プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

【ユーロロック周遊日記】ノルウェー・シンフォの雄KERRS PINKによる21年作『PRESENCE OF LIFE』


名盤からディープな作品まで、ユーロ諸国で誕生した様々なロック名作を掘り下げていく「ユーロ・ロック周遊日記」。

今回は、ノルウェーの実力派シンフォ・グループKERRS PINKから届けられた21年作『PRESENCE OF LIFE』に注目してまいります!

KERRS PINKは、72年に結成され80年に1stアルバムをリリース、活動休止期間こそあるものの解散することなく現在まで活動を続けている、北欧プログレ・シーン屈指のベテラン・バンド。デビュー時は以下の6人編成でした。

Harald Lytomt ギター、フルート
Tore Johansen ギター
Trond Bøhn キーボード、ギター
Halvard Haugerud キーボード、ヴォーカル
Jostein Hansen ベース、ヴォーカル
Terje Solås ドラムス、ヴォーカル

80年代と90年代にそれぞれ2枚のアルバムをリリース、そして00年代、10年代に各1枚をリリースしており、その歴史の長さからするとずいぶん寡作ですが、そのぶん一作一作のクオリティの高さは目を見張るものがあります。

そのサウンドは、まさに「キャメル+北欧トラッド」と言うべきもの。トラッドに由来する神秘的かつデリケートなメロディ、北欧の自然情景を切り取ったかのような澄みわたる壮麗なアレンジ、そしてアンディ・ラティマーばりに泣きまくる哀愁のギターを持ち味に、北欧然としたシンフォニック・ロック作品を生み出してきました。

まずはそうしたKERRS PINKの特徴がよく現れた楽曲をお聴きください。

Sett dem bare ned(80年作『KERRS PINK』より)

試聴 Click!

Ostenfor Ord(81年作『MELLOM OSS』より)

試聴 Click!

Rubicon(93年作『A JOURNEY ON THE INSIDE』より)

試聴 Click!




いなたいフラワー・キングス!? 21年作7th『PRESENCE OF LIFE』

そんなKERRS PINKが8年ぶりにリリースした7枚目のアルバム『PRESENCE OF LIFE』。

オリジナルメンバーはギター/フルートのHarald Lytomt一人となりましたが、前作より参加する同郷の実力派バンドMAGIC PIEのヴォーカリストを含む総勢7人編成となり、デビュー時を上回る大所帯となっています。

「キャメル+北欧トラッド」と言えたかつてのKERRS PINKですが、本作ではトラッド由来のメロディはそのままにキャメル色はやや後退し、よりアグレッシヴかつダイナミズムに富んだスタイルへと変化を遂げています。

一聴して感じさせるのが、同じく北欧出身の大御所であるザ・フラワー・キングス(TFK)との共通点。

ヴォーカルのEirikur HaukssonがTFKのハッセ・フレベリに似た声質/歌唱スタイルである事、Harald Lytomtによるラティマー彷彿の叙情派ギターが一部ロイネ・ストルトのプレイとも通じている事が大きいのですが、スケール大きく堂々としたアンサンブルやキャッチーながらもどこか浮遊感のあるメロディメイクなどにもTFKと通じるものを感じます。

そこにトラッドに由来するノルウェーの土着的なエッセンスが加わって、「いなたいTFK」と呼べてしまうサウンドを繰り広げているのです。

それでは、注目のナンバーを聴いてまいりましょう。

M1. Resurrection

郷愁を誘うアコーディオンの独奏から、太いトーンのギターとヴィンテージなハモンドが溢れ出す重厚なアンサンブルへとなだれこむオープニングからしてベテランらしい風格満点でゾクゾクします。

重厚に刻むリズム・セクションに乗って、ハスキー・ヴォイスで力強く歌うヴォーカル、クラシカルな泣きのフレーズでこれでもかと畳みかけるギター、洪水のごとく溢れるハモンドとつややかに疾走するシンセらが躍動。

どっしりと重心が低く貫禄あるサウンドと劇的に描かれる叙情サウンドとの調和が実に素晴らしい一曲です。

試聴 Click!

M3. The Book of Dreams

本作中、もっともトラッド要素が色濃く出ているのがこの曲。

注目は中盤、物悲しくも暖かなメロディが胸を打つトラッド調のヴォーカル&コーラス・パートから、ヘヴィなギターと哀愁溢れるアコーディオンが疾走するパート、そして再びヴォーカルがドラマチックに飛翔するこの興奮必至の展開!

これは間違いなく今現在のKERRS PINKでしか鳴らしえないサウンドです。

試聴 Click!

M5. Luna

讃美歌のように神々しくドラマチックなサウンドが感動を呼ぶバラード。

チャーチ風のオルガン、しとやかなピアノをバックにして慈愛を込めて歌うヴォーカルとそれを優しく支えるコーラス。

言葉を失う美しさです。

試聴 Click!

KERRS PINKの在庫

  • KERRS PINK / TIDINGS

    ノルウェー出身、北欧シンフォのベテラン・グループ、05年作、名作!

