プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

ジミヘンよ、永遠なれ~彼の魂を継ぐフォロワー・ギタリスト特集~

スタッフ増田です。

9月18日は誰もが知る伝説のギタリスト、ジミ・ヘンドリックスの命日。

「エレキギターの可能性をすべて引き出した」と言われるほどのセンスとテクニックを持ち、激しく燃え盛る炎のように27歳という若さで生涯を閉じた彼。

ブルースやR&Bを土台としつつも、ファズやワウなどエフェクターを使用したラウドで斬新なギター・プレイ、非凡な作曲センス、クールかつソウルフルな歌声・・・そんな彼のサウンドに影響を受けたミュージシャンは数知れず。

今でも世界各国でフォロワーを生んでいるほど、他に類のない革命的なプレイ・スタイルを確立したのがジミヘンというギタリストでした。
(余談ですが、かくいうスタッフ増田もアマチュアとはいえ一介のエレキギター弾き、ジミヘンに憧れてカールコード(シールド)とワウ・ペダルを購入し、「ヘイ・ジョー」や「パープル・ヘイズ」を練習したものでした・・・彼のフレーズは弾きながら歌うのも難しいんですよね)

という訳で今日は彼の命日にちなみ、「ジミヘン・フォロワー特集」をお送りいたします。世界各地に散らばったジミヘンの魂を受け継ぐ男たちのギター・プレイを、どうぞお楽しみ下さい!

ROBIN TROWER/LONG MISTY DAYS and IN CITY DREAMS

まずは英国ジミヘン・フォロワーの代表格、ロビン・トロワー。

初期プロコル・ハルムに在籍するも、70年にドイツで共演したジミ・ヘンドリックス・エクスペリエンスに感銘を受け、ジミヘン直系のヘヴィ・ブルース・サウンドを志すようになった彼。

でもその中に、プロコル・ハルムに通ずる繊細な哀愁が滲み出ているのが特徴的ですね!

試聴 Click!

MAHOGANY RUSH/IV

次はジミヘン・フォロワーの筆頭と言えるギタリスト、フランク・マリノ率いるカナダのグループMAHOGANY RUSH。

なんでもマリノは元々ギターをまったく弾けなかったのに、70年のジミヘン死去の直後から急に体が軽くなり、いつの間にか超絶的なフレーズを弾けるようになっていた・・・なんて逸話もあるそうですね。

本76年4thでもジミヘンが乗り移ったようなヴォーカル&ギター・プレイを聴かせつつ、スペーシーかつファンキーに洗練されたアレンジに仕上げていて新鮮です。

もしジミヘンが70年代後半に生きていたら、こんな音楽をやっていたかもしれない・・・と思わせるものがあります。

試聴 Click!

CHARLEE/CHARLEE

同じくカナダからジミヘン直系ギタリスト、Walter Rossi率いるCHARLEEをご紹介。

ヘヴィかつ軽快に動くギターはジミヘン・ライクですが、こちらはそれよりもハード・ロック的キレ味が増している印象。

ソリッドに切り込むリフ、ズッシリとしたリズム隊、そして凶暴な中にも叙情性を巧みに織り込んだ楽曲展開・・・いやあこれはカッコイイです!オススメ!

試聴 Click!

RANDY CALIFORNIA/KAPT.KOPTER AND THE (FABOLOUS) TWIRLY BIRDS

次はカルトなサイケ・ハード・バンドSPIRITを率いたことで知られる米国のギタリスト、RANDY CALIFORNIA。

なんと彼は15歳の時にジミヘン(当時はまだ「ジミー・ジェームズ」と名乗っていました)と出会い、彼のバンドJIMMY JAMES AND THE BLUE FLAMESに加入したという経歴を持つ人物。

ファズとワウを効かせつつ、力まずリラックスしたブルージー&メロディアスなハード・サウンドが堪らなくカッコイイです!

試聴 Click!

PARISH HALL/PARISH HALL

こちらも要チェック、米ヘヴィ・サイケ・トリオの70年唯一作。

SSW風のジャケットのイメージとは180度異なり、キレッキレのファズ・ギターによるアグレッシヴなリフが炸裂!文句なしにカッコいい!!

試聴 Click!

SMACK/SMACK

こんなプライヴェート・プレスの激レア盤もいかがでしょうか。

後にローウェル・ジョージ亡き後のリトル・フィートとツアーを回るPhil Brown(vo/Ba)なる人物が、学生時代に録音していたという作品。

「Purple Haze」やCREAMの「Sunshine of Your Love」をカヴァーしていて、典型的なジミヘン・フォロワーかと思いきや・・・こ、こ、このヘヴィさは、一体なにごと!?

試聴 Click!

ガリバルディ/ヌーダ

さあ、英米をご紹介したので次はユーロから、「イタリアのジミヘン」バンビ・フォサーティをご紹介。

72年のデビュー作なのですが、この1曲目、もうジミヘンがギターを弾いてイタリア語で歌ってるみたい!

