プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

『カケレコのロック探求日誌』一週間一気読み!~「ジェネシスそっくりバンド大集合!」~

こんにちは。今週カケレコでは、「ジェネシスそっくりバンド大集合!」というテーマで、facebookに投稿してまいりました。

古今東西、GENESISが好きすぎるあまりそっくりになってしまった(!?)愛すべきGENESISフォロワーたちをご紹介してまいります!

Facebook

2月19日(月): GENESIS / FOXTROT

第一日目の今日は本家本元、ジェネシスの『FOXTROT』をピックアップ。

72年に発表された今作ですが、マザー・グースや不思議の国のアリスなど、英国のファンタジックで少し残虐性のある寓話が下敷きとなった世界に魅了されてしまいます。

声のトーンをいくつも使い分けてシアトリカルに歌うピータ・ガブリエル、メロトロンや鍵盤を荘厳に響かせるトニー・バンクス、12弦ギターと6弦ギターで英国的な気品あるプレイを聴かせるスティーブ・ハケット、変拍子を多用し複雑なリズムを刻むフィル・コリンズとマイク・ラザフォード・・・初期ジェネシスの魅力がこれでもかと詰まった傑作です!(みなと)

試聴 Click!

CD詳細ページへ

2月20日(火):BABYLON / BABYLON

本日ご紹介するのはアメリカのGENESISフォロワー筆頭格。
宇宙人ジャケが印象的な78年の唯一作で知られるグループ、BABYLONです。

リリカルでファンタスティックなツイン・キーボード、グルーヴィーなベース、柔らかなサステインを響かせるギター・・・極めつけはPeter Gabrielそっくりのハイ・トーンでシアトリカルなヴォーカル!

隅々からGENESISの影響を感じさせる一方、アナログ・シンセのエフェクトなど本家にない要素も取り入れていて、スペーシーな広がりと浮遊感を持ったサウンドが非常に特徴的。

GENESISが幻想性はそのままに、HAWKWINDなどスペース・ロックに接近したら!?
そんな「もしも」を体現したかのような、大変ユニークなグループです。(増田)

試聴 Click!

2月21日(水):NEUSCHWANSTEIN / BATTLEMENT

今日はドイツよりジェネシスのそっくりさんバンドをピックアップいたしましょう。NEUSCHWANSTEINによる79年作『BATTLEMENT』です。

格調高い12弦ギターの調べからハケット風のスリリングに尖ったエレキのプレイまで自在にこなすギター、トニー・バンクス直系の華やかでファンタジックなトーンのシンセと、とにかく初期GENESISへの憧憬と愛情に満ちた演奏を聴かせてくれます。

しかしさらに特筆なのが、ピーター・ガブリエルそのものと言える声質でシアトリカルに歌い上げるヴォーカルの存在感!

彼を真似たヴォーカリストが在籍するGENESISフォロワー・バンドはそれこそ星の数ほど存在しますが、声質・唱法とここまで酷似した歌い手は当時そうはいなかったはず。

この生真面目なまでのフォロワーぶりは、ある意味ドイツらしいと言えるかもしれませんね。(佐藤)

試聴 Click!

2月22日(木):UNIFAUN / UNIFAUN

本日はスウェーデンのプログレ・デュオ、ユニファウンの08年作『UNIFAUN』です!

これがまあ・・・びっくりするくらい、ボーカルがフィル・コリンズそっくり!!
『A TRICK OF THE TAIL』あたりのジェネシス直系のサウンドです。

それもそのはず、この作品は「ジェネシスが作らなかった曲を作る」というコンセプトだそうで、更にボーカルのNAD SYLVAN(ナッド・シルヴァン)は、スウェーデンで長くボーカリストとして活躍し、スティーヴ・ハケットのバンドのボーカリストも勤めているという、本家お墨付きなのです!

トニー・バンクスが70年代に使ったハモンドオルガンと全く同じものを使っているという幻想的なキーボードや、細かくリズムを刻むドラム、煌めくパーカッション、爽やかなギター、美麗なコーラス・・・などなど、ジェネシスへのあらん限りのリスペクトと、北欧ならではの透明感を見事に融合させた素晴らしい作品です!(みなと)

試聴 Click!

