プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

カケレコスタッフの日々是ロック7/17:初期GENESISやCAMEL影響下のリリシズム溢れるシンフォ注目作をピックアップ!

こんにちは。スタッフ増田です。

少し前の話になりますが、イタリアの巨匠エンニオ・モリコーネが亡くなってしまいましたね。
私はモリコーネの作る西部劇音楽が大好きで、元気が欲しい時によく流していました。『続・夕陽のガンマン』のテーマを流すと、まるで自分がクリント・イーストウッドのようなカッチョイイ男になった気分に浸れます。どうしてあんなに力強く、どこか泥臭く、それでいて熱い曲が書けるのでしょうか…。ご冥福をお祈りいたします。

さて、売れ筋や新入荷の中からオススメの作品をご紹介する「日々是ロック」。
本日は初期GENESISやCAMELのファンにオススメのリリシズム溢れるシンフォ作品をピックアップいたしました!
シンフォ・ファンは是非チェックしてみて下さい。まずはこの作品!

[NEW] MAGNESIS/LA BETE DU GEVAUDAN

92年デビューのフレンチ・シンフォ・グループ、「ジェヴォーダンの獣」をテーマにした20年11th。

仏語の耽美でアンニュイな響きを生かしたVo.などフレンチ・シンフォの雄ANGEに通ずるサウンドが特色ですが、粛々としたシンセをフィーチャーした幻想的なパートなどはGENESISファンにも響きそう!幻想性たっぷりのシンフォ逸品です。

試聴 Click!

こちらの作品もまだまだ注目!現英国シンフォ髄一のバンドによる20年作3rd!

[NEW] I AM THE MANIC WHALE/THINGS UNSEEN

現イギリスに、こんなにも英国田園風景を想起させるリリカルで牧歌的なシンフォがあったなんて…。

GENESISからMOON SAFARIまで、瑞々しく叙情的なシンフォ・サウンドが好きなら必聴!

試聴 Click!

こちらは現CAMELの一員に抜擢された英国の天才key奏者によるライヴ作品!GENESISやCAMELファンならグッと来てしまうこと間違いなしです。

TIGER MOTH TALES/A VISIT TO ZOETERMEER

CAMELの一員に抜擢された盲目の天才マルチ・プレイヤーによるソロ・プロジェクト、待望の初ライヴ作品!

GENESISやCAMEL影響下のサウンドに現代的なクリアなキャッチ―さを注入した、マジカルなシンフォニック・ロックはライヴで一層躍動感いっぱいに迫ってきて素晴らしい!

試聴 Click!

次は北欧から、こちらの20年作!

KIMMO PORSTI/WAYFARER

CAMELゆずりの叙情性に、神秘的な北欧民族音楽を織り交ぜたサウンドはどこまでもファンタジック。

SAMURAI OF PROGのドラマーによる息をのむような傑作!

試聴 Click!

以下の19年作もまだまだ注目です!

FRANK WYATT & FRIENDS/ZEITGEIST

HAPPY THE MAN~OBLIVION SUNのkey奏者による、同2バンド人脈勢ぞろいの19年プロジェクト作!

HAPPY THE MANはもちろんGENESISやCAMELにも通ずる壮大でファンタスティックで透明感いっぱいの音世界を作り上げていて、とにかく素晴らしいです…。

試聴 Click!

PROPORTIONS/VISIONS FROM A DISTANT PAST

CAMELとGENTLE GIANTを混ぜてジャズ・ロック寄りにしたようなサウンドが良いなあ。

ENTLE GIANTのトリビュート盤にも参加する米ミュージシャンを中心とした多国籍グループ、19年作2nd!

試聴 Click!

いかがでしたか?気になる作品が見つかれば幸いです!


聴かなくなったプログレ&オールド・ロックのCDがございましたら、カケレコを是非ご検討ください。
1枚1枚、専任スタッフが丁寧に査定させていただきます。

「カケレコのとことん査定」、詳しくはこちら。

買取詳細ページへ"

関連カテゴリー

日々是ロック

  • I AM THE MANIC WHALE / THINGS UNSEEN

    現英国随一のメロディアス・シンフォ・バンド、MOON SAFARIファンにもおすすめのキャッチ―で瑞々しい20年3rd!

    2015年に英国はレディングにて結成された新鋭プログレ・バンド、2020年の3rdアルバム。GENESIS、THE FLOWER KINGS、SPOCK’S BEARD、BIG BIG TRAINに影響を受けたと語るとおり、まさにそれらのバンドの特徴を併せ持ったような至上のシンフォニック・ロックを鳴らします。ビシビシとタイトに変拍子を叩き出すリズム、メロディアスな音運びのギターとクラシックの素養を持つ清廉なピアノらが緻密に絡み合いながら高みを目指すアンサンブル。そこによく通る溌溂とした男性ヴォーカルが、英国然とした瑞々しくリリカルなメロディを歌い上げます。ヴォーカルに寄り添う華やかに変化する美しいコーラスも特筆ものです。キーボードが担うGENESIS彷彿の奥ゆかしいファンタジー、TFKに通じるヘヴィさも交えた熱くドラマチックな叙情、初期SPOCK’S BEARD的なスケール感を帯びたポップ・センスなどが凝縮されたサウンドは、前作からさらに躍動感一杯に突き抜けていて感動的です。とことんキャッチ―でメロディアスなプログレとして、間違いなくMOON SAFARIにも肩を並べる素晴らしいバンド。今回も文句なしの傑作!

  • FRANK WYATT & FRIENDS / ZEITGEIST

    HAPPY THE MANのkey奏者によるプロジェクト19年作、HAPPY THE MAN人脈も一挙参加のあまりにもファンタスティックなシンフォ傑作!

