プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

スタッフ佐藤の、コレ好きなんですよ。 – 第十八回 ソフト・マシーン『ヴォリューム2』

こんにちは、カケレコ・スタッフ佐藤です。

「スタッフ佐藤の、コレ好きなんですよ。」は、一般的にはあまり注目を集めることのない作品ながら「実は良い作品なんだけどなぁ、もっと聴かれてほしいなぁ。」とスタッフ佐藤が日頃から感じている、愛して止まない作品たちを取り上げてご紹介していこうというコーナー。

今回取り上げるのは、ソフト・マシーンの『ヴォリューム2』です。

ソフト・マシーンと言ったら、やはり独自のジャズ・ロックを確立した『3』以降の作品に話題が集中するものだと思います。これぞジャズ・ロックと言うべき硬派で知的なサウンドを特徴とした3rd~5th、カール・ジェンキンスらニュークリアスのメンバーが加入しフュージョン的な流麗さが加わった6th、7th、そしてアラン・ホールズワースやジョン・エサリッジといった技巧派ギタリストを起用し熱気あるパワフルなフュージョン路線を押し進めた『バンドルズ』や『ソフツ』など、変遷を重ねながらも各時期でクオリティの高い名盤を送り出してきたのはご存のとおりです。

一方で、ロックの多様化・細分化が加速していった60年代末に登場した数々の革新的な作品の中でも、特にリスペクトされるのが68年発表の1st。たしかにアヴァンギャルドで実験的な要素を多分に含みながらも、聴き心地はあくまでポップ、というメンバー3人の類まれなるセンスによって創りあげられたクリエイティビティみなぎるサウンドは、今の耳で聴いても十分な衝撃を与えてくれます。

さて、そのあいだにあって、どうにも存在感の薄さが否めないのが69年に発表された2nd『ヴォリューム2』です。他のアルバムが紙ジャケ化を含め幾度かリイシューされているのに対し、この2ndは直輸入盤を除けば国内盤CDは一度もリリースされていないというなかなかの冷遇ぶり。1stとの2in1CDが多く出回っているので、そちらをお持ちの方も多いかもしれません。

まず目に付くのが、このあまりに不気味に過ぎるジャケット。機械仕掛けの体ににこやかな女性の顔が描かれているもので、そのアンバランスさがなんとも言えない気味悪さを醸し出しています。なぜこのジャケットを採用したのかはわかりませんが、前衛作家ウィリアム・バロウズからバンド名を含めて多大な影響を受けていた彼らですので、このジャケットもあるいはそういった思想に基づくものだったのかもしれません。良くも悪くもインパクト絶大なのは確か。

サウンド面での前作からの変化としては、一気にジャズ色が強まり演奏に緊張感が生まれた点が挙げられるでしょう。前作でユニークなポップセンスを発揮していたケヴィン・エアーズが製作前に脱退、彼特有のどこかとぼけた味わい深さが失われてしまったのは確かだと思います。ただエアーズにかわり加入した名手ヒュー・ホッパーがもたらしたものもまた大きく、彼に由来する硬質なジャズの要素にメンバーが触発されたことで、インストゥルメンタルにおける各人のポテンシャルがより引き出されているのは、この鬼気迫るまでの演奏を聴けばわかる通りです。

暗闇の中でギラリと光るナイフの刃を思わせるスリリングで切れ味鋭いサウンドが何より印象的で、このいい意味で安定感を欠いたどこか危なっかしさを孕む音像こそが、本作ならではの魅力となっているように感じます。

前作に比べると革新性では譲りますし派手さもないため注目度が低いのは致し方ないところですが、本格的なジャズの導入が本作によって為されたことを考えると、この『ヴォリューム2』があってこそ『3』の高みへと至ることができたと言っていいと思えるのです。

Pataphysical Intro~Hulloder

前作ではほぼオルガン専任だったラトリッジによる力強いグランドピアノのプレイが印象的なオープニングから急転直下、レスリー・オルガンが炸裂する狂乱のサイケデリック・ジャズへと突入する流れが実に見事。ゲスト参加のブライアン・ホッパーによるサックス、熱気みなぎるブローがより演奏のテンションを高めているのも印象的です。

試聴 Click!

