プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(土・日・祝は翌日)、6,000円(税抜)以上送料無料

FAIRYPORT

WIGWAM

LRCD44/45(LOVE

デジタル・リマスター、ボーナス・トラック2曲。

評価:40 1件のレビュー

北欧のビートルズ!?いや、カンタベリー風味もあるぞ!?おもちゃ箱をひっくり返したようなサウンドという形容がぴったりハマるグループですよね。人懐っこいメロディがもうたまらん!

北欧シーンを代表するプログレ・グループ、71年3rd、代表作と言える名作!

フィンランドのグループ、71年作の3rdアルバム。ジャズ・ロック、クラシック・ロック、ハード・ロックを巧みに織り交ぜた起伏に富んだアンサンブルと、ビートルズ的とも言えるポップなメロディーが絡んだサウンドが持ち味。メロディーをフィーチャーしつつも、決して軽くならず、終始テンションを保ったサウンドは、ハットフィールドの1stあたりに通ずるものがあります。名作。

他のお客様はこんな商品も一緒に買っています

TERPANDRE / TERPANDRE の商品詳細へ

TERPANDRE/TERPANDRE

81年作、メロトロンを大きくフィーチャーしたフレンチ・シンフォ屈指の名作

1490円(+税)

KAIPA / INGET NYTT UNDER SOLEN の商品詳細へ

KAIPA/INGET NYTT UNDER SOLEN

ROINE STOLT在籍、北欧を代表するシンフォ・グループ、76年作

2190円(+税)

EDUARDO BORT / EDUARDO BORT の商品詳細へ

EDUARDO BORT/EDUARDO BORT

スペイン・バレンシア出身のギタリスト/ヴォーカリスト、メロトロン名盤として有名な75年作

952円(+税)

GREENSLADE / GREENSLADE の商品詳細へ

GREENSLADE/GREENSLADE

緩急自在のダブル・キーボードを特徴とする英国叙情溢れるプログレ、73年作1st

2090円(+税)

曲目リスト

アーティスト名と曲名を元に、CDデータベースから曲目を自動取得しています。ボーナス・トラックなどが反映されず、実際のCDとは曲目が異なる場合がございます。ご了承ください。

1. Losing Hold
2. Lost Without A Trace
3. Fairyport
4. Gray Traitors
5. Caffkaff, The Country Psychologist
6. May Your Will Be Done Dear Lord
7. How To Make It Big In Hospital
8. Hot Mice
9. P.K:S Supermarket
10. One More Try
11. Rockin' Ol' Galway
12. Every Fold
13. Rave-Up For The Roadies
14. Losing Hold/Finlandia (Live)

YouTube動画

試聴 Click!

テーマでカケハす。

世界に広がったHATFIELDやSOFT MACHINEのエッセンス。カンタベリー・フォロワーたち。

まとめて試聴する

  • MOVING GELATINE PLATES 『MOVING GELATINE PLATES』

    フランス、カンタベリー・タッチのジャズ・ロック、70年の名作

  • PHLOX 『TALU』

    [カケレコ国内盤リリース中] エストニアの新鋭ジャズ・ロック・グループ、2010年作4th、ずばり名作!カンタベリーのファンは是非!!

  • ABRAXIS 『ABRAXIS』

    COSのメンバーを中心に結成されたベルギー産ジャズ・ロック・バンド、77年唯一作、これはカンタベリー・ファン必聴

  • HOMUNCULUS RES 『DELLA STESSA SOSTANZA DEI SOGNI』

    伊シチリア島出身のカンタベリー・フィーリングに満ちた新鋭ジャズ・ロック・バンド、ポップで地中海色あふれるサウンドが完成された18年3rd!

プログレ界の名男性ヴォーカリスト選

まとめて試聴する

  • YES 『CLOSE TO THE EDGE』

    72年作5th、緊張感、幻想美、構築性、ダイナミズム、超絶技巧!これぞプログレと言うべき要素が詰まった超傑作!

  • GENESIS 『FOXTROT』

    初期ジェネシスの代表作、72年発表4th

  • VAN DER GRAAF GENERATOR 『LEAST WE CAN DO IS WAVE TO EACH OTHER』

    70年作、カリスマ・レーベル移籍第一弾、通算2枚目の出世作、冒頭3曲の流れは圧巻!

  • JETHRO TULL 『AQUALUNG』

    次作「ジェラルドの汚れなき世界」とともにバンドの代表作として名高い71年作4th

  • KING CRIMSON 『RED』

    フリップ、ウェットン、ブルーフォードの三人が尋常ならざる緊張感の中で生み出したクリムゾンを代表する傑作、74年作7th

  • SOFT MACHINE 『THIRD』

    英国ジャズ・ロックの代表作であるとともに、「カンタベリー・ロック」の最重要作とも言える70年作3rd!

