プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

【10分を超えるロック名曲 TOP10】-米音楽サイトULTIMATE CLASSIC ROCK選

今日は米音楽サイトULTIMATE CLASSIC ROCK発表のランキングの中から、10分を超える曲のTOP10をご紹介いたします!
読者から挙げられた曲もピックアップしていきますよ~。

それでは、10位からどうぞ!

10位:「The End」From The Doors/『The Doors』

試聴 Click!

9位:「Underture」 From The Who/『Tommy』

試聴 Click!

8位:「The Musical Box」 From Genesis/『Nursery Cryme』

試聴 Click!

7位:「Station to Station」 From David Bowie/『Station to Station』

試聴 Click!

6位:「I Heard It Through the Grapevine」 From CCR/『Cosmo’s Factory』

試聴 Click!

5位:「Funeral for a Friend/Love Lies Bleeding」 From Elton John/『Goodbye Yellow Brick Road』

試聴 Click!

4位:「Heart of the Sunrise」 From Yes/『Fragile』

試聴 Click!

読者からはこの曲も挙げられていましたよ!

「Close To Edge」

試聴 Click!

3位:「Cygnus X-1 Book I: The Voyage」 From Rush/『A Farewell to Kings』

試聴 Click!

2位:「Dogs」 From Pink Floyd/『Animals』

試聴 Click!

コメントではこの曲が挙げられていました!

「Shine On You Crazy Diamond」

試聴 Click!

1位:「Achilles Last Stand」From Led Zeppelin/『Presence』

試聴 Click!

最後にオリジナル・ヴァージョンが17分を超えるこの曲もピックアップしましょう。
コメント欄で挙げられていました☆

「IN A GADDA DA VIDA」 From  IRON BUTTERFLY『IN A GADDA DA VIDA』

試聴 Click!

原文はこちら
http://ultimateclassicrock.com/best-long-songs/

関連カテゴリー

関連在庫CD

  • YES / CLOSE TO THE EDGE

    72年作5th、緊張感、幻想美、構築性、ダイナミズム、超絶技巧!これぞプログレと言うべき要素が詰まった超傑作!

    その構築的に練り上げられた楽曲と凄まじい演奏技術により、今なお多くのフォロワーを生み出しているイギリスのグループの72年作5th。その内容は前作「こわれもの」と並ぶ、プログレッシブ・ロック史に留まらず70年代ロック史に残る屈指の大名盤であり、20分近い表題曲をメインに据えたコンセプト・アルバムとなっています。Keith Emersonと人気を分かつRick Wakemanによる華麗なキーボード・オーケストレーション、カントリーからフラメンコまでを自在に操る個性派ギタリストSteve Howeの超絶プレイ、難解な哲学詞を伝えるハイトーン・ボーカリストJon Anderson、テクニカルでタイトなBill Brufordのドラム、そしてリッケンバッカーによる硬質なベースさばきを見せるChris Squire、今にも崩れそうな危ういバランスを保ちながら孤高の領域に踏み入れた、まさに「危機」の名に相応しい作品です。

  • YES / FRAGILE

    代表曲「ラウンドアバウト」「燃える朝焼け」を収録、71年作4th

    その構築的に練り上げられた楽曲と凄まじい演奏技術により、今なお多くのフォロワーを生み出しているイギリスのグループの71年作4th。その内容は次作「危機」と並ぶ、プログレッシブ・ロック史に留まらず70年代ロック史に残る屈指の大名盤であり、STRAWBSからキーボーディストRick Wakemanが加入、文字通り黄金期を迎えた彼らがトップバンドへと一気に飛躍する様が鮮明に残されています。まだ「危機」のような大作主義こそないものの、「ラウンドアバウト」「燃える朝焼け」など彼らの代表曲を収録。また今作から、その驚異的なエンジニアリング技術で彼らの複雑な楽曲製作に貢献することとなるEddie Offord、そしてその後のYESのトレードマークとなる幻想的なジャケット/ロゴを手がけるRoger Deanが参加、名盤の評価をより一層高めることとなります。

  • PINK FLOYD / WISH YOU WERE HERE

    前作「狂気」に劣らない内容と人気を誇る75年作

    ブルース・ロックに根ざした音楽性を持ちサイケデリック・ロックからその歩みを始め、全盛期にはRoger Watersの哲学的な歌詞と完璧なまでのコンセプト性で数々の伝説を作り上げた、世界を代表するロックグループの75年9th。前作「狂気」を発表しツアーも成功のうちに終了、休業解散状態であったバンドが再びシーンに返り咲いた作品であり、創設時のメンバーSyd Barrettを想起させるテーマを盛り込んだ、Roger Watersの色濃いコンセプト・アルバムとなっていますが、その内容は「狂気」のクオリティーをそのままに別なベクトルへ向けて発信した傑作です。トータル志向という意味では確かに「狂気」に軍配が上がるも、各楽曲のクオリティーは全く見劣りせず、彼らの代表作の1枚に上がることも多い名盤です。

