プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

「DEEP PURPLEからはじまる「弾きまくり」オルガン・ロック探求!」~『カケレコのロック探求日誌』一週間一気読み!~

こんにちは。今週は、「DEEP PURPLEからはじまる「弾きまくり」オルガン・ロック探求!」というテーマで、facebookに投稿してまいりました。

とにかく弾いて弾いて弾きまくるハモンドが好きだ!というオルガン・ロック・ファンのみなさまのために、DEEP PURPLEばりに強烈なハモンドが聴ける作品を選んでまいりますよ!

Facebook

9月18日(火):DEEP PURPLE / MACHINE HEAD

第一日目は、DEEP PURPLEの72年作『MACHINE HEAD』です。

真冬のスイス、モントルーのホテルの廊下で録音された今作。ジョン・ロードのオルガンが堪能できる名盤ですよね。

早速「Highway Star」を聴いてまいりましょう!

イアン・ギランの美しく力強いボーカル、ロジャーとイアン・ペイスのドライヴ感満載のリズム隊、冴え渡ったリッチーブ・ラックモアのギター、そして高速なスピードで弾きまくるジョン・ロードの歪んだハモンド・オルガン・・・

一曲目から鳥肌が立つほどかっこいいです!(みなと)

試聴 Click!

CD詳細ページへ

9月19日(水):BRAM STOKER / HEAVY ROCK SPECTACULAR

2つめにご紹介するのは謎に包まれた英国のオルガン・ロック・グループ、BRAM STOKERによる72年唯一作『HEAVY ROCK SPECTACULAR』です。

DEEP PURPLEにURIAH HEEPにCRESSIDAなどなど数多のオルガン・ロックを生んできた英国ですが、このグループは…とにかくテンションが高い!

パープルばりの豪快な疾走感、切れ味鋭く歪んだギター、そしてそのギターを凌駕するかの如き重厚な音圧で終始掻き鳴らされるハモンドっ!
ただハードなだけでなく、ジョン・ロードを彷彿させる荘厳な様式美的クラシカル・テイストもふんだんに取り入れているのが実にたまりませんよね!

いやはや、ついつい私までテンションが上がってしまいましたが、とにかくこれは未聴のパープル・ファンは是非チェックですよ!(増田)

試聴 Click!

CD詳細ページへ

9月20日(木):SIXTY NINE / CIRCLE OF THE CRAYFISH

今回ご紹介するのはドイツより、72年に唯一作を残したオルガン・ハード・グループSIXTY NINEです。

聴いていただければお分かりですが、このグループもとにかく弾いて弾いて弾きまくり!

1曲目からゴリゴリに歪んだ強烈なトーンで「ジョン・ロード?キース・エマーソン?それがどうした」と言わんばかりにハイスピード&テクニカルなプレイを繰り広げていくハモンド。そしてもちろんその中にクラシカルなフレーズもバッチリ織り交ぜていく周到さ。

もうこの弾きっぷりには笑いしか出てきません。もしかしたらクスリでも決めてるのかもしれません。それくらいの凄まじさです。(増田)

試聴 Click!

CD詳細ページへ

9月21日(金):OPUS / OPUS 1

ラストは例によって辺境よりご紹介いたしましょう。
旧ユーゴスラビア出身のグループOPUSの75年唯一作『OPUS 1』です!

何と言っても、このオープニングナンバーが素晴らしい。これでもかと荘厳に鳴らすクラシカルなタッチのオルガンが雰囲気抜群な導入部に、イタリアン・ロックに近い歌いぶりの熱いヴォーカルが入り、アンサンブルが力強く動き出します。

序盤こそテンポを抑えた展開でプログレ風の重厚感を醸し出していますが、スピードが上がり演奏がヒートアップしていく後半は、ジョン・ロードばりのオルガンさばきが炸裂。オルガン・ハード然とした疾走感あるソロに、思わず拳を握ってしまいます。

ずばり東欧を代表するオルガン・ハード名曲に認定!(佐藤)

試聴 Click!


