プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(日曜は翌日)、5,000円(税抜)以上送料無料

カケレコ・ジュークボックスTOP >

英国ハードの名グループ、GUNを取り巻くディープなファミリー・ツリー

BLACK SABBATH誕生以前、68年の時点で既にマシンガン・リフを楽曲に導入していたグループ、GUN。その中心人物であるGurvitz兄弟と、69年に途中加入したPeter Duntonは英国ロックのアンダーグラウンド・シーンに於いて、多くのグループを結成。60年代から70年代に掛けて複雑且つ魅力的なファミリー・ツリーを形成しています。激しいリフと泣きのブルース・ギター、柔も剛も兼ね備えた強力なギター・サウンドでハード・ロックを追求するGurvitz兄弟、荘厳なオルガンが鳴り響くドリーミー・サイケを得意とするPeter Dunton。関連作を年代順に並べた、ディープなJUKEBOXをお楽しみあれ。

GUN

試聴 Click!

68年作発表デビュー作より。疾走感溢れるギター・リフ、タイトなドラム、太いベースが一体となったヘヴィなアンサンブル。禍禍しく笑い声を発するヴォーカル、狂乱を煽るホーン・セクションも加わり、混沌としたウネリが堪らない魅力。まずはここから。

GUN

試聴 Click!

69年作2ndより。前作を踏襲しつつも、Adrianによる泣きのギターを前面に押し出した叙情的なナンバーも収録。特に本楽曲はウエスタン風のカントリー・ロックとなっており、BABE RUTHの1stにも通じるシリアス且つドラマティックな展開が聴きもの。

LONDONERS & KNACK

試聴 Click!

64年から65年にかけて、Paul Gurvitzが在籍していた英フリーク・ビート/モッズ・バンド、LONDONERSと後身のKNACKの音源をコンパイルした編集盤より。BEATLES、KINKS辺りを連想させるキャッチーなメロディと荒々しさが魅力。

NEON PEARL

試聴 Click!

67年録音の発掘盤より。GUNに参加するPETER DUNTONのキャリア出発点となったサイケ・ポップ・グループ。甘いヴォーカル・メロディー、ドタドタとしたドラムが、エコーを掛けてドリーミーに鳴り響く様は、微睡んだTHE WHOのごとき甘さ加減。

PLEASE

試聴 Click!

68、69年に録音された発掘盤。Flies解散後、Peter Duntonを中心に結成された。Adrianも一時期在籍している他、T2に参加するBernie Jinksも在籍。オルガンとコーラス・ハーモニーが幻想的なサイケ・ポップ。T2でも再演されるナンバー。

FLIES

試聴 Click!

FLIESの発掘音源集より68年のシングル曲。PLEASE解散後、Peter Duntonが加入していた時期のもの。パーカッション、管楽器、オルガンなどが鳴り響くカラフルなサイケ・ポップ。骨太なアンサンブルにアンダーグラウンド臭が漂います。

BULLDOG BREED

試聴 Click!

70年唯一作より。Peter DuntonがGUNに参加する為PLEASEを脱退、残ったメンバーを中心に結成されたグループ。ギタリストKeith Crossも在籍しており、コード感が素晴らしいリズム・ギターは既に存在感十分。

T2

試聴 Click!

70年作より。BULLDOG BREEDにPeter Duntonが加わって生まれたグループ。PLEASEから受け継がれるサイケ感覚に、Peterのピアノによるクラシカルな叙情性と、Keithのギターによるブルース・フィーリングが加わった味わい深いアンサンブル。

THREE MAN ARMY

試聴 Click!

71年作1stより。GUN解散を経てガーヴィッツ兄弟が結成したハード・ロック・グループ。Adrianによる泣きのブルース・ギターが堪能できるスロウ・ナンバー。中間部でのギター・ソロで突如ギア・チェンジする展開は鳥肌モノ!

PARRISH & GURVITZ

試聴 Click!

71年唯一作より。Paul GurvitzがTHREE MAN ARMYの解散に伴い、結成したデュオ。プロデュースをGeorge Martinが担当しており、くすんだアンサンブルと鮮やかで格調高いストリングスが織り成すコントラストが見事。

THREE MAN ARMY

試聴 Click!

再結成されたグループによる74年3rdより。Adrianのアグレッシヴかつメロディアスなギターと元JEFF BECK GROUP〜MAY BLITZのTony Newmanによる切れのあるドラムが屈強なアンサンブルを展開。

BAKER GURVITZ ARMY

試聴 Click!

74年1stより。エイドリアン兄弟に元CREAMのGINGER BAKERが加わる形で、結成されたグループ。スピーディーなギター・リフとジンジャー・ベイカーの雄弁なドラムとの絶妙のアンサンブルが聴き所。

GRAEME EDGE BAND

試聴 Click!

