プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

愛すべきブリティッシュ・ポップ・デュオ特集!

2人のシンガーソングライターが英国の田園風景をバックに紡ぐ美しいメロディと2人の歌声が奏でる穏やかなハーモニー。

ジョンとポールの国、イギリスから生まれたそんな愛すべきデュオ達をピックアップいたしました。

英国らしいメロディとハーモニーに酔いしれることといたしましょう!

STEALERS WHEEL/STEALERS WHEEL

スコットランドのポール・マッカートニーと評される名SSWのGerry Rafferty率いるポップ・フォーク・デュオの72年デビュー作。

何度でもかみしめたくなる素朴で美しいメロディ。鼻に掛かった憂いのあるヴォーカルも最高です。

試聴 Click!

GALLAGHER & LYLE/WILLIE AND THE LAPDOG

McGUINNESS FLINTを支えた黄金のソングライター・デュオ。73年作の2nd。

親しみ溢れる美しいメロディー、マンドリンやアコーディオンによる牧歌的なアンサンブルが素晴らしい英国フォーク・ロック。

試聴 Click!

SPLINTER/PLACE I LOVE

ジョージ・ハリスンが設立したダーク・ホースの第一弾作品と言えば?

英ポップ・デュオの74年のデビュー作なんですが、ゲストも豪華だし、ジョージがプロデュースしていて、ギタリストとして全面参加してスライドを鳴らしていて、これ、最高!

試聴 Click!

HUDSON-FORD/NICKELODEON

VELVET OPERA~STRAWBSで活躍したRichard Hudson(G/Vo)、John Ford(G、B、Vo)の2人によるデュオ。73年作の1st。

ポール・マッカートニー直系のメロディ・センスと英国的な哀愁がにじみ出たヴォーカル&メロディがとにかく絶品。

ブリティッシュ・ポップのファンは絶対に買いの一枚。おすすめです。

試聴 Click!

RICHMOND/FRIGHTENED

Steve HallとChas Sewardによるデュオ。73年の唯一作。

エミット・ローズ、イアン・マシューズ、コリン・ヘアあたりのファンは必聴!

マイナーながら、ポップな英フォーク・ロックとして一級の名作です。

試聴 Click!

KEITH CROSS & PETER ROSS/BORED CIVILIANS

T2で素晴らしいギターワークを聴かせてくれたキース・クロスがピーター・ロスと組んで発表した72年の唯一のアルバム。

後半のギター・ソロの素晴らしさときたら!

何重にも被せられたギターが一音の無駄もなく、まるで呼吸しているかのようにお互いに絡み合う!

英フォーク・ロックの名曲をどうぞご試聴ください!

試聴 Click!

TARNEY & SPENCER/TARNEY AND SPENCER

バック・コーラスやプロデュースとしても活躍した英国人デュオ。76年作。

サウンドをたとえるなら、ジョージ・ハリスンとエルトン・ジョンがデュオを組んだらって感じ!?

そんな牧歌性と都会的洗練とが同居した英ポップの名品です。

試聴 Click!

SUTHERLAND BROTHERS (BAND)/LIFEBOAT

GavinとIainのSutherland兄弟によるデュオ。ISLANDより72年にリリースされた2nd。

ロッド・スチュワートでお馴染みの名曲「セイリング」はカヴァーだったってご存知でしょうか。原曲は本作に収録っ!

試聴 Click!

HUNT & TURNER/MAGIC LANDSCAPE

英国フォーク・デュオによる72年の唯一作。

もうちょい牧歌的なジャケだったらサウンドのイメージ通りで、より多くの人に聴かれただろうなぁ。

愛すべき木漏れ日フォーキー・ロックですよ、これ!

試聴 Click!

DAVEY & MORRIS/DAVEY & MORRIS

北アイルランドのベルファスト出身のフォークデュオ、73年唯一作。

まるでサンディー・デニーが歌っていそうな寂寥感あるトラディショナルな旋律と、マーク=アーモンドばりの洗練されたポップセンスが融合しています。

試聴 Click!

