プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(土・日・祝は翌日)、6,000円(税抜)以上送料無料

カケレコ・ジュークボックスTOP >

レココレ特集『1968年の音楽地図』連動【イギリスのロック/ポップスVol.2】

MOODY BLUES

試聴 Click!

前作『DAYS OF FUTURE PASSED』から一年も経たないうちに発表された2ndアルバム。オーケストラと競演した1stに比べてロック・テイストを前面に押し出しつつ、メンバー自身で30種類(!)以上の楽器を操ることにより、ムーディーズ・サウンドとも言える壮大な音像を打ち出すことに成功しています。サイケデリック時代らしい東洋主義的アプローチも。

JEFF BECK

試聴 Click!

ヤードバーズを脱退したジェフ・ベックがロッド・スチュワートやロン・ウッドを迎えて結成したグループ。ブルースをベースにスピーカーを突き破らんばかりのスピーディーかつ重量級のアンサンブルは、ハード・ロックの源流。ツェッペリン・サウンドにも刺激を与えた名作!

CREAM

試聴 Click!

エリック・クラプトン、ジャック・ブルース、ジンジャー・ベイカーによる英ロック最強とリオ。R&Bが増幅してブルース・ロックとなり、そこにサイケやジャズのエッセンスを取り入れて進化&深化したブリティッシュ・ハード・ロックの一つの礎。「ホワイト・ルーム」「クロスロード」収録の歴史的傑作!

ERIC BURDON & THE ANIMALS

試聴 Click!

66年に一度解散したのち、本拠地をサンフランシスコへ移して再始動した「新生アニマルズ」の3作目。彼らのブルージーかつサイケなサウンドは、グレイトフル・デッド、ジェファーソン・エアプレインらと並び「シスコ・サウンド」と評され人気を得ました。

DUNCAN BROWNE

試聴 Click!

後にポップ・ロック・グループMETROでも活躍するダンカン・ブラウンの1stソロ。英国らしい気品と繊細さに満ち溢れた、厳かなフォーク・サウンドがこの上なく美しい名作。

TEN YEARS AFTER

試聴 Click!

元祖速弾きギタリスト、Alvin Lee率いる英ブルース・ハード・バンドの2作目でライヴ盤。後のハード・ロックやハード・コアも顔負けの圧倒的スピード感で突っ走るアンサンブルに絶句。改めて68年ってすごい。

DONOVAN

試聴 Click!

「英国のボブ・ディラン」の異名で知られ、フラワー・ムーヴメントを象徴するフォーク・ミュージシャンによる6作目。タイトル曲「ハーディ・ガーディ・マン」ではツェッペリンのジョン・ポール・ジョーンズがベース&アレンジを担当。インドの音楽や思想に影響を受けたアシッド色の強いナンバーから、管弦楽器のクラシカルなアレンジが光るポップな曲まで、幅広く奥深いサウンドを聴かせます。

PROCOL HARUM

試聴 Click!

ヒット曲「青い影」でデビューしたプロコル・ハルムによる2ndアルバム。ブルージーで気品と哀愁のある英国的な音楽性は前作の流れを汲んだものですが、15分を超える大作「In Held Twas in I」を筆頭にプログレッシヴなアプローチが強まっており、ヒットに甘んじない彼らの意欲が感じられる作品となっています。

STATUS QUO

試聴 Click!

ハード・ブギ・サウンドで知られるグループですが、デビュー作の本作で聴けるのは、時代の空気を反映したカラフルなサイケ・ポップ。全曲シングル・ヒットしそうなフックのある佳曲揃いで、キャッチーなメロディー、美しいコーラス・ワーク、疾走感溢れるアンサンブルなど、68年の数ある傑作と比べても見劣りしない優れた完成度を誇っています

TRAFFIC

試聴 Click!

天才スティーヴ・ウィンウッドがデイヴ・メイソン、ジム・キャパルディなどと組んだグループ。68年作2nd。前作のサイケ色は無くなり、アーシー&ソウルフルなサウンドの中に演奏の巧みさ、バンドが持つ絶妙なグルーヴが際立っています。バンド最高傑作。

VAN MORRISON

試聴 Click!

北アイルランドのベルファスト出身。ガレージ・グループTHEMでの活動後、アメリカに渡り67年ソロ・デビュー。2作目となる本作ではバックにジャズ・ミュージシャンを起用し、自らのルーツと黒人のソウルを結び付けた「アイリッシュ・ソウル」と呼ばれるサウンドを確立することに成功。録音当時20代前半とは思えない、深みのある表現が見事な傑作です。

BEATLES

試聴 Click!