    80年代から活躍するノルウェーのベテラン・グループ。05年作。伸びやかに舞い上がるメロディアスなギター、北欧的リリシズムいっぱいの透明感溢れる美しいメロディなど、相変わらず歌心に溢れる絶品シンフォニック・ロック。それにしても、ロング・トーンのギターの心地よさ・美しさといったらありません。日本人の「泣き」の琴線をこれでもかと揺さぶる名作。歌詞は英語。

  • KERRS PINK / MYSTIC SPIRIT

    ノルウェーを代表する美旋律シンフォ・グループ、ベテランとは思えないフレッシュなエネルギー溢れる13年傑作

    72年に結成され、80年にデビューしたノルウェーを代表するキャメル系シンフォ・グループ。2002年作以来、11年振りとなる2013年6thアルバム。オープニングから、アンディ・ラティマー直系の太くマイルドなトーンのギターが炸裂!これでもかと伸びやかに美しい旋律を奏でます。優しいアコーディオンの響きや、ツンツンと尖った躍動感あるリズムには、北欧トラッド/舞踏音楽の幻想性がにじみ、北欧シンフォならではの手工芸品のようなサウンドに心温まります。伸びやかで力強い歌声を聴かせるのは、元MAGIC PIEで、近年のケン・ヘンズレーのバンドにも参加するヴォーカリストEirikur Hauksson。彼のエモーショナルなヴォーカルが映像喚起的なサウンドをより劇的に演出しています。とにもかくにも、キャメルばりのとめどなく歌心溢れるシンフォニックなパートと、北欧フレイヴァーいっぱいのキレのあるプログレ・ハード的パートとの鮮やかな対比が見事。モダンで明瞭なサウンドにより、一音一音が際立ち、バンドの持つ構築美とそこからこぼれ落ちる叙情とがくっきりと捉えられていることも特筆。スウェーデンのカイパに対するノルウェーからの回答と言える名グループによる、新鋭バンドにも負けないエネルギーのつまった傑作。これはシンフォ・ファン必聴ですよ〜。

  • KERRS PINK / KERRS PINK

    80年リリース、コロコロとした音色で丁寧に紡がれるギター&キーボード、これぞ北欧シンフォの魅力に溢れた名作1st!

    ノルウェーの名シンフォニック・ロック・グループ、80年作の1st。キーボードにギターにフルートにヴォーカルに、もうどこを切り取っても溢れ出る叙情美。ハモってハモって泣きに泣きまくるツイン・リードのギター、優美なフルート、ファンタスティックなキーボード、いかにも北欧的な人なつっこく胸に染みるメロディ。5曲目『PIMPERNELLE』でのコロコロとした音色で丁寧に紡がれるギター&キーボードは、これぞ北欧シンフォの魅力たっぷり。ずっと浸っていたいと思わせるメロディの洪水。グッときて、ジーンときて、心に響きまくる叙情派シンフォの名作。

  • KERRS PINK / A JOURNEY ON THE INSIDE

    ノルウェー出身、とめどない哀愁が溢れ出す北欧トラッド・シンフォ好作品、93年リリース

    ノルウェー出身、93年作の3rd。哀愁溢れるギターをフィーチャーしたシンフォニック・ロックあり、ニューエイジ風のキーボードや穏やかなフルートが心地良い透明感溢れる曲あり、ファンタスティックな北欧トラッドあり、どの曲も叙情性溢れるメロディが素晴らしい佳曲揃い。ジャケットのイメージ通りの好盤。

  • KERRS PINK / ART OF COMPLEX SIMPLICITY

    ノルウェー、郷愁溢れる北欧トラッド・シンフォ、97年作

    ノルウェー出身、97年作の4th。基本的には、前作の延長線上にある北欧トラッド・シンフォ。穏やかで胸を打つメロディ、丁寧に紡がれる泣きのギター、リリカルなキーボード。CAMELタイプのファンタスティックでイマジネーション溢れる名作。

  • KERRS PINK / PRESENCE OF LIFE

    ノルウェーを代表する美旋律シンフォ・グループ、2021年作

    72年に結成され、80年にデビューしたノルウェーを代表するシンフォ・グループ。前作から8年ぶりに届けられた21年作7th!北欧の中でもノルウェーのバンドらしい哀愁をたっぷりまぶした、「いなたいTHE FLOWER KINGS」と言えるサウンドが堪らない一枚。郷愁を誘うアコーディオンの独奏から、太いトーンのギターとヴィンテージなハモンドが溢れ出す重厚なアンサンブルへとなだれこむオープニングからしてベテランらしい風格満点でゾクゾクします。重厚に刻むリズム・セクションに乗って、TFKのHasse Flobergに近いハスキー・ヴォイスで力強く歌うヴォーカル、KAIPA時代のRoine Stoltを彷彿させるクラシカルな泣きのフレーズでこれでもかと畳みかけるギター、洪水のごとく溢れるハモンドとつややかに疾走するシンセらが躍動。どっしりと重心が低く貫禄あるサウンドと劇的に描かれる叙情サウンドとの調和が素晴らしいです。THE FLOWER KINGSファンにもきっと響くサウンドだと思います。

「KERRS PINKの在庫」をもっと見る

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。