プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(土・日・祝は翌日)、6,000円(税抜)以上送料無料

FERGUSLIE PARK

STEALERS WHEEL

CDLEM37(LEMON

評価:50 1件のレビュー

スコットランドのポール・マッカトニーと言われるソングライター率いるグループと言えば?「田舎のビートルズ」と言える愛すべき名曲ですね。ピアノが踊る間奏で木漏れ日が降ってきます。

スコットランドのポール・マッカートニーGerry Raffertyによる英フォーク・ポップ・デュオ

ポール直系のSSWとして知られるGerry RaffertyとJoe Eganによるポップ・フォーク・デュオ。73年作の2nd。1stの延長線上にある、温かみ溢れるメロディ&ハーモニーが素晴らしい哀愁いっぱいの英フォーク・ロック。ソングライター・コンビのもう一人Joe Eganも特筆すべきメロディ・メイカーで、彼のペンによる「STAR」は、田舎のビートルズと呼びたくなるような郷愁を誘う名曲。それにしても、どの曲もメロディが素晴らしい!2人の優秀なソングライターが次々と美しくも「いなたい」メロディを紡ぐ逸品。ジャケットの雰囲気にピンときたら間違いなく気に入るでしょう。

他のお客様はこんな商品も一緒に買っています

STEALERS WHEEL / RIGHT OR WRONG の商品詳細へ

STEALERS WHEEL/RIGHT OR WRONG

スコットランドのポール・マッカートニーGerry Raffertyによる英フォーク・ポップ・デュオ

1790円(+税)

STEALERS WHEEL / STEALERS WHEEL の商品詳細へ

STEALERS WHEEL/STEALERS WHEEL

Gerry Rafferty率いるグループ、72年作、ハート・ウォーミングな英ポップを代表する名作

1690円(+税)

EVERYONE / EVERYONE の商品詳細へ

EVERYONE/EVERYONE

アンディ・ロバーツ率いる英ロック/フォーク・ロック・グループ、B&Cからの71年作

2190円(+税)

STACKRIDGE / MAN IN THE BOWLER HAT の商品詳細へ

STACKRIDGE/MAN IN THE BOWLER HAT

70年代ブリティッシュ・ポップを代表する傑作、74年3rd、ジョージ・マーティン・プロデュース!

1090円(+税)

YouTube動画

試聴 Click!

テーマでカケハす。

木漏れ日のように柔らかなメロディとハーモニー。木漏れ日フォーク・ロック名作選

まとめて試聴する

関連Webマガジン記事

このアーティストのその他タイトルのCD

  • Gerry Rafferty率いるグループ、72年作、ハート・ウォーミングな英ポップを代表する名作

    田舎のポール・マッカートニーとも言われるジェリー・ラファティ率いるグループのデビュー作。郷愁を誘うヴォーカル&メロディ&ハーモニー。ただただ、ハートウォームですね。

  • スコットランドのポール・マッカートニーGerry Raffertyによる英フォーク・ポップ・デュオ

    スコットランドのポール・マッカートニー!? 後期ビートルズのGeorge Harrisonっぽいアルペジオ!? Gallagher & Lyleと並ぶ名コンビ!? 英国田園ポップの逸品☆

  • 盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    盤無音部に付着物あり

    スコットランドのポール・マッカートニーGerry Raffertyによる英フォーク・ポップ・デュオ

    スコットランドのポール・マッカートニー!? 後期ビートルズのGeorge Harrisonっぽいアルペジオ!? Gallagher & Lyleと並ぶ名コンビ!? 英国田園ポップの逸品☆

レビューの投稿

レビューは登録ユーザーのみ記入できます。

新規登録 ログイン

レビュー一覧

評価:5 これぞ、スコットランド(1 拍手)

たすけさん レビューをすべて見る

知っているだけで自分が音楽通になったような気がしてくる音ってありまして、このデュオがまさしくそうです。英国の音が好きな人に聞かせたら7割がた、いいね、と言ってくださる自信があります。けれど難しいことに、英国ビギナーの人に聞かせたら、なに、ビートルズのコピーやっているだけじゃない、と言われてしまうかも知れません。男くさいバッド・フィンガーみたいな音です、簡単に言ってしまうと。

ジェリー・ラファーティとウォルター・イーガンの2声ボーカルがとにかくいいです。イーガンが若干高音でブライトな声、ラファーティがくもった声を持っています。スタジオ・ミュージシャンが多彩な演奏を加えておりますけれど、基本はドラムズ、ベース以外の全てを二人でつくってしまっています。牧歌的なポップスが大半な一方、ときおりヘビーになったり、マイナーになったりして飽きることがありません。

相当曲づくりとアレンジが好きなんだろうな、と思います。技巧をこらして工夫して、出来上がりがビートルズの線に落ち着くって、実はすごいことなんじゃないでしょうか。録音も73年にしてはとても鮮やかです。面白いのは、このデュオの紹介文に必ず「田舎の…」と形容詞がつくところ。スコットランドの人たちなんでそうなるんでしょう。「田舎のハードロック」がナザレスで、「田舎のコミック・バンド」がアレックス・ハーベイ。田舎者をバカにしても、都会の人より足腰が強いので打たれ強いのです。「田舎の音楽ディーラー」である、カケハシ・レコードみたいに。

ナイスレビューですね!