CD詳細ページへ

2月23日(金):SUBMARINE SILENCE / THERE’S SOMETHING VERY STRANGE IN HER LITTLE ROOM

最後にご紹介するのは、イタリアのシンフォ・グループSUBMARINE SILENCEの13年作、『THERE’S SOMETHING VERY STRANGE IN HER LITTLE ROOM』(タイトルが長い!)。

GENESISといえば英国のバンドですが、やはり世界各国の新旧プログレ・バンドに与えた影響は数知れず。
90年代以降のイタリアでも多くのGENESISフォロワー系シンフォ・バンドが生まれており、中でもこのSUBMARINE SILENCEはその筆頭格。

あのGENESISの名曲「Watcher Of The Skies」を思い起させる、グワーッと厚く荘厳に広がっていくシンセや躍動感たっぷりのリズム。本家GENESISのリリシズムを受け継ぎつつ、どこかクラシカルな雰囲気をまとったアコギやフルート。ヴォーカルは他のバンドと違ってそれほど本家に似せていませんが、たおやかで深みがあり、イタリアらしい詩情を感じさせます。

まさにこれぞ「GENESIS meets イタリアン・プログレ!」と言うにふさわしい、完成度の高いサウンドを聴かせてくれるグループです!(増田)

試聴 Click!

CD詳細ページへ

【関連ジュークボックス】

世界のジェネシス・フォロワー特集


新旧「ジェネシス・フォロワー」特集

【関連記事】

新旧「ジェネシス・フォロワー」特集

ジェネシスをスタートに、彼らから影響が色濃い繊細なサウンドを持った世界の新旧ジェネシス・フォロワーの名作を聴いてまいりましょう。

カケレコのSNSではワクワク探求情報を発信中!

Facebook
Twitter

Instagram

UNIFAUNの在庫

  • UNIFAUN / UNIFAUN

    スウェーデンのGENESISフォロワー、ファンタスティックかつ力強いハイレベルなシンフォ・プログレ、08年作

    スウェーデン出身、GENESISフォロワーのデュオ。08年デビュー作。まずPHIL COLLINSそっくりなヴォーカルにびっくり。それもそのはず、歌うのは後にハケット・バンドのヴォーカリストを務めることになる本家お墨付きNad Sylvan。彼の歌が入ることで一気にGENESIS度が劇的なレベルで跳ね上がります。アンサンブルも「TRICK OF THE TAIL」あたりのGENESIS直系で、ファンタスティックなキーボード・ワークとリリカルなギターを中心に、「静」と「動」の対比鮮やかなドラマティックなサウンドを聴かせています。洪水のように鳴らされるメロトロン風のキーボードも強烈。各音が瑞々しく力強いアンサンブル、本家にも迫るメロディ・センスなど、ただのフォロワーでは終わらない豊かな音楽センスが感じられます。

「UNIFAUNの在庫」をもっと見る

NEUSCHWANSTEINの在庫

  • NEUSCHWANSTEIN / ALICE IN WONDERLAND

    ジャーマン・シンフォニック・ロックの名バンド、幻のデビュー作

    79年にリリースされた「Battlement」が、ジャーマン・シンフォニック・ロックの名盤として広く知られるグループの、幻のデビューアルバムがMUSEAから待望のCD化です。2ndアルバムでは12弦ギターとしゃがれ声ボーカルによるGENESISの色濃いシンフォニック・ロックが印象的ですが、本作では2ndアルバムのボーカリストはまだ加入しておらず、ナレーションが入る他はオールインストとなっています。音楽的にも、そのお国柄を反映したファンタジックさとリリシズムは共通するも2ndアルバムで聴けるマイルドなシンフォニック・ロックとはやや異質であり、こちらはフルートのリードと、ダブルキーボードのきらびやかなアプローチで聴かせるロマン派ジャーマン・シンフォニック・ロックという趣。また、80年代に足を突っ込みかけていた2ndアルバムとは違い、より70年代的な音像で聴かせている点も大きなポイントでしょう。ファン必聴の素晴らしいコンセプトアルバムであり、2ndアルバムとあわせて霧深いジャーマン・プログレの隠れた名盤となっています。

  • NEUSCHWANSTEIN / BATTLEMENT

    抜群の歌心を持ったジェネシス系ジャーマン・シンフォの名作、79年発表

    ドイツの古城をバンド名に据えたシンフォニック・ロックグループの79年作。いわゆるGENESISフォロワーの中でもその徹底したサウンドメイクで評価を得たグループであり、初期、中期GENESISの音楽性を堅実に継承しています。ボーカルはPeter Gabrielそっくりのしゃがれ声でシアトリカルな歌い回しを聴かせ、のどかな田園風景を想起させるような12弦ギターのファンタジックな調べはまさに黄金期GENESISそのもの。そこに厚みのあるシンフォニックなキーボードが加わると、ジャーマン・シンフォニック・ロック独特の音の深み、そしてブリティッシュとはまた質感の違うロマン派の翳りが見える、素晴らしい作品です。

  • NEUSCHWANSTEIN / FINE ART

    ジャーマン・シンフォニック・ロックの名バンド、なんと37年ぶりの16年作!