ロック、ポップス、ブルース、フォーク、クラシック、前衛音楽、インド音楽、これらすべてを呑み込み、彼ら一流の音楽センスで咀嚼し、異なるジャンルがぶつかり合う化学反応そのままに一気にぶちまけた最高の実験作。

KINKS

試聴 Click!

イギリスの田園風景と市井の人たちに対するレイ・デイヴィスの温かな眼差しとイギリス階級社会への批評精神に根ざしたコンセプト作。郷愁いっぱいのメロディとアンサンブルに心が和むキンクス最高傑作。

PRETTY THINGS

試聴 Click!

ザ・フーの『トミー』に先駆けた「ロック・オペラ」の金字塔。サイケデリックながらカラフルさはなく、フリーキーで混沌としたサウンドがロンドン・アンダーグラウンドの熱気を伝える骨太な一枚。

ROLLING STONES

試聴 Click!

サイケデリックな前作から一転、英ブルース・ロック・ムーヴメントにも呼応し、ブルースをルーツにしたアーシーなサウンドへと回帰。ロック的ダイナミズムも増し、ストーンズの代表作の一つとなった傑作アルバム!

SOFT MACHINE

試聴 Click!

ロバート・ワイアット、ケヴィン・エアーズ、マイク・ラトリッジによるクリームにも負けない英ロック屈指のトリオ。ロンドンのUFOクラブでの熱気とジャズに根ざした知性とが科学反応を起こした、68年とは思えぬ先鋭的な傑作にして、カンタベリー・ロックの出発点!

TERRY REID

試聴 Click!

ツェッペリンとパープルからの参加打診を蹴った孤高の英シンガー/ギタリスト、デビュー作。体中のエネルギーをすべて絞り出しているような凄まじいヴォーカルと、それに負けない巧みなギターワーク。英国的なメロディーも素晴らしく、1stとは思えない驚異の完成度です。

APHRODITE'S CHILD

試聴 Click!

イギリスではないですが、ユーロ・ポップもここでご紹介。後に『ブレードランナー』や『炎のランナー』で世界に名を轟かせるヴァンゲリスが在籍したギリシャの三人組グループ。ヨーロッパ各地で大ヒットを記録した「Rain And Tear」をはじめ、気品と哀愁を漂わせるサウンドは既に才能の片鱗を物語っています。

Facebookコメント

在庫一覧

  • BEATLES / BEATLES

    68年作、ロック、ポップス、ブルース、フォーク、クラシック、前衛音楽、インド音楽、これらすべてを呑み込み、抜群の音楽センスで咀嚼、異なるジャンルがぶつかり合う化学反応をそのままに詰め込んだ、才気みなぎる大傑作。

    68年作。ロック、ポップス、ブルース、フォーク、クラシック、前衛音楽、インド音楽、これらすべてを呑み込み、彼ら一流の音楽センスで咀嚼し、異なるジャンルがぶつかり合う化学反応そのままに一気にぶちまけた、才気みなぎる大傑作。洗練された前作「Sgt.Pepper's 〜」の反動からか、音を整理することなく、それぞれのメンバーのアンテナが向かうままに、剥き出しの音が鳴らされています。アルバム全体の統一感こそ薄いですが、1曲1曲はかなり尖っています。あのビートルズの、あのメンバー達の「アンテナ」が閉じこめられてるんですから、そりゃ、半端ではなくエネルギッシュ。

    • TOCP65200/1

      98年紙ジャケット仕様、30周年限定盤(直輸入盤国内仕様)、特殊プラスリップケース付仕様、定価3670

      盤質: | 無傷or小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

      状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

      帯有

      1枚は盤無傷/小傷程度

    • 968952EMI

      紙ジャケット仕様、プラ製スリップケース付、2枚組、リミテッド・エディション

      盤質: | 無傷or小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

      状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

      若干経年変化があります

  • CREAM / WHEELS OF FIRE

    スタジオ盤とライヴ盤を合わせた68年作、スタジオにおける実験性や革新性と、怒濤の如く白熱した演奏が詰まった傑作!

