プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(日曜は翌日)、5,000円(税抜)以上送料無料

カケレコ・ジュークボックスTOP >

ここではないどこかへ…。コスモを夢見たアストロ・ロッカーたち。

HAWKWINDやGONGを指し示す「スペース・ロック」という呼称。はたまた、CANやCLUSTERなど音響に重きを置いた一部のジャーマン・ロックを指し示す「コスミック・ミュージック」という呼称。「サイケデリック」という概念とは、またちょっと異質の概念のもとで生まれた(合わせ技もありますが)、極めて線引きが曖昧で、極めてロマンに満ち溢れた、途方もないジャンル...。

このコーナーでは、どうにも所在なげに「ここではないどこか」を、願わくば「宇宙」を夢見ていたことであろう、感じていたことであろう、そんなロッカーたちを津々浦々にご紹介します。

ちなみに、ジャーマンの「コスミック・ミュージック」をもっと探求したいという方は、別項の特集「趣味のクラウト・ロック」やJUKEBOX「エンジニア/プロデューサー選 コニー・プランク」もあわせてご覧いただけますと幸いです。

HAWKWIND

試聴 Click!

ご存知、スペースロックの権化。スペースロックの醍醐味である神秘的でトランシーな開放感に溢れた73年傑作ライブ盤。執拗な反復ビートをバックに、ウネりを上げるベース、スペイシーなシンセ、サックス&フルートが渦巻きながらコスモへ飛翔する!

CAN

試聴 Click!

KOSMISCHE MUSIKと異名を取った音響派ジャーマンロック勢のなかにあって、ロックをフォーマットに変革し続けた存在。74年作。圧倒的完成度の前作「フューチャー〜」で充足などせず、レゲエのリズムとダビーな音響処理を導入したコスミック作!

PINK FLOYD

試聴 Click!

音響的には「ECHOS」なんでしょうが迷った末にこちらを。インナースペースに潜む狂気をリアルに描いた73年作に収録「虚空のスキャット」。天上の歌声とはよく言いますがクレア・トリーのそれは成層圏越え。宇宙から帰還する時の迎え歌に聴きたい...。

GONG

試聴 Click!

カンタベリーと宇宙を繋いだ張本人=デヴィッド・アレン率いるスペースサイケバンド。海賊ラジオ局のテレパシー放送という設定のラジオグノーム3部作の完結編。74年作。リズム隊=重力、宙を飛び交うギター&サックス=無重力。このコントラストの妙。

KHAN

試聴 Click!

ゴング加入前のS.ヒレッジが率いたグループ。72年作。後にハットフィールドで開花するD.スチュワートのジャズロック路線と、ヒレッジのスペーシーなギターとの邂逅。ゴングの諸作同様、スペースロック/カンタベリーの両側から見ても重要な作品。

STEVE HILLAGE

試聴 Click!

カーン〜ゴングを経たヒレッジの76年2ndソロ。ドノヴァンやG.ハリソンのカヴァー含むポップな楽曲群を、後のシステム7等にも繋がるエスノで瞑想的なサウンドスケープで演出した意欲作。中盤のサックスはドン・チェリー!制作はトッド・ラングレン!

ASHRA

試聴 Click!

名曲「サンレイン」収録の代表作『ニューエイジ〜』の次作にあたる77年作。前作で鳴りを潜めていたゲッチングのギターを心ゆくまで味わえる作品。ミニマルなリズムと瞑想的なシンセが描く軌道のうえを飛行する、美しすぎるコスミックギターソロ。

ACHIM REICHEL & MACHINES

試聴 Click!

ゲッチングに続きこの人もジャーマンサイケを代表するギタリスト。72年作。深いエコーに包まれたメロウなギターを軸に、信じきれない妙な温かみが宿されたようなサウンドスケープ。聴き手のインナースペースに問いかけ、心を試されているかのよう...。

GRATEFUL DEAD

試聴 Click!

スペーシーなギターといって忘れてならないのが「キャプテントリップ」ことジェリー・ガルシア。69年ライヴ作。宙をゆらめくようなギターに心酔する「ダークスター」で幕を開け、絶妙なアルバム構成で最後の瞬間まで無心でトリップさせてくれる一枚。

PIERRE MOERLEN'S GONG

試聴 Click!