    79年にリリースされたジェネシス系シンフォの名作『BATTLEMENT』で知られるジャーマン・シンフォニック・ロック・グループ、08年にリリースされた初期の発掘作品『ALICE IN WONDERLAND』を除けば、実に37年ぶりとなる16年作。当時のメンバーはキーボーディストのThomas Neurothのみとなっていますが、彼を含めたキーボーディスト2人、ギタリスト2人、フルート奏者、リコーダー奏者、ヴァイオリン/ヴィオラ奏者など8人編成によって繰り広げられる、重厚にして優雅な極上クラシカル・シンフォニック・ロックには驚くこと間違い無し。現代的なクリアで重量感のあるリズム・セクションに乗って、迫力あるオーケストレーションと軽やかに舞い踊る管楽器群、メロディアスに旋律を紡ぐギター、そして本格派クラシック・ピアノらが交差する中世ロマンに満ち満ちた音世界は、作品世界へとグイグイと聴き手を惹き込んでいきます。そのスタイルから思い浮かぶのは間違いなくENIDなのですが、リズム隊やギターは曲によってよりロック的な骨太さを見せていて、クラシックとロックが真っ向ぶつかるエネルギーの放出はENID以上と言えるかも知れません。79年作は勿論愛すべき名盤ですが、37年もの時を経てまさかこんな強烈な進化を遂げてくるとは…。まさに驚愕の大傑作!

「NEUSCHWANSTEINの在庫」をもっと見る

BABYLONの在庫

  • BABYLON / BABYLON

    アメリカのグループ、78年作、初期GENESISやENGLANDのファンは必聴!

    シアトリカルなステージングとそのサウンドでアメリカを代表するGENESISフォロワーと名高いグループの78年唯一作。キーボードアンサンブルを中心にファンタジックなアプローチでGENESISからの影響を露骨に表現しており、ダブル・キーボード編成でTony Banksを髣髴とさせるヴィンテージなサウンドを聴かせる一方で、本家GENESISにはないスペース・ロックのような広がりと浮遊感のあるアナログ・シンセサイザーが個性的です。Peter Gabrielを髣髴とさせるシアトリカルなボーカルももちろん在籍しており、アメリカのGENESISとの評価も納得の名作です。

「BABYLONの在庫」をもっと見る

SUBMARINE SILENCEの在庫

  • SUBMARINE SILENCE / SUBMARINE SILENCE

    イタリア、MOONGARDENからの派生バンド、トニー・バンクス譲りのキーボード&メロトロンをフィーチャーしたシンフォニック・ロック、02年作

    MOONGARDENのKey奏者&ギタリストによる別プロジェクト。02年作。トニー・バンクス譲りのファンタスティックなキーボード&メロトロン、70年代的な暖かみある音色とメロディアスなフレーズが絶妙なギター。ロック的ダイナミズムはあまりなく、全編通して、穏やかで広がりのあるメロディアスなサウンドが印象的。GENESISとCAMELの叙情性を混ぜ合わせたような、どこを切っても美メロが溢れ出る好作品。全曲インストです。

  • SUBMARINE SILENCE / THERE’S SOMETHING VERY STRANGE IN HER LITTLE ROOM

    伊シンフォの名バンドMOONGARDENの別動バンド13年作、GENESIS式ファンタジーを理想的に受け継いだ壮大なシンフォ絵巻!

    ジェネシス系伊シンフォの名バンドとして知られるMOONGARDENのギタリストとキーボーディストによるプロジェクト・バンド、13年作2nd。分厚く荘厳なシンセとピアノソロが連なっていく冒頭部を経た次の瞬間。躍動感いっぱいに弾むリズム・セクションに乗って、伸びやかに尾を引くロングトーンのギター、ひたすら柔らかくファンタスティックに広がるシンセが駆け抜けていくこのアンサンブル!GENESISの名曲「Watcher Of The Skies」を重ねずにはいられない素晴らしい演奏に、思わず胸が震えます。一音一音が凛とした美しさを放つピアノ、繊細な叙情美を添えるフルートもやはりGENESISを想起させる素晴らしいもの。前作にはなかったヴォーカルが加わっているのも特徴で、パッションと深みをあわせ持つ劇的な歌唱を聴かせます。全14曲切れ目なく展開していく演奏に最後まで圧倒される、見事な完成度のシンフォ絵巻。初期GENESISのファンタスティックさ、幻想性、叙情美を理想的に受け継いだ文句なく素晴らしい一枚です。おすすめ!