Dedicated To You But You Weren’t Listening

突如現れるリリカルな歌もの小曲。のちのマッチング・モールやソロを思わせる美しいメロディで何ともワイアットらしい・・・と思いきや、実はホッパー作なんですよね。キース・ティペット・グループの1stでも表題曲として採用されたナンバーです。

試聴 Click!

10:30 Returns To The Bedroom

荒ぶる熱気と抑制の効いたクールネスが併存するようなソフト・マシーンらしいサウンドが聴けるラストナンバー。粗削りながら、『3』にも繋がっていく音を提示した重要曲ではないでしょうか。

試聴 Click!

「スタッフ佐藤の、コレ好きなんですよ。」他の記事はコチラ!

SOFT MACHINEの在庫

  • SOFT MACHINE / HIDDEN DETAILS

    ご存知ブリティッシュ・ジャズ・ロックの重鎮グループ、『Third』収録の「Out Bloody Rageous」再演を含む18年作!

    ご存知ブリティッシュ・ジャズ・ロックの重鎮グループによる18年作。長らくSOFT MACHINE LEGACYと名乗っていた彼らが、2016年よりオリジナル名義であるSOFT MACHINEへと回帰してから初となるアルバムで、メンバーは70年代にバンドを支えたジョン・エサリッジ(g)、ジョン・マーシャル(dr)、ロイ・バビントン(b)の三人に、ロバート・フリップらとも共演するテオ・トラヴィス(sax/flu)というLEGACY時代より不動の4人編成。一曲目のタイトルナンバーからカッコ良すぎ!得意のスリリングな速弾きを交えて縦横無尽に駆け巡るギター、それにふくよかかつ重厚なブロウで応じるサックス、一打一打がシャープに決まる引き締まったドラム、そしてギターに負けじとゴリゴリと唸るベース!キング・クリムゾンすら彷彿させるヘヴィネスを内包した、大人げないこと極まりない尖りまくりのサウンドはさすがの一言です。ソフツらしい重厚なジャズ・ロックの合間には、陰影あるアコースティックギターやフルートの調べが美しいリリカルなナンバー、エサリッジのギターがメロディアスに歌うフュージョン曲、『6』『7』あたりのミニマル・タッチを引き継ぐナンバーなど、ベテランらしい多彩なアプローチが光ります。さらに『third』収録「Out Bloody Rageous」の見事な再演も聴きどころです。結成から半世紀を超えてすら進化の途上にあるバンドの姿を見せつけられる快作!

  • SOFT MACHINE / SOFT MACHINE

    サイケデリック・ジャズ・ポップと呼ぶべき革新的サウンドを繰り広げる68年1st!

    ソフト・マシーンの68年デビュー作。マイク・ラトリッジ、ロバート・ワイアット、ケヴィン・エアーズという類まれな知性と才能の持ち主が介した名バンドの出発点です。60年代末期らしい熱気が渦巻くパワフルな演奏と、彼ら持ち前の危うくストレンジな感性が見事に化学反応を起こした名作!

  • SOFT MACHINE / VOLUMES ONE and TWO

    カンタベリー・ロックの起爆点、68年1st&69年2nd

  • SOFT MACHINE / THIRD

    英国ジャズ・ロックの代表作であるとともに、「カンタベリー・ロック」の最重要作とも言える70年作3rd!

    CARAVANと同じWILD FLOWERSを母体にRobert Wyattらによって結成されたグループであり、サイケデリック・ロックからその音楽性を変化させカンタベリー・ジャズ・ロックの代表的存在へと飛躍していったバンドによる70年3rd。Elton Deanに加えて、Nick Evans、Lyn Dobson、Rad Spail、Jimmy Hastingsという管弦奏者を充実させた8人体勢で録音された本作は、20分に迫る大曲4曲で聴かせる意欲作であり、初期のサイケデリック・ロックの音楽性を下地にしながらも、構築されたジャズ・ロック・アンサンブルと適度なアヴァンギャルド志向が融合した傑作です。