打楽器奏者P.ムーラン主導のゴングとして名義を変えて発表した79年作。D.アレン脱退以降進めてきた打楽器が主導を取るジャズロック。M.オールドフィールドが参加したミニマルな表題曲も素晴らしいですが、ここではスペーシーなアフロジャズロック曲を。

STOMU YAMASH'TA

試聴 Click!

世界的評価を確立した日本人打楽器奏者。S.ウィンウッド、A.D.メオラ、K.シュルツェら錚々たる面々を集め、NASAの映像を見せるところから始めたという筋金入りのスペース作。76年発表。壮大でドラマティックな傑作スペースロック。

MYTHOS

試聴 Click!

Ohrレーベルメイトのグルグルに通じるフリーフォームでアヴァンなロックサウンドを、たっぷりとエコーを効かせたスペーシーな音響で包みこんだジャーマンサイケの名盤。72年作。いかにもドイツ産らしいごった煮な音楽性も、宇宙で聴けば清々しい?

BRAINTICKET

試聴 Click!

独/伊/スイス人から成るハイブリッドなジャーマンサイケ。73年作。東洋楽器によるインナースペース観、シンセやフルートによるアウタースペース観、その両面を堪能できるイン/アウト対応サウンド。コラージュ/音響に掛けられた巧妙な罠に病みつき...。

HABOOB

試聴 Click!

アモンデュールII〜エンブリオでの活動で知られる鍵盤奏者が率いたドイツのグループ。71年作。多国籍メンバーが創出するごった煮グルーヴで調理したごった煮ジャーマン!CANに通じる黒っぽさ×音響と反復が生むトリップ感=大陸的スペースファンク!?

GOLEM

試聴 Click!

コスミックなコンセプトを冠するジャーマンヘヴィサイケ。73年自主制作盤。宇宙遊泳中、ふと空恐ろしい不安に取り憑かれた時に聴こえてくるようなダークで混沌としたサウンド。たとえ妄想だとしても一度その恐怖を覚えたら「宇宙はもういいや...」

COSMOS FACTORY

試聴 Click!

日本が宇宙に誇るプログレバンド。76年作。エッジの立ったギター、空間を切り裂くメロトロン、ひたすらに陶酔させてくれるだけの安寧なコスミック幻想を打ち破る硬質なヘヴィネス!かけめぐる走馬灯、吸い込まれてゆく、遠き日本の記憶...。

FAR EAST FAMILY BAND

試聴 Click!

宮下フミオ、高橋正明(のちの喜多郎)が在籍したスペースサイケバンド。ジャーマンエレクトロの巨匠K.シュルツェ制作による76年傑作2nd。独特の粘着質を伴うグルーヴと煌めくような電子音が絡み合い宇宙を遊泳する至高のスペースサイケ。たのしい宇宙。

四人囃子

試聴 Click!

空飛ぶ円盤が本当に来たよ、ちっとも待たせなかったろうって、円盤は得意そうに言ったよ、映画に出たことのない人は乗せてあげられないって、円盤はすまなそうにそう言ったよ、でも弟は一度だけ映画に出たことがあるのさ...。もう野暮な説明は不要です。

AKRITAS

試聴 Click!

ここからは一般的なスペースロックの認識から脱線。まずはギリシアを代表する名作。73年作。エキセントリックなギター、時にクラシカルに時にスリリングな鍵盤、性急さと畳み掛けるようなテンション、静と動のパートの鮮やかな対比。駆け巡る彗星のよう。

ALPHATAURUS

試聴 Click!

イタリアのキーボードプログレ。73年作。疾走感あふれるリズムのうえを翔る煌びやかなチェンバロのリフレイン、宙をたゆたうフルートのような音色のシンセ。一転して情熱的なロマン溢れるヴォーカル。精神=インナースペースの飛翔を謳った名曲。

ALGARNAS TRADGARD

試聴 Click!

スウェーデンのグループ。サードイヤーバンドを想わせる不穏な古楽器の響き、ホークウィンドの如く天空へと高く飛翔するヴァイオリン、全編を包みこむ、深く煙る北欧の霧のような音響。憧憬の念も畏敬の念も綯い交ぜになった、地上から想う宇宙。

MICHAEL JAMES

試聴 Click!