  • SUBMARINE SILENCE / JOURNEY THROUGH MINE

    ジェネシスのDNAを継いだ新鋭の中でも屈指といえるイタリアのバンド、まばゆくもダイナミックな2016年作3rd

    ジェネシス系イタリアン・シンフォの名バンドとして知られるMOONGARDENのギタリストとキーボーディストが結成したバンド。2016年作3rd。繊細なタッチの伸びやかなロングローンが魅力のギターときらびやかなトーンのムーグ・シンセが紡いでいく時にリリカルで時に緊張感を持ったメロディ。その上でたなびく幻想的なメロトロン。シアトリカルなヴォーカルとフックに富んだメロディ・ライン。そして、目の覚めるようなめくるめくファンタスティックかつダイナミックな展開。ドラマティックなシンフォニック・ロックのファンにはたまらないサウンドがこれでもかと続きます。さらに、しとやかなエレピ、クラシカルで格調高いピアノやクラシック・ギター、エモーショナルに歌い上げるヴォーカルなど、イタリアならではのサウンドのまばゆさ・艶やかさも特筆。ジェネシスへの憧憬がベースにありますが、イタリアらしさや、突き抜けるようにかっ飛ばすプログレ・ハード・テイストなどを織り込んだ多彩なサウンドにはオリジナリティがあります。1st、2ndもプログレ・ファンに大好評でしたが、本作にも間違いなく心奪われることでしょう。傑作です。

「SUBMARINE SILENCEの在庫」をもっと見る

GENESISの在庫

  • GENESIS / SONGBOOK

    メンバーや関係者へのインタビューを中心に構成されたドキュメンタリー

  • GENESIS / PLATINUM COLLECTION

    04年編集のオールタイム・コレクション、全40曲

  • GENESIS / WHEN IN ROME 2007

    07年欧州ツアーのローマ公演映像を収録

    • TOBW3358/60

      廃盤、DVD、デジパック仕様、3枚組、スリップケース付き、リージョンフリー、帯・解説付仕様、日本語字幕あり、定価6800

      盤質:無傷/小傷

      状態:良好

      帯有

  • GENESIS / LIVE IN POLAND (CD)

    09年リリース、「CALLING ALL STATION」期メンバーによる98年ポーランド公演、全11曲

  • GENESIS / BBC SESSIONS: JANUARY 1970 – MAY 1971

    『トレスパス』『ナーサリー・クライム』期のBBC音源集

    アンソニー・フィリップス在籍していた『トレスパス(70年リリース)』期と、スティーヴ・ハケットとフィル・コリンズが加入し、『ナーサリー・クライム(71年リリース)』へと向かう71年初期のBBC音源集。「Musical Box」の71年5月のBBC音源も収録!ラジオ放送用音源のため音質良好!

  • GENESIS / R-KIVE

    14年リリース、各メンバーのソロからも収録したオールタイム・ベスト、全37曲

  • GENESIS / SUM OF THE PARTS

    歴代メンバーが一堂に会してGENESISの歴史を振り返るドキュメンタリー映像作品

  • GENESIS / THREE SIDES LIVE(映像)

    81年の欧州&米公演を収録した82年ライヴ映像、全12曲

  • GENESIS / FROM GENESIS TO REVELATION

    69年デビュー作

    69年に発表された1stアルバム。次作「TRESPASS」が実質的な1stアルバムであるとよく言われているように、本作で聴けるのは後のプログレッシヴ・ロックとは音楽的に異なるポップ作品。ただエコーに包まれたメロディアスな楽曲群には、後に爆発する彼らのファンタスティックな感性がたしかに感じられます。

  • GENESIS / NURSERY CRYME

    寓話的幻想性が彩る孤高の世界観が極まった71年作3rd

    Peter Gabrielによる味わい豊かなしゃがれ気味のボーカルと、演劇的に彩られたステージ・パフォーマンスが独特の存在感を放ち、数多くのフォロワーに受け継がれ、現在に至るまで脈々とプログレッシブ・ロックシーンに息づいているイギリスのグループの71年3rd。Phil Collins、Steve Hackettが加入し、ついに黄金期のGENESISが誕生した記念すべき1枚。Peter Gabrielの寓話的な世界観が良く現れており、その奇天烈な世界は冒頭「ミュージカル・ボックス」と、それを表現したアルバムジャケットに顕著でしょう。GENESISサウンドが完全に確立された作品であり、本作をステップにGENESISは名盤を連発していきます。

