プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

南アからやってきた稀代のヒットメイカー、マンフレッド・マン特集!

今回は、ブリティッシュ・ビート/R&Bバンドとしてデビューし、その後サイケ~プログレ~ポップと多彩に音楽性を変化させながら英ロック・シーンに足跡を残してきた名ミュージシャン、マンフレッド・マンを大特集いたします♪

マンフレッド・マン(本名マンフレッド・ルボヴィッツ)は、1940年生まれ、南アフリカ共和国・ヨハネスブルグ出身のキーボーディスト。
ヨハネスブルグのヴィトヴァーテルスラント大学で音楽を勉強し、クラブで演奏するジャズピアニストとして演奏活動を開始します。

南アフリカ時代の59~61年に最初のバンドVIKINGSで2枚のアルバムをリリース。このグループは南アフリカで最初のロックン・ロール・バンドだったそうです。

同国のアパルトヘイト政策に反発し61年に渡英した彼は、翌年マイク・ハグ(ds)、マイク・ヴィッカーズ(g)、デイヴ・リッチモンド(b)らとともに「MANN HUGG BLUES BROTHERS」を結成。
シンガーのポール・ジョーンズ加入後プロデューサーの提案でバンド名をMANFRED MANNに変更、60年代イギリスを代表するグループの一つMANFRED MANNがここから本格的に始動します。

MANFRED MANNとして活動した64年~69年にはカバーナンバーを中心に数々のヒット曲を送り出し、ブリティッシュ・ビート/R&Bの人気グループとしての地位を確立していきます。幾度かのメンバーチェンジを経る中で、ジャック・ブルース、クラウス・フォアマンなど後の有名ミュージシャンが在籍していたことも特筆すべき点ですね。

最初期のヒット曲「Sha-La-La」

試聴 Click!

FIVE FACES OF MANFRED MANN(1964)

ハウリン・ウルフによるブルースナンバー「Smokestack Lightning」

試聴 Click!

ヒットナンバー、EXICITERSの「Do Wah Diddy Diddy」

試聴 Click!

MANN MADE(1965)

ポール・ジョーンズ作「I Really Do Believe」

試聴 Click!

Mark Barkan作、ジャック・ブルース在籍期のヒットナンバー「Pretty Flamingo」

試聴 Click!


こちらは全英2位をマークした65年のシングル、楽曲の本質を捉えたカバーだとディラン本人より賞賛を受けた「If you gotta go go now」

試聴 Click!

AS IS(1966)

「Dealer dealer」

試聴 Click!

MIGHTY GARVEY!(1968)

ご存知ディランの名曲のカバー「Mighty Quinn」

試聴 Click!


68年作『MIGHTY GARVEY!』のリリースを最後に、MANFRED MANNは69年に解散。
同年、盟友マイク・ハグとともに、ジャズ・ロック・バンドMANFRED MANN CHAPTER THREEを結成し、2枚の作品をリリースしています。

その作風は、重厚なブラス・セクションをフィーチャーしたブリティッシュ・ジャズらしい渋みが光るジャズ・ロック。プログレファンにとっては、このグループ以降の作品が比較的馴染み深いかもしれませんね。

VOLUME ONE(1969)

マンのルーズなエレピ/オルガンに、リリカルなフルートやフリーキーなブラス隊が絡むフリーフォームなブラス・ジャズ・ロックを聴かせる69年作「VOLUME ONE」

試聴 Click!

VOLUME TWO(1970)

キーフジャケのインパクトがすさまじい「VOLUME II」は、鈍い光沢を放つ重厚なブラス・セクションはより強化されつつも、メロディはビート時代の彼らを彷彿させるキャッチーなものに。熱気あふれるブラス・ジャズ・ロックとポップなメロディを融合させた唯一無二の名作です。

試聴 Click!




本グループ解散後の72年には、当時隆盛期を迎えていたプログレッシヴ・ロックを志向したバンドMANFRED MANN’S EARTH BANDを結成し、本バンド名義で現在にいたるまで活動を続けます。長年ともに活動したMike HuggはCHAPTER THREE解散をもって離脱。

MANFRED MANN’S EARTH BAND(1972)

Randy Newmanのカバー「Living Without You」

試聴 Click!


MESSIN'(1973)

プログレッシヴ・ロックが栄華を極めた73年らしい、長尺曲が光る73年作よりタイトルナンバー「MESSIN’」

試聴 Click!


SOLAR FIRE(1973)

BOB DYLANのナンバーをドラマティックなプログレ大作に仕上げた名カバー「Father of Day,Father of Night」

試聴 Click!


NIGHTINGALES & BOMBERS(1975)

「Visionary Mountains」

試聴 Click!

