プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

【プログレ温故知新】ヌケが良くキャッチーな北米プログレ【定番】KANSAS -> 【新鋭】DRUCKFARBEN

【定番】KANSAS -> 【新鋭】DRUCKFARBEN

大陸的スケール感と抜けの良いキャッチーさが魅力の北米プログレをテーマに、アメリカン・プログレの最高峰KANSASの「LEFTOVERTURE」、新鋭からはカナダ出身の技巧派グループDRUCKFARBENの14年作2nd「SECOND SOUND」をご紹介してまいります。

英国や他のユーロの国々にはないアメリカン・プログレならではの魅力と言えば?パワフルかつワイルドに歌い上げるヴォーカル、ワンフレーズで聴き手を引きつけるヌケが良くキャッチーなメロディ、大陸的スケール感を感じさせる雄大な曲構成などが挙げられるのではないでしょうか。

そしてそれらすべてを見事体現した、これぞアメリカのプログレ!というべきバンドを挙げるなら、やはりこのKANSASしかありませんよね。

KANSASは70年に結成され、現在に至るまでアメリカン・プログレの頂点に立ち続けるグループ。
そのサウンドは、火花を散らして拮抗するキーボードとギター、時にスリリングに疾走し時にロマン溢れる旋律を響かせるヴァイオリン、そしてフック満載のメロディを力強く歌うヴォーカルによって描き出される、壮大なスケールを誇るファンタジック・プログレです。

テクニック、構築性ともにまぎれもないプログレッシヴ・ロックでありながら、プログレ特有の複雑で小難しい印象を全く抱かせない抜けるようなサウンドはアメリカン・プログレならではの魅力。そんな彼らの音楽性が一枚に集約された76年発表の「LEFTOVERTURE」から、KANSASを、ひいてはアメリカン・プログレそのものを代表するこの一曲をお聴きください。

試聴 Click!

ハードに唸りを上げるギターとSteve Walshのロック然とした気高きヴォーカルが胸を熱くさせる素晴らしいナンバー。プログレ的構築美とキャッチーかつドラマティックなメロディが完全な融合を果たした、全米11位の大ヒットも納得の名曲ですね。

試聴 Click!

こちらも名曲。ヴァイオリンが活躍するファンタジックなアンサンブルから後半の超絶インスト・パートへと切り替わる瞬間のスリルと言ったらありません。

70年代にはプログレ不毛の地とも言われたアメリカが現在良質なプログレ・バンドたちの宝庫となっているのは、ひとえに彼らを始めとするバンドの活躍により、プログレという音楽が脈々と現代へと引き継いがれていったからなのではないでしょうか。それを考えながら彼らの音を聴くと、なかなか感慨深いものがありますよね。



さて、そんなKANSASを受け継ぎつつも英国プログレの名バンドたちからの影響も同時に感じさせる新鋭グループをご紹介いたしましょう。

DRUCKFARBENは、カナダのトロント出身の5人組技巧派プログレ・グループ。Billy Sheehan’s Talasに在籍していたヴォーカリストPhil Naroが参加しているバンドです。11年にデビュー作をリリースし、14年リリースの本作が第2作となります。

彼らのサウンドは、KANSASやRUSHなどの北米プログレの代表的バンドたちからの影響下にありながらも、YESやGENTLE GIANTら英国プログレの名バンドのサウンドからもヒントを得ているのが特徴。

流れるようなヴァイオリンを伴って圧巻のテクニックで突き進むプログレ・ハード的アンサンブルはまさしくKANSASを、変拍子が入り乱れてよりアグレッシヴな展開へと進む場面はRUSHを、スッと緊張感が抜け抑制されたクールネスと陰影豊かなリリシズムが生まれてくる所では、英国プログレの要素をそれぞれ感じさせます。

英米プログレの美味しいところを一つにしたとも言えるサウンドですが、その融合を可能にしているのはバンド自身の類まれなるテクニックと音楽センスによるものなんですよね。

ではその辺りがよく現れた本作からの音源をお聴きください♪

試聴 Click!

