プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

ブラック・サバスのデビュー作以前にリリースされたヘヴィな曲TOP50-米音楽サイトGUITAR WORLD選

60年代末、サイケデリック・ブームによる表現の拡大や、機材の進化に伴う音のラウド化によりロック・ミュージックは急速に発展。その中で、1970年2月にヘヴィ・メタルの祖と言われるブラック・サバスのデビュー作『黒い安息日』がリリースされました。

米音楽サイトGUITAR WORLDでは、この作品以前にリリースされた曲の中からディストーション/ファズ、速さ、陰鬱さ、音量、衝撃度などの要素を考慮し、最もヘヴィな50曲をピックアップ。

サイケ・ハードの傑作が並ぶランキングになっていますのでお楽しみください!

ブリティッシュ・ハード・ロックの進化を特集したこちらの記事もぜひご覧ください!


ブリティッシュ・ハード・ロック特集

【関連記事】

ブリティッシュ・ハード・ロック特集

ビート・ブーム、サイケデリック革命、シンプルなバンド演奏へと回帰したブルース・ロック・ブームを経て、テクノロジーの発達とともに60年代末にいよいよ花開いた「ブリティッシュ・ハード・ロック」!胎動の67年からメジャーシーンを席巻した70年まで、年代を追って英ハード・ロックの名作をピックアップしながら、英ハードの進化と深化を探ってまいります。

まずは50位から21位から!

50位:「Wild Thing」 From The Troggs /『FROM NOWHERE』(1966)

49位:「Happenings Ten Years Time Ago」 From The Yardbirds / Single(1966)

48位:「My Generation」 From The Who /『MY GENERATION』(1965)

47位:「Pact With Lucifer」 From Coven /『WITCHCRAFT DESTROYS MINDS AND REAP SOULS』(1969)

46位:「American Woman」 From The Guess Who /『AMERICAN WOMAN』(1970)

45位:「Interstellar Overdrive」 From Pink Floyd /『PIPER AT THE GATES OF DAWN』(1967)

44位:「Psychotic Reaction」 From The Count Five /『PSYCHOTIC REACTION』(1966)

43位:「Out of Our Tree」 From The Wailers /『OUT OF OUR TREE』(1966)

42位:「Season of the Witch」 From Sam Gopal /『ESCALATOR』(1969)

41位:「Sunshine of Your Love」 From Cream /『DISRAELI GEARS』(1967)

40位:「You Really Got Me」 From The Kinks /『KINKS』(1964)

39位:「Blue Monday」 From Dragonfly /『Dragonfly』(1968)

38位:「Diddy Wah Diddy」 From Captain Beefheart and his Magic Band /Single(1966)

37位:「The Girl Can’t Dance」 From Bunker Hill /Single(1963)

36位:「Fortunate Son」 From CCR /『WILLY AND THE POOR BOYS』(1969)

35位:「Desperation」 From Humble Pie /『AS SAFE AS YESTERDAY IS』(1969)

34位:「I Want You (She’s So Heavy)」 From The Beatles /『ABBEY ROAD』(1969)

33位:「Leg」 From Arzachel /『ARZACHEL』(1969)

32位:「Bad Scene」 From Ten Years After /『SSSSH』(1969)

31位:「Whole Lotta Love」 From Led Zeppelin /『LED ZEPPELIN II』(1969)

30位:「Purple Haze」 From Jimi Hendrix /『ARE YOU EXPERIENCED?』(1967)

29位:「In-A-Gadda-Da-Vida」 From Iron Butterfly /『IN-A-GADDA-DA-VIDA』(1968)

28位:「You Keep Me Hangin’On」 From Vanilla Fudge /『YOU KEEP ME HANGIN’ ON』(1967)

27位:「Come to the Sabbat!」 From Black Widow /『SACRIFICE』(1969)S

26位:「The Witch」 From The Sonics /『HERE ARE THE SONICS』(1965)

25位:「Keep Out’Cos I’m Dying」 From Andromeda / Single(1969)

24位:「Last Day on Earth」 From Velvet Haze / Single(1967)

23位:「All Day and All of the Night」 From THE KINKS /『KINKS』(1964)

22位:「Fire」 From The Crazy World of Arthur Brown /『THE CRAZY WORLD OF ARTHUR BROWN』(1968)

21位:「Born to be Wild」 From Steppenwolf /『STEPPENWOLF』(1967)

ここからは動画も一緒に紹介していきますよ~。それではどうぞ!