74年作より。MOODY BLUESのドラマーがソロ作の為に結成したグループ。BAKER GURVITZ ARMYが全員参加しており、特にAdrianは作曲、ヴォーカル、ギターと大活躍。MOODY BLUES風シンフォニック・アレンジも新鮮。

Facebookコメント

在庫一覧

  • GRAEME EDGE BAND / KICK OFF YOUR MUDDY BOOTS

    ムーディー・ブルースのドラマーがガーヴィッツ兄弟と組んだリーダー・グループ、哀愁溢れる絶品英国ロック、74年1st

    MOODY BLUESのドラマー、Graeme Edgeによるグループ。他のメンバーは、元GUN〜THREE MAN ARMYのAdrian Gurvitz(G)とPaul Gurvitz(B)に、元ARCのMick Gallagher(Key)。その他、BADGERのBrian Parrish(Vo)、Ginger Baker(Dr)などがゲスト参加しています。本作は、74年の1stアルバム。哀愁溢れるキャッチーなメロディとAdrian Gurvitzによる情感たっぷりのメロディアスなギターが美しい陰影を描くブリティッシュ・ロック。キーボードやオーケストラによるドラマティックなアレンジも絶品。個人的には、ELOに近いサウンドだと思います。非常に英国的なリリシズムに溢れた名作です。

  • LONDONERS & KNACK / LONDONERS AND KNACK

    GUN結成前のPaul Gurvitzが在籍していたフリーク・ビート/モッズ・バンドの編集盤

    のちにGUN、THREE MAN ARMY、PARRISH & GURVITZ等での活動で知られるPaul Gurvitzが在籍していた英フリーク・ビート/モッズ・バンド、LONDONERSと後身のKNACKの音源をコンパイルした編集盤。63年、当時理髪店を経営していたというPaul Gurvitzが中心となって結成されたバンド。数あるブリティッシュ・インヴェイジョン/スウィギン・ロンドンのバンド勢のなかでは埋もれていたというものの、初期ビートから勢い溢れるフリーク・ビート、甘酸っぱさと憂いを秘めたポップスまでなかなかの佳曲揃いです!

  • NEON PEARL / 1967 RECORDINGS

    ドイツへ渡り活動した英国出身のサイケ・グループ、PLEASEの前身グループによる暗欝メロウ・サイケ

    英国出身、ドイツを拠点として活動していたサイケポップ・グループの未発表音源集。PLEASEの前身として知られるグループで、解散後リーダーのPETER DUNTONはPLEASE、GUN、T2と英国の重要グループを渡り歩くことになります。PLEASEと同傾向のアンダーグラウンド感満載のサイケデリック・サウンドながら、ドイツでの活動ということもあり、幻想的な雰囲気と共にどんよりとした暗欝さが全編で漂っているのが特徴。シリアスで憂いを含んだヴォーカル、引きずるようなリズム隊、叙情的な旋律を奏でるオルガン、暗いリフを刻むギターによるアンサンブルが、聴き手をトワイライトゾーンへと誘います。PLEASEへと引き継がれる哀愁のメロディも全編で楽しめます。GUN周辺アイテムとして重要な一枚、おすすめです。

  • PARRISH & GURVITZ BAND / PARRISH AND GURVITZ BAND

    優美かつ哀愁溢れる絶品英フォーク・ロック

    元GUN〜THREE MAN ARMYのPaul Gurvitzと後にBADGERで活躍するBrian Parrishによるユニット。George Martinによるプロデュースで、ストリングス・アレンジもすべて担当。スワンプ・ロック寄りのタイト&ルーズなノリの中、英国的叙情に溢れる優美なメロディとメロウなギターが美しい陰影を描く英フォーク・ロック。全編にフィーチャーされたCS&Nばりの豊かなコーラス・ワークも聴き所。くすんだアンサンブルと鮮やかで格調高いストリングスが織り成すコントラストも見事。

  • T2 / IT'LL ALL WORK OUT IN BOOMLAND

    70年発表、元BULLDOG BREEDのKeith Cross(g)と元GUNのPeter Dunton(ds)を中心とするブルージーかつヘヴィな英プログレッシヴ・ロック、文句なしの大名盤!

    AARDVARKなどと同じDERAMレーベルよりリリースされた、元GUNのPeter Duntonを中心に結成されたブリティッシュ・へヴィー・ロックグループの70年作。その内容はギタリストKeith Crossのパワフルなプレイを中心に、サイケデリックな質感を残したサウンドとブルース・ロックに根ざした渋みを持ったバンド・アンサンブルで聴かせる作風ですが、一方でピアノやメロトロンなどのキーボードやブラス・セクションなどが登用され英国然としたクラシカル・ロック・アンサンブルを提示するなど、シンフォニックな旨みも持ち合わせており、叙情を堪能できる作品です。

  • THREE MAN ARMY / A THIRD OF A LIFETIME

    ガーヴィッツ兄弟率いるハード・ロック・トリオ、71年、ヘヴィーなプレイで畳み掛ける最高のデビュー作!

    ガーヴィッツ兄弟がGUNの後に元スプーキー・トゥースのドラマーと結成したグループ。71年作の1st。スピーディーなギター・リフとスリリングなギター・ソロで仁王立ちするギターと疾走するリズム隊によるハード&アグレッシヴなアンサンブルが圧巻。トリオ編成による隙間のあるサウンドが、逆にバンドのスピード感を際立たせていてグッド!名作。

関連CDリスト

日本中のディープなロック・ファンから集まった中古CD、世界のニッチ&ディープな新品CDの在庫豊富!続きはリストで探求ください!