プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(土・日・祝は翌日)、6,000円(税抜)以上送料無料

LIVE

SIXTY NINE

5223(JAMES & SMITH

デジパック仕様。

評価:47 3件のレビュー

72年リリース、EL&Pも真っ青!破天荒なジャーマン・オルガン・ハード!

ドイツの暴走オルガン・ハード・グループ。74年録音のライヴ音源。72年の唯一作「CIRCLE OF THE CRAYFISH」で聴けた破天荒っぷりはここでも健在。

他のお客様はこんな商品も一緒に買っています

SIXTY NINE / CIRCLE OF THE CRAYFISH の商品詳細へ

SIXTY NINE/CIRCLE OF THE CRAYFISH

EL&Pも真っ青!破天荒なジャーマン・オルガン・ハード!

2290円(+税)

GRANMAX / A NINTH ALIVE and KISS HEAVEN GOODBYE の商品詳細へ

GRANMAX/A NINTH ALIVE and KISS HEAVEN GOODBYE

ハード&ドラマティックな米ハード・ロック

2290円(+税)

ATTILA / ATTILA の商品詳細へ

ATTILA/ATTILA

あのBilly Joelのグループとは思えない、エキセントリックな米ハード・ロック、70年作

2290円(+税)

AINIGMA / DILUVIUM の商品詳細へ

AINIGMA/DILUVIUM

ファズ・ギターとハモンドが暴れ回るヘヴィ・ロック、ジャーマン・サイケ、73年作

2590円(+税)

このアーティストのその他タイトルのCD

レビューの投稿

レビューは登録ユーザーのみ記入できます。

新規登録 ログイン

レビュー一覧

評価:5 擬似実況録音、実質2nd album(4 拍手)

さん レビューをすべて見る

studioで1発録音し観客の歓声を後から被せた擬似実況録音と思われます(実際後半数曲には歓声が全く入って居ません)。
circle of the crayfishとは重なる曲がなく、実質2nd albumです。
speed, hard & heavyだったcircle of the crayfishに比較すると、Lee Michaelsの様なAmerican tasteが多少感じられます。

ナイスレビューですね!

評価:4 おそらく最高傑作ライヴ(2 拍手)

じゃ、見ろクワイ(笑)さん レビューをすべて見る

あんな超人的でないけれどイアン・ギランのようなシャウトが炸裂し、EL&Pのようなムーグが火を噴くライヴです。スタジオ作よりも遥かに弾けています。デュオなのに演奏はしっかりしています。

ナイスレビューですね!

評価:5 ☆7層のプリンツレゲンテントルテ風味☆ (食べたことないけど)(0 拍手)

4001jacoさん レビューをすべて見る

ジャケ写と鳴っている音からして、ハモンド/クラビネット/ミニムーグ/アップライトピアノ/ベースペダル/ボーカルのアーミン・ストーウェ、ドラムのローランド・シャップ、2人だけの独バンド。
1974年 ハンブルグとマインツでのライヴからの抜粋 10曲で72分です。

1曲目「Just Right Here and Now」 2曲目「Red Guitar」、ハモンドとムーグがうなるへヴィロックで幕開け、3曲目「Little Country Girl」はシャッフルのソウルフルR&B感も。
4曲目「7step to Hell」で雰囲気がゴシック系の語りから始まり=後年ですが 〈アンブロージア1st(米1975)〉 「Mama Frog」の中間部っぽい=ムーグ、ハモンドが再び暴れ、最後はELPのグレッグ・レイクに似たVoで締め。
5、6曲目はまたまたエマーソンフレーズも一部入れながら、これもレイク風歌唱。(この曲あたりがスタイルとして一番ELPっぽい)
8曲目前半リック・ウェイクマン風ムーグソロからELP形態へ展開。

全体として、2人だけなのにレッドゾーン振り切り続けの熱量と体力に打ち負かされます。 逆に言えば、激しめのキーボードトリオって2人でも出来るんだ!的発見が・・
ボーカルは他のレヴュアーさんの言われた通り、イアン・ギラン風とグレッグ・レイク風の2パターンあります。 Drもボーカル取ってるのかは不明です。(全編英語)

キーボードのアーミンは、その後PPGコンピュータ、オーバハイムやムーグモジュラーシステムに関わる開発に携わりますが、残念ながら2005年ベルリン近郊の古い軍隊の兵舎で自殺されたそうです・・エマーソンも然りですが本当に惜しいミュージシャン・・

なにせ演奏のハードなぶっとび加減とテクニカルな安定感が同居する、かなりELPに近い「コンビ」です。 
同じ編成では、伊のルスティチェリ&ボルディーニがありますがあそこまでスコアリングされている感じではなく、とにかく力でねじ伏せる系が痛快な、レヴュータイトル通りの7層ケーキくらい厚くて、表面のダークチョコレートの様に苦みも走るいいバンドでした。

※上記記載、履歴などのソース元は、ジャケに印刷された独文からです。

ナイスレビューですね!