世界のオルガン・ロック特集

【関連記事】

世界のオルガン・ロック特集

くすんだトーンのオルガンが描く幻想的なオルガン・プログレを世界中から選りすぐってご紹介いたしましょう。


秋に聴きたい、哀愁のオルガン・ロック特集。

【関連記事】

秋に聴きたい、哀愁のオルガン・ロック特集。

はらはらと枯れ葉舞うような、哀愁のハモンドを聴かせる作品を集めました。


『カケレコのロック探求日誌』一週間一気読み!~「ドアーズ『ハートに火をつけて』から出発するアングラ・オルガン・サイケ探求」~

【関連記事】

『カケレコのロック探求日誌』一週間一気読み!~「ドアーズ『ハートに火をつけて』から出発するアングラ・オルガン・サイケ探求」~

ドアーズ『ハートに火をつけて』を起点に、様々なアングラ・オルガン・サイケを聴いてまいります!

カケレコのSNSではワクワク探求情報を発信中!

Facebook
Twitter

Instagram

DEEP PURPLEの在庫

  • DEEP PURPLE / BOOK OF TALIESYN

    68年2nd、『イン・ロック』〜『マシン・ヘッド』へと続く、栄光のバンド史における、もっともっと語られるべき確かな一歩

    前作から一気にハード・ロック色が増した68年作の2nd。タイトかつ手数多いハード・ドライビングなドラム、グルーヴィーに動き回るベース、切れ味鋭く歪んだリズム・ギターが一体となって聞き手を飲み込むリズムのなんと強靭なこと!ここぞではベースがトーンを歪ませてハイ・ポジションで暴走して、まるでメタリカか!というぐらいのヘヴィ・メタリックなテンション!これが68年!?タメが効きつつも前のめりでエッジのあるギター・ソロはリッチー・ブラックモアの記名性たっぷりだし、ジョン・ロードのオルガンも、R&Bのグルーヴ、クラシックの端正さ、ロックのダイナミズムが一体となっていて、R&B〜ブルース〜ジャズに根ざした「オルガン・ロック」勢とは異なる個性を感じます。『イン・ロック』の前の初期3作品は、「アート・ロック」の作品と称されていますが、いやはやこのアグレッシヴさとヘヴィネスはまさに「パープル」。ドアーズのジム・モリソンを英国らしくジェントルにしたようなロッド・エヴァンスの歌唱、ギターのフィードバック音やぐるぐると渦を巻くオルガンのエコーなど、この時代ならではの空気感もいい塩梅。時間的な制約でカヴァー曲も含まれていますが、ビートルズの「We Can Work It Out」をはじめ、大胆なポップ・ソングのカヴァーにクラシックのパロディ的導入を組み合わせたり、気鋭な才能が溢れまくっています。『マシン・ヘッド』の1万分の1ぐらいしか聴かれてないだろうけど、『イン・ロック』〜『マシン・ヘッド』へと続く、栄光のバンド史における、もっともっと語られるべき確かな一歩。サイケからプログレ〜ハード・ロックへの過渡期である68年の作品の中でも光り輝く名作です。

  • DEEP PURPLE / IN ROCK

    第二期パープルの幕開けとなった70年作

  • DEEP PURPLE / ROYAL PHILHARMONIC ORCHESTRA CONDUCTED BY MALCOLM ARNOLD

    70年作

  • DEEP PURPLE / FIREBALL

    71年発表、第ニ期パープルを代表する傑作

  • DEEP PURPLE / LIVE IN JAPAN

    72年の東京/大阪公演を収めた、ライヴアルバム史に残る傑作盤!

  • DEEP PURPLE / MADE IN JAPAN

    72年8月の初来日公演

  • DEEP PURPLE / COME TASTE THE BAND

    新ギタリストに天才トミー・ボーリンを迎えて制作された75年作

  • DEEP PURPLE / MADE IN EUROPE

    リッチー在籍期最後のステージとなった75年4月7日のパリ公演を中心にしたライヴ盤

  • DEEP PURPLE / LAST CONCERT IN JAPAN

    77年作、トミー・ボーリン在籍の第4期パープルによる75年武道館公演を収録

  • DEEP PURPLE / NOBODY’S PERFECT

    88年作

  • DEEP PURPLE / BATTLE RAGES ON…

    93年作

  • DEEP PURPLE / PURPLE CHRONICLE: THE BEST SELECTION OF 25TH ANNIVERSARY

    25周年記念ベスト・ボックス、全46曲

  • DEEP PURPLE / BLACK NIGHT

    「BLACK NIGHT」「SPEED KING」のRoger Gloverリミックスを収録

  • DEEP PURPLE / 30: VERY BEST OF

    98年編集ベスト、全18曲

  • DEEP PURPLE / IN PROFILE

    99年リリース、コンピレーション

  • DEEP PURPLE / LIVE IN AMSTERDAM 1969

    イアン・ギランが加入し、第二期ディープ・パープルがスタートして間もない時期を記録したアムステルダム公演のライヴ盤!