GOTHIC HORIZON/TOMORROW’S ANOTHER DAY

MITEN名義でソロとしても英フォーキー・ポップの名作を残すAndy Desmonによるデュオ。

英国的なリリシズムとアシッド臭とのバランスが絶妙ですね。

霧の中から現れる英フォーキー・ポップの逸品。

試聴 Click!

関連カテゴリー

ブリティッシュ・デュオ・セレクション

  • HUDSON-FORD / NICKELODEON

    キャッチーなメロディと豊かなアレンジが冴え渡るブリティッシュ・ポップの名作、73年作

    VELVET OPERA〜STRAWBSで活躍したRichard Hudson(G/Vo)、John Ford(G、B、Vo)の2人によるデュオ。73年作の1st。ポール・マッカートニー直系のメロディ・センスと英国的な哀愁がにじみ出たヴォーカル&メロディがとにかく絶品。Gerry Raffertyあたりに通ずる雰囲気を感じます。中域がまろやかなメロウなギターを中心に、ピアノ、ストリングス、キーボード、バンジョーなどが、メロディを優しく包み込みます。スウィートで憂いのあるハーモニーと哀愁のバンジョーが胸に染みる「Angels」、必殺のメロディと格調高くリリカルなピアノ&ストリングスが素晴らしすぎる「I Wanted You」、ポール・マッカートニーが作るアコースティックな小曲に通ずる「Let Her Cry」、鮮やかな展開が見事なビートリッシュな「Revedations」など、とにかくキャッチーなメロディ・センスと奥行きのあるアレンジが素晴らしすぎます。メロディアスな曲だけでなく、1曲目「Crying Blues」など、粘っこくファンキーなリズムがキャッチーなメロディに絡みつくハード・ポップも魅力的。ブリティッシュ・ポップのファンは絶対に買いの一枚。おすすめです。

  • KEITH CROSS & PETER ROSS / BORED CIVILIANS

    T2で素晴らしいギターワークを聴かせたキース・クロスがSSWピーター・ロスと組んで発表した唯一のアルバム、72年発表

    T2で活躍したギタリストKeith Crossが、Peter Rossと組んだデュオ。72年の唯一作。T2でのハード・ドライヴィングなギターと異なり、幾重にも紡がれたギター・アンサンブルが彼一流のセンスを感じさせてくれる極上のブリティッシュ・フォーク・ロック。繊細な質感と英国らしい「けだるさ」が絶妙に合わさった、雰囲気抜群の傑作。とにかくどの曲もアレンジが素晴らしく、キース・クロスの音の配置の巧みさが際立っています。特に一曲目後半のギター・パートは特筆もので、何重にも被せられたギターが一音の無駄もなく、まるで呼吸しているかのようにお互いに絡み合う瞬間はいつ聴いても眩暈を覚えます。英フォーク・ロックの必聴盤。

  • HUNT & TURNER / MAGIC LANDSCAPE

    牧歌性と繊細さが同居した愛すべき英フォーク・ロック、72年作、HERONやPete Delloのファンなら間違いなし!

    英国フォーク・デュオ。72年作。牧歌的なメロディ、人懐っこいハーモニーなど、アメリカン・フォークからの影響を軸に、ジャケットのイメージ通りの陰りを閉じ込めたサウンドはいかにも英国フォーク。「Magic Landscape」「Mr.Bojangles」など、ちょっともったりとしたドラムがHERONの2ndを彷彿とさせる「いなたい」フォーク・ロックも絶品。郷愁を誘い、涙がこぼれそうになります。もうちょっと牧歌的なジャケットだったらサウンドのイメージ通りで、より多くの人に聴かれていたのではと思います。愛すべき好作品。