  • KEVIN AYERS JOHN CALE ENO NICO 『JUNE 1 1974』

    ケヴィン・エアーズの呼びかけに応え、英米ロック界指折りの曲者たちが集結した74年の歴史的コンサートを収録

  • EL&P(EMERSON LAKE & PALMER) 『BRAIN SALAD SURGERY』

    73年5th、70年代英国ロック屈指の名盤であり、それまでの彼らの集大成を最高の形で結実させた一枚!

  • CARAVAN 『IN THE LAND OF GRAY AND PINK』

    ソフト・マシーン3rdと共にカンタベリー・ロックの代表作と言える一枚、71年発表の傑作3rd!

  • GENTLE GIANT 『GENTLE GIANT』

    5大プログレをも凌駕する超高度な音楽性と演奏力を有するプログレ・グループ、70年デビュー作

  • FAMILY 『FEARLESS』

    愛すべきダミ声ヴォーカル、ロジャー・チャップマンを擁する英ロック・グループ、ジョン・ウェットンが新加入した71年作

  • KANSAS 『LEFTOVERTURE』

    彼らの出世作と言える76年リリース3rd、キャッチーでスリリングでスケール感溢れるサウンドはこれぞアメリカン・プログレ!

  • RUSH 『2112』

    複雑に構成されたプログレッシヴな楽曲展開とキレのあるハード・ロック・サウンドを融合させた初期の傑作、76年作

  • FRANK ZAPPA 『APOSTROPHE (')』

    ザッパのヴォーカルを大きくフィーチャーした74年作の名作!ジャック・ブルース&ジム・ゴードンが表題曲に参加

  • AREA 『ARBEIT MACHT FREI』

    イタリア、地中海/中近東的エキゾチズムと超絶ヴォーカルを擁する熱量ほとばしる演奏が融合した、まさしく唯一無二のジャズ・ロック、衝撃の73年作1st!

  • BANCO 『DARWIN !』

    72年2nd、爆発的にエネルギッシュ!イタリアン・ロック必殺の傑作!

  • MUSEO ROSENBACH 『ZARATHUSTRA』

    イタリアン・ヘヴィ・シンフォの大傑作、73年作

  • ATOLL 『TERTIO』

    フレンチ・プログレを代表するグループ、前2作に比べキャッチーになった楽曲と緻密なバンド・アンサンブルが一体となった77年作3rd、名盤

  • MAGMA 『M.D.K』

    唯一無二の「コバイア・サウンド」が確立された73年の大傑作、邦題「呪われし地球人たちへ」

  • ANGE 『GUET-APENS』

    フレンチ・ロックを代表するグループ、77年リリースの最高傑作!

  • CAN 『TAGO MAGO』

    ダモ鈴木のアナーキーなヴォーカルが炸裂する71年リリース3rd!

  • TRIANA 『EL PATIO』

    スパニッシュ・シンフォの最高峰グループ、これでもかと溢れだすスパニッシュな哀愁、75年デビュー作!

  • FOCUS 『MOVING WAVES』

    エッジの立ったバカテクギター&変てこヨーデル風スキャットが炸裂する怪曲「HOCUS POCUS」収録、71年2nd

  • FLOWER KINGS 『DESOLATION ROSE』

    Roine Stolt率いる北欧の大御所グループ、ダイナミックでエッジの立ったキレのあるアンサンブルが素晴らしい13年作!

  • NIEMEN 『MOURNER'S RHAPSODY』

    Jan HammerなどMAHAVISHNUのメンバー参加の74年作、熱くスリリングな演奏が堪能できる傑作

  • ESPIRITU 『ESPIRITU III』

    アルゼンチン、攻撃性と歌心を併せ持つ絶品シンフォ

  • INVISIBLE 『EL JARDIN DE LOS PRESENTES』

    76年作、サイケ〜ブルース期を経てSPINETTA独自の音世界が完成した、南米プログレ屈指の傑作!

関連Webマガジン記事

このアーティストのその他タイトルのCD

レビューの投稿

レビューは登録ユーザーのみ記入できます。

新規登録 ログイン

レビュー一覧

評価:4 良い(0 拍手)

2さん レビューをすべて見る

かなり以前に一曲目の出だしのオルガンを聴いたときからいつかちゃんと手に入れて聴きたいと思っていたアルバムでした。買ってみて真っ先に気付いたのはジャケットのタイトルが妖精による人文字で描かれていることで、中身に劣らず凝っていました。

ナイスレビューですね!