プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

『カケレコのロック探求日誌』一週間一気読み!~「ジェネシスそっくりバンド大集合!」~

カケレコユーザーの皆様に大人気のジェネシス。

今回は、古今東西、GENESISが好きすぎるあまりそっくりになってしまった(!?)愛すべきGENESISフォロワーたちをご紹介してまいります!

Facebook

GENESIS / FOXTROT

第一日目の今日は本家本元、ジェネシスの『FOXTROT』をピックアップ。

72年に発表された今作ですが、マザー・グースや不思議の国のアリスなど、英国のファンタジックで少し残虐性のある寓話が下敷きとなった世界に魅了されてしまいます。

声のトーンをいくつも使い分けてシアトリカルに歌うピータ・ガブリエル、メロトロンや鍵盤を荘厳に響かせるトニー・バンクス、12弦ギターと6弦ギターで英国的な気品あるプレイを聴かせるスティーブ・ハケット、変拍子を多用し複雑なリズムを刻むフィル・コリンズとマイク・ラザフォード・・・初期ジェネシスの魅力がこれでもかと詰まった傑作です!(みなと)

試聴 Click!

CD詳細ページへ

BABYLON / BABYLON

本日ご紹介するのはアメリカのGENESISフォロワー筆頭格。
宇宙人ジャケが印象的な78年の唯一作で知られるグループ、BABYLONです。

リリカルでファンタスティックなツイン・キーボード、グルーヴィーなベース、柔らかなサステインを響かせるギター・・・極めつけはPeter Gabrielそっくりのハイ・トーンでシアトリカルなヴォーカル!

隅々からGENESISの影響を感じさせる一方、アナログ・シンセのエフェクトなど本家にない要素も取り入れていて、スペーシーな広がりと浮遊感を持ったサウンドが非常に特徴的。

GENESISが幻想性はそのままに、HAWKWINDなどスペース・ロックに接近したら!?
そんな「もしも」を体現したかのような、大変ユニークなグループです。(増田)

試聴 Click!

CD詳細ページへ

NEUSCHWANSTEIN / BATTLEMENT

今日はドイツよりジェネシスのそっくりさんバンドをピックアップいたしましょう。NEUSCHWANSTEINによる79年作『BATTLEMENT』です。

格調高い12弦ギターの調べからハケット風のスリリングに尖ったエレキのプレイまで自在にこなすギター、トニー・バンクス直系の華やかでファンタジックなトーンのシンセと、とにかく初期GENESISへの憧憬と愛情に満ちた演奏を聴かせてくれます。

しかしさらに特筆なのが、ピーター・ガブリエルそのものと言える声質でシアトリカルに歌い上げるヴォーカルの存在感!

彼を真似たヴォーカリストが在籍するGENESISフォロワー・バンドはそれこそ星の数ほど存在しますが、声質・唱法とここまで酷似した歌い手は当時そうはいなかったはず。

この生真面目なまでのフォロワーぶりは、ある意味ドイツらしいと言えるかもしれませんね。(佐藤)

試聴 Click!

UNIFAUN / UNIFAUN

本日はスウェーデンのプログレ・デュオ、ユニファウンの08年作『UNIFAUN』です!

これがまあ・・・びっくりするくらい、ボーカルがフィル・コリンズそっくり!!
『A TRICK OF THE TAIL』あたりのジェネシス直系のサウンドです。

それもそのはず、この作品は「ジェネシスが作らなかった曲を作る」というコンセプトだそうで、更にボーカルのNAD SYLVAN(ナッド・シルヴァン)は、スウェーデンで長くボーカリストとして活躍し、スティーヴ・ハケットのバンドのボーカリストも勤めているという、本家お墨付きなのです!

トニー・バンクスが70年代に使ったハモンドオルガンと全く同じものを使っているという幻想的なキーボードや、細かくリズムを刻むドラム、煌めくパーカッション、爽やかなギター、美麗なコーラス・・・などなど、ジェネシスへのあらん限りのリスペクトと、北欧ならではの透明感を見事に融合させた素晴らしい作品です!(みなと)

試聴 Click!