  • RICHMOND / FRIGHTENED

    73年リリース、メランコリックな英フォーク・ロックとして一級の名作

    Steve HallとChas Sewardによるデュオ。73年の唯一作。郷愁のメロディ&ハーモニー、優しく包み込むような歌声が魅力的な英フォーク・ロック。実に英国的な憂いを帯びた重厚なストリングスも良い雰囲気。ビートリッシュな甘さとともに、繊細さや荘厳さも内包したサウンドは孤高の存在感。メランコリックなメロディはどの曲も必殺の出来映え。ジャケットの雰囲気にピンと来たら、聴いて損は絶対にありません。Colin Hare、Ian Matthews、Emitt Rhodesあたりのファンは必聴!ポップな英フォーク・ロックとして一級の名作。

  • GOTHIC HORIZON / TOMORROW’S ANOTHER DAY

    美しいメロディとリリカルなアンサンブルによる英フォーク・ポップ・デュオ、72年作

    ブリティッシュ・フォーク・デュオ。72年作の2ndアルバム。2人の弾き語り中心の素朴なサウンドの1stに比べ、ドラム、ストリングス、ホーン、キーボードなどをフューチャーし、フォーク・ポップとして一層魅力が増した印象。格調高くも親しみやすいメロディー、繊細なヴォーカル&ハーモニー、リリカルなアンサンブルが一体となった佳曲揃いの名作。

  • TARNEY & SPENCER / TARNEY AND SPENCER

    76年作、英国的なハートウォーミングさと都会的なセンスとが絶妙にバランスした英ポップの名作

    バック・コーラスやプロデュースとしても活躍した英国人デュオ。76年作。Gerry Raffertyを彷彿とさせるようなハートウォーミングな憂いとChris Rainbowを彷彿とさせる透明感あるハイ・トーンがたいへん魅力的なヴォーカル、英国叙情いっぱいのメロディ、一瞬でポップ・ファンの心を鷲づかみにするキャッチーなコーラス・ワーク、英フォーク・ロックの土の香りと都会的な洗練とが絶妙にバランスしたセンス溢れるアンサンブルが印象的。絶品ブリティッシュ・ポップ/ニッチ・ポップ

  • SUTHERLAND BROTHERS (BAND) / LIFEBOAT

    美しいメロディと枯れた風情が印象的なスコットランドのグループ、72年作2nd、ロッド・スチュワートのカバーバージョンで知られる名曲「Sailing」のオリジナルを収録

    GavinとIainのSutherland兄弟によるデュオ。ISLANDより72年にリリースされた2nd。ロッド・スチュワートでお馴染みの名曲「Sailling」は実はこのデュオの曲のカヴァーで、原曲は、このアルバムに収録されています。英国的な哀愁いっぱいでグッときっぱなしのデビュー作と同じスタイルのサウンドで、もっさりゆる〜いグルーヴのドラム、柔らかにロールするピアノ、哀愁いっぱいのオルガン、メロディアスなオブリガードに胸が熱くなるギター、そして、二人の郷愁のヴォーカル&コーラス、叙情的なメロディが素晴らしすぎて、オープニング・ナンバーからその魅力全開。ロニー・レインやヘロンの2ndやブリンズリー・シュウォルツやリンディスファーンのファンなら間違いなく泣きそうになっちゃうはず。これぞ英フォーク・ロック!といえる枯れた哀愁にみちた佳曲ぞろいの逸品!「Sailing」のオリジナルVer、泣けるなぁ。マフ・ウインウッドがプロデュースで、その弟のスティーヴ・ウィンウッドもゲスト参加!