ギターの緊密なプレイとヴァイオリンの美しくしなやかをプレイを軸に変幻自在に紡がれるテクニカルなアンサンブル、ハードな演奏にもファンタジックな煌びやかさを加える絶妙なセンスのキーボード、ジョン・アンダーソンを思い出さずにいられないハイトーンのエモーショナルなヴォーカル、そしてひたすらキャッチーで飛翔館に溢れたメロディ。ずばり絶品ですね~。



キャッチーでヌケの良い北米プログレをテーマにお送りいたしました。シンフォ系からレコメン系まで、ハイレベルかつ多様な音楽性がひしめき合う北米プログレシーン。一体次にどんなサウンドが生まれ注目を集めるのか、目が離せませんね!

KANSASの在庫

  • KANSAS / KANSAS

    スケールの大きなキーボードと奔放に弾き倒すヴァイオリン、溌剌とした勢いに満ちた74年デビュー作!

    アメリカン・プログレの代表格、74年作1st。デビュー作ながら英プログレの影響をアメリカ流に表現しようという方向性は既に定まっており、初期ならではの溌剌とした勢いが全編から感じられる魅力的なアルバム。中でも8分の大作「Journey From Mariabronn」は本作のハイライト。テンションみなぎる硬質な変拍子の中、キーボードがスピーディーに畳みかけ、「動」から「静」への鮮やかなリズム・チェンジを合図に、ヴァイオリンが高らかにメロディを奏で、ピアノがリリカルに寄り添う。ジェネシスを倍速にしたような、圧倒的なスピード感とダイナミズムに痺れます。怒濤の展開の後、一瞬の「間」の後に若々しいハイトーン・ヴォーカルが伸びやかにメロディを歌い上げる瞬間には、バンドの魅力とエネルギーが凝縮。その後も、「歌心」あるパートと性急のインプロヴィゼーションとの間を緩急自在に行き交いながらドラマティックに登りつめていきます。英プログレのファンはもとより、これからプログレの世界へと足を踏み入れるハード・ロック・ファンにもおすすめしたい豪快な魅力を持ったアルバム。圧巻のデビュー作です。

  • KANSAS / MASQUE

    75年作3rd

    75年作の3rd。ハード・ロック的なものとプログレ的な二つの方法をとりいれ、従来のプログレ系にはない新しい試みをし独自の音楽世界を打ち出しています。この路線は次作の大ヒット・アルバム「永遠の序曲」につながるものとしてハードとプログレの融合をバンドとしてのアンサンブルのなかから導き出そうとする発想を貫いていました。本アルバムからカンサスは驚異的な成長を遂げていくことになります。全米ゴールド・ディスク獲得アルバム。

  • KANSAS / LEFTOVERTURE

    彼らの出世作と言える76年リリース4th、キャッチーでスリリングでスケール感溢れるサウンドはこれぞアメリカン・プログレ!

    抜けの良いアメリカン・ロックのバンド・アンサンブルとクラシカルなヴァイオリンによるシンフォニックなアプローチでアメリカを代表するプログレッシヴ・ロック・グループとなり、後のアメリカン・プログレハードの基礎を築いたグループの76年4th。その内容は、ポップで普遍的なメロディーと抜けの良いバンド・アンサンブル、QUEENのような分厚いコーラスワーク、そしてシンフォニックなヴァイオリンや華やかなキーボードが一体となり、その後のメインストリームである産業ロックへの流れを感じさせる明快な作風を打ち出した傑作です。

  • KANSAS / TWO FOR THE SHOW

    78年リリース、カンサスの絶頂期を捉えた傑作ライヴアルバム

    抜けの良いアメリカン・ロックのバンド・アンサンブルとクラシカルなヴァイオリンによるシンフォニックなアプローチでアメリカを代表するプログレッシヴ・ロック・グループとなり、後のアメリカン・プログレハードの基礎を築いたグループの78年ライブアルバム。77年から78年に行われた3つのツアーからの抜粋で収録された音源であり、この時点での彼らのベスト・ヒット的な選曲がなされたライブ作となっています。スタジオ作以上にアメリカン・ロックのダイナミズムとテクニカルなプログレッシブ・ロック・アンサンブルを感じられる、名作と言えるでしょう。

    • EICP1052/3

      紙ジャケット仕様、2枚組、08年デジタル・リマスター、定価2835

      盤質:傷あり

      状態:

      帯有

      帯中央部分に色褪せ・折れあり

      1890円

      1512円
      (税込1663円)

      416円お得!


      CD詳細ページへ

「KANSASの在庫」をもっと見る

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。