プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

【カケレコ中古棚探検隊】歴史と文化の国イタリアに生まれた珠玉の歌い手たち。カンタゥトーレの名盤を探索☆

スタッフ佐藤です。

今回は秋にこそ味わい深く響く(気がする)、情緒溢れるカンタゥトーレ作品をピックアップしてまいりたいと思います。

プログレ・ファンはもちろん、ロック・ファンやフォーク・ファンにもきっとお楽しみいただける名作揃いでお送りいたしますよ☆


LUCIO BATTISTI/AMORE E NON AMORE(1970)

数多くの伊ミュージシャンに影響を与えた巨匠カンタゥトーレですね。彼が育てたと言えるPFMのメンバーやフォルムラ・トレのA.ラディウスが参加した、あまりにも味わい深いカンタゥトーレ名盤。

試聴 Click!

FABRIZIO DE ANDRE/IN CONCERTO ARRANGIAMENTI : PFM(1979)

ジェノヴァ出身、70年代にはサルデーニャ島に移り地中海音楽への接近を試みた不世出のカンタゥトーレ。島で隠遁生活を送っていた所を彼を慕うP.F.Mのメンバーに後押しされ、カムバックを果たした79年のライヴを収録。巻き舌ヴォーカルに痺れます!

試聴 Click!

RICCARDO COCCIANTE/CERVO A PRIMAVERA(1980)

これぞイタリア!と言いたくなる、熱くドラマチックに歌いこむ叙情派カンタゥトーレと言えば彼。訴えかけてくるような説得力あるヴォーカルがグッと胸に迫るんですよね~。

試聴 Click!

ALBERTO RADIUS / CARTA STRACCIA(1977)

フォルムラ・トレ~イル・ヴォーロを率いた名ギタリストでありコンポーザーですね。この3rdソロ、哀愁たっぷりの低音ヴォーカルと情感豊かなアコギを軸とする味わい深いサウンドがじわっと滲みる逸品です。

試聴 Click!

TITO SCHIPA JR. / LO ED IO SOLO(1974)

聴き手の感情をかきむしる「詩情」と「ドラマ」。これぞイタリアと言える歌心いっぱいの傑作ですね。シンセサイザーのプレイからも西洋音楽の格調高さがみなぎってます。

試聴 Click!

GIANNI D’ERRICO/ANTICO TEATRO DA CAMERA(1975)

キーボーディストとしても類まれなる才能に恵まれたカンタゥトーレによる75年作。多彩なキーボード群による重厚なアンサンブルと哀愁いっぱいのメロディーによるドラマティックなサウンドを聴かせます。本作録音直後に事故で他界してしまったのが惜しまれる、プログレッシヴなカンタゥトーレ名品。

試聴 Click!


【ユーロロック周遊日記】早逝のカンタゥトーレによるシンフォニックな名作、Gianni D'erricoの76年唯一作『ANTICO TEATRO DA CAMERA』

【関連記事】

【ユーロロック周遊日記】早逝のカンタゥトーレによるシンフォニックな名作、Gianni D’erricoの76年唯一作『ANTICO TEATRO DA CAMERA』

一日一枚ユーロロックの名盤をピックアップしてご紹介する「ユーロロック周遊日記」。本日は、イタリアのシンフォニックなカンタゥトーレ名作Gianni D’erricoの76年唯一作『ANTICO TEATRO DA CAMERA』をピックアップいたしましょう 。

ALAN SORRENTI/ALAN SORRENTI(1974)

のちにアメリカに渡り成功を収めたことで、彼の名前は知っている方も多いかも知れません。その彼のイタリア時代最後の作品である74年作3rd。感情の赴くままに発せられるような切々とエモーション溢れるヴォーカルと、その感情の起伏を引き立たせる渋くジャジーな演奏が秀逸な逸品です。

試聴 Click!

CLAUDIO ROCCHI/VOLO MAGICO N1(1971)

最初期のSTORMY SIXに在籍、ソロキャリアでは秀逸なカンタゥトーレ作品の数々を残してきた名ミュージシャンがCLAUDIO ROCCHI。センチメンタルな歌声、感情ほとばしるギター、深みのあるリリカルなピアノ。この溢れる叙情美をプログレ・ファンだけのものにしておくのはもったいない!

試聴 Click!

ALICE/PARK HOTEL(1986)

カンタゥトリーチェからは、彼女をピックアップ。当時日本でも紹介され、かなりの知名度を誇っていたそうです。フィル・マンザネラ、トニー・レヴィン、ジェリー・マロッタなど英国からの腕利きが多数参加した86年作!

試聴 Click!

ARONNE/MEMORIES(2017)

伊バンドDALTONのヴォーカリストが亡き奥方への追悼を込めて制作した17年作なのですが、往年そのままの飾り気のない歌声が胸に迫る珠玉のカンタゥトーレ作に仕上がっています。これは70年代カンタゥトーレ名盤群と同列に聴かれるべき名品。

試聴 Click!

CHRISTADORO/CHRISTADORO(2017)

80年代より活動するイタリアのミュージシャンMox CristadoroがFabbio ZuffantiやFranco Mussidaらの協力を得て制作した17年作。Lucio Dalla、Franco Battiato、Claudio Baglioniなど名カンタゥトーレのナンバーを現代的なサウンドメイクでカバーした感動作となっています。

試聴 Click!

