プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

【カケレコ中古棚探検隊】フラメンコを取り入れた情熱的プログレ特集!

こんにちは。カケレコ・スタッフ増田です。

中古棚より「これは!」という作品をピックアップしてご紹介する「カケレコ中古棚探検隊」。

ようやく台風も過ぎ去り、太陽輝く灼熱の季節がやってまいりました。
爽やかな音楽で涼むのも良いけれど、ここはあえて情熱溢れるフラメンコのサウンドで夏らしさを楽しんでみませんか!?

ちなみにご存知の通り、フラメンコはスペイン南部のアンダルシア地方に伝わる伝統芸能。
我々のイメージでは赤いドレスを着たダンサーやフラメンコ・ギターのイメージが強いですが、実は『カンテ』と呼ばれる「魂の奥底から響くような歌唱」こそがフラメンコの神髄だそうです。

今回はそんなフラメンコをフィーチャーしたプログレを、中古棚より探してみました。
どうぞギターだけでなく、「歌唱」にも注目して聴いてみてください♪

まずは本場、スパニッシュ・プログレの中から3作品を紹介いたします!

フラメンコ・テイストのスペインらしさ溢れるバンドと言えば・・・やはりこのバンドですよね!

【スペイン1】TRIANA/EL PATIO

哀愁漂いまくりのスパニッシュ・ギター&ドラマチックなピアノ、気迫迫りつつも物悲しさを孕んだヴォーカル。

味わい深い伝統的なフラメンコ・スタイルかと思いきや、そこへスペーシーにうねるシンセサイザーが絡み合い、シンフォニックな広がりを感じさせます。

ダイナミックな展開もひたすらに胸を打つ、情熱的フラメンコ・シンフォ!

試聴 Click!

【スペイン2】VEGA/ANDALUZA

スペインの名ギタリスト、トーマス・ヴェガによる78年の1stソロ。

繊細かつメロディアスなフラメンコ・ギターを豊かなストリングスが彩り、フュージョン・タッチのテクニカルなエレキが舞う。

太陽まばゆい地中海の情景が浮かんできそうな、異国情緒感満載のスパニッシュ・ジャズ・ロック名盤です。

試聴 Click!

【スペイン3】GUALBERTO/A LA VIDA AL DOLOR

60年代に活躍したアングラ・ハード・グループSMASHのリーダーによる1stソロ。

アルバム前半は幻想的なヴォーカルに、アシッド感漂うヴァイオリンや異国感漂うシタールが飛び出すサイケ・フォーク。

後半はアヴァンギャルドな展開にジミヘンライクなファズ・ギター、叙情的なヴァイオリンにフラメンコ・ギターまで絡んでくるという盛り沢山な内容。

グァルベルトによる鬼気迫るカンテも見事!

試聴 Click!

次はスペイン以外からもチョイス!

なんと、まさかまさかのクイーン!

クイーンにもスパニッシュな曲はあるんです。

QUEEN/INNUENDO

フラメンコに関わり深いスペイン以外のギタリストといえば、イエスのスティーブ・ハウが馴染み深いですよね。

特に彼がゲスト参加したクイーン「イニュエンドゥ」でのフラメンコ・ソロは強烈。

フレディ・マーキュリー存命中最後のアルバムということもあり、非常に壮大で魂のこもった作品です。

試聴 Click!

新鋭からも一作品をピックアップいたしましょう。

KINETIC ELEMENT/TRAVELOG

EL&Pやレ・オルメが好き?でしたら、このアメリカの新鋭は要チェックです。

プログレッシブなハモンドの旋律に絡み合う繊細なスパニッシュ・ギターの調べが新鮮!

試聴 Click!

最後に紹介するのはこの御大!

フラメンコ・ギターといったら名手パコ・デ・ルシアを語らずして終われない!

特にアル・ディ・メオラ、ジョン・マクラフリンと共演したこちらは伝説的名盤ですね。

JOHN MCLAUGHLIN & AL DE MEOLA & PACO DE LUCIA/FRIDAY NIGHT IN SAN FRANCISCO

三人の天才ギタリストによる、超絶技巧アコースティック・ギターの応酬!

手に汗握る臨場感、火花散る緊迫感……白熱のライヴ盤。

試聴 Click!

アンダルシアからの熱風を感じていただけたでしょうか?

スパニッシュ・プログレに興味を持った方は、こちらの記事もチェック!