20位:「Communication Breakdown」 From Led Zeppelin /『LED ZEPPELIN I』(1969)

試聴 Click!

19位:「Summertime Blues」 From Blue Cheer /『VINCEBUS ERUPTUM』(1968)

試聴 Click!

18位:「Oceans Inside Me」 From Stone Garden /『STONE GARDEN』(1969)

試聴 Click!

17位:「Tales of Brave Ulysses」 From Cream /『DISRAELI GEARS』(1967)

試聴 Click!

16位:「21st Century Schizoid Man」 From King Crimson /『IN THE COURT OF THE CRIMSON KING』(1969)

試聴 Click!

15位:「I Put a Spell on You」 From Screamin’Jay Hawkins /『AT HOME WITH SCREAMIN’』(1956)

試聴 Click!

14位:「Wring That Neck」 From Deep Purple /『THE BOOK OF TALIESYN 』(1968)

試聴 Click!

13位:「Hard Times」 From Valhalla /『VALHALLA』(1969)

試聴 Click!

12位:「I Wanna Be Your Dog」 From The Stooges /『THE STOOGES』(1969)

試聴 Click!

11位:「Distortions of Darkness」 From The 31 Flavors /『HAIR』(1969)

試聴 Click!

それではいよいよTOP10!

10位:「Voodoo Child (Slight Return)」 From The Jimi Hendrix Experience /『ELECTRIC LADYLAND 』(1968)

試聴 Click!

9位:「Caledonia」 From Cromagnon /『ORGASM』 (1969)

試聴 Click!

8位:「Helter Skelter」 From The Beatles /『THE BEATLES』(1968)

試聴 Click!

7位:「Triumphatus Sad」 From Jacula / 『IN CAUDA SEMPER STAT VENENUM』 (1969)

試聴 Click!

6位:「Plastic Thunder」 From Bitter Creek /『PLASTIC THUNDER 』(1967)

試聴 Click!

5位:「Evil」 From  Edgar Broughton Band /『WASA WASA』(1969)

試聴 Click!

4位:「The Nile Song」 From Pink Floyd /『MORE』(1969)

試聴 Click!

3位:「Death Warmed Up」 From High Tide /『SEA SHANTIES』(1969)

試聴 Click!

2位:「Kick Out the Jams」 From MC5 /『KICK OUT THE JAMS』(1969)

試聴 Click!

1位:「Dazed and Confused」 From Led Zeppelin /『LED ZEPPELIN I』(1969)

試聴 Click!

いかかでしたか?

原文はこちら
http://www.guitarworld.com/50-heaviest-songs-black-sabbath-50-41

関連カテゴリー

関連在庫CD

  • KING CRIMSON / IN THE COURT OF THE CRIMSON KING

    69年発表、ロックシーンの流れを変えた歴史的デビュー作!

    奇才Robert Frippを中心に結成され常に先鋭的なサウンドを作り出し、デビュー以来プログレッシブ・ロックの頂点に君臨し続けるイギリスのグループの69年デビューアルバム。プログレッシブ・ロックのスタートラインとなった記念碑的作品であり、「21世紀の精神異常者」のヘヴィーなサウンドで幕を開け「クリムゾン・キングの宮殿」の荘厳なメロトロンで終幕するまで、全く非の打ち所の無いフレーズとインプロヴィゼーションの応酬が乱れ飛びます。BEATLESの「Abbey Road」を蹴落とし全英トップにのし上がった本作は、プログレッシブ・ロック時代の幕開けを象徴する1枚として語り継がれています。

  • PINK FLOYD / PIPER AT THE GATES OF DAWN

    67年の記念すべきデビュー・アルバム、シド・バレットの才気ほとばしるブリティッシュ・サイケデリック・ロックの大傑作!

    ブルース・ロックに根ざした音楽性を持ちサイケデリック・ロックからその歩みを始め、全盛期にはRoger Watersの哲学的な歌詞と完璧なまでのコンセプト性で数々の伝説を作り上げた、世界を代表するロックグループの67年デビューアルバム。後にRoger Watersを中心に全盛期を迎えることになる彼らですが、創設時の中心は紛れもなくSyd Barrettでしょう。本アルバム収録曲の過半数の作詞作曲をこなしており、脱退後もRoger Watersの人格形成に深い影響を与えました。年代的にはまだプログレッシブ・ロックの夜明け前のサイケデリック・ロックの色濃い作風となっており、BEATLESの「Sgt. Pepper’s Lonely Hearts Club Band」と並びサイケデリック・ロックを代表する名盤となっています。

