ジェネシスが好きで、ニッチ・ポップ(特にクラトゥ!)も好きならド直球!

試聴 Click!


【アーティスト・インタビュー】 オランダのシンフォ新鋭プロジェクトCHRISのブレーンChristiaan Bruin

【関連記事】

【アーティスト・インタビュー】 オランダのシンフォ新鋭プロジェクトCHRISのブレーンChristiaan Bruin

注目のプログレ新鋭の魅力に迫る「アーティスト・インタビュー」企画。近年続々とメロディアスな名作がリリースされているオランダのプログレ・シーンの中でも特にその才能に注目が集まるコンポーザー&マルチ・インストゥルメンタル奏者のCHRISことChristiaan Bruinにインタビュー。


プログレ新鋭マルチ・プレイヤー/コンポーザー特集!

【関連記事】

プログレ新鋭マルチ・プレイヤー/コンポーザー特集!

イタリアが誇るFabio Zuffantiや今カケレコで大人気のオランダのChrisをはじめ、世界各国からマルチ・コンポーザーによる良質な作品が続々と届けられています。注目の作品をピックアップいたしましょう。

いかがでしたか?

カケレコには、ジェネシスから影響を受けた同年代のグループを集めた「Next From Genesis」と、ジェネシスのDNAを受け継いだ新鋭バンドを集めた「GENESISのDNA」という2つのカテゴリーを用意しております。

Next From Genesis

GENESISのDNA

ジェネシスをはじめ、ジェネシスの影響を受けたシンフォニック・ロックのCDは特に高く査定しておりますよ。
聴かなくなったプログレのCDがございましたら、カケレコを是非ご検討ください。
1枚1枚、専任スタッフが丁寧に査定させていただきます。

「カケレコのとことん査定」、詳しくはこちら。
http://kakereco.com/about_assess.php

関連カテゴリー

新旧「ジェネシス・フォロワー」特集

  • ENGLAND / GARDEN SHED

    77年リリースの唯一作にしてブリティッシュ・シンフォ・プログレの大傑作、ファンタスティックで英国叙情匂い立つアンサンブルは素晴らしすぎます!

    古くからプログレッシブ・ロックの隠れた名盤として認知されてきたイギリスのシンフォニック・ロックバンドの77年デビュー作。当時プログレッシブ・ロックは衰退、時代はパンク・ロックが台頭し移ろう中、ひっそりとリリースされた本格的なプログレッシブ・ロック作品です。YES、GENESISの影響が色濃い音楽性を持ちながらも、飛び抜けたメロディー・メイクの上手さ、メロトロンをはじめ楽曲を彩るドラマ性、そしてタイトな演奏の中にも英国然とした湿り気と叙情美を感じる音作りでファンの心を揺さぶり続ける、知る人ぞ知る傑作です。

  • MOON SAFARI / BLOMLJUD

    08年リリース、これでもかと叙情性溢れるファンタスティックな北欧シンフォ、名作!

    スウェーデンのシンフォニック・ロック・グループ、08年作2nd。柔らかく広がるメロディアスなキーボード、流麗なピアノ、繊細なタッチのアコギ。ヘヴィさは無く、手工芸品のように丁寧に音を編んだファンタスティックなアンサンブルが持ち味。ただ、緩さは無く、キメのパートでのドラマティックさと優美さは、GENESISにも負けていません。親しみ溢れる歌声のヴォーカルと優美なメロディ、そして卓越したコーラス・ワーク。とにかくアンサンブルのどこを切っても、叙情性がとめどなく溢れ出ます。70年代の作品と言われても分からない、温かみ溢れるサウンドもアンサンブルの魅力を一層引き出しています。北欧シンフォの名作。

  • GENESIS / SELLING ENGLAND BY THE POUND

    溢れんばかりの英国叙情に満たされた73年リリースの5th、初期GENESISの魅力が凝縮された大名作!

    Peter Gabrielによる味わい豊かなしゃがれ気味のボーカルと、演劇的に彩られたステージ・パフォーマンスが独特の存在感を放ち、数多くのフォロワーに受け継がれ、現在に至るまで脈々とプログレッシブ・ロックシーンに息づいているイギリスのグループの73年5th。Peter Gabriel期GENESISの作品の中でも非常に英国然とした湿り気と気品に溢れた作品であり、ジャケットの通り温かみのあるサウンドを構築しています。「ダンシング・ウィズ・ザ・ムーンリット・ナイト」や「ファース・オブ・フィフス」といった代表曲も収録されており、前作「FOXTROT」に負けず劣らずの傑作となっています。

    • VJCP68095

      紙ジャケット仕様、初回盤(Virgin祭マーク入り)、解説元から無し、歌詞対訳・ファミリーツリー付仕様、定価2548

      盤質:傷あり

      状態:良好

      帯有

      ファミリーツリー付き、特典帯付(紙ジャケに巻いてあります)

