プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

敬老の日!「お爺ちゃんジャケ」大集合!

こんにちは。スタッフ増田です。

本日は敬老の日ということで、お爺ちゃんをモチーフにしたCDジャケットを集めてみました。

ちなみに私の祖父は80歳を超えているのですが、まだまだ現役で仕事を続けており、頭の下がる思いです。
最近なかなか会えていませんが、元気なうちに沢山顔を見せに行きたいですね。

それでは最初の作品に行ってみましょう!

LED ZEPPELIN/LED ZEPPELIN IV

この老人に導かれてロックに目覚めた少年は数知れず。言わずもがな、ロックの教科書に載る大名盤!
老人の絵はロバート・プラントがジャンク屋から仕入れてきたものだそうですが、お爺さん薪が重そうですね。持ちましょうか?

試聴 Click!

JETHRO TULL/AQUALUNG(1971)

老人ジャケで最初に思い浮かんだのがこちらだったのですが、老人なのかおじさんなのか、もしくはイアン・アンダーソン自身なのでしょうか。
薄汚い乞食のジャケットに、宗教批判というシニカルなコンセプト。
ロックとトラッド・フォークを融合させた個性的なサウンドも相まって、イアン・アンダーソンならではの世界観がよく表れた傑作です。

試聴 Click!

KANSAS/KANSAS(1974)

カンサスといえばこの髭のお爺さん!?後のベスト・アルバムのジャケットにもたびたび登場しています。
内容はこれぞアメリカン・プログレ!という爽やか豪快なサウンドですが、瑞々しい勢いの中にも流麗なヴァイオリンやメロディアスなキーボードをはじめとする楽器陣の演奏力の高さが際立っていますね。
1stながらこの完成されたクオリティの高さ……素晴らしいアルバムです。

試聴 Click!

ANGE/EMILE JACOTEY(1975)

フレンチ・プログレの代表的バンドANGEの4thアルバム。
メンバーの親戚であるEmile Jacoteyという老人の話すおとぎ話をテーマにした、牧歌的かつファンタジックなコンセプト作です。
ジェネシスにも劣らずシアトリカルでリリカル、そしてちょっと不思議なサウンドがまさに物語の中へ引き込まれるかのよう。
曲の合間にEmile老人による語りも収録されていますので、耳を傾けてみましょう。

試聴 Click!

MEMORIANCE/ET APRES…(1976)

こちらもフランスのグループで、アトールと同じEURODISCレーベルから発売されたデビュー作。
サステインの良いギターやたなびくキーボードの音色が気持ちよく、アグレッシヴさと幻想性が程よく融合したシンフォ・サウンドはアトールにも引けを取らない出来です。
それにしてもお爺さんの構図が同年のカンサス『永遠の序曲』のジャケにそっくりなんですが、偶然なのでしょうか。

試聴 Click!

BABY GRAND/ANCIENT MEDICINE(1978)

気持ち悪いけど、だんだんとゆるキャラみたいで可愛く思えてくる(?)野菜のお爺ちゃん。
なんだかB級プログレ感漂うジャケですが、一音聴いたらそのギャップに驚きますよ!
THE HOOTERSのメンバーが在籍したパワー・ポップ/ハード・ロック・バンドの2nd、メロディもアンサンブルも明るく洗練された佳曲揃いの名盤!

試聴 Click!

BLONDE ON BLONDE/REFLECTIONS ON A LIFE(1971)

こちらもB級感漂うジャケですね~。ヒプノシスじゃないですよ。60年代末にウェールズで結成されたグループ。
サウンドは一言で言うとアメリカ志向のブリティッシュ・サイケ・フォーク・ロック……ゴチャゴチャしてますが、その通りなんです。
アーシーなブルースに幽玄なフォークを足して、怪しいサイケで割ったようなサウンドはまさに唯一無二!

試聴 Click!