    68年8月発表の、スタジオ盤とライヴ盤を合わせた、彼らの唯一の二枚組みアルバムであり、最大の意欲作。スタジオにおける実験性や革新性と、怒濤の如く白熱した演奏が詰まったアルバムです。プロデュースは引き続きFelix Pappalardi。より脱ブルース色を狙ったロック・アルバムとなっており、時代の風を受けたカオスティックなジャケット共々、いかにも68年当時らしいサイケデリックな実験色の濃い楽曲を多く収録しています。今日においても決して解り易いとは言えない本作が、全米第1位を記録し得たことは、ロック史上特筆すべきことでしょう。内容の方はスタジオ編、ライヴ編が各1枚づつという2枚組。ライヴ感覚旺盛な後半ではERIC CLAPTONのギター・リフがカッコイイ超名曲「CROSSROAD」(伝説のブルースマン、ROBERTJOHNSON作)、前者のスタジオ編では人気曲「WHITE ROOM」が聴きどころ。ジャジーでブルージーなインプロヴィゼーションが冴え渡る屈指の大名盤です!

  • ERIC BURDON & THE ANIMALS / EVERY ONE OF US

    68年作

  • JEFF BECK / TRUTH

    天才ジェフ・ベックがロッド・スチュワート、ロン・ウッドらと組んだ「元祖スーパーグループ」!68年発表の名盤

  • KINKS / VILLAGE GREEN PRESERVATION SOCIETY

    イギリスの田舎生活と古き良き時代への敬意を表して製作されたコンセプト・アルバム、愛すべき68年作!

    バンドのリーダーでありソングライターであるRAY DAVIESが、イギリスの田舎生活と古き良き時代に対する敬意を表して製作したコンセプト・アルバム。RAYはヒット・シングル志向から、より個人的でノスタルジーを感じさせる方向へと作風を変え、2年をかけて本作をレコーディング。スタジオ第6作にして、詩人DYLAN THOMASの作品にインスパイアされた一大コンセプト・アルバムであり、古き佳き英国への郷愁が描かれた秀逸なストーリーは勿論、フォーキーで牧歌的なサウンドに乗った才気迸るメロディ群は、キンクス最高傑作との名声に相応しいものとなりました。

    • VICP60999

      紙ジャケット仕様、デジタル・リマスター、定価2520

      盤質: | 無傷or小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

      状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

      帯有

    • SMETD102SANCTUARY

      デジパック仕様、3枚組、03年デジタル・リマスター

      盤質: | 無傷or小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

      状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

      若干圧痕あり

    • SMETD102SANCTUARY

      デジパック仕様、3枚組、03年デジタル・リマスター

      盤質: | 無傷or小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

      状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

      2枚は盤無傷/小傷程度、圧痕あり

    • 2704679UNIVERSAL

      デジパック仕様、スリップケース付き仕様、3枚組、ボーナス・トラック10曲

      盤質: | 無傷or小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

      状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

      一部に折れあり、スリップケースに黄ばみ・割れあり

      1490円

      1192円
      (税込1311円)

      328円お得!

      CD詳細ページへ

    • 盤質: | 無傷or小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

      状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

      若干ケースツメ跡あり

    • BMGAA09USDCDABKCD

      ブックレット仕様、2枚組、ボーナス・トラック19曲

      盤質: | 無傷or小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

      状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

  • SOFT MACHINE / SOFT MACHINE

    サイケデリック・ジャズ・ポップと呼ぶべき革新的サウンドを繰り広げる68年1st!

    ソフト・マシーンの68年デビュー作。マイク・ラトリッジ、ロバート・ワイアット、ケヴィン・エアーズという類まれな知性と才能の持ち主が介した名バンドの出発点です。60年代末期らしい熱気が渦巻くパワフルな演奏と、彼ら持ち前の危うくストレンジな感性が見事に化学反応を起こした名作!

  • VAN MORRISON / ASTRAL WEEKS

    ワーナーへの移籍第一弾となる68年作、「アイリッシュ・ソウル」と言われるサウンドを確立した代表作

    イギリスに属する北アイルランドはベルファスト出身。ゼムで活動した後、渡米。67年のソロ・デビュー作の後、ワーナー・ブラザーズと契約し、68年にリリースされたのが、本作2ndです。バックにはジャズ・ミュージシャンを起用。ジャジーなダブル・ベース、ジャケのイメージ通りの神秘的なフルートやヴァイヴなど、彼らとの奔放なジャム・セッションの中で生まれた、ジャズやソウルをブレンドした芳醇なアンサンブルが印象的。アイリッシュの荒涼とした風景が目に浮かぶ繊細さと黒人のソウルとが結びついた力強くも透き通ったヴォーカルもまた魅力で、深みのある表現は、録音当時20代前半とは思えません。「アイリッシュ・ソウル」と言われるヴァンのサウンドが確立したスケールの大きな傑作。