プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

【KAKERECO DISC GUIDE Vol.27】「プログレの素晴らしさ」を詰め込んだ、圧巻の会心作!WOBBLERの17年作『FROM SILENCE TO SOMEWHERE』

スタッフ増田です。

毎月更新される「カケレコセレクト100」よりスタッフがイチ押しの作品をご紹介するKAKERECO DISC GUIDE。

今回は北欧ノルウェーのプログレ・グループ、WOBBLERによる17年作『FROM SILENCE TO SOMEWHERE』をご紹介いたしましょう。

■WOBBLERって?

WOBBLERはノルウェーの首都オスロ近郊の街、ヘーネフォスにて結成された新鋭プログレ・グループ。とはいえデビューは1999年ですから、既に20年近いキャリアを持つベテランと言ってよいでしょう。2018年現在までに4作のアルバムをリリースしており、昨年17年にリリースされた本作『FROM SILENCE TO SOMEWHERE』が最新作にあたります。

メンバーは以下の通り。

Kristian Karl Hultgren – ベース、バスクラリネット、バスリコーダー(1999~)
Lars Fredrik Froislie – キーボード、コーラス(1999~)
Martin Nordrum Kneppen – ドラム、パーカッション、リコーダー(1999~)
Andreas Wettergreen Stromman Prestmo – リード・ヴォーカル、ギター、グロッケンシュピール、パーカッション(2009~)
Geir Marius Bergom Halleland – リード・ギター、コーラス(2011~)

09年の2nd『AFTERGLOW』リリース後にオリジナル・ヴォーカリストが脱退し新メンバーに交代、また11年の前作3rd後にリード・ギタリストが脱退し、本作から新メンバーが加わっています。

さてそんなWOBBLERによる17年作は、発売以降世界各地で「彼らの最高傑作」との高評価を獲得。ノルウェーの音楽サイトEvig lyttarでは2017年のノルウェーのベスト・アルバムにランクインし、またプログレ情報サイトProg Archivesのオールタイム・アルバム・ランキングで21世紀の作品で最高位の18位を記録しています(2018年6月現在)。

元々ANGLAGARDやANEKDOTENといった同郷90年代のプログレを受け継ぐグループとして評価の高かった彼らですが、過去作と比べても各段の賛美を受ける本作。一体どんな作品なのでしょうか!?

■プログレ・ファンなら感動しない訳がない!?20分に及ぶ大曲「From Silence to Somewhere」の素晴らしさ

前述の通り、過去の作品ではANGLAGARDやANEKDOTENといった北欧のグループと比較されるダークでヘヴィなサウンドを特徴としていた彼ら。また元々KING CRIMSONやPFM、GENTLE GIANTなどの70年代プログレ的な作風を志向して結成されたということもあり、オルガンやメロトロンなどヴィンテージな楽器をフィーチャーしたサウンドは「懐古的」とも表現されてきました。

本作でも彼らのトレードマークである溢れんばかりのメロトロンやアグレッシヴなオルガンは健在。ANGLAGARDやANEKDOTENに通ずる強靭なアンサンブルも披露しつつ、さらにそこへYESばりの輝かしい躍動感、「危機」にも匹敵する緻密でダイナミックな構成力が加わり、よりスケール感に富んだ圧巻のプログレッシヴ絵巻を作り上げています。

♪From Silence to Somewhere

試聴 Click!

アルバムのハイライトは20分に渡る1曲のタイトル・トラック「From Silence to Somewhere」。重厚かつ疾走感に溢れるイントロに始まり、繊細なギターのアルペジオをフィーチャーした叙情パート、古楽器風のリコーダーやバンジョーを取り入れた神秘的なパート、またエッジの効いたギターやフルートやオルガンが嵐のように吹き荒れるスリリングなパートなどを経て、メロトロンが洪水の様に押し寄せる壮大なクライマックスへ・・・。

ドラマチックに移り変わる怒涛の展開、緊張感漂わせつつここぞという所ではどこまでも叙情的で優美に聴かせる構成力の高さ。ヘヴィで激しいパートもありつつ、全体的に北欧らしい透明感とファンタジックさに包まれた瑞々しいアンサンブル。ずばり英国や北欧プログレのファンで、これを聴いて心動かされない人間は皆無と言ってよいでしょう!

YES、EL&P、KING CRIMSON、KAIPA、そしてANGLAGARDやANEKDOTEN・・・70年代、そして90年代のプログレのエッセンスを汲み取り、彼らならではの手腕で2010年代に再構築した、現代プログレの金字塔。

プログレッシヴ・ロックの素晴らしさが詰まりに詰まったといっても過言ではない、会心の力作です!


WOBBLER『AFTERGLOW』【北欧プログレ新鋭】 - ユーロロック周遊日記

【関連記事】

WOBBLER『AFTERGLOW』【北欧プログレ新鋭】 – ユーロロック周遊日記

毎回ユーロロックの名盤をピックアップしてご紹介する「ユーロロック周遊日記」。本日は新鋭より、ノルウェーのヘヴィ・シンフォ・グループWOBBLERによる09年作2nd『AFTERGLOW』をピックアップ☆


netherland dwarf のコラム『rabbit on the run』 第22回  WOBBLER / Afterglow (Norway / 2009)

【関連記事】

netherland dwarf のコラム『rabbit on the run』 第22回 WOBBLER / Afterglow (Norway / 2009)

「ミュージシャンの視点からプログレッシブ・ロック作品を捉える」ことをコンセプトに、同じ時代を生きる世界中の素晴らしいプログレッシブ・ロックアーティストたちの作品を幅広く紹介するコラム。担当は、MUSEAからデビューした日本のアーティストnetherland dwarf!

関連カテゴリー

関連CD在庫

  • WOBBLER / FROM SILENCE TO SOMEWHERE

    現ノルウェーを代表するシンフォ・グループによる17年作4th、アネクドテンばりの強度あるヘヴィネスとイエスの雄大なファンタジーがハイレベルに融合したような圧巻の傑作!

    アネクドテンやアングラガルドといった90年代北欧ヘヴィ・シンフォを正統に受け継ぐノルウェー出身グループによる待望の17年作4th。1曲目の大作からもう怒涛の名曲!!荒々しく吹き荒れるようなリズム・セクションの中を、ギターとシンセがうねりのあるフレーズを見事にユニゾンし、スケール大きく勇壮に進行していく圧倒的な質量感のシンフォニック・ロックが押し寄せる冒頭数分で、プログレ・ファンならノックアウト必至。前作でも感じさせたアネクドテンばりの強度あるヘヴィネスとイエス的な雄大なファンタジーが融合したかのようなサウンドが遂に完成を見たようです。美声ではありませんがジョン・アンダーソンを意識したような雄々しくも高らかなヴォーカルが歌い上げると、北欧の太古の森を浮かばせるフルートとリコーダー、そしてバンドの持ち味である気品高く溢れ出す至高のメロトロン…。シンフォファンのツボを余すことなく押しまくるサウンドに感動が収まりません。北欧トラッドの神秘的かつ哀愁みなぎる旋律を大胆に取り入れ、気高く歌い上げるヴォーカルと神秘的なコーラス、エネルギッシュに躍動するオルガン、メロトロン、シンセが、生命感溢れるサウンドを織り上げていく4曲目も涙なしには聴けない一曲。もともと北欧では頭抜けた素晴らしいバンドでしたが、まさかここまで格段の進化を遂げてくるとは驚きました。文句の付け所のない会心作!

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

文・後藤秀樹

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。