    米国の名プログレ・グループHAPPY THE MANのkey/sax奏者Frank Wyatt主導のプロジェクト・バンド、19年の第一作目。ギタリスト/ヴォーカリストのStan WhitakerにベーシストのRick Kennell、CAMELへの参加でもおなじみのKit WatkinsをはじめHAPPY THE MAN〜OBLIVION SUN人脈が一挙勢揃いしており、初期HAPPY THE MANをそのまま蘇らせたかのようなどこまでも壮大かつファンタジックに広がるシンフォニック・ロックを聴かせていて素晴らしすぎる!気品に満ちたピアノと瑞々しくも暖かみを持ったキーボードに穏やかな男性ヴォーカルの歌声が重なり合う、ふくよかで幻想的なサウンドが繰り広げられたかと思えば、時にはベース&ドラムがタイトに変拍子を刻みテクニカルなシンセが切り込む白熱のアンサンブルも披露。ラスト4曲にわたる組曲ではENIDも彷彿とさせる雄大でダイナミックなクラシカル・ロックを展開していますが、最初から最後まで優美で透明感に満ち溢れた音世界は一貫していて、あまりのファンタスティックさに圧倒されます…。これはHAPPY THE MANファンはもちろん、GENESISやCAMELファンにも是非聴いていただきたい傑作!

  • KIMMO PORSTI / WAYFARER

    フィンランド出身、SAMURAI OF PROGのドラマーによる2020年ソロ作

    注目の多国籍シンフォ・プロジェクトSAMURAI OF PROGのパーマネント・メンバーとして活動するフィンランド出身ドラマーによる2020年ソロ作。IONAのギタリストDave Bainbridge、STERN MEISSENにも参加したサックス奏者Marek Arnold、ユニット作『GULLIVER』でもプレイしたスペインの実力はギタリストRafael Pachaなど腕利きが参加。CAMELを彷彿させるファンタジックで気品たっぷりのシンフォニック・ロックに、ジャズ/フュージョン的な滑らかさや、北欧フィンランドらしい神秘的な民族音楽エッセンスを加えたスタイルは大変完成度高いです。優雅な聴き心地の中に耳を惹くクリエイティヴなサウンド作りが光ります。リーダーによる安定感と躍動感がバランスした見事なドラミングも聴き物!

  • TIGER MOTH TALES / A VISIT TO ZOETERMEER

    CAMELのキーボーディストに抜擢された盲目の天才マルチ・プレイヤーPete Jonesによるソロ・プロジェクト、待望のライヴ作品!2020年リリース

    CAMELのキーボーディストに抜擢された盲目の天才マルチ・プレイヤーPete Jonesによるソロ・プロジェクト、待望の初ライヴ作品!彼が参加するバンドRED BAZARのメンバー3人がバックを務めた、19年1月オランダでのライヴを収録。ほぼ全楽器を自身が演奏する多重録音スタイルのスタジオ・バージョンとは異なり、バンド・アンサンブルならではの呼吸やダイナミズムが、持ち前のファンタジックなシンフォニック・ロック・サウンドを一層キラキラと輝かせていて素晴らしい。初期GENESISやCAMELから影響を受けたファンタスクティックにしてリリカルな叙情性も感じさせるシンフォに、現代的なクリアなキャッチ―さを注入した、親しみやすさ抜群のサウンドには終始ワクワクさせられっぱなし。本人によるトニー・バンクスばりに流麗なキーボードさばき、そして切なさを含んだ美声のヴォーカルが何と言っても特筆です。ライヴでも、改めて圧倒的な才能を実感させる好ライヴ作品です。

  • PROPORTIONS / VISIONS FROM A DISTANT PAST

    GENTLE GIANTのトリビュート盤にも参加する米ミュージシャンを中心とした多国籍グループ19年作2nd、ずばり「CAMEL meets GG」な作風が確立したといえる渾身の力作!

    GENTLE GIANTのトリビュート盤などに参加する米マルチ・ミュージシャンAndy Kubickiを中心に、カナダやスウェーデン等のミュージシャンも含めて結成された多国籍グループの19年作2nd。「スペーシーなCAMEL」といった雰囲気のファンタスティックなサウンドが持ち味だった彼らですが、本作では音楽性の幅と楽曲の構築性がさらに向上。ベース、ギター、複数の音色のキーボードが軟体的に絡み合うGGさながらのテクニカルなアンサンブルを繰り広げたり、かと思えば空間的なシンセがどこまでも壮大に広がっていくジャーマン・シンフォにも通ずるパートがあったり、そしてもちろん伸びやかなギターやリリシズムいっぱいのアコギ&フルートをフィーチャーしたCAMEL彷彿のパートも披露したりと、なかなか一語で表すことのできない多彩で深遠なサウンドを創り上げています。これはずばり「CAMEL&ジャーマン・シンフォ meets GENTLE GIANT」と言える彼らの音楽性が確立した力作。シンフォ及びGGのファンは要チェックです。

  • MAGNESIS / LA BETE DU GEVAUDAN

    92年デビューのフレンチ・シンフォ・グループ、「ジェヴォーダンの獣」をテーマにした20年11thアルバム

    92年デビューのフレンチ・シンフォ・グループ、20年11thアルバム。有名な「ジェヴォーダンの獣」をテーマにしたコンセプト作。フランス語の耽美でアンニュイな響きを生かし自己陶酔気味に歌い上げる、ANGEのFrancis Decamps直系ヴォーカルが冴えわたるシアトリカルなプログレは本作でも健在です。ヴォーカルを引き立てる、シンセ、メロトロン、ギターが織りなすファンタジックで少しメランコリー漂う演奏も見事。これぞフレンチ・プログレと呼びたい濃密なサウンドが楽しめる逸品です。

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。