  • SOFT MACHINE / BBC RADIO 1967-1971

    67-71年にかけて録音されたBBCラジオ音源集、全15曲

    カンタベリー・シーン最重要バンドによる、67-71年にかけて録音された、BBCラジオ音源集!一曲目から、キャッチーなメロディにのって、ROBERT WYATTのヴォーカルがなんとも愛くるしい、彼らの生々しい珠玉のスタジオ・ライヴ音源の数々がこの二枚組に蘇ります!中には、後にMATCHING MOLEで演奏されることとなる音源も含みつつ、変幻自在にその表情を変えてゆく、彼らの本質がここに垣間見える基調な記録と言えるでしょう…!スタジオ・オリジナルだと5thの時期までに該当します。

  • SOFT MACHINE / DROP

    71年、『Fifth』リリース時のメンバーによるドイツでのライヴ音源、全10曲

    エルトン・ディーン、ヒュー・ホッパー、マイク・ラトリッジ、フィル・ハワードという、公式には「FIFTH」の前半でしか録音されなかった編成による、71年秋、ドイツでの初登場ライヴ録音。音質のよく、当時の円熟のパフォーマンスが楽しめる一枚。

  • SOFT MACHINE / FIFTH

    71年5th

    CARAVANと同じWILD FLOWERSを母体にRobert Wyattらによって結成されたグループであり、サイケデリック・ロックからその音楽性を変化させカンタベリー・ジャズ・ロックの代表的存在へと飛躍していったバンドによる71年5th。ついにRobert Wyattが脱退しMATCHING MOLEを結成へと動く中、新ドラマーにPhil Howardを迎えるも収録中に脱退、アルバムの後半はNUCLEUSのJohn Marshallがドラムを担当しています。その内容は前作までの管弦楽器を撤廃、Elton Deanのサックスのみという最小限に抑えたアンサンブルで聴かせるフリー・フォームなジャズ・ロックとなっており、剥き出しになったバンド・アンサンブルの醍醐味が堪能できる傑作となっています。

    • MHCP1295

      紙ジャケット仕様、06年デジタル・リマスター、ボーナス・トラック1曲、定価1890

      盤質:無傷/小傷

      状態:良好

      帯有

      紙ジャケに若干スレ・圧痕あり

    • SICP30165

      紙ジャケット仕様、Blu-specCD2、13年デジタル・リマスター、ファミリツリー付き仕様、ボーナス・トラック1曲、定価2205

      盤質:無傷/小傷

      状態:良好

      帯有

  • SOFT MACHINE / FOURTH

    71年発表、ワイアット在籍最後となる傑作4th

    CARAVANと同じWILD FLOWERSを母体にRobert Wyattらによって結成されたグループであり、サイケデリック・ロックからその音楽性を変化させカンタベリー・ジャズ・ロックの代表的存在へと飛躍していったバンドによる71年4th。前作にも参加していたElton Deanが正式にメンバーとしてバンドに加入した本作は、前作よりもアヴァンギャルド志向と即興色を打ち出した作品であり、フリー・ジャズの音楽性の色濃いものとなりました。ジャズ色を急激に進化させたバンドと音楽性が合わなくなったRobert Wyattは本作を最後に脱退、MATCHING MOLEを結成することになります。

