プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

カプリコーンのビッグネームに負けない、ニッチ・サザン・ロック・セレクション☆

スタッフ佐藤です。

韓国BIG PINKレーベルから新入荷したOKLAHOMAの77年唯一作、マイナーながら非常に素晴らしいサザン・ロックでした。

そんな彼らの所属レーベルは西海岸を本拠とするCAPITOL。

サザン・ロックと言えばオールマンズやレーナードはじめ主要バンドを数多く抱えたCAPRICORNレーベルが真っ先に思い浮かびますが、もちろんOKLAHOMAのようにCAPRICORN以外にも良質なサザン・ロックがたくさんあります。

今回はそんな、CAPRICORNのビッグネームに負けないニッチ・サザン・ロックを選りすぐってピックアップしましょう~。

OKLAHOMA/OKLAHOMA

マイナーなサザン・ロック・バンドですが、プロデュースは敏腕テリー・メルチャー&マーク・リンゼイ!

太くコシのある音色で気持ちよさそうにフレーズを紡ぐ極上リードギターと、抜けの良いコーラスを伴ったキャッチーなヴォーカルが爽快!

曲によっては西海岸テイストが漂ってきて何となくドゥービーズっぽくなるのも印象的だなぁ。

試聴 Click!

JACKSON HIGHWAY/JACKSON HIGHWAY

OKLAHOMAと同じCAPITOL所属のサザン・ロック・バンドによる逸品。

アラバマのマッスル・ショールズ・スタジオで録音され80年にリリースされた唯一作。

ヌケの良い王道サザン・ロックから、しとやかにキーボードが奏でられるバラードまで、さすがマッスル・ショールズ産と言える味わい深さ!

試聴 Click!

POTLIQUOR/POTLIQUOR

こちらもCAPITOL所属バンドですね。

この豪快なツイン・ギター&スライド・ギターの見事さは、ALLMAN BROTHERS BANDにも絶対負けてない!

ハイトーンの熱いシャウト・ヴォーカルと爽快なコーラス・ワークも魅力的な、突き抜けたサザン・ロック!

試聴 Click!

XEBEC/CALM BEFORE THE STORM

こちらはオクラホマ繋がりで同州出身のサザン・ロック・バンド。

ツイン・ギター・スタイルのサザン・ロック・バンドには、80年代初頭にも良いバンドがいますが、このバンドは特に一押し!

こちらはLYNYRD SKYNYRDの演奏の中に、突如へヴィー・ウェイト級のボクサーが乱入して来たかのような、アグレッシヴなサウンドがカッコいい力作です。

試聴 Click!

LEGEND(SOUTHERN ROCK)/LEGEND

オクラホマ州には良いサザン・ロック・バンドが多いですね。

ファズのかかったギターが荒々しくリフを刻み、ノリの良いリズム・セクションは早足で駆け抜け、軽快なピアノがまぶされた哀愁あるメロディに載せて、どこかうらぶれた男の歌声が響く・・・

夕日の落ちるアメリカの片田舎をドライヴしているようです。

試聴 Click!

CROSSROADS/SOUTHERN STRUTTER

テキサスはダラスのスタジオでレコーディングされ、おそらくは自主制作でリリースされた知られざるサザン・ロック作品。

にしても左右チャンネルに分けれたギターの掛け合いのグッとくること!

タメの効いた泣きのフレーズの応酬でこれでもかと畳みかけてきます。アメリカものなのに、この哀愁・・・。あぁ、至福・・・。

試聴 Click!

MOREY STORE BAND/CRY FOR THE DREAMER

最後も、79年に自主制作でリリースされたサザン・ハードの激レア盤をピックアップ。

ジャケは簡素ですが、これが鋭いキレ味とウェストコーストAORみたいなメロウさを併せ持った見事な逸品なんですよ~。

特にこの曲なんて、歌声といい芳醇なコーラスといい、とても自主制作とは思えぬ堂々たるサウンド!

試聴 Click!

いかがだったでしょうか。

オールマンズやレーナードら代表バンドを軸とするサザン・ロックの大きな流れを確認するには、こちらの「サザン・ロック特集」をご覧いただければと思います。


サザン・ロック特集

【関連記事】

サザン・ロック特集

ジョージア、アラバマ、テネシー、テキサス、フロリダ、オクラホマ、アーカンソー州といったアメリカ南部生まれのミュージシャンによる、ハードでいてヌケがよく、哀愁いっぱいのサザン・ロックをご紹介。

そして、ここで取り上げた作品も含むサザン・ロックの発掘リイシュー・レーベルCROSSROAD PRODUCTIONについては、こちらの特集でチェックしてみてください☆


レーベル・マークは南軍旗!『CROSSROAD PRODUCTIONS』のサザン・ロック・リイシュー作品をご紹介!

【関連記事】

レーベル・マークは南軍旗!『CROSSROAD PRODUCTIONS』のサザン・ロック・リイシュー作品をご紹介!

サザン・ロック奥の細道を歩き続けるCROSSROAD PRODUCTIONSのリイシュー作をピックアップ!

関連カテゴリー

関連CD在庫

  • XEBEC / CALM BEFORE THE STORM

    ゴリゴリと迫力あるツイン・ギターがグッと来る!米オクラホマ出身サザン・ロック・バンド81年唯一作!

    ゴリゴリと迫力あるツイン・ギターがグッと来る、米オクラホマ出身サザン・ロック・バンド、81年唯一作!重量感がありどっしりと構えたギター・プレイと、片や速弾きフレーズをガンガン饒舌にキメてくる対照的なフレージングはお見事!な実力派バンド。声の良く通る力強いヴォーカルも、どこまでも真っ直ぐに伸びて行くアメリカのハイウェイのようにスカッとする、直球ど真ん中サザン・ロックを演出して行きます。まるで、LYNYRD SKYNYRDの演奏の中に、突如へヴィー・ウェイト級のボクサーが乱入して来たかのような、アグレッシヴなサウンドが素晴らしい力作!