  • GENESIS / NURSERY CRYME

    寓話的幻想性が彩る孤高の世界観が極まった71年作3rd

    Peter Gabrielによる味わい豊かなしゃがれ気味のボーカルと、演劇的に彩られたステージ・パフォーマンスが独特の存在感を放ち、数多くのフォロワーに受け継がれ、現在に至るまで脈々とプログレッシブ・ロックシーンに息づいているイギリスのグループの71年3rd。Phil Collins、Steve Hackettが加入し、ついに黄金期のGENESISが誕生した記念すべき1枚。Peter Gabrielの寓話的な世界観が良く現れており、その奇天烈な世界は冒頭「ミュージカル・ボックス」と、それを表現したアルバムジャケットに顕著でしょう。GENESISサウンドが完全に確立された作品であり、本作をステップにGENESISは名盤を連発していきます。

  • LED ZEPPELIN / PRESENCE

    76年リリース、圧倒的ヘヴィ・チューン「アキレス最後の戦い」で幕を開ける後期ツェッぺリンの大傑作!

    「アキレス最後の戦い」に象徴される圧倒的なヘヴィ・サウンドがアルバム全編に緊張感を持たせた後期ツェッぺリンの傑作。76年作。

  • THE WHO / TOMMY

    69年作、ロック・オペラを代表する傑作!

    69年5月にリリースされた、彼らの通算5作目、初の2枚組コンセプト・アルバム。リーダーであるPete Townshendの幼少期の辛い記憶をインスピレーションの源泉としたこの大作は、不倫した父親を母親に殺され、ショックで盲目になってしまったTOMMY少年が主人公。PETE自身、今まで全く知識のなかったオペラを勉強して、その構成を学んだというこの作品は、ロックンロール、資源の開発問題、宗教団体、ドラッグ問題、子供への虐待、セックスと言った今日の社会でもより一層深刻化しているテーマを取り扱っており、「一個人の体験が大きな精神的意味を持ち得る」「目醒めたもの」を制作したいというPETEの強い意思が感じられる作品となっています。「個の魂の救済」を根幹に据えた、歴史的傑作です。

  • CREEDENCE CLEARWATER REVIVAL (CCR) / COSMO’S FACTORY

    西海岸シスコ出身ながらサザン・ロック的なアプローチを持ち味とした名バンド、70年作

  • DAVID BOWIE / STATION TO STATION

    76年リリース、BOWIE流ソウル・ミュージックの完成形!

  • DOORS / DOORS

    カリスマロッカーJim Morrison率いるサイケ/アート・ロック・バンド、67年発表の衝撃的デビュー作

    67年作。歪んだハモンドを筆頭とする衝撃的なヘヴィ・サウンド、文学的で難解な詞世界。60年代後半の米国ロック・シーンを席巻する彼らのデビュー作にして不朽の名作。レイ・マンザレクの独特なオルガン奏法、正真正銘のカリスマ=ジム・モリソンの唯一無比の存在感が最も際立った作品です。ヘヴィ・サイケ/オルガン・サイケのパイオニアとしても数々のフォロワーを生んだ輝かしき金字塔。

    • AMCY6151

      紙ジャケット仕様、輸入盤国内仕様(帯・解説付)、デジタル・リマスター、定価2079

      盤質:傷あり

      状態:並

      帯無

      帯無、紙ジャケにスレ・折れあり、インナースリーブに汚れあり

  • IRON BUTTERFLY / IN A GADDA DA VIDA

    60年代のアトコ・レーベルで唯一100万枚を売った大傑作、68年2nd

    66年結成。LAを拠点に活動したサイケデリック・ロック・グループ。同じくLAを拠点にしたDOORS、そして東海岸のVANILLA FUDGEとともに、オルガンを軸に展開されるヘヴィ・サイケデリック・ロック・バンドの代表格。本作は、60年代のアトコ・レーベルで唯一100万枚を売った68年2nd。強烈に耳に絡みつくヘヴィかつ奇妙なギターリフ、呪術的なヴォーカル、地を這うように重苦しいベース・ライン、そしてバロック調のオルガン・リフレイン。表題曲「In-A-Gadda-Da-Vida」を筆頭に圧巻のヘヴィネス。

  • RUSH / A FAREWELL TO KINGS

    77年作

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事