米国のアウトサイダー。78年作。ジャケそのままのB級SFテイスト丸出しな電子サイケを皮切りに、虚ろなアシッドフォーク、果てはHRまで詰め込んだ、聴き手の腰を終始浮かせっぱなしにさせる支離滅裂な宇宙旅行。それでも音響は凝りまくってます。

CHAPLIN HARNESS

試聴 Click!

米国のサイケバンド。テストプレスのみで制作された69年録音の発掘2nd。女性ヴォーカルと浮遊系シンセをフィーチャーしたPファンク〜ファンクカデリック系の絶品スペースファンク!趣味の悪い後づけのジャケットは参考にしないでください・笑

SUN RA

試聴 Click!

自らを「土星からやってきた」と名乗る異色ジャズメン、サン・ラ。持ち味であるコスミックでフリーキーな管弦楽器が宙を飛び交う集団即興に、ESP仲間のファラオ・サンダースを迎え録音された64年ライヴ作。無秩序の中にわずかな秩序を見いだす喜び。

Facebookコメント

在庫一覧

  • ACHIM REICHEL & MACHINES / ECHO and A.R.IV

    民族工芸品のような暖かみに包まれた瞑想的ジャーマン・ロック

    72年と74年作をカップリングした2枚組。深いエコーに包まれたメロウなギター、様々な生活音のサウンド・コラージュ、クラシカルな格調高いストリングス、ジャジーな管楽器などが浮かんでは消える瞑想的なジャーマン・ロック。特筆すべきは、無機的な雰囲気はなく、根底には常にメロウネスが流れ、民族工芸品のような暖かみに包まれているところ。細部までしっかりと作り込まれている印象で、ロックとして素直に楽しめる作品(ピンク・フロイドと同じセンスをちょっと感じました)。抜群の音楽センス。名作。

  • AKRITAS / AKRITAS

    性急さと畳み掛けるようなテンションが魅力のギリシアを代表する名作、73年作

    ギリシアを代表する名作、73年の唯一作。バロック調のオルガン、端正なタッチのクラシカルなピアノ、アグレッシヴなキーボード、エッジの立ったエキセントリックなギター、手数多くアグレッシヴに疾走するドラム、静と動のパートの鮮やかな対比。これぞまさにプログレ。イタリアン・ロックを想わせる、性急さと畳み掛けるようなテンションも魅力。曲間なく全体がつながったコンセプト作で、静と動を自在に操る演奏力と、30分以上を一気に聴かせる構成力も見事です。

  • ALGARNAS TRADGARD / GARDEN OF THE ELKS: FRAMTIDEN AR ETT SVAVANDE SKEPP FORANKRAT I FORNTIDEN

    72年リリース、北欧アシッド・サイケ/アヴァンギャルドの傑作!

    スウェーデンのグループ、72年作。シンセサイザー、ヴァイオリン、リコーダー、打楽器、シタールなどをフィーチャーした北欧アシッド・サイケ/アヴァンギャルド。混沌とした感じはなく、アカデミックで格調高いのが特徴。ジャケットのイメージ通り、宇宙的な広がりを持った、スケールの大きな傑作。

  • BRAINTICKET / CELESTIAL OCEAN

    ドイツ/イタリア/スイス人で構成されるジャーマン・サイケ・グループ、73年作3rd

    ドイツ/イタリア/スイス人で構成、ドイツを拠点に活動したサイケデリック・ロック・グループが73年に発表した3rd。本作から本格参加した女性ヴォーカル兼シタール奏者Carole Murielの存在感が発揮された作品で、彼女の奏でるシタール、タブラ、そして電子音とヴォイスSEが絡み合うコラージュ的な音像が特徴。トライバルな響きを創出するパーカッションやトリップ系のSEのバリエーションも前作以上、M6やM7で顕著な音響的なサイケ効果もグッと拡張してます。勿論、グループの核である浮遊系のフルートは健在です。USから派生したエクスペリメンタル/電子サイケの一例としても聴いておきたい作品ではないでしょうか。