  • SOFT MACHINE / SIX

    元ニュークリアスのカール・ジェンキンスを迎えて制作された73年作、オリジナルは2枚組の大作で、『3rd』にも負けないイマジネーション溢れる傑作

    カンタベリー・ミュージックのみならず、ブリティッシュ・ジャズ・ロックを代表する言わずと知れた名グループ。1枚目が新曲中心のライヴ作、2枚目がスタジオ作という2枚組でオリジナルはリリースされた73年作6thアルバム。前作でサックス奏者のエルトン・ディーンが脱退し、代わりにカール・ジェンキンス(オーボエ、Key)が加入。メンバーは、マイク・ラトリッジ(Key)、ヒュー・ホッパー(B)に、元ニュークリアス出身のカール・ジェンキンスとジョン・マーシャル(Dr)という4人となりました。ニュークリアスでも作曲センスを披露していたジェンキンスは、本作でも約半数の作曲を担っているのが特筆。ラトリッジのクールなエレピとホッパーのずしりと重いベースによるリフの反復を軸に、ジェンキンスのオーボエが涼やかなトーンで幻想的なリードを奏で、その後ろでは、マーシャルがウワモノとは対照的に手数多くシャープに疾走。『3rd』から『5th』で磨き上げた硬派でクールなフリー・ジャズ・ロックを軸に、初期ニュークリアスで聴けたミニマルな反復リフとたゆたうホーンとが織りなす幻想美が加わり、同じく1970年にリリースされた英ジャズ・ロック傑作、ソフツ『3rd』とニュークリアス『エラスティック・ロック』との融合とも言えるサウンドを聴かせています。ジェンキンスに負けじと、ラトリッジもジャズに収まりきらない独創的な楽曲を生み出していて、特に「Chloe And The Pirates」は、90年代以降のポスト・ロックと言えるような流麗かつ浮遊感たっぷりなキラメく名曲。『3rd』にも負けない、イマジネーションに満ちた英ジャズ・ロック・シーン屈指の傑作と言えるでしょう。

  • SOFT MACHINE / SEVEN

    洗練されたフュージョン的色合いが明確に現れた傑作7th、74年リリース

  • SOFT MACHINE / BUNDLES

    75年リリース、Allan Holdsworth参加、圧巻のテクニカル・フュージョン/ジャズ・ロック傑作!

    オリジナル・メンバーのKevin Ayers以来のギタリスト、Allan Holdsworthが加入し、『6』『7』と推し進めてきたフュージョン色をより強めた作品。75年作の8thアルバム。Karl JenkinsとMike Ratledgeによる叙情性と浮遊感のあるキーボード・ワーク、そしてその上をテクニカルに疾駆するHolldsworthの流麗なギター。John MarshallのドラムとRoy Babbingtonのベースによるロック的ダイナミズムに溢れたソリッドなリズム隊も特筆もの。圧巻のテクニカル・ジャズ・フュージョン・ロック!Holldsworthの唯一の参加作となった傑作。

  • SOFT MACHINE / RUBBER RIFF

    ジョン・エサリッジ在籍時、76年のスタジオ・ライヴを収録、全14曲

  • SOFT MACHINE / SOFTS

    Allan Holdsworthに代わり超絶ギタリストJohn Etheridgeが加入した76年作、ギター入りソフツ第2弾!

    最後のオリジナル・メンバーMike Ratledgeが脱退。新たに元Darryl Way’s WolfのギタリストJohn Etheridgeが加入。John Etheridge (G)、Karl Jenkins (Piano)、John Marshall (Dr)、 Roy Babbington (B)、 Alan Wakeman (Sax)という布陣で制作された76年作。シャープなリズム隊をバックにJohn Etheridgeの超絶ギターが炸裂するパートと、柔らかく広がるキーボード&ピアノとサックスによる優美なパートとがダイナミックに交差するアンサンブルが聴き所。圧倒的なテンションと浮遊感の間を超絶技巧とセンスで行き交う後期ソフト・マシーンの代表作。

  • SOFT MACHINE / ALIVE AND WELL

    前任者ホールズワースに匹敵する名手ジョン・エサリッジ在籍、77年パリでのライヴ音源

    『SOFTS』に続く78年作。パリは「Theartre Le Palace」で収録されたライヴ音源。編成は、Karl Jenkins(Key)、John Etheridge(G)、Rick Sanders(Vln)、Steve Cook(B)、John Marshall(Dr)。しなやかなヴァイオリンがフィーチャーされ、たおやかさのあるユーロ・ジャズ・ロック的なサウンドが印象的。John MarshallのスリリングなドラムをバックにJohn Etheridgeが高速フレーズを炸裂されるアグレッシヴなパートも特筆もの。ライヴならではの緊張感がみなぎる逸品!

  • SOFT MACHINE / VIRTUALLY

    71年3月23日のライヴ、全11曲

  • SOFT MACHINE / AS IF

    70年〜73年の音源からなるベスト

「SOFT MACHINEの在庫」をもっと見る

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

文・後藤秀樹

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。