  • STEALERS WHEEL / STEALERS WHEEL

    Gerry Rafferty率いるグループ、72年作、ハート・ウォーミングな英ポップを代表する名作

    ポール直系のSSWとして知られるGerry RaffertyとJoe Eganによるポップ・フォーク・デュオ。72年のデビュー作。郷愁を誘うメロディ&ハーモニー、長閑で哀愁溢れるアンサンブル。Colin Hare、Pete Delloあたりと並んで、ハート・ウォーミングな英ポップを代表する名作。何度でもかみしめたくなる素朴で美しいメロディ。鼻に掛かった憂いのあるヴォーカルも最高。本当に良いアルバムです。

  • SPLINTER / PLACE I LOVE

    ジョージ・ハリスンが設立したダーク・ホース・レーベルの第一弾アーティストとして送り出された英ポップ・デュオ、74年デビュー作

    ジョージ・ハリスンが設立したダーク・ホースの第一弾として74年にリリースされた英ポップ・デュオによりデビュー作。ジョージ・ハリスンのプロデュースで、ジョージはギタリストとして演奏でも全面参加している他、ビリー・プレストン、クラウス・フォアマン、アルヴィン・リー、ゲイリー・ライト、ジム・ケルトナー、メル・コリンズなどが参加。1曲目からバッドフィンガーをゴージャスなポップに仕立てたような生きのいいロック&ポップスでスタート!ジョージのスライド、アルヴィン・リーのキレのあるギター・ソロもキマってます。ジョージのドブロから哀愁がみなぎる干し草香るフォーキー・ポップの2曲目もグッとくるし、ゲイリー・ライトのピアノとビリー・プレストンのオルガンが叙情美たっぷりでメロウ&ドリーミーな3曲目も感動的だし、その後もフォーキー・ポップな佳曲が目白押しで、こ、これは素晴らしい!ジョージは、彼らの曲をはじめて聞いた時、ソングライティングの腕前に驚いたようですが、どの曲も本当にフックに富んでいます。英ポップ・ファンは必聴の名作。

  • DAVEY & MORRIS / DAVEY AND MORRIS

    北アイルランドはベルファスト出身のフォークデュオ、トラッドの寂寥感とマーク=アーモンドばりの洗練されたポップセンスが融合した73年唯一作

    北アイルランドのベルファスト出身、ショーン・デイヴィーとジェイムス・モリスとで結成したフォークデュオ。73年の唯一作。レーベルは、ブリティッシュフォークの良作を多くリリースしているヨークレコードです。しっとりと流れるように奏でられるピアノのアルペジオ、マーク=アーモンドあたりを彷彿させる叙情的でいて洗練されたリズム・セクション、そして、ちょっぴりスモーキーでいて透明感のある繊細な歌声。一聴した印象は「流麗」なのですが、どこか厳かで胸が締め付けられるような物悲しさがあって、メロディ・ラインに意識を留めると、おぉそうか、サンディー・デニーが歌っていそうな感じ。どこか寂寞とした感じで、北アイルランドの寒々しい風景が思わず浮かんできます。オープニング・ナンバーから言葉を失うほどの名曲で、柔らかながらも純粋でいて芯のあるボーカルとギター、そこにアイリッシュ・ブズーキーがきらびやかに鳴らされ、ピアノが神秘的に入り込み、静かにオーケストラが交じってきて・・・まるでフォーキーな讃美歌のようです。アルバムには、中期キンクスを思わせる牧歌的な曲もあり、2人が紡ぐポップなメロディも特筆もの。プロデューサーはストローブス結成メンバーのトニー・フーパ―。ジャケの内気そうな2人そのままといえる内省的でいて気品に満ちた、英国フォーク・ポップの隠れた名盤です。

  • GALLAGHER & LYLE / WILLIE AND THE LAPDOG

    英国的で美しいメロディとハーモニーが心に染みる絶品フォーク・ロック

    McGUINNESS FLINTを支えた黄金のソングライター・デュオ。73年作の2nd。親しみ溢れる美しいメロディー、マンドリンやアコーディオンによる牧歌的なアンサンブルが素晴らしい英国フォーク・ロック。名作。

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

文・後藤秀樹

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。