まさに「イタリアン・プログレッシヴ・ジミヘン」という感じです。

試聴 Click!

ELECTRIC SANDWICH/ELECTRIC SANDWICH

ドイツからはこの作品をご紹介。

バンド名通りのジャケはえげつないですが、中身はファズ&リバーヴの効いたギターが躍動感たっぷりに跳ねる熱気たっぷりのブルース・ロック。

ソウルフルなダミ声ヴォーカルや時折入るジャジーなサックスもイカしてます。

試聴 Click!

TOAD/YEARNIN’ LEARNIN’ – LIVE 1978

次はカエルジャケでおなじみスイスの名ハード・ロック・バンド、TOAD!

サバスばりのヘヴィなハード・ロックのイメージもありますが、こちらの78年ライヴ盤では「Puple Haze」カヴァーも披露するなど、骨太かつファンキーなサウンドを聴かせています。ジミヘン好きなら是非!

試聴 Click!

MECKI MARK MEN/RUNNING IN THE SUMMER NIGHT

こちらもジミヘン・ファンは必聴です。

ジミ・ヘンやザッパのスウェーデン公演のサポート・アクトもつとめたスウェーデン・ロック黎明期の名サイケ・バンド。

後にKEBNEKAISEで活躍するギタリストKenny Hakanssonの粘りあるギターと、アートなオルガンが織り成すサイケ・ハードは、英米の作品と比べても全く遜色なし!

試聴 Click!

MANAL/EL LEON

ユーロの次は南米からご紹介、「アルゼンチンのジミヘン」CLAUDIO GABIS率いるグループ。

ソリッドに切り込むギター、熱気ムンムンのヴォーカル、ウネりまくりのベース・・・土埃舞う疾走ヘヴィ・ブルース・ロック!爆音推奨!!

試聴 Click!

MACHINE MASS/PLAYS HENDRIX

最後はちょっと趣向がズレますが、17年にリリースされたジミ・ヘンドリックスのジャズ・ロック・カヴァー作品をご紹介。

欧米混合アヴァン・ジャズ・ロック・バンドMACHINE MASS TRIOのメンバーを中心に結成されたグループで、一体どんな流麗で洒脱なサウンドに仕上がっているかと思いきや・・・。

途中から抑えきれずといった感じで、ジミヘン直系の激情あふれるギターがこれでもかと雪崩れ込んできてニンマリ!

試聴 Click!

ジミヘン・フォロワーはこちらのジュークボックスでもご紹介しておりますので、是非どうぞ!

JIMI HENDRIXの在庫

「JIMI HENDRIXの在庫」をもっと見る

JIMI HENDRIX EXPERIENCEの在庫

「JIMI HENDRIX EXPERIENCEの在庫」をもっと見る

関連カテゴリー

関連CD在庫

  • RANDY CALIFORNIA / KAPT.KOPTER AND THE (FABOLOUS) TWIRLY BIRDS

    切れ味抜群!ジミヘン直系のファズ・ギターが冴え渡る米サイケ・ハード

    ジミヘン直系のファズ・ギターが冴え渡るアメリカン・サイケ・ハード。72年の1st。疾走するリズム隊をバックに、切れ味抜群のギターと迫力のシャウトが炸裂するアグレッシヴなアンサンブルが持ち味。凄まじい熱気と迫力。ハード・ロック・ファンは必聴

  • CHARLEE / CHARLEE

    豪快さと繊細さを併せ持つ名ギタリスト、Walter Rossi率いるグループ、カナディアン・ハード・ロック、72年作

    後にソロとしても活躍するギタリストWalter Rossi率いるカナダのグループ。72年の唯一作。ジミ・ヘンからの影響を強く感じますが、よりハード・ロック的なキレ味が鋭く、スピード感いっぱいに畳みかけるフレーズは必殺の格好良さ。ブルージーなバラードでの、実にエモーショナルながらも繊細なタッチが光るギター・ソロも出色。とにかくギターの雄弁さに尽きます。ハード・ロック・ファン必聴の名作!