CD詳細ページへ

SUBMARINE SILENCE / THERE’S SOMETHING VERY STRANGE IN HER LITTLE ROOM

最後にご紹介するのは、イタリアのシンフォ・グループSUBMARINE SILENCEの13年作、『THERE’S SOMETHING VERY STRANGE IN HER LITTLE ROOM』(タイトルが長い!)。

GENESISといえば英国のバンドですが、やはり世界各国の新旧プログレ・バンドに与えた影響は数知れず。
90年代以降のイタリアでも多くのGENESISフォロワー系シンフォ・バンドが生まれており、中でもこのSUBMARINE SILENCEはその筆頭格。

あのGENESISの名曲「Watcher Of The Skies」を思い起させる、グワーッと厚く荘厳に広がっていくシンセや躍動感たっぷりのリズム。本家GENESISのリリシズムを受け継ぎつつ、どこかクラシカルな雰囲気をまとったアコギやフルート。ヴォーカルは他のバンドと違ってそれほど本家に似せていませんが、たおやかで深みがあり、イタリアらしい詩情を感じさせます。

まさにこれぞ「GENESIS meets イタリアン・プログレ!」と言うにふさわしい、完成度の高いサウンドを聴かせてくれるグループです!(増田)

試聴 Click!

CD詳細ページへ

【関連ジュークボックス】

世界のジェネシス・フォロワー特集


新旧「ジェネシス・フォロワー」特集

【関連記事】

新旧「ジェネシス・フォロワー」特集

ジェネシスをスタートに、彼らから影響が色濃い繊細なサウンドを持った世界の新旧ジェネシス・フォロワーの名作を聴いてまいりましょう。

カケレコのSNSではワクワク探求情報を発信中!

Facebook
Twitter

Instagram

BABYLONの在庫

  • BABYLON / BABYLON

    アメリカのグループ、78年作、初期GENESISやENGLANDのファンは必聴!

    シアトリカルなステージングとそのサウンドでアメリカを代表するGENESISフォロワーと名高いグループの78年唯一作。キーボードアンサンブルを中心にファンタジックなアプローチでGENESISからの影響を露骨に表現しており、ダブル・キーボード編成でTony Banksを髣髴とさせるヴィンテージなサウンドを聴かせる一方で、本家GENESISにはないスペース・ロックのような広がりと浮遊感のあるアナログ・シンセサイザーが個性的です。Peter Gabrielを髣髴とさせるシアトリカルなボーカルももちろん在籍しており、アメリカのGENESISとの評価も納得の名作です。

「BABYLONの在庫」をもっと見る

SUBMARINE SILENCEの在庫

  • SUBMARINE SILENCE / JOURNEY THROUGH MINE

    ジェネシスのDNAを継いだ新鋭の中でも屈指といえるイタリアのバンド、まばゆくもダイナミックな2016年作3rd

    ジェネシス系イタリアン・シンフォの名バンドとして知られるMOONGARDENのギタリストとキーボーディストが結成したバンド。2016年作3rd。繊細なタッチの伸びやかなロングローンが魅力のギターときらびやかなトーンのムーグ・シンセが紡いでいく時にリリカルで時に緊張感を持ったメロディ。その上でたなびく幻想的なメロトロン。シアトリカルなヴォーカルとフックに富んだメロディ・ライン。そして、目の覚めるようなめくるめくファンタスティックかつダイナミックな展開。ドラマティックなシンフォニック・ロックのファンにはたまらないサウンドがこれでもかと続きます。さらに、しとやかなエレピ、クラシカルで格調高いピアノやクラシック・ギター、エモーショナルに歌い上げるヴォーカルなど、イタリアならではのサウンドのまばゆさ・艶やかさも特筆。ジェネシスへの憧憬がベースにありますが、イタリアらしさや、突き抜けるようにかっ飛ばすプログレ・ハード・テイストなどを織り込んだ多彩なサウンドにはオリジナリティがあります。1st、2ndもプログレ・ファンに大好評でしたが、本作にも間違いなく心奪われることでしょう。傑作です。

  • SUBMARINE SILENCE / DID SWANS EVER SEE GOD ?