  • CREAM / DISRAELI GEARS

    ブリティッシュ・ハードの原型を築いた歴史的名盤、代表曲「SUNSHINE OF YOUR LOVE」収録、67年作2nd

    Eric Clapton、Jack Bruce、Ginger Bakerによる最強トリオ。67年作2nd。代表曲「Sunshine Love」など、ブルース、ジャズ、サイケが渦巻くインスト・バトルとキャッチーなメロディが共存した光り輝く名曲・佳曲揃い。ロック史に燦然と輝く名盤。

  • JIMI HENDRIX EXPERIENCE / ELECTRIC LADYLAND

    エレクトリック・ギターの革命児、最高傑作とされる68年リリース3rd

    68年の3rd。ブルース、R&B、ジャズなどのブラック・ミュージックと、サイケデリックな時代の空気が化学反応を起こし、Jimi Hendrixの肉体を通してスパークしたような渾身の傑作。Jimi Hendrixの最高傑作であり、ロック史上に燦然と輝く金字塔。

  • JIMI HENDRIX EXPERIENCE / ARE YOU EXPERIENCED ?

    ロックの歴史を塗り替えた衝撃の67年デビュー作

    67年リリースの衝撃のデビュー作。「Foxy Lady」「Manic Depression」「Red House」と続く冒頭の3曲から、もう強力!強力!ブルースに根ざしながらダイナミックでキャッチーな楽曲。とめどなく音が溢れるイマジネーションいっぱいのギター。この作品が無ければ、ロック史は全く違ったものになっていたでしょう。これぞ金字塔。

  • THE WHO / MY GENERATION

    65年発表、世代を超えて歌い継がれる名曲「MY GENERATION」収録、永遠の青春のアンセム!

    65年リリースの記念すべきデビュー作。プロデュースは、KINKSの1stと同じシェル・タルミー。キース・ムーンの超人的なドラムと暴れ回るエントウィッスルのベースによるドライヴ感いっぱいのリズム隊。タウンゼントのエッジの立ったリズム・ギター。ダルトリーのエネルギッシュなヴォーカル。まさに鉄壁のアンサンブル。そしてエバーグリーンなメロディ。素晴らしすぎる永遠のデビュー作。

  • LED ZEPPELIN / LED ZEPPELIN II

    「胸いっぱいの愛を」「ハートブレイカー」を含む傑作2nd、69年発表

    全米、全英で同時にチャート1位を獲得したセカンド・アルバム。ヘヴィかつメタリックなサウンドは、ハード・ロックの雛型と言われ、ビルボード・アルバム・チャート最高位は堂々の1位(69年)!セッション・ミュージシャンとしてのキャリアを持つJimmy Pageのリフ、John Paul Jones、John Bonhamのリズムがとても奥深い作品です。轟音の「Whole Lotta Love」がトップ5入りするヒットとなりました。「Bring It on Home」は、イギリスの白人ブルースの激しさと迫力が鬼気迫る、英国ロックの歴史的大傑作です!

  • HIGH TIDE / SEA SHANTIES

    超絶ギタリストTony Hillとヴァイオリン名手Simon Houseを双頭とするグループ、69年作、英国サイケ・ハードの傑作!

    超絶ギタリストTony Hillと、後にHAWKWIND〜THIRD EAR BANDで活躍するヴァイオリン奏者Simon Houseを中心とする英ハード・ロック・グループ。69年作の1st。引きずるようにヘヴィなリズム隊をバックに、暴力的なまでに歪んだファズ・ギターとスリリングなヴァイオリンが時にサイケデリックに沈み込み、時にエキセントリックなバトルを炸裂させる。混沌とした中から浮かび上がる英国的な叙情性など、これぞブリティッシュ・ロックな深みも見事。Tony Hillはそれほど有名ではりませんが、テクニックとセンスはかなりのもの。重たく歪んだリフから流麗なアルペジオ、メロディアスなソロまでどれもがハイ・レベルです。Simon Houseのヴァイオリンもさすがの一言で、静のパートでは流れるように美しいソロでドラマティックに、動のパートではスリリングなプレイで緊張感を増幅させています。英サイケ・ハードの傑作。

  • KINKS / KINKS

    不朽の名曲「You Really Got Me」収録、記念すべき64年デビュー作!