  • ELECTRIC SANDWICH / ELECTRIC SANDWICH

    ジャーマン・サイケ・プログレ/ブルース・ロック、BRAINレーベルからリリースされた72年作

    72年発表の彼らの唯一作。延々と打ち鳴らされるパーカッションにノイジーなファズ・ギター&エレクトロニクスが渦を巻く混沌サイケ・ジャム「China」で有名なアルバムですが、残りの曲は意外にも真っ当なサイケデリック・ブルース・ロック。ジミヘンを彷彿とさせる躍動感に満ちたギターを中心に、ソウルフルなヴォーカルやタイトなドラムが織り成す濃密なアンサンブルは熱気たっぷり。時にキレのあるサックスを交えてスリリングなジャズ・ロック・パートを展開するなど、テクニックやアイディアも充実しています。一部で見せる混沌としたクラウトロック的側面を楽しんでも良し、残りのサイケ・ブルース&ジャズ・ロックを楽しんでも良しと、一枚で違った旨味のあるアルバムです。

  • GARYBALDI / NUDA

    「イタリアのジミヘン」ことバンビ・フォサーティ率いる伊ハード・グループ、72年作

    イタリアのジミヘンと言われるギタリスト、バンビ・フォサーティ率いるガリバルディが72年に発表した1stアルバム。たしかに表面的にはヴォーカルの雰囲気やワウの使い方など似ていますが、そこはイタリア、メロディーラインやピアノのフレーズに叙情性が滲み出ています。ワウギターが唸りを上げる1曲目などのブルージーなハード・ロックも無論格好良いですが、5曲目で聴ける、ピアノとギターがイタリアならではな泣きのフレーズを連発するリリカルなバラードも彼らの魅力と言えます。

  • MECKI MARK MEN / RUNNING IN THE SUMMER NIGHT

    スウェーデン・ロック黎明期の名バンド、69年作2nd、ブルージーなサイケ・ハードの傑作

    Key奏者&ヴォーカルのMecki Bodemark率いるスウェーデンのサイケデリック・ロック・バンドで、ジミ・ヘンやザッパのスウェーデン公演のサポート・アクトもつとめたスウェーデンのロック黎明期の名バンド。69年作2nd。67年のデビュー作からMeck Bodemark以外のメンバーが総入れ替えし、ギターのKenny Hakanssonをはじめ、後にKEBNEKAISEを結成し活躍するメンバーを加えた4人編成となっているのが特筆。R&Bとサイケを通過した淡くメロウなオルガン、ジミヘンを彷彿させるソウルフルなヴォーカル、ずしりと重くタイトなドラム、ヘヴィなファズ・ギターによる屈強なサイケ・ハードが印象的です。圧倒的な音圧で迫るアンサンブルはかなりの完成度。これは名作でしょう。ジミ・ヘンのファンは必聴!

  • TOAD / YEARNIN’ LEARNIN’ – LIVE 1978

    スイス産ハード・ロック、78年ライヴ

    スイスの誇る名ハード・ロック・グループTOAD、78年のジュネーヴでの公演を収録したライヴ盤。サウンドのテイストは75年の3rd『DREAMS』のキャッチーな路線に近く、さらにアルバム・タイトルにもなっているEARTH WIND & FIRE「Yearnin’ Learnin’」のカバーをはじめ、ファンクやブルースなどブラック・ミュージックの影響をより色濃く打ち出した新曲を多数披露しています。とはいえキーボードなど余分な音が入っていないせいかメロディアスさは出過ぎておらず、ギター・ヴォーカルにベース、ドラムの純粋なトリオ編成によるファンキー・ハード・ロックは非常に硬派で骨太。跳ねるディストーション・ギターとベースのグルーヴィーなアンサンブルがまるでジミヘンのごとき「Mama Come Back」や、Werner Froehlichのスラッピング・ベースが堪能できる「I Wish You Were Here」など、思わず唸ってしまう佳曲揃いです。この翌年79年にWernerが脱退し、TOADはしばらく表立っての活動はなくなってしまいますが、この路線でのアルバムもぜひ聴いてみたかったと思わせる、期待を裏切らぬ出来栄えと言えるでしょう。

  • MACHINE MASS / PLAYS HENDRIX

    ギター/キーボード/ドラムスの変則アヴァン・ジャズ・ロック・トリオ、ジミヘンの楽曲をジャズ・ロックに仕立ててカバーした17年作!

    アヴァン・ジャズ・ロック/フュージョン・バンドMACHINE MASS TRIOのメンバーであるギターのMichel Delville、ドラムのTony Biancoに、UNIVERS ZEROにも参加するキーボーディストAntonie Guenetを加えた変則ジャズ・ロック・トリオ、17年作。タイトル通りジミ・ヘンドリックスの楽曲を全編カバーした内容となっています。「PURPLE HAZE」「LITTLE WING」「VOODOO CHILE」と言ったジミヘンの代名詞的ナンバーの数々が洒脱なジャズに…と思っていると、途中から抑えきれずといった様子で、タイトなドラミングがなだれ込み、ギターはジミヘン・リスペクトの激情たぎるギターワークを披露。熱気あふれるサウンドの一方でクールに音を刻み続けるキーボードも印象的です。ジミヘンカバーという点を除いてみても、良質なジャズ・ロック・アルバムに仕上がっています。

  • ROBIN TROWER / LONG MISTY DAYS and IN CITY DREAMS

    プロコル・ハルムでの活動で知られるジミヘン・タイプのギタリスト、76年作/77年作

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

文・後藤秀樹

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。