本作以降バンドはポップ化を図り、再びヒット曲を世に送り出す人気バンドとなっていきます。


ROARING SILENCE(1976)

全米で見事1位を獲得したBruce Springsteenのカバー「Blinded By The Light」

試聴 Click!


WATCH(1978)

イギリスでヒットを記録した「Davy’s On The Road Again」

試聴 Click!


SOMEWHERE IN AFRIKA(1982)

アフリカ音楽へと接近した82年作より、タイトル曲「Somewhere In Afrika」

試聴 Click!


ヒット曲を中心に60~80年代初頭までのマンフレッド・マンの足跡をたどってまいりました。ほぼすべてのアルバムでカバー曲を取り上げており、その内の多くをヒットさせている事実からしても、ロック界最高のカバーの名手という評価がふさわしいでしょう。

時代の流れを機敏に察知し音楽性を変遷させるなかで数々のヒットを飛ばした非常にクレバーなミュージシャンだったんですね~

MANFRED MANNの在庫

「MANFRED MANNの在庫」をもっと見る

MANFRED MANN CHAPTER THREEの在庫

  • MANFRED MANN CHAPTER THREE / VOLUME TWO

    重厚なブラス・セクションとオルガンが絡みあう英国ジャズ・ロックの名盤、70年作2nd

    ビート・グループから発展した英国のロック・バンド、ヴァーティゴよりリリースされた70年作2nd。ギターレス編成でブラス・セクションを前面に押し出した自由度の高いジャズ・ロックが特徴。時に重厚に、時にヒステリックに唸りを上げるブラス・セクションを先頭に、強い打撃が印象的なドラム、変幻自在なベースライン、焦燥感を煽るスペーシーなオルガンが一体となり、テンション溢れるアンサンブルを奏でます。ダークな雰囲気を湛えたヴォーカルも素晴らしい。ジェントリーなメロディも随所に取り入れており、緊張感の高い作品でありながら取っ付きにくさはありません。英ジャズ・ロックを代表する名盤。

「MANFRED MANN CHAPTER THREEの在庫」をもっと見る

MANFRED MANN’S EARTH BANDの在庫

  • MANFRED MANN’S EARTH BAND / MANFRED MANN’S EARTH BAND

    72年作、ランディ・ニューマンをカバーしたスマッシュ・ヒット「リヴィング・ウィズアウト・ユー」収録の1st

    マンフレッド・マン・チャプターの解散後、マンフレッド・マンがシンセサイザーの可能性を見据え、ミック・ロジャース(Vo&G)、クリス・スレイド(Dr)、コリン・パテンデン(B)と新たに結成したマンフレッド・マンズ・アース・バンドのファースト・アルバム。72年作。スマッシュ・ヒット「リヴィング・ウィズアウト・ユー」(ランディ・ニューマン作)収録。

  • MANFRED MANN’S EARTH BAND / MESSIN’

    73年3rd、プログレ路線の代表作!

    南アフリカ出身のキーボーディスト、マンフレッド・マン率いるマンフレッド・マンズ・アース・バンド。CHAPTER THREEからEARTH BANDへと名前を変更後、1973年にリリースされたEARTH BANDの3作目。プログレッシヴ性を大きく打ち出した作品で、初期の傑作の一つ。ポップ色を強める前の重厚なサウンドで、10分近くのタイトル・トラックは特に必聴。(レーベルインフォより)

  • MANFRED MANN’S EARTH BAND / SOLAR FIRE

    ディラン・カバー「ファーザー・オブ・デイ・ファーザー・オブ・ナイト」収録、最高傑作の呼び声高い73年コンセプト作!

    ホルストの傑作『組曲「惑星」』に収録されている「ジュピター」にインスパイアされて生まれたコンセプト・アルバムで、現在でもマンフレッド・マンズ・アース・バンドの最高傑作としての呼び名が高い1枚。73年作。中でも、ボブ・ディラン作の10分を越す長尺トラック「ファーザー・オブ・デイ・ファーザー・オブ・ナイト」は圧巻。プログレ・バンドとしての彼らの魅力をうまく捉えた傑作です。

    • BELLE213571MARQUEE

      紙ジャケット仕様、SHM-CD、21年デジタル・リマスター、ボーナス・トラック2曲、定価3143+税

      【購入特典:カケレコオリジナル特典ペーパーをプレゼント!】

  • MANFRED MANN’S EARTH BAND / GOOD EARTH

    74年作、ブリティッシュ・ロック然としたアーシーなサウンドが特徴

    チャプター・スリーで2枚のアルバムをリリース後、盟友マイク・ハグと袂を分かったマンフレッド・マンが新たなメンバーを集めて結成したマンフレッド・マンズ・アース・バンドの「太陽の化身」の翌年、74年発表の5作目のアルバム。前作のコンセプト志向から個々の楽曲にそれぞれの個性を与え、キャッチーさを加味した以後の作風への転換期で、スタイリッシュさを感じるアルバム。(レーベルインフォより)

    • BELLE213572MARQUEE

      紙ジャケット仕様、SHM-CD、21年デジタル・リマスター、ボーナス・トラック3曲、定価3143+税

      【購入特典:カケレコオリジナル特典ペーパーをプレゼント!】

      3143円

      2514円
      (税込2765円)

      692円お得!