    エッジの立ったギター・リフが炸裂する名曲「You Really Got Me」収録の記念すべきデビュー作。64年10月リリース。当時のロンドンのクラブ・シーンの熱気を真空パックした熱気溢れる名演ぞろい。

  • BEATLES / BEATLES

    68年作、ロック、ポップス、ブルース、フォーク、クラシック、前衛音楽、インド音楽、これらすべてを呑み込み、抜群の音楽センスで咀嚼、異なるジャンルがぶつかり合う化学反応をそのままに詰め込んだ、才気みなぎる大傑作。

    68年作。ロック、ポップス、ブルース、フォーク、クラシック、前衛音楽、インド音楽、これらすべてを呑み込み、彼ら一流の音楽センスで咀嚼し、異なるジャンルがぶつかり合う化学反応そのままに一気にぶちまけた、才気みなぎる大傑作。洗練された前作「Sgt.Pepper’s 〜」の反動からか、音を整理することなく、それぞれのメンバーのアンテナが向かうままに、剥き出しの音が鳴らされています。アルバム全体の統一感こそ薄いですが、1曲1曲はかなり尖っています。あのビートルズの、あのメンバー達の「アンテナ」が閉じこめられてるんですから、そりゃ、半端ではなくエネルギッシュ。

    • TOCP65200/1

      98年紙ジャケット仕様、30周年限定盤(直輸入盤国内仕様)、特殊プラスリップケース付仕様、定価3670

      盤質:傷あり

      状態:並

      帯有

      全体的にカビあり

      1290円

      1032円
      (税込1115円)

      278円お得!


      CD詳細ページへ

  • PINK FLOYD / SOUNDTRACK FROM THE FILM MORE

    通算3作目、映画「MORE」のサントラ盤、69年作、名曲「CYMBALINE」収録

    映画『モア』のサントラとして69年にリリースされた作品。「シンバライン」「グリーン・イズ・ザ・カラー」など、ライヴの定番となった名曲を含む充実作。

  • TEN YEARS AFTER / SSSSH

    69年作、Alvin Leeのギターが冴えるブルース・ハードの名作

  • DEEP PURPLE / BOOK OF TALIESYN

    68年2nd、『イン・ロック』〜『マシン・ヘッド』へと続く、栄光のバンド史における、もっともっと語られるべき確かな一歩

    前作から一気にハード・ロック色が増した68年作の2nd。タイトかつ手数多いハード・ドライビングなドラム、グルーヴィーに動き回るベース、切れ味鋭く歪んだリズム・ギターが一体となって聞き手を飲み込むリズムのなんと強靭なこと!ここぞではベースがトーンを歪ませてハイ・ポジションで暴走して、まるでメタリカか!というぐらいのヘヴィ・メタリックなテンション!これが68年!?タメが効きつつも前のめりでエッジのあるギター・ソロはリッチー・ブラックモアの記名性たっぷりだし、ジョン・ロードのオルガンも、R&Bのグルーヴ、クラシックの端正さ、ロックのダイナミズムが一体となっていて、R&B〜ブルース〜ジャズに根ざした「オルガン・ロック」勢とは異なる個性を感じます。『イン・ロック』の前の初期3作品は、「アート・ロック」の作品と称されていますが、いやはやこのアグレッシヴさとヘヴィネスはまさに「パープル」。ドアーズのジム・モリソンを英国らしくジェントルにしたようなロッド・エヴァンスの歌唱、ギターのフィードバック音やぐるぐると渦を巻くオルガンのエコーなど、この時代ならではの空気感もいい塩梅。時間的な制約でカヴァー曲も含まれていますが、ビートルズの「We Can Work It Out」をはじめ、大胆なポップ・ソングのカヴァーにクラシックのパロディ的導入を組み合わせたり、気鋭な才能が溢れまくっています。『マシン・ヘッド』の1万分の1ぐらいしか聴かれてないだろうけど、『イン・ロック』〜『マシン・ヘッド』へと続く、栄光のバンド史における、もっともっと語られるべき確かな一歩。サイケからプログレ〜ハード・ロックへの過渡期である68年の作品の中でも光り輝く名作です。

