プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(土・日・祝は翌日)、6,000円(税抜)以上送料無料

カケレコ・ジュークボックスTOP >

偉大なグループには必ず居る・・・それが【第三の男】 〜地味だけど愛すべき名ソングライターたち

偉大なグループには、カリスマ性に溢れたメンバーが2人居ることが多いですが、その2人に比べて目立たないながらも、いぶし銀の光を放つメンバーが居ますね。 そんな【第三の男】を取り上げてみましょう。

George Harrison - BEATLES

試聴 Click!

愛すべき永遠の【第三の男】と言えば、やはりこの人、ジョージ・ハリスンを置いて他に居ませんよね! 彼の存在なくして、ビートルズは『ビートルズ』になれなかったでしょう!91年の東京公演のオープニングを飾ったこちらの曲を紹介!

Jon Deecon - QUEEN

試聴 Click!

続きましての【第三の男】はクイーンのジョン・ディーコン!フロントの2人が存在感ありすぎですが、ベースのジョンも素晴らしい楽曲を数多く残していますね。名曲もありますが、ここは【第三の男】らしい愛すべき小曲を取り上げます。

Richard Wright - PINK FLOYD

試聴 Click!

ロジャー・ウォーター、デイヴ・ギルモアのツートップが君臨していますが、そのバックでリリカルなキーボードを奏でるとともに、美しい佳曲を残しているのがリック・ライト!『原子心母』収録のこの曲は、気だるく流麗な愛すべき名曲。

Richard Manuel - THE BAND

試聴 Click!

続きましては、ザ・バンドのリチャード・マニュエル! ソングライターとしての実力は一級品ながら、ロビー・ロバートソンやリヴォン・ヘルムの影に隠れる地味な存在感や、渋みと憂いある楽曲はジョージにも通じていて、いかにも【第三の男】。

Dennis Wilson - BEACH BOYS

試聴 Click!

ビーチボーイズで【第三の男】と言えば? ブライアン・ウィルソンが圧倒的で、他は誰がナンバーツーでスリーなのか難しいところですが、でも、バンドのパブリックイメージと異なるアーシーで内省的なデニスの曲は、いかにも【第三の男】。

Bruce Johnston - BEACH BOYS

試聴 Click!

続いてもビーチボーイズからいっちゃいましょう。兄弟でもなく、従兄弟でもない。ブルース・ジョンストンこそ【第三の男】にふさわしいかもしれません。『サンフラワー』『サーフズ・アップ』で彼が提供した流麗な楽曲は、作品をグッと魅力的にしています。

Richy Furay - BUFFALO SPRINGFIELD

試聴 Click!

ニール・ヤング、スティーヴン・スティルスの影に隠れた【第三の男】。傑作2nd『アゲイン』で本格的に楽曲を提供し、後にポコでブレイク。ポップ・フィーリング豊かなカントリー・ロックには【第三の男】らしい誠実な人柄が滲んでいます。

Chris Hilman - BYRDS

試聴 Click!

続きましての【第三の男】は、バーズのクリス・ヒルマン!4th『昨日より若く』でソングライターとしてデビューし、きらめく名曲で即ブレイク!彼の成長により、米ロックを代表するグループへと駆け上がったと言って過言ではないでしょう!

SOUTHER-HILLMAN-FURAY BAND

試聴 Click!

リッチー・フューレイ、クリス・ヒルマンという【第三の男】に、J・D・サウザーを加えたトリオ。J・D・サウザーもまた、「もうひとりのイーグルス」と言われた、いわば【第三の男】。愛すべき【第三の男】が集結したトリオというわけですね!

鈴木茂 - はっぴいえんど

試聴 Click!

そして我らが日本が誇る【第三の男】・・・はっぴいえんどの鈴木茂!ジョージ・ハリスンにも比肩する渋みと憂いとリリシズム。鈴木茂のソングライターとしての成長なくして傑作『風街ろまん』はなかったでしょう!

John Entwistle - THE WHO

試聴 Click!

ツイッター上で@nuruhati1124さんよりレコメンドいただきました!はい、ベースはブイブイ、ゴリゴリと前に出てきますが^^、存在はいぶし銀。これぞ【第三の男】ですね。

Robby Krieger - DOORS

試聴 Click!

@hattori1109さんよりレコメンドいただきました!最高のセレクションですね!ジム・モリソンの100分の1ぐらいしか知名度ないかもしれませんが、実は彼がメインソングライターなんですよね。ジム・モリソン亡き後の71年作よりご紹介!