  • MACHIAVEL / JESTER

    ベルギーを代表するシンフォニック・ロック・グループ、77年作2nd

    ベルギーを代表するシンフォニック・ロック・グループ、77年作2nd。メロトロンやシンセによる荘厳なキーボード・ワーク、Steve Hackett譲りの切迫感とリリシズムのあるギター、手数多くロールする魅力的なドラム、劇的なハイトーン・ヴォーカル、時に英ニッチ・ポップばりにキャッチーになるメロディ。宗教的な荘厳さと大衆受けするポップさ、プログレッシヴなダイナミズムや構築美とポップな明快さや牧歌性とが同居したサウンドはたいへん魅力的。GENESIS meets PILOTと表現したくなるような愛すべき逸品。

  • TIBET / TIBET

    メロトロンが溢れるジャーマン・シンフォの名作、79年唯一作

    79年リリースの唯一作、ドイツ。メロトロンの洪水とリリカルなハモンドが印象的で、ドイツらしい哀愁漂うメロディーは絶品。メロトロンの使い方は、GENESIS「Watcher Of The Skies」を思い起こします。指板をなぞるように「泣き」フレーズを連発するギターも、テクニックはそれほどでも無いもののメロディアスな楽曲を一層魅力的に聴かせています。構成力も素晴らしく、クラシカルな決めフレーズなどシンフォニック・ロック・ファンはかなりグッとくるでしょう。名作。

  • SUBMARINE SILENCE / THERE’S SOMETHING VERY STRANGE IN HER LITTLE ROOM

    伊シンフォの名バンドMOONGARDENの別動バンド13年作、GENESIS式ファンタジーを理想的に受け継いだ壮大なシンフォ絵巻!

    ジェネシス系伊シンフォの名バンドとして知られるMOONGARDENのギタリストとキーボーディストによるプロジェクト・バンド、13年作2nd。分厚く荘厳なシンセとピアノソロが連なっていく冒頭部を経た次の瞬間。躍動感いっぱいに弾むリズム・セクションに乗って、伸びやかに尾を引くロングトーンのギター、ひたすら柔らかくファンタスティックに広がるシンセが駆け抜けていくこのアンサンブル!GENESISの名曲「Watcher Of The Skies」を重ねずにはいられない素晴らしい演奏に、思わず胸が震えます。一音一音が凛とした美しさを放つピアノ、繊細な叙情美を添えるフルートもやはりGENESISを想起させる素晴らしいもの。前作にはなかったヴォーカルが加わっているのも特徴で、パッションと深みをあわせ持つ劇的な歌唱を聴かせます。全14曲切れ目なく展開していく演奏に最後まで圧倒される、見事な完成度のシンフォ絵巻。初期GENESISのファンタスティックさ、幻想性、叙情美を理想的に受け継いだ文句なく素晴らしい一枚です。おすすめ!

  • POPOL VUH (POPOL ACE) / POPOL VUH (POPOL ACE)

    ノルウェー出身、72年のデビュー作、ファンタスティックな北欧シンフォ屈指の傑作

    後にPOPOL ACEと改名するノルウェーのグループ(ドイツのグループとは同名異)、72年作のデビュー作。KING CRIMSONやP.F.M.に通じる引き締まったドラム、GENESISの通じるファンタスティックなキーボード、溢れ出るメロトロン、JETHRO TULLに通じるフルート、グレッグ・レイクとイアン・アンダーソンを足して二で割ったようなヴォーカルが印象的。オープニング・ナンバーを聴いて心躍らないプログレ・ファンはいないと断言できます!溢れ出るメロディ、美しいアンサンブル&展開、変拍子に心躍りまくり。北欧シンフォ屈指の傑作!

  • AMENOPHIS / AMENOPHIS

    83年作、キャメルやジェネシスのファンは必聴と言えるジャーマン・シンフォの名作

    78年に結成されたドイツのプログレ・バンドによる83年のデビュー作。スティーヴ・ハケットゆずりの繊細なタッチのメロディアスなフレーズ、ゴリゴリと高速ピッキングで畳みかけるフレーズ、さらにフラメンコ・ギターまでこなすテクニック抜群のギター。そして、いかにもジャーマンらしい古色蒼然とした味わいのキーボード、涼やかなフルート、線の細いセンチメンタルなヴォーカル。自主制作ということもあって、音質はクリアではありませんし、多少バタバタとしたところもありますが、それがまたこのグループの持つメランコリックな質感を引き立てている印象。キャメルやジェネシスのファンは間違いなくグッとくるでしょう。泣きの美メロとドラマティックなアンサンブルに溢れた叙情派シンフォの名品です。