MIA/CORNONSTIPICUM(1978)

隻眼なんでしょうか?歴戦の兵っぽいですね。
厳めしいジャケとは裏腹に、内容はクラシカルな幻想美と艶やかなモーグの響きに彩られる、叙情たっぷりのファンタジック・プログレ。
デビュー時若干15歳の天才ミュージシャンLito Vitale率いるアルゼンチンのグループ。恐るべき才能を感じさせます。

試聴 Click!

ここからは新鋭をご紹介!

MAURIZIO DI TOLLO/MEMORIE DI UNO SPARRING PARTNER(2015)

悲壮感漂ってますね。HOSTSONATENやMOONGARDENを支えるイタリアのドラマーの2015年ソロ作。
バンコやPFMのメンバーなど豪華なゲストも迎えた本作は、まさにピンク・フロイドとカンタウトーレとが出会ったような逸品。
ドラマチックなのにどこか悲痛な雰囲気の漂う、深みのある音世界……これはフロイド好きにはたまりません。カッコいいです。

試聴 Click!

MOBIUS PROJECT/RA ME NIVAR(2014)

こちらもイタリア新鋭ですが、うって変わってジャケはひょうきんにピースしてますね。バンド名にちなんで、メビウスの帯が眼鏡になっている科学者のメビウスさん。
9分を超えるラストの組曲からとめどなく溢れ出る70年代のエッセンスは、新鋭とは思えない「ザ・イタリアン・ロック」な音。
レーベル・インフォによると、キング・クリムゾンやオザンナやアレア、そしてツェッペリンなど70年代プログレ&ハード・ロックに影響を受けたそうで、なるほど彼らもまた「Ⅳ」の老人に導かれた若者だったという事ですね……!?

試聴 Click!

いかがでしたか?
今やジャケのみならず、ロックのベテラン・ミュージシャン達本人も「お爺ちゃん」と言われる年齢ですが、元気に長生きして音楽を続けていってほしいものです。

関連カテゴリー

関連CD在庫

  • LED ZEPPELIN / LED ZEPPELIN IV

    71年リリース、ロック史に輝く不朽の名曲「天国への階段」他、代表曲を多数収録した大傑作4th!

    ロック史に輝く不朽の名曲「天国への階段」を収録した4th。71年作。ハードな側面と美麗な側面が絶妙なバランスを見せた傑作。

  • JETHRO TULL / AQUALUNG

    次作「ジェラルドの汚れなき世界」とともにバンドの代表作として名高い71年作4th

    68年に「日曜日の印象」でデビュー、イギリスのプログレッシブ・ロックシーンを代表するバンドであり、デビュー当初から独自のポジションを築き異彩を放っていたグループ。首謀者Ian AndersonのフルートはCAMELのそれとは全く方向性の違うエネルギッシュなものであり、バンドの代名詞となっています。本作は彼らの代表作と名高い71年作。Jeffrey Hammond、John Evanが新加入した本作は、ハード・ロックのドライブ感とアコースティックなトラッド・フォークの質感を混在させた名盤であり、その対比はアルバムを通してロックのダイナミズムとコントラストとなって現れます。コンセプト性を感じるトータル感も素晴らしい傑作。

  • MIA / CORNONSTIPICUM

    アルゼンチン出身、天才Lito Vitale率いるクラシカル・プログレ・グループ、78年発表の名作3rd

    LITO VITALEが在籍していたことで知られるアルゼンチンのグループ。78年作の3rd。鍵盤の上を舞うようなリリカルなピアノ、雄大なムーグ・シンセ、室内楽的な繊細さを持つアコースティック・ギター、優しさに満ちたフルート&リコーダー、哀愁溢れるメロディー、ダイナミックなアレンジ、テンション溢れる演奏。すべてが完璧。アルゼンチンのみならず、南米のみならず、70年代を代表すると言っても過言ではない一大傑作。叙情的なプログレッシヴ・ロックが好きな方は迷わず必聴!