Facebookコメント

在庫一覧

  • BUFFALO SPRINGFIELD / AGAIN

    米フォーク・ロックの礎を築いた、スティーヴン・スティルス/ニール・ヤング/リッチー・フューレイ/ジム・メッシーナによる名グループ、67年の傑作2nd

    Neil Young、Steven Stills、Ritchie Furayという傑出したソングライターが在籍したアメリカン・ロック史に残る名グループ。67年作の2nd。1stのビートの効いたポップなサウンドから一転、アーティスティックな佇まいが印象的。アメリカン・ロックの旨味を凝縮したような芳醇なメロディ、奇跡的にテンション溢れるアンサンブル。ずばり傑作です。

  • BYRDS / YOUNGER THAN YESTERDAY

    67年の4th、3人のソングライターが紡ぐ名曲満載の傑作!

    アメリカを代表するフォーク・ロック・グループ。バーズ版『ラバーソウル』『リボルバー』とでも言えそうな67年の4thアルバム。デイヴィッド・クロスビー、クリス・ヒルマンのソングライティングの才能が花開き、ロジャー・マッギンとの3人で勢いに溢れた名曲を連発。オープニングを飾る代表曲「So You Want To Be A Rock N Roll Star」から次々と魅力的なメロディが続きます。バーズの最高傑作と評すファンも多い名作。

    • SRCS9225

      ボーナス・トラック6曲、定価1600

      盤質: | 無傷or小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

      状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

      帯無

      帯無、若干ビニールソフトケースの圧痕あり

  • QUEEN / NEWS OF THE WORLD

    アリーナロックを志向した77年作、「WE WILL ROCK YOU」「WE ARE THE CHAMPIONS」の他にも名曲・佳曲を満載した代表作!

    77年作の6thアルバム。クイーンの代名詞的名曲「We Will Rock You」「伝説のチャンピオン」を収録しているだけでなく、ベースのジョン・ディーコンのメロディ・メイカーとしての才能が発揮された名曲「Spread Your Wings」(ブライアン・メイのソロが泣けます)、ポール・マッカートニーが作るアコースティックな小曲のようにリリカルな「Who Needs You」など名曲・佳曲ぞろいの代表作!

    • UICY40014

      紙ジャケット&紙ケース仕様、プラチナSHM、ターコイズブルー・レーベル、HRカッティング、巻帯付き仕様、

      盤質: | 無傷or小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

      状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

      帯有

      紙ケースに小さい圧痕・薄いスレあり

  • THE BAND / MUSIC FROM BIG PINK

    クラプトンやジョージを虜にしたアメリカン・ロック史上に輝く金字塔、68年1st

    68年のデビュー作。R&B、ブルース、ゴスペル、カントリーといったアメリカ南部ロックを消化した芳醇なサウンドは絶品の一言。音と音の「間」のなんと雄弁なこと。まさに完璧なグルーヴ。メロディ・ラインの美しさも特筆もの。Eric Clapton、George Harrisonなど、本作により音楽性が変わるほどの衝撃を受けたミュージシャン多数。ロック史を変えた全ロック・ファン必携の大名盤。アメリカン・ロック史上に輝く金字塔。

    • TOCP67391

      紙ジャケット仕様(赤茶帯)、24ビット・デジタル・リマスター、ボーナス・トラック9曲、定価2600

      盤質: | 無傷or小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

      状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

      帯有

    • TOCP50837

      紙ジャケット仕様、デジタル・リマスター、定価2548

      盤質: | 無傷or小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

      状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

      帯有

      若干経年変化があります

    • CP216027

      定価1970

      盤質: | 無傷or小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

      状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

      帯無

      帯無、ケースツメ跡あり

  • THE WHO / WHO'S NEXT

    71年発表、フックに富んだキャッチーなロック・ナンバーを満載した貫禄の名盤!

    本作は、71年に発表されたWHOの第5作目。冒頭曲の「BABA ORILEY」は反復するシンセサイザーのフレーズが印象的ですが、これはミニマル・ミュージックの先駆者、Terry Rileyからの影響を受けたもの。このことからも、彼等がモッズ・バンドとしてキャリアをスタートさせ、その後、前作の『TOMMY』で確立させたロック・オペラの先へと遥かな音楽的変遷の中を果敢に前進していたことが、端的に伺えます。シンセサイザーの大胆な活用や、長尺曲が並ぶ事からも、ある種プログレッシヴな方法論を取り入れているとも言えるでしょう。元々は未完に終わった『ライフ・ハウス』というプロジェクトの元で録音されていたものですが、無限の宇宙や自然にまで言及して行く詩の世界も含めWHOの新境地でもありました。

    • UICY7157/8

      デラックス・エディション、直輸入盤、デジパック仕様、2枚組、スリップケース付き仕様(画像はデジパックです)、定価3670

      盤質: | 無傷or小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

      状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

      帯無

      帯無、若干カビ・カップ染みあり、スリップケースに割れあり

関連CDリスト

日本中のディープなロック・ファンから集まった中古CD、世界のニッチ&ディープな新品CDの在庫豊富!続きはリストで探求ください!