  • CROSSROADS / SOUTHERN STRUTTER

    GRINDERSWITCH好きに大推薦!米アーカンソー出身の泣きのフレーズキメまくるサザン・ロック、79年唯一作!

    GRINDER SWITCH好きに大推薦!米アーカンソー出身の泣きのフレーズキメまくるサザン・ロック、79年唯一作がこちら!冒頭から男の哀愁を感じさせるツイン・ギターのフレーズと軽やかなピアノ、オルガンが切なさ全開の男泣きサザン・ロック・チューンを展開!一転、落ち着いたバラードの楽曲では、アコギのアルペジオとレイドバック感のあるスワンピーなギター・フレーズに、オルガンの音色がネバっこく絡みつき、雄弁なツイン・ギターのソロ・パートへと流れ込んでゆく様がまさにザッツ・アメリカン・サザン・ロック!ALLMAN BROTHERS BAND、HYDRAと言った、カプリコーン・レーベルのファンにも強くお薦めしたい作品ですね!

  • JACKSON HIGHWAY / JACKSON HIGHWAY

    米サザン・ロック・バンド、マッスル・ショールズ録音の80年唯一作

    米サザン・ロック・バンド。マッスル・ショールズ・スタジオで録音され80年にリリースされた唯一作。ザクザクと刻まれるリズム・ギター、ハイ・トーンのヌケの良いシャウトが魅力のヴォーカル、豊かなハーモニー、そして、キャッチーなメロディ。これぞ「サザン・ロック」と言えるノリが良くハード・エッジな佳曲がずらり。対照的に、しとやかにキーボードが奏でられるAOR的なバラードもまた魅力的です。さすがはマッスル・ショールズ産!

  • OKLAHOMA / OKLAHOMA

    オクラホマのサザン・ロック好バンド、77年唯一作!

    CAPITOLに在籍した4人組サザン・ロック・バンドによる77年の唯一作。プロデュースは敏腕テリー・メルチャーと、PAUL REVERE & THE RAIDERSで知られるマーク・リンゼイの2人です。太くコシのある音色で気持ちよさそうにフレーズを紡ぐ極上のリードギターと、抜けの良いコーラスを伴いキャッチーなメロディを歌うヴォーカルが楽しめる一曲目「One More Round」からレーナードにも通じる爽快なサザン・ロックを聴かせてくれます。と思うと、2曲目「Whatcha Treatin Me So Bad For?」ではドゥービーズあたりも思わせる西海岸風のフレイバーも漂ってきていい感じ。このあたりはバーズやビーチ・ボーイズら西海岸グループを手掛けてきたメルチャーのテイストでしょうか。リード・ギタリストは基本的に一人のようですが、ここぞというソロパートではツインリードとなって、南部の乾いた青空にメロディアスなプレイを応酬させているかのようで痛快の一言です。マイナーながらこれは実にいいサザン・ロック・バンド。オススメです!

  • POTLIQUOR / POTLIQUOR

    米ルイジアナ出身4人組、オールマンばりの豪快なサザン・ロックを聴かせる快作

    70年にデビューしたルイジアナのグループ。79年作の4th。初期は豪快はハード・ロックでしたが、本作は、大幅なメンバー・チェンジを行い、レーベルもCAPITOLへと移籍し、突き抜けるサザン・ロックを聴かせています。ヌケの良いギター・サウンドがゴキゲンなリフを刻み、弾むようなピアノがサポート。そして、ハイ・トーンの熱いシャウト・ヴォーカルと爽快なコーラス・ワーク。ALLMAN BROTHERSばりの豪快なツイン・ギター&スライド・ギターもたまりません。

  • LEGEND(SOUTHERN ROCK) / LEGEND

    米オクラホマ州、タルサのサザン・ロック・バンド、80年唯一作。

    米オクラホマ州、タルサのサザン・ロック・バンド、80年唯一作。プライベートプレスでほんの少量リリースした作品とのこと。再生してみると、ファズのかかったギターが荒々しくリフを刻み、ノリの良いリズム・セクションは早足で駆け抜け、軽快なピアノがまぶされた哀愁あるメロディに載せて、どこかうらぶれた男の歌声が響く・・・夕日の落ちるアメリカの田舎をドライヴしているようです。LYNYRD SKYNYRDやMARSHALL TUCKER BANDのファンの方におすすめです。

  • MOREY STORE BAND / CRY FOR THE DREAMER

    オリジナルは激レアの米ミシガン州サザン・ハード・ロック79年唯一作、ハードなキレ味とメロウな哀愁を兼ね備えた名品!

    米ミシガン州のサザン・ハード・ロック・バンド、オリジナルは激レアで知られる79年唯一作。自主制作なこともあり音質はちょっぴり粗いものの、楽曲のレベルはずばり一流!ザクザクと鋭く歪んだツイン・ギターに明るいトーンで鳴らされるオルガン、ソウルフルでコクたっぷりのヴォーカル、そしてEAGLESなどを思わせる芳醇なコーラス。キレ味鋭くノリのいいサザン・ハードかと思えば、時にはAORばりの洗練されたメロウなアンサンブルも披露しており、そのハードさとメロウさのバランスが非常に心地良いです。LYNARD SKYNYRDなどのサザン・ハード・ファンはもちろん、ウェストコースト・ロック・ファンにもぜひチェックして頂きたい愛すべき逸品。

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。