    GENESIS系イタリアン・シンフォの人気グループによる2020年作4th、初期GENESISリスペクトが極まった感動の傑作!

    GENESIS系イタリアン・シンフォの名バンドMOONGARDENのギタリストとキーボーディストが結成した別働グループ、待ちに待った2020年4thアルバム。まずはとにかくこの1曲目を聴いて欲しい!Hackettそのものな繊細なタッチのアコギに、声質・抑揚までPeter Gabrielのヴォーカルが歌声を重ね、シンセが彼方から薄もやのように広がっていくと、幽玄のメロトロンも交えGENESIS憧憬のシンフォニック・ロックがゆったり立ち上がっていきます。一音一音が気品に満ちた輝かしいエレキギターのソロもHackettの客演かと思う完成度。醸し出されるあのデリケートな幻想美までも再現した、まるで発掘された初期GENESISの未発表曲だと言われてもまったく不思議に思わないほどのクオリティにびっくりします。古今東西のGENESISフォロワー達の中でも、最も深いところまでGENESISリスペクトを示したサウンドと言って間違いないでしょう。『TRESPASS』収録曲や名曲「ENTANGLED」に通じる浮遊感あるリリカルなサウンドにグッとくる2曲目や5曲目、GENESIS憧憬はそのままにオルガンやギターが切れのあるダイナミックな掛け合いで疾走する3曲目など、他のナンバーもGENESISを下地にドラマチックなサウンドを構築していて素晴らしいです。1曲目を筆頭に、初期GENESISファンならば「よくぞここまで…」と拍手を送りたくなるはず。傑作!

  • SUBMARINE SILENCE / THERE’S SOMETHING VERY STRANGE IN HER LITTLE ROOM

    伊シンフォの名バンドMOONGARDENの別動バンド13年作、GENESIS式ファンタジーを理想的に受け継いだ壮大なシンフォ絵巻!

    ジェネシス系伊シンフォの名バンドとして知られるMOONGARDENのギタリストとキーボーディストによるプロジェクト・バンド、13年作2nd。分厚く荘厳なシンセとピアノソロが連なっていく冒頭部を経た次の瞬間。躍動感いっぱいに弾むリズム・セクションに乗って、伸びやかに尾を引くロングトーンのギター、ひたすら柔らかくファンタスティックに広がるシンセが駆け抜けていくこのアンサンブル!GENESISの名曲「Watcher Of The Skies」を重ねずにはいられない素晴らしい演奏に、思わず胸が震えます。一音一音が凛とした美しさを放つピアノ、繊細な叙情美を添えるフルートもやはりGENESISを想起させる素晴らしいもの。前作にはなかったヴォーカルが加わっているのも特徴で、パッションと深みをあわせ持つ劇的な歌唱を聴かせます。全14曲切れ目なく展開していく演奏に最後まで圧倒される、見事な完成度のシンフォ絵巻。初期GENESISのファンタスティックさ、幻想性、叙情美を理想的に受け継いだ文句なく素晴らしい一枚です。おすすめ!

「SUBMARINE SILENCEの在庫」をもっと見る

GENESISの在庫

  • GENESIS / FOXTROT

    72年発表4th、「Watchers Of The Skies」「Suppers Ready」などの代表曲を収録

    Peter Gabrielによる味わい豊かなしゃがれ気味のボーカルと、演劇的に彩られたステージ・パフォーマンスが独特の存在感を放ち、数多くのフォロワーに受け継がれ、現在に至るまで脈々とプログレッシブ・ロックシーンに息づいているイギリスのグループの72年4th。プログレッシブ・ロックの代名詞のひとつであるメロトロンのロング・トーンで幕を開ける本作は、定番曲「ウォッチャー・オブ・ザ・スカイズ」、そして20分を超える名曲「サパーズ・レディ」を収録しPeter Gabriel期GENESISのサウンドを確立させた名作であり、「幻惑のブロードウェイ」と並ぶ彼らの代表作の1つ。寓話的幻想性を持ったシアトリカル・ロックの最高峰です。

  • GENESIS / SELLING ENGLAND BY THE POUND

    溢れんばかりの英国叙情に満たされた73年リリースの5th、これぞ初期GENESISの魅力が凝縮された大名作!