  • GORDON GILTRAP / PEACOCK PARTY

    ジェネシスとグリフォンの間に位置づけられるような愛すべきファンタスティックな逸品、79年リリース

    60年代にはマイク・オールドフィールドやバート・ヤンシュらとともにフォーク・シーンで活躍し、70年代半ばにプログレッシヴ・シーンでソロ・デビューしたギタリスト&コンポーザー。最高傑作とも評される79年作。バックが特筆で、ベースのジョン・G・ペリー、ヴァイオリンのRic Sanders、ダリル・ウィエズ・ウルフやトレースやマリリオンでお馴染みのドラマーIan Mosely、クォーターマスのベースJohn Gustafsonほか、錚々たるメンバーが参加しています。サウンドの方は、ジェネシスとグリフォンの間に位置づけられるような、古楽器やクラシック・ギターやリコーダーにより繊細に紡がれる格調高くもファンタスティックな英国シンフォニック・ロックが印象的。次々と溢れ出る明朗なメロディに心豊かになるインストゥルメンタル・ロックの愛すべき逸品です。

  • CHRIS / MAKING SENSE

    オランダの天才マルチ・ミュージシャンによる2010年作2nd、ジェネシスが好きで、ニッチ・ポップも好きならド直球!

    オランダのマルチ・ミュージシャンChristian Bruinによる一人プロジェクト。2010年作2nd。元はドラマーで(SKY ARCHITECTのドラマーとしても活躍)、その後、ギターやキーボードなどの楽器も習得し、音楽学校時代にスタジオワークを学んだ若手ミュージシャン。ジェネシスやIQをはじめ、同国のトレース、ビートルズあたりに影響を受けたようです。繊細なタッチで伸びやかに紡がれるメロディアスなギター、荘厳にたなびく深みのあるキーボード・ワークと叙情がこぼれる格調高いピアノによる叙情的&ファンタスティックなアンサンブル。そして、ビートリッシュなポップバンドでも映えそうなドリーミーな歌声とそれを柔らかく包む巧みなコーラス・ワーク、カナダのクラトゥあたりを彷彿させるハートフルかつキャッチーな美旋律メロディ。元々がドラマーとは思えないドラマティックなソングライティングとともに、さすがドラマーと言えるメリハリの効いた躍動感あるグルーヴは特筆ものです。ジェネシスが好きで、ニッチ・ポップも好きならド直球と言える好作品。オススメです。

  • NATHAN / ERA

    イタリア、つややかでクリアなトーンのキーボード・サウンドが気持ちよく躍動する、清涼感溢れるジェネシス憧憬シンフォニック・ロックの逸品

    イタリアの新鋭シンフォ・バンド、18年作2nd。つややかでクリアなトーンのキーボード・サウンドが気持ちよく躍動する、清涼感とスケールに溢れたシンフォニック・ロックを聴かせます。重量感あるソリッドなプレイから泣きの叙情フレーズまでを滑らかに弾きこなすギターも実力派で、初期ジェネシスの遺伝子を感じさせる気品あるアンサンブルがゆったりと立ち上がってくるドラマチックな展開の連続に心奪われます。そんな中でも、情感をたっぷり込めイタリア語詞で歌い上げるヴォーカルの存在がイタリアン・ロックとしてのアイデンティティを揺るぎなく保持しているのが素晴らしい。時折アンサンブルに参加するヴァイオリンの格調高い音色も彩りを添えています。クリアでモダンなサウンドの中にも、ヴィンテージな温もりをいっぱいに感じさせるイタリアン・シンフォの好盤!

  • HIDDEN LANDS / HALCYON

    スウェーデン新鋭17年作、アネクドテン/アングラガルドの系譜に連なる緊張感と北欧の神秘的な情景美をイメージさせる透明感が融合した、キーボード主体のシンフォ力作!

    2012年に結成され同年にデビューしたスウェーデンの新鋭シンフォ・バンド、17年作3rd。アネクドテン/アングラガルドの系譜に連なる緊張感を持ちつつも、ゴリゴリとしたヘヴィネスは控えめでより軽やかで開放的なサウンドが持ち味。彼方まで広がっていくような美しいトーンのシンセ、ヴィンテージ質感のオルガン、清廉な響きのピアノ、そして鉄琴をシミュレートしたようなキーボードが緻密に重なり合う、鍵盤楽器を主体とするアンサンブルが新鮮です。時々リズム隊とギターがメタリックにうねり出し展開に起伏を与えていますが、基本的には北欧の神秘的な森や湖をイメージさせるような透明感溢れる音像が実に素晴らしい。M7などアングラガルドとジェネシスが出会ったかのようなスリリングなシンフォ・チューンもカッコいいです。北欧らしいイメージが次々と溢れ出してくる映像喚起的なサウンドを描き出す名品!

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

文・後藤秀樹

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。