  • CHAPLIN HARNESS / CHAPLIN HARNESS II

    フィラデルフィア産サイケ・ロック、ジャケなしテストプレスのみといったオルガン・サイケの超レア盤!69年作2nd

    米ペンシルバニア州フィラデルフィア産のサイケ・ロック・バンド。本作は1stと同じ69年にテストプレスのみで制作された幻の発掘盤2nd!前作とはだいぶ顔ぶれの異なるメンバーで制作された本作は、Raymond Bozarthによるソウルフルなヴォーカルをグッと前面に押し出し、バックによく動く黒っぽいベースとJimmy Smithばりの饒舌&ファンキーなハモンドらを従えた、表情豊かで生命力に溢れたサイケ・アンサンブルが持ち味の作品です!なかでも女性ヴォーカル&浮遊系シンセをフィーチャーしたM4「In My Dream」はP-Funk/Funkadelicあたり好きにもオススメしたいスペース・ファンクといった楽曲!オルガン・サイケ好きは勿論、P-Funk系のサイケ・ファンクや黒っぽいサイケに目がない方もぜひ聴いてもらいたい一枚!か〜なり気持ち良いです!

  • GOLEM / ORION AWAKES

    73年録音、ジャーマン・ハード・コズミック・ディープなインスト集!

    スペーシーかつ、サイケデリックかつ、メロトロンと肉厚なハモンド・オルガンに導かれるは、遥か銀河の彼方!73年にジャーマン・サイケ・ハード・バンドが残した、混沌のインストナンバーがグイグイ展開される、彼らの大傑作。Cozmic Corridors、Feuerrote、Galactic Explorers、The Nazgul などクラウト・ロックのオブスキュアな面々に馴染みのある方は、殊にお薦め。ジャケにあるような怪奇的な宇宙船に乗り込んで、天外魔境へ出発…!

  • GONG / YOU

    一大叙事詩REDIO GNOMEの最終章にして、プログレッシヴ・ロックの歴史に燦然と輝く大傑作!74年発表

    David Allenを中心に結成され、個性的な浮遊感を持ったサイケデリックなスペース・ロックを確立。メンバーの出入りの多さからその人脈図は幾重にも枝分かれし、ファミリーバンドも多く存在し、プログレッシブ・ロックシーンに留まらず、エレクトロシーンなどにまでその影響を与えるグループの74年作。「Radio Gnome Invisible」と題されたシリーズの第3弾であり、3部作の完結編に位置づけられる本作は、サイケデリック・スペース・ロックバンドとしてのGONGの集大成的な一枚であり、バンドの代表作との評価も高い名盤。特に、執拗な反復の上でDidier Malherbeのサックスが響き、Steve Hillageのサイケデリックなギターが空間を支配する様は圧巻です。

  • GRATEFUL DEAD / LIVE/DEAD

    サイケデリック・ロック史に燦然と輝く傑作ライヴ・アルバム、69年発表

    69年10月リリース。すでに確立されつつあった「ライヴ・バンド」としての圧倒的なポテンシャルを銀盤に収めた傑作ライヴ・アルバム。ジェリー・ガルシアの浮遊感あふれるギターに心酔する「Dark Star」で幕を開け、絶妙なアルバム構成で最後の瞬間まで無心でトリップを堪能させてくれる一枚。彼らのライヴ音源は世界中に無数に存在しますが、本作一枚あれば充分だとさえ感じさせてくれます。一生涯のライヴ・アルバムを挙げるなら、間違いなくこの一枚。

    • 盤質: | 無傷or小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

      状態: | 良好 | | 不良 |

      全体的にたばこ臭・黄ばみあり、ジャケにケースツメ跡あり、背ジャケ側面部に色褪せあり

  • KHAN / SPACE SHANTY

    Steve Hillage&Dave Stewartを中心とするグループ、71年唯一作、英国らしい叙情性に富んだカンタベリー・ロック名作

    David Allenを中心に結成されたプログレッシブ・ロックを代表するバンドGONG。そのGONGを支えたギタリストであり、当時URIELを経たSteve Hillageが、THE CRAZY WORLD OF ARTHUR BROWNのメンバーと共に結成したグループの72年作。URIELやARZACHEL時代の盟友Dave Stewartをゲストに迎えたその内容は、後にHATFIELD AND THE NORTHで開花するDave Stewartの個性と言えるカンタベリー・ジャズ・ロック路線のアプローチに、Steve Hillageらしいスペース・サイケデリックな味付けが冴える作風であり、スペース・ロック、カンタベリーの両ジャンルから見ても重要作と言える、強烈な個性を放つ名盤となっています。