  • GENESIS / FOXTROT

    初期ジェネシスの代表作、72年発表4th

    Peter Gabrielによる味わい豊かなしゃがれ気味のボーカルと、演劇的に彩られたステージ・パフォーマンスが独特の存在感を放ち、数多くのフォロワーに受け継がれ、現在に至るまで脈々とプログレッシブ・ロックシーンに息づいているイギリスのグループの72年4th。プログレッシブ・ロックの代名詞のひとつであるメロトロンのロング・トーンで幕を開ける本作は、定番曲「ウォッチャー・オブ・ザ・スカイズ」、そして20分を超える名曲「サパーズ・レディ」を収録しPeter Gabriel期GENESISのサウンドを確立させた名作であり、「幻惑のブロードウェイ」と並ぶ彼らの代表作の1つ。寓話的幻想性を持ったシアトリカル・ロックの最高峰です。

  • GENESIS / LIVE

    73年のライヴ作、GENESIS史上最も凶暴な演奏と言ってもいい「THE KNIFE」のパフォーマンスは必聴!

    Peter Gabrielによる味わい豊かなしゃがれ気味のボーカルと、演劇的に彩られたステージ・パフォーマンスが独特の存在感を放ち、数多くのフォロワーに受け継がれ、現在に至るまで脈々とプログレッシブ・ロックシーンに息づいているイギリスのグループの73年ライブ作。その内容はPeter Gabriel在籍期の彼らの代表曲を並べた構成であり、「Nursery Cryme」や「Foxtrot」の楽曲を中心にパワフルなパフォーマンスが圧巻の、プログレッシブ・ロック史に残るライブ作と言えるでしょう。「Watcher Of The Skies」のメロトロンで幕を開け、Peter Gabrielのシアトリカルなボーカルをフロントに奏でられていく楽曲は、スタジオ盤同様の緻密さとスタジオ盤以上の迫力を持って迫ります。

  • GENESIS / SELLING ENGLAND BY THE POUND

    溢れんばかりの英国叙情に満たされた73年リリースの5th、初期GENESISの魅力が凝縮された大名作!

    Peter Gabrielによる味わい豊かなしゃがれ気味のボーカルと、演劇的に彩られたステージ・パフォーマンスが独特の存在感を放ち、数多くのフォロワーに受け継がれ、現在に至るまで脈々とプログレッシブ・ロックシーンに息づいているイギリスのグループの73年5th。Peter Gabriel期GENESISの作品の中でも非常に英国然とした湿り気と気品に溢れた作品であり、ジャケットの通り温かみのあるサウンドを構築しています。「ダンシング・ウィズ・ザ・ムーンリット・ナイト」や「ファース・オブ・フィフス」といった代表曲も収録されており、前作「FOXTROT」に負けず劣らずの傑作となっています。

    • VJCP68095

      紙ジャケット仕様、初回盤(Virgin祭マーク入り)、解説元から無し、歌詞対訳・ファミリーツリー付仕様、定価2548

      盤質:傷あり

      状態:良好

      帯有

      ファミリーツリー付き、特典帯付(紙ジャケに巻いてあります)

  • GENESIS / IN THE BEGINNING

    1st「創世記」+当時のシングル音源をまとめた作品、全19曲

  • GENESIS / LAMB LIES DOWN ON BROADWAY

    P.ガブリエル在籍期最終作となった74年リリースのコンセプト・アルバム、名作!

    Peter Gabrielによる味わい豊かなしゃがれ気味のボーカルと、演劇的に彩られたステージ・パフォーマンスが独特の存在感を放ち、数多くのフォロワーに受け継がれ、現在に至るまで脈々とプログレッシブ・ロックシーンに息づいているイギリスのグループの74年6th。Peter Gabriel在籍期最後のアルバムとなる本作はマンハッタンを舞台に繰り広げられる、ラエルという男性を主人公にしたコンセプト・アルバムであり、Peter Gabriel期GENESISの集大成となった問題作。前作までのファンタジックなジャケットから一転、ヒプノシスによるジャケットを採用し、それまでの寓話的な幻想性は後退していますが、Peter Gabrielのシアトリカルなボーカルは健在であり、聴く者を文字通り幻惑の世界に誘います。