その他のカンタゥトーレ作品はこちらからチェックどうぞ☆
カンタゥトーレの在庫リストへ!

60&70年代ロック/プログレCDの買取なら是非カケハシ・レコードへ!

ご紹介したようなオールタイムのプログレや60s/70sロックのCDで聴かなくなったものはございませんか? 査定の正確さ・高額買取で評価いただいているカケレコの中古CD買取、是非一度お試しください!買取詳細&買取査定額の一例はコチラ↓
http://kakereco.com/about_assess.php

関連カテゴリー

関連CD在庫

  • LUCIO BATTISTI / AMORE E NON AMORE

    数多くの伊ミュージシャンに影響を与えた巨匠カンタゥトーレ、70年に発表した2nd、後にP.F.Mを結成するメンバーやA.ラディウスなどが参加

    まるでキーフのような色彩感覚を持つジャケットが印象的な本作は、イタリアを代表するカンタウトーレ、バティスティが70年に発表した2ndアルバム。イタリアン・ロックの産みの親的なレーベル、NUMERO UNOを設立した人物ということもあり、バックはかなり華やか。後にP.F.Mを結成するメンバーに、フォルムラ・トレの中心人物ラディウスなどが参加したサウンドは、派手さはないもののセンス、安定感とも抜群。バティスティの存在感あるヴォーカルは、さすがの一言。

  • CHRISTADORO / CHRISTADORO

    80年代より活動するイタリアのミュージシャンMox Cristadoroを中心とする新鋭バンド、往年の名ミュージシャンのナンバーをモダンな解釈で蘇らせた17年作、奇才Fabbio Zuffanti、PFMのギタリストFranco Mussida、YUGENのキーボーディストPaolo Bottaなどが参加!

    80年代中期より、プログレ〜アンビエント〜オルタナ〜ハードコアなど時代と共に様々な音楽性のバンドに在籍し音楽活動を行ってきたイタリアのミュージシャンMox Cristadoroを中心とする新鋭バンドによる17年デビュー作。まず参加メンバーの豪華さに驚愕。奇才Fabbio Zuffantiに、PFMのギタリストFranco Mussida、YUGENのキーボーディストPaolo Bottaなど新旧イタリア・シーンを代表するミュージシャンが名を連ねます。内容も、カンタゥトーレの大御所Lucio DallaやClaudio Baglioni、Franco Battiatoなど往年の名ミュージシャンのナンバーを、現代のプログレッシヴな感性で蘇らせたユニークなものとなっています。オリジナルではシンフォニックなキーボード群をバックに抑えた表情で歌うL. Dalla「L’operaio Gerolamo」は、鋭いギターリフを中心に展開するモダンな質感のダークなシンフォ・ナンバーに、ピアノを基調に切々に歌われていたBaglioniの「Solo」は、メロトロンとヘヴィなギターをフィーチャーした重厚かつドラマティックなサウンドに、完成度の高い解釈で生まれ変わらせていて見事です。朗々と淀みなく歌い上げるスタイルからR. Coccianteを思わせるややダミ声で熱く歌い込むスタイルまで、各曲で多彩に声質を変化させて歌うヴォーカルも特筆。企画アルバム的な性格の作品ですが、原曲の良さを生かしつつモダンなダイナミズムとドラマ性を加えた、現代のイタリアらしいサウンドを堪能できる一枚です。

  • RICCARDO COCCIANTE / CERVO A PRIMAVERA

    ドラマチックに歌い込む叙情派カンタウトーレ、80年作

  • ALAN SORRENTI / ALAN SORRENTI

    アメリカでも成功を収め世界的な知名度を持つカンタウトーレ、74年作

  • ALICE / PARK HOTEL

    カンタゥトリーチェ代表格、86年作、フィル・マンザネラ、トニー・レヴィン、ジェリー・マロッタらが参加

  • FABRIZIO DE ANDRE / IN CONCERTO ARRANGIAMENTI : PFM

    Lucio Battistiと並ぶ名カンタゥトーレ、PFMをバックに従えた79年ライヴを収録

  • ARONNE / MEMORIES

    DALTONのヴォーカリスト/ギタリストが亡き妻への追悼を込めて制作した17年作、往年そのままの飾り気のない歌声が胸に迫る珠玉のカンタゥトーレ作

    最初期にはマウロ・パガーニも在籍、70年代前半に2枚の作品を残したイタリアン・ロック・グループDALTON。そのDALTONのヴォーカリスト/ギタリストAronne Ceredaが、16年に死去した奥方への追悼を込めて制作した17年作。アコースティック・ギターの弾き語りスタイルで切々と感情を込め歌い上げるカンタゥトーレ的作風を、ストリングシンセやピアノが時に劇的に時に美しくセンチメンタルに彩っています。ピアノのプレイにはアンソニー・フィリップスのピアノ曲に通じるリリカルさもあり。またDALTONのフルート奏者Alex Chiesaが参加していますが、プレイしているのはフルートではなく何とバグパイプ。このバグパイプの遥か遠くまで響き渡るような哀愁の音色に、亡き奥方への想いが滲むようで涙を誘います。アコースティカルな演奏の70年代的質感もさることながら、ヴォーカルもDALTON当時そのままと言える飾り気のない純朴な味わいを完全に残しており、70年代の作品と言われても全く不思議には感じないほど。往年のカンタゥトーレ名盤の数々と同列に聴かれるべき名品に仕上がっています。

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

文・後藤秀樹

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。