【ユーロロック周遊日記】スペインはアンダルシア地方を代表するバンドTRIANAの75年1st『EL PATIO』

【関連記事】

【ユーロロック周遊日記】スペインはアンダルシア地方を代表するバンドTRIANAの75年1st『EL PATIO』

毎回ユーロロックの名盤をピックアップしてご紹介する「ユーロロック周遊日記」。本日は、スペインはアンダルシア地方を代表するプログレ・グループTRIANAによる75年の傑作デビュー作『EL PATIO』をピックアップいたしましょう。


【カケレコ中古棚探検隊】情熱と哀愁のスパニッシュ・プログレ・レコメンド☆

【関連記事】

【カケレコ中古棚探検隊】情熱と哀愁のスパニッシュ・プログレ・レコメンド☆

西欧諸国のプログレの中でも、その歴史的/文化的背景からとりわけ独特のエキゾチズムを放っているのがスパニッシュ・プログレ。本日は、一般的なスペインのイメージに近い情熱と哀愁をキーワードに、スパニッシュ・プログレ中古在庫をレコメンドしてまいりましょう☆


キャッチー&ヘヴィ&ファンタスティック!驚異のスパニッシュ・プログレ新鋭DRY RIVERを大特集!

【関連記事】

キャッチー&ヘヴィ&ファンタスティック!驚異のスパニッシュ・プログレ新鋭DRY RIVERを大特集!

2015年に待望の2ndがリリースされた注目のスペイン新鋭DRY RIVERを大特集!

関連カテゴリー

関連CD在庫

  • TRIANA / EL PATIO

    スパニッシュ・シンフォの最高峰グループ、これでもかと溢れだすスパニッシュな哀愁、75年デビュー作!

    スパニッシュ・ロックを代表するグループ、TRIANAが75年にリリースした記念すべき1stアルバム。哀愁のフラメンコ・ギターに導かれるキーボード&ピアノのドラマティックな響きと、それに続く熱情的なヴォーカル。めくるめくダイナミックなバンド・アンサンブル。とにかくこれでもかと聴き手の感情を揺さぶる展開はただただ圧倒的。スパニッシュ・シンフォ屈指の傑作。

  • VEGA / ANDALUZA

    60年代から活躍するスペインのギタリスト、フラメンコギターも交えたジャズ・ロック作、78年1st

    60年代から活躍するギタリスト、トーマス・ヴェガが78年にリリースした1stソロ。フラメンコ・ギターをバックにフュージョン・タッチのテクニカルなエレキが奔放に舞う緊張感溢れるジャズ・ロック。伸びやかなシンセなど、シンフォニックな味わいも感じられます。好盤。

  • GUALBERTO / A LA VIDA AL DOLOR

    スペインの「無国籍風」ギタリスト、75年デビュー作

    60年代に活躍したアングラ・ハード・グループSMASHのリーダーによるソロ・アルバム。75年作の1st。アシッド臭漂うヴァイオリン&フルート、東洋的なシタールの響き、夢見心地のヴォーカル&メロディーによる幽玄なサイケ・フォークを聴かせるアルバム前半。フラメンコ・ギター、アヴァンギャルドなヴァイオリン、強烈なファズ・ギターなどをフューチャーした破天荒なアルバム後半。どちらもGualberto Garciaの才能ほとばしる圧倒的な完成度。名作です。

  • KINETIC ELEMENT / TRAVELOG

    ヴィンテージなトーンのキーボードをフィーチャーした米プログレ新鋭バンド、2015年作2nd

    06年に結成され、09年にデビューしたアメリカの新鋭プログレ・グループ。2015年作2nd。ヴィンテージなトーンで柔らかにメロディをつむぐハモンド・オルガン、繊細なタッチで伸びやかに奏でられるメロディアスなフレーズから流麗な早弾きまで安定感抜群のギター。オルガンとギターが次々にメロディを交差させるメロディアスなキーボード・プログレ・サウンドが印象的。アメリカらしい明朗なメロディとハイ・トーンの男性ヴォーカルも特筆で、ヴォーカルが入るとファンタスティック度が増します。ゴリゴリしたトーンのベースがギターとユニゾンで変拍子リズムを刻むプログレ・ハードなパートは、グリーンスレイドや『ガーデンシェッド』のイングランドあたりも思わせます。クラシック・ギターによるトラディショナルな味付けなど、アレンジの奥行きの深さも素晴らしいです。3曲目はゲスト参加した女性ヴォーカルがリードヴォーカルを取っていて、これがまた良いアクセントになっています。派手さはないもののじっくりと味わえるヴィンテージ・シンフォの好作品です。

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。