  • BLONDE ON BLONDE / REFLECTIONS ON A LIFE

    ウェールズ出身サイケ・フォーク・ロック・グループ、最終作となった71年作3rd、アーシーで骨太なブルース・ロック色が加わった名作

    60年代末期に結成されたウェールズ出身グループ、キーボーディストが脱退し新たにギタリストが加入、ツインギター編成となった71年発表の3rdアルバム。サイケとフォーク・ロックを上手く取り合わせ独自のサウンドを聴かせた前作に対し、骨太なブルース・ロックを中心とするアーシーなアメリカ志向のサウンドを導入しているのが特徴的。フォーキーなナンバーでもブルース/ルーツ色が見え隠れする味わい深いサウンドを聴かせています。特に、サイケの残り香を含んだツインギターが炸裂するソリッドなブルース系ナンバーは抜群のカッコよさを誇っており聴き所。ただそんな中でも、英国的なリリカルなメロディーと淡々としながらも感情を揺さぶるヴォーカル、そしてメロトロンが雄大に盛り立てる感動的なラストナンバー「CHORALE」は、やはり彼らが英ウェールズ出身バンドであることを強く思い出させます。この後中心メンバーだったギターのGareth Johnsonが脱退し程なくバンドも解散、図らずも最終作となりましたが、数あるアメリカ志向のブリティッシュ・ロックの中でも極めて完成度の高いサウンドを聴かせる一枚です。

  • MEMORIANCE / ET APRES…

    アトールと同じEURODISCより76年にリリースされたデビュー作、フレンチ・ロックの名作

    フランスのシンフォニック・ロック・グループ。ATOLLと同じEURODISCレーベルから76年にリリースされたデビュー作。音の組み立てはスティーヴ・ハケットとスティーヴ・ハウからの影響を感じさせつつも、繊細なタッチのとろけるようなトーンや、歌うようにエモーショナルなチョーキングがオリジナリティを放つ魅惑的なギターを中心に、静かでいてドラマティックに展開していくフランスらしいアーティスティックなシンフォニック・ロックが印象的。ゴリゴリとアグレッシヴなベース、手数多くも安定感あるドラムによるリズム隊も素晴らしいし、なんとも幻想的にたなびくキーボードも良い感じ。端正かつマイルドで気品を感じる男性ヴォーカル、フランス語の流麗なメロディも絶品です。アトール、アンジェ、モナ・リザあたりのフレンチ・ロックの名バンドにも一歩も引けをとらないと言って過言ではないでしょう。名作です。

  • KANSAS / KANSAS

    スケールの大きなキーボードと奔放に弾き倒すヴァイオリン、溌剌とした勢いに満ちた74年デビュー作!

    アメリカン・プログレの代表格、74年作1st。デビュー作ながら英プログレの影響をアメリカ流に表現しようという方向性は既に定まっており、初期ならではの溌剌とした勢いが全編から感じられる魅力的なアルバム。中でも8分の大作「Journey From Mariabronn」は本作のハイライト。テンションみなぎる硬質な変拍子の中、キーボードがスピーディーに畳みかけ、「動」から「静」への鮮やかなリズム・チェンジを合図に、ヴァイオリンが高らかにメロディを奏で、ピアノがリリカルに寄り添う。ジェネシスを倍速にしたような、圧倒的なスピード感とダイナミズムに痺れます。怒濤の展開の後、一瞬の「間」の後に若々しいハイトーン・ヴォーカルが伸びやかにメロディを歌い上げる瞬間には、バンドの魅力とエネルギーが凝縮。その後も、「歌心」あるパートと性急のインプロヴィゼーションとの間を緩急自在に行き交いながらドラマティックに登りつめていきます。英プログレのファンはもとより、これからプログレの世界へと足を踏み入れるハード・ロック・ファンにもおすすめしたい豪快な魅力を持ったアルバム。圧巻のデビュー作です。

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

文・後藤秀樹

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。