    イアン・ギランが加入し、第二期ディープ・パープルがスタートして間もない69年8月24日のオランダはアムステルダムのパラディソでのライヴをサウンドボードで収めたライヴ盤。曲目は、SPEED KINGの原型「Kneel And Pray」、「Child In Time」、「Wring That Neck」、ストーンズのカヴァー「Paint It Black」、「Mandrake Root」の5曲で、66分収録。

    • TOP10TOP GEAR

      ボーナス・トラックとして、70年6月のドイツはハンブルグでのライヴから「Black Night」を収録

      最終トラックのボーナス・トラックは音飛びなど再生不良がございます。ご了承ください。

「DEEP PURPLEの在庫」をもっと見る

BRAM STOKERの在庫

  • BRAM STOKER / HEAVY ROCK SPECTACULAR

    72年作、英オルガン・ロック、これは文句なしの名作!

    72年作の唯一の作品。メンバークレジットが無いなどの匿名性や謎めいたジャケットから、どんなアンダーグラウンド・サウンドが飛び出すのか恐る恐る聴いてみると、端正なオルガン・ロックでびっくり。クレシダを想わせるクラシカルなハモンドが素晴らしいの一言で、全編に渡ってこの時代特有の淡いトーンが魅力的。テンション溢れるハード・エッジなパートから叙情性溢れるパートまで、バンド・アンサンブルも隙が無く、各メンバーの音楽的素養の高さを感じさせます。文句なしの名作70年代ブリティッシュ・ロック好きは必聴です。

「BRAM STOKERの在庫」をもっと見る

SIXTY NINEの在庫

  • SIXTY NINE / CIRCLE OF THE CRAYFISH

    EL&Pも真っ青!破天荒なジャーマン・オルガン・ハード!72年発表のスタジオ唯一作

    72年の唯一作。超重低音の暴走ドラムをバックに、もの凄い音圧のファズ・オルガンがウネリを上げて暴れ回ります。EL&Pも真っ青な破天荒っぷり。荒々しさの中にも、クラシカルなフレーズを織り交ぜるなど、かなり得体が知れません。ぶっ飛びまくりなジャーマン・オルガン・ハードの逸品。

  • SIXTY NINE / LIVE

    72年リリース、EL&Pも真っ青!破天荒なジャーマン・オルガン・ハード!

    ドイツの暴走オルガン・ハード・グループ。74年録音のライヴ音源。72年の唯一作「CIRCLE OF THE CRAYFISH」で聴けた破天荒っぷりはここでも健在。これはただただ凄まじい…!!

「SIXTY NINEの在庫」をもっと見る

OPUSの在庫

  • OPUS / OPUS 1

    旧ユーゴ出身、クラシカルなオルガンがとにかく荘厳に鳴り響くオルガン・プログレ、75年作

    旧ユーゴはベオグラード出身、YU GRUPAの結成メンバーながらメンバー間の対立によりデビュー前に脱退したKey奏者とギタリストの2人を中心に73年に結成されたグループ。75年の唯一作。シンガーは初期KORNI GRUPAに在籍してシングルを残したことでも知られ、後にはセルビアを代表するシンガーとなるDusan Prelevic。オープニングから分厚く荘厳に鳴り響くクラシカルなオルガン。前のめりの性急かつシャープなドラムが入ると、テクニカルなピアノ、荒々しく熱情的なヴォーカルも入って、バンコなどイタリアン・ロックに通じる爆発的なシンフォニック・ロックを聴かせます。ブルージーな野蛮さとクラシックの荘厳さとがせめぎ合うアンサンブルは、まるで英国のパトゥにキース・エマーソンが入ったかのような強烈さ。プロコル・ハルム的クラシカル&ソウルフルなバラードもグッとくるし、これは素晴らしいグループです。名作。なお、本作リリース後、バンドは解散。ベーシストのDusan CucuzはTAKOを結成します。

「OPUSの在庫」をもっと見る

60&70年代ロック/プログレCDの買取なら是非カケハシ・レコードへ!

ご紹介したようなオールタイムのプログレや60s/70sロックのCDで聴かなくなったものはございませんか? 査定の正確さ・高額買取で評価いただいているカケレコ「とことん査定」、是非一度お試しください!買取詳細&買取査定額の一例はコチラ↓
http://kakereco.com/about_assess.php

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

文・後藤秀樹

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。