  • GENESIS / A TRICK OF THE TAIL

    ガブリエル脱退後第1弾の76年作、珠玉のメロディーに彩られたGENESIS中屈指の美しさを誇る名作

    フロントマンであったピーター・ガブリエルが脱退、4人編成となって制作された初のアルバム。グループの要が抜けたことでバンドの存続さえ危ぶまれたが、フィル・コリンズを新しいヴォーカリストに据え、プログレッシヴな要素は残しつつもポップ・センスが加わった新しいジェネシス・サウンドを打ち出した作品。メロディ・ラインの美しさという点では屈指と言える傑作。

  • GENESIS / WIND AND WUTHERING

    ジャケット通りの幻想的なシンフォニック・ロックを聴かせる傑作8th、76年リリース

    前作に続き、フィル・コリンズをフロントに据えた4人体制で制作された、プログレッシヴ・ロック期の最後の作品とも称される通算8作目のオリジナル・アルバム。ピーター・ガブリエル在籍時の神秘性こそ薄れたものの、彼ららしいファンタジックな世界観を美しくも格調高いサウンドで聴かせるクオリティの高い作品。

  • GENESIS / AND THEN THERE WERE THREE

    80年代へと繋がるポップセンスが発揮され始めた78年作、ヒットチューン「FOLLOW ME FOLLOW YOU」収録

  • GENESIS / AND THE WORD WAS . . .

    68年デビュー作にシングルリリース曲4曲を加えた87年の再発アルバム

  • GENESIS / HOLD ON MY HEART

    「ウィ・キャント・ダンス」からのシングル

  • GENESIS / LIVE / THE WAY WE WALK VOLUME ONE: THE SHORTS

    92年ツアーからのベスト・ライヴ・テイク集、ヒット曲中心の全11曲

  • GENESIS / WAY WE TALK LIVE IN CONCERT

    4方向のアングルから撮影した92年のライヴ映像を収録

    • DEBR18803/4

      DVD2枚組、NTSC方式、リージョン2、帯付き仕様、定価9240

      盤質:傷あり

      状態:

      帯有

      帯中央部分に色褪せあり、レーベル面にスリ傷・汚れあり

  • GENESIS / ARCHIVE 1967-75

    結成当初のデモ音源から貴重なライヴ音源まで、52曲すべてが未発表音源!

  • GENESIS / CARPET CRAWLERS 1999

    ピーガブを含む黄金期ジェネシスが再集結した「CARPET CRAWLERS」の再録を含むシングル、99年リリース

  • GENESIS / TURN IT ON AGAIN – THE HITS

    99年編集のベスト盤、全18曲

  • GENESIS / ARCHIVE #2 1976-1992

    貴重なライヴ音源/12インチ・ミックス音源を中心に構成されたアンソロジー音源集、全34曲

  • GENESIS / GENESIS ARCHIVE 2: 1976-1992

    3人ジェネシス期のライヴ音源/12インチミックス音源/シングル曲などを収録したアーカイヴ・ボックス、全34曲

  • GENESIS / I CAN’T DANCE

    「ウィ・キャント・ダンス」からの2ndシングル

  • GENESIS / INSIDE GENESIS: A CRITICAL REVIEW 1970-1980

    CRITICAL REVIEW CD

  • GENESIS / LIVE AT WEMBLEY STADIUM

    87年、インヴィジブル・タッチ・ツアー・ウェンブリー公演の映像、ストーンズ「サティスファクション」ザ・フー「ピンボールの魔術師」などのカバーも演奏!

  • GENESIS / TURN IT ON AGAIN THE HITS : TOUR EDITION

    34曲収録アンソロジー

  • GENESIS / TURN IT ON AGAIN THE HITS : TOUR EDITION AND THE VIDEO SHOW

    34曲収録ベスト&ミュージック・クリップ/映像集

  • GENESIS / WHERE THE SOUR TURNS TO SWEET

    1st「創世記」+当時のシングル音源をまとめたCD、全17曲

「GENESISの在庫」をもっと見る

60&70年代ロック/プログレCDの買取なら是非カケハシ・レコードへ!

ご紹介したようなオールタイムのプログレや60s/70sロックのCDで聴かなくなったものはございませんか? 査定の正確さ・高額買取で評価いただいているカケレコ「とことん査定」、是非一度お試しください!買取詳細&買取査定額の一例はコチラ↓
http://kakereco.com/about_assess.php

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

文・後藤秀樹

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。