    Peter Gabrielによる味わい豊かなしゃがれ気味のボーカルと、演劇的に彩られたステージ・パフォーマンスが独特の存在感を放ち、数多くのフォロワーに受け継がれ、現在に至るまで脈々とプログレッシブ・ロックシーンに息づいているイギリスのグループの73年5th。Peter Gabriel期GENESISの作品の中でも非常に英国然とした湿り気と気品に溢れた作品であり、ジャケットの通り温かみのあるサウンドを構築しています。「ダンシング・ウィズ・ザ・ムーンリット・ナイト」や「ファース・オブ・フィフス」といった代表曲も収録されており、前作「FOXTROT」に負けず劣らずの傑作となっています。

  • GENESIS / LAMB LIES DOWN ON BROADWAY

    ガブリエル在籍期最終作となった74年リリースの6th、コンセプト・アルバムの大名作!

    Peter Gabrielによる味わい豊かなしゃがれ気味のボーカルと、演劇的に彩られたステージ・パフォーマンスが独特の存在感を放ち、数多くのフォロワーに受け継がれ、現在に至るまで脈々とプログレッシブ・ロックシーンに息づいているイギリスのグループの74年6th。Peter Gabriel在籍期最後のアルバムとなる本作はマンハッタンを舞台に繰り広げられる、ラエルという男性を主人公にしたコンセプト・アルバムであり、Peter Gabriel期GENESISの集大成となった問題作。前作までのファンタジックなジャケットから一転、ヒプノシスによるジャケットを採用し、それまでの寓話的な幻想性は後退していますが、Peter Gabrielのシアトリカルなボーカルは健在であり、聴く者を文字通り幻惑の世界に誘います。

  • GENESIS / WIND AND WUTHERING

    ジャケット通りの幻想的なシンフォニック・ロックを聴かせる傑作8th、76年リリース

    前作に続き、フィル・コリンズをフロントに据えた4人体制で制作された、プログレッシヴ・ロック期の最後の作品とも称される通算8作目のオリジナル・アルバム。ピーター・ガブリエル在籍時の神秘性こそ薄れたものの、彼ららしいファンタジックな世界観を美しくも格調高いサウンドで聴かせるクオリティの高い作品。

  • GENESIS / THREE SIDES LIVE(CD)

    81年の欧州&米公演を収録した82年ライヴ作

  • GENESIS / GENESIS

    83年リリース、12作目にしてセルフタイトルを冠した渾身の傑作!

  • GENESIS / INVISIBLE TOUCH

    86年リリース、全世界1500万枚を売り上げた80年代ポップ・ミュージックを代表するアルバム!

  • GENESIS / IN WONDERLAND

    「FROM GENESIS TO REVELATION」のジャケ&タイトル違い、内容は同じ

  • GENESIS / LIVE / THE WAY WE WALK VOLUME TWO: THE LONGS

    大曲を中心に選曲された92年ツアーからのベスト・ライブ・テイク集、プログレ時代の名曲も演奏

  • GENESIS / LIVE IN ROME APRIL 1972

    72年のローマ公演を収録、全9曲

    GENESISが72年4月に行なったイタリアはローマでのライヴを収録。シングルリリースのみのナンバー「Happy The Man」ほか、『TRESPASS』と『NERSERY CRYME』からのナンバーを中心に披露。

「GENESISの在庫」をもっと見る

BLUES TRAVELERの在庫

「BLUES TRAVELERの在庫」をもっと見る

60&70年代ロック/プログレCDの買取なら是非カケハシ・レコードへ!

ご紹介したようなオールタイムのプログレや60s/70sロックのCDで聴かなくなったものはございませんか? 査定の正確さ・高額買取で評価いただいているカケレコ「とことん査定」、是非一度お試しください!買取詳細&買取査定額の一例はコチラ↓
http://kakereco.com/about_assess.php

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。