  • PIERRE MOERLEN'S GONG / DOWNWIND

    PIERRE MOERLEN'S GONG名義としてリリースされた第一弾作品、79年作

    David Allenを中心に結成され、個性的な浮遊感を持ったサイケデリックなスペース・ロックを確立。メンバーの出入りの多さからその人脈図は幾重にも枝分かれし、ファミリーバンドも多く存在し、プログレッシブ・ロックシーンに留まらず、エレクトロシーンなどにまでその影響を与えるグループの79年作。前作「Expresso II」でバンドの主導権を完全に掌握したPierre Moerlenですが、彼主導のGONGとして名義を変えて発表された本作は、David Allen脱退以降進めてきた打楽器が主導を取るジャズ・ロックサウンドをより明快に打ち出した名盤となっており、Mike Oldfieldが参加したミニマルな展開を見せる表題曲からDidier LockwoodのヴァイオリンやDidier Malherbeのサックスを生かしたナンバーまで、個性的な楽曲が素晴らしい作品と言えるでしょう。デジタル・リマスター。

  • PINK FLOYD / DARK SIDE OF THE MOON

    73年発表、ロックの歴史に燦然と輝く大名盤!

    ブルース・ロックに根ざした音楽性を持ちサイケデリック・ロックからその歩みを始め、全盛期にはRoger Watersの哲学的な歌詞と完璧なまでのコンセプト性で数々の伝説を作り上げた、世界を代表するロックグループの73年8th。もはや解説不要なまでの英国70年代ロックを代表する傑作であり、アメリカのビルボードチャートにおいて200位以内に15年間に渡ってランクインするという記録を打ち立てたロックの金字塔です。人間の内面に潜む「狂気」をリアルに描いた作品となっており、Alan Parsonsによって丹念に編集された様々な効果音のコラージュ、シンセサイザーの効果的な登用、ヒプノシスによるジャケットアートなどトータルコンセプト・アルバムとして不朽の名盤と言えます。

    • TOCP77163/4

      廃盤、ペーパーケース仕様、2枚組デラックス・エディション、デジタル・リマスター、スリップケース付き、定価3700

      盤質: | 無傷or小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

      状態: | 良好 | 並 | 不良 |

      帯有

      盤面複数キズ・曇りあり、スリップケースに若干圧痕あり

    • 盤質: | 無傷or小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

      状態: | 良好 | 並 | 不良 |

  • STEVE HILLAGE / L

    トッド・ラングレンのプロデュースによる76年2nd、本領発揮のコスミック・ロック名盤!ハマりすぎな「It's All Too Much」のカバー収録

    David Allenを中心に結成され、個性的な浮遊感を持ったサイケデリックなスペース・ロックを確立したプログレッシブ・ロックシーンを代表するバンドGONG。その全盛期を支え続けた名ギタリストによる76年2nd。Todd Rundgrenのプロデュースで製作されバックにはDon CherryやUtopiaメンバーが参加した本作は、Donovanの名曲「The Hurdy Gurdy Man」で幕を開けGeorge Harrisonの「It's All Too Much」で幕を閉じる非常にポップな印象のアルバムとなっています。しかしながら音楽的には独特のサイケデリックな音像を持ちオリエンタル・エスノ・フレーバーも感じさせながら彼らしいサウンドを提示。

  • YONIN BAYASHI / ISHOKU-SOKUHATSU

    日本を代表するプログレッシブ・ロック・バンド、ピンク・フロイドからの影響色濃い74年メジャー・デビュー作

    日本を代表するプログレッシブ・ロック・バンド。「18歳の若さでPINK FLOYDの“Echoes”を完璧に演奏できるバンド」としてライヴ会場を震撼させていた、森園勝敏/岡井大二/中村真一によるバンド「ザ・サンニン」を母体に71年に結成。本作は、74年リリースのメジャー・デビュー作。PINK FLOYD影響下のサウンド、日本語の持つ語感/情感を生かした抽象的な詞世界、そして若干21-22歳とは信じ難い卓越した演奏力。ジャパニーズ・プログレ永遠の金字塔。

    • PCCA00586

      シングルケース仕様、解説元から無し、定価1500

      盤質: | 無傷or小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

      状態: | 良好 | 並 | 不良 |

      帯有

      帯にケースツメ跡あり

関連CDリスト

日本中のディープなロック・ファンから集まった中古CD、世界のニッチ&ディープな新品CDの在庫豊富!続きはリストで探求ください!