  • CREEDENCE CLEARWATER REVIVAL (CCR) / WILLY AND THE POOR BOYS

    西海岸シスコ出身ながら南部音楽を真摯に志向した名バンド、架空のバンドに扮した69年のコンセプト・アルバム

    架空のバンド、「WILLY AND THE POOR BOYS」を演じた彼らが、米国南部音楽を真摯に志向した、C.C.R.のピュアな立脚点が改めて光る名盤(69年作)です。前作『GREEN RIVER』、次作『COSMOS FACTORY』という、ヒット・ポテンシャルの高いアルバムに挟まれた形になる今作ですが、前半後半にそれぞれREADBELLYの曲をカヴァーしていたり、綿花プランテーションでの生活を歌った「POORBOY SHUFFLE」、サン・レコードのロカビリー風な「DON’T LOOK NOW」等、南部音楽にその夢を見続けた彼らの非南部人による、C.C.R.最初で最後のコンセプチュアル・アルバムとも言えるでしょう。

  • STONE GARDEN / STONE GARDEN

    轟音ファズ・ギターが炸裂する米産ヘヴィ・サイケ、68年作

    69年〜71年に活動したアメリカのヘヴィ・サイケ・グループ。彼らが残した音源をまとめた15曲収録アンソロジー。耳をつんざくような轟音ファズ・ギター、超ヘヴィ級なリズム隊によるソリッドなアンサンブルは悶絶ものの格好良さ。グルーヴィーなオルガンをフィーチャーしたり、サックスが暴れたり、とにかく分厚いアンサンブルが凄いです。

  • STOOGES / STOOGES

    69年発表1st。

  • COVEN / WITCHCRAFT DESTROYS MINDS AND REAP SOULS

    シカゴ産、BLACK SABBATHへのオマージュ的なオカルト/黒魔術サイケ・ロック、70年作

    イリノイ州シカゴ出身のサイケデリック・ロック・バンドが70年に発表した、オカルト/黒魔術的なコンセプト作品。冒頭一曲目、曲名は「Black Sabbath」!そしてライナーにクレジットされたベーシストの名はMike“Oz”Osbourne!これはBLACK SABBATHへのオマージュ以外のなにものでもないでしょう。ちなみにリリース年はBLACK SABBATHがデビューした70年、行動が早い。サウンドの方はというと、もちろんSABBATHオマージュ的なサタニックな要素&歌詞が全編に散りばめられているのですが、下地はJA系の西海岸サイケとなっております。そういった意味ではスリック的な立ち位置になる女性ヴォーカルですが、この嬢は歌唱力/演技力ともにかなりの貢献度!背ジャケ内側では生け贄役を体当たりで演じてます。

  • FIREBIRDS / LIGHT MY FIRE / HAIR !

    スタジオ・ミュージシャンによる無名のグループながら、ブルー・チアーに並ぶヘヴィー・サイケを聴かせるサイケ・ファン垂涎の名盤

    スタジオ・ミュージシャンによる企画グループと言われる謎多きサイケ・グループ。ヘヴィ・サイケ・クラシックとしてファン垂涎の69年作。曲名は違うものの明らかにドアーズ「Light My Fire」をカヴァーした1曲目と2曲こそメランコリックなサイケですが、3曲目から突如ファズ・ギターが火を噴く轟音ヘヴィ・サイケへとスイッチ。あまりの爆音と手数の多さに音が割れ気味のヘヴィなリズム隊をバックに、ジミ・ヘンばりにフィードバックがグルグルと渦巻くファズ・ギターがうねりを上げ、ヴォーカルが時に轟音に沈殿していくように、時にエモーショナルに熱く、時にメランコリックにシャウトします。無名ながら、アイアン・バタフライやブルー・チアーに引けをとらない音の重さとエッジと哀愁。ヘヴィ・サイケのファンは必聴!

    • GF268GEAR FAB

      同メンバーでの31 FLAVORS名義の69年作『HAIR』をカップリングした2in1CD。ペーパーケース仕様

      レーベル管理上、若干の角潰れや圧痕がある場合がございます。ご了承ください。

  • STEPPENWOLF / STEPPENWOLF

    「Born To Be Wild」収録、衝撃の68年デビュー作!

    • UICY75554

      廃盤希少!紙ジャケット仕様、SHM-CD、24bitデジタル・リマスター、ボーナス・トラック4曲、ボーナス紙ジャケット付、定価2800

      盤質:無傷/小傷

      状態:良好

      帯有

  • SONICS / HERE ARE THE SONICS

    ガレージパンクの原型として聴き継がれる65年デビュー作!

    ワシントンの港町タコマ出身の5人組。ガレージパンクの原型として聴き継がれる65年デビュー作。音の揺らぎや間合いといった要素とは無縁の、サイケ夜明け前の純正ガレージ!直情的なシャウトで吠え倒す、ラウドで原初的なガレージパンククラシックス!

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

文・後藤秀樹

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。