プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

ジャクソン・ブラウンをカバーしたアーティスト達。

こんにちは。スタッフみなとです。

今日はジャクソン・ブラウンのお誕生日だそうです。71歳、おめでとうございます。

ジャクソン・ブラウンからスタートして、彼の楽曲をカバーしているアーティストの作品を聴いてまいりたいと思います。

それでは、ジャクソンの最高傑作に挙げられることも多い3rdからまいりましょう。

JACKSON BROWNE / LATE FOR THE SKY

74年作。

青く瑞々しいメロディとソフトなボーカル、繊細で内省的な歌詞。

前作より加わったデヴィッド・リンドレーの、寄り添うような柔らかいギターも素晴らしいですね。

試聴 Click!

さてここからは、ジャクソン・ブラウンの楽曲をカバーしている作品を聴いてまいりましょう。

まずはジャクソンの1stアルバムのオープニングを飾るこちらの楽曲から。

♪Jamaica Say You Will

試聴 Click!

BYRDS / BYRDMANIAX

71年作。メンバーの意図とは関係なく、プロデューサーのテリー・メルチャーがストリングスなどを重ねたために不評を買った作品でもあります。

クラレンス・ホワイトの歌う素朴で味わい深い「Jamaica Say You Will」、素晴らしいですね。

試聴 Click!

次は、ジャクソン・ブラウンの73年作『LATE FOR THE SKY』に収録されたこちらの楽曲です。

Take It Easy

試聴 Click!

EAGLES / EAGLES

イーグルスのカバーによって大ヒットした楽曲ですね。

グレン・フライのマイルドなボーカル、カントリー・タッチの軽やかなバンド・アンサンブル、そしてそこはかとなく漂う哀愁…

何度聴いても飽きることのない名曲です。

試聴 Click!

次も『LATE FOR THE SKY』から。

実に多くのアーティストがカバーしています。

♪These Days

試聴 Click!

NICO / CHELSEA GIRL

67年作。

ニコの独特の歌い回し、さり気ないギター・ワークに繊細なストリングス…

なんて完璧な「These Days」でしょうか!

試聴 Click!

JENNIFER WARNES / JENNIFER

ジョー・コッカーとデュエットした『愛と青春の旅だち』の主題歌「Up Where We Belong」で知られる米シアトル出身のSSW、72年作。

伸びやかで情感を湛えたボーカルが良いですね!

試聴 Click!

GREGG ALLMAN / LAID BACK

ジャクソン・ブラウンは自分のデビューより先に他のアーティストに沢山カバーされていました。

自身の2stに収録の「These Days」は、グレッグ・オールマンのバージョンを参考にアレンジしたそうです。

試聴 Click!

IAN MATTHEWS (IAIN MATTHEWS) / VALLEY HI

イアン・マシューズのくぐもった声で歌われる「These Days」…たまりませんね。

試聴 Click!

最後は、ジャクソン・ブラウンが60年代後半に録音したデモ曲です。

♪Shadow Dream Song

試聴 Click!

ALLMAN AND WOMAN (CHER) / TWO THE HARD WAY

グレッグ・オールマンと、女優でシンガーのシェールとの夫婦(当時)デュオ。77年作。

渋いグレッグのボーカルと、控えめながらも洗練されたアレンジが心地よいですね。

試聴 Click!

いかがでしたでしょうか。少しでもお楽しみいただければ幸いです。

関連カテゴリー

JACKSON BROWNE

  • EAGLES / EAGLES

    ウェストコースト・ロック黄金期の幕開けを告げた72年デビュー作

    新時代のウエスト・コースト・ロックの幕開けを告げた記念すべきファースト・アルバム。72年作。ジャクソン・ブラウンとの共作による象徴的なナンバー「テイク・イット・イージー」収録。

  • ALLMAN AND WOMAN (CHER) / TWO THE HARD WAY

    グレッグ・オールマンによる夫婦デュオ、メロウ・グルーヴの好ナンバーが揃った77年作!

    オールマン・ブラザーズ・バンドでお馴染みのグレッグ・オールマン(Key/G/Vo)と、新婚ほやほやだった女優でシンガーのCherとの夫婦デュオ。77年作。この後、結婚生活は3年あまりで破綻してしまうということで唯一作。オープニングから軽快なメロウ・グルーヴ・ナンバーが炸裂!軽快なギターのカッティング、流麗なエレピやコーラスを掛けたエレキ、そこにからみつくホーン・セクション、そして、ソウルフル&キャッチーな伸びのあるヴォーカル&ハーモニー。ジミー・ウェッブやジャクソン・ブラウンなど、作曲陣も特筆で、サザン・フィーリングと都会的なポップ・フィーリングとがあわさった佳曲がそろっています。ジミー・ウェッブによるグルーヴィーな「We’re Gonna Make It」なんて、スワンプ・ロックのファンもたまらないでしょう!サザン・ソウル、スワンプ・ロック、AORのファンにもオススメな快作!

  • IAN MATTHEWS (IAIN MATTHEWS) / VALLEY HI and SOME DAYS YOU EAT THE BEAR AND SOME DAYS THE BEAR EATS YOU

    元FAIRPORT CONVENTION〜MATTHEWS SOUTHERN COMFORT、いかにも英国的な叙情性が魅力の英SSW、73/74年作

JACKSON BROWNEの在庫

「JACKSON BROWNEの在庫」をもっと見る

NICOの在庫

「NICOの在庫」をもっと見る

聴かなくなった60&70年代ロック/プログレのCDはございませんか?

査定の正確さ・高額買取で評価いただいているカケレコ「とことん査定」。選ばれる3つの理由やご利用いただいたお客様の声など詳細はコチラ⇒http://kakereco.com/about_assess.php

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事