プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

イアン・アンダーソンが選んだフォーク・ロック・アルバム10選 -英音楽サイトMUSIC RADAR発表

ジェスロ・タルのフロントマン、イアン・アンダーソンが選んだフォーク・ロックの作品10選を英音楽サイトMUSIC RADARが発表しましたのでご紹介いたしましょう。

60年代~2000年代の英フォーク・ロック作品を取り上げていて、とても興味深いリストになっています!

それではお楽しみください。

Roy Harper /『COME OUT FIGHTING GENGHIS SMITH』(1968)

「Circle」

試聴 Click!

Pentangle /『PENTANGLE』(1968)

「Let No Man Steal Your Thyme」

試聴 Click!

Fairport Convention /『LIEGE AND LIEF』(1969)

「Matty Groves」

試聴 Click!

Steeleye Span /『PARCEL OF ROGUES』(1973)

「A Parcel Of Rogues」

試聴 Click!

Traffic /『JOHN BARLEYCORN MUST DIE』(1970)

「John Barleycorn」

試聴 Click!

Planxty /『AFTER THE BREAK』(1979)

「The Good Ship Kangaroo」

試聴 Click!

Varttina /『VIHMA』(1998)

「Emoton」

試聴 Click!

Andy Irvine and Davy Spillan /『EASTWIND』(1992)

「Dance of Suleiman」

試聴 Click!

The Young Dubliners /『RED』(2004)

「Red」

試聴 Click!

Seth Lakeman /『POOR MAN’S HEAVEN』(2008)

「Poor Man’s Heaven」

試聴 Click!

いかがでしたか?

原文はこちら
http://www.musicradar.com/news/guitars/ian-andersons-10-essential-folk-rock-albums-622920

こちらの記事もぜひ合わせてご覧ください!


 英音楽誌MOJOが選んだ珠玉のブリティッシュ・フォーク・プレイリスト

【関連記事】

英音楽誌MOJOが選んだ珠玉のブリティッシュ・フォーク・プレイリスト

英音楽誌MOJOが選んだブリティッシュ・フォーク・プレイリストをピックアップ!

関連カテゴリー

関連在庫CD

  • FAIRPORT CONVENTION / LIEGE AND LIEF

    69年発表の4th、英国トラッド・フォークの象徴する一枚

    女性ボーカリストSandy DennyとギタリストRichard Thompsonを擁し、トラッド・フォークの最高峰の1つに上げられるイギリスのグループによる69年4th。69年に彼らは3枚ものアルバムをリリースしており、本作は連続リリースの3作目となります。事故によりドラマーのMARTIN LAMBLEが急逝、DAVE MATTACKSを新ドラマーに迎え、フィドル奏者DEVE SWARBRICKも正式に加入。彼ら代表作の1つであるその内容は、前作では1曲のみだったトラッド曲をアルバム8曲中5曲まで増やし、飛躍的な発展を遂げたエレクトリック・トラッド・フォークの路線にさらに磨きをかけた記念碑的名盤となっています。英国叙情が際立ったトラッド・フォークの代表作と言えるでしょう。

  • TRAFFIC / JOHN BARLEYCORN MUST DIE

    70年発表、TRAFFIC再結集、グルーヴィーで瀟洒な通算4作目

    STEVE WINWOOD、DAVE MASONという両雄並び立たずな、関係の中でその摩擦力を音楽の原動力に変えて来た彼らの名盤の誉れ高い70年発表、通産4作目。表題曲「JOHN BARLEYCORN MUST DIE」は擬人化された大麦について歌われる英国のトラッド・ソング。ジョン・バーリコーン(大麦)は一度刈り取られなければならない。その後、美酒となって人々に幸福をもたらすと歌われるこの歌こそが、一度は解散しながらも再び相見えた、新生TRAFFICの姿勢を象徴しているかのようです。オルガン、サックス、パーカッションと月並みなロック編成を大きく離脱し、むしろジャズ・コンボのような柔軟さで、インストから幕を開ける今作は、来るべき80年代以降のジャンル混淆時代の突入を予見しているかのようです。

  • PENTANGLE / PENTANGLE

    バート・ヤンシュ&ジョン・レンボーン、ブリティッシュ・トラッド最高峰バンド、68年デビュー作

    フェアポート・コンヴェンションと並び、英国フォーク・ロックを代表するグループ、ペンタングルの記念すべき1stアルバム。68年発表。バート・ヤンシュ、ジョン・レンボーンという二人の傑出したギタリストによるアコースティック・ギター、ダニー・トンプソンによるダブル・ベース、テリー・コックスのドラムが奏でる緊張感漂うサウンドは1stとは思えない完成度。熟成されたワインのように味わい深く芳醇なサウンドは、既に円熟の域に達しています。紅一点ジャッキー・マクシーの美声も絶品の一言で、ただでさえ隙の無いサウンドを更に豊かに響かせています。名作中の名作。

  • STEELEYE SPAN / PARCEL OF ROGUES

    英フォーク・ロックの最高峰バンド、73年作

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

文・後藤秀樹

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。