      CD詳細ページへ

    • BELLE213572MARQUEE

      紙ジャケット仕様、SHM-CD、21年デジタル・リマスター、ボーナス・トラック3曲、定価3143+税

      盤質:傷あり

      状態:良好

      帯有

  • MANFRED MANN’S EARTH BAND / NIGHTINGALES AND BOMBERS

    ブルース・スプリングスティーン「スピリット・イン・ザ・ナイト」のカヴァー・ヒットを含む、75年発表6作目

    チャプター・スリーで2枚のアルバムをリリース後、盟友マイク・ハグと袂を分かったマンフレッド・マンが新たなメンバーを集めて結成したマンフレッド・マンズ・アース・バンドの75年発表の6作目のアルバム。ブルース・スプリングスティーンの「スピリット・イン・ザ・ナイト」のカヴァーがアメリカでヒットを飛ばした。前作で築いた良質なポップ性とキャッチーさを加えたアレンジは更なる洗練度を増し、アース・バンドの全盛期の一枚に数えられる名作品。(レーベルインフォより)

  • MANFRED MANN’S EARTH BAND / WATCH

    プログレッシヴなポップ路線を押し進めた78年作

    南アフリカ出身のキーボーディスト、マンフレッド・マン率いるマンフレッド・マンズ・アース・バンド。1978年発表の2つのライヴ・トラックを含む8枚目のスタジオ・アルバムで、ベーシスト、パット・キング加入後、最初のアルバム”Nightingale・・・”以降のキャッチーなメロディーをシンフォニックなアレンジで聴かせる作風は洗練され、清涼感のある、マンフレッド・マン節は秀逸。(レーベルインフォより)

  • MANFRED MANN’S EARTH BAND / ANGEL STATION

    マンフレッド・マン率いるプログレ/ポップ・グループ、ディランやマイク・ヘロンのナンバーを取り上げた79年作

    南アフリカ出身のキーボーディスト、マンフレッド・マン率いるマンフレッド・マンズ・アース・バンドの1979年作の9作目。ギターとドラムスが交代し、共同プロデューサーとして、HENRY COW / SLAPP HAPPYのアンソニー・ムーアを起用して制作。キャッチーなメロディーをシンフォニックにアレンジする作風に加え、当時流行のニュー・ウェイヴのサウンドをそこはかと感じるスタイリッシュな一枚。(レーベルインフォより)

  • MANFRED MANN’S EARTH BAND / CHANCE

    ヒットメーカーManfred Mannによるプログレッシヴ・ロック志向のグループ、80年作

    Trevor Ravinがプロデューサーとして参加した10thアルバム、80年作。ヴォーカルに6人、ギターに5人などゲストが多数参加しており、Mannのソロ作というニュアンスも強い作品。スペーシーなキーボード・プログレにモダンポップの要素を取り入れた爽やかでメロディアスな楽曲を多数収録。BUGGLESを彷彿させるきらびやかなキーボード、コンパクト且つソリッドなギターを中心にして、万華鏡のごとく多彩なゲスト・ヴォーカルが表情を変えていくカラフルなアンサンブル。グループのイメージからは離れるものの、都会的な雰囲気に包まれたメロディアスな楽曲群はモダンポップとしてクオリティが高く侮れないアルバムです。

  • MANFRED MANN’S EARTH BAND / SOMEWHERE IN AFRIKA

    82年リリース、BOB MARLEYやPOLICEのカヴァーをアフリカン・テイストで取り上げた意欲作

  • MANFRED MANN’S EARTH BAND / BUDAPEST LIVE

    83年ハンガリー・ブダペストでのライヴを収録、ヒット曲を網羅したベスト・ライヴ!

    長年彼らが所属したレーベル、ブロンズ・レコーズでの最後のアルバム。84年作。当時、絶大なる人気を誇っていたヨーロッパの中から、ハンガリーのブタペストでのコンサートの様子をライヴ・レコーディング。「光で目もくらみ」「スピリット・イン・ザ・ナイト」「マイティ・クイン」など、ヒット曲を全て網羅したまさにベス・トオブ・ベストと呼べる1枚。オリジナル内袋封入。

  • MANFRED MANN’S EARTH BAND / CRIMINAL TANGO

    ヒットメーカーManfred Mann率いる名グループ、86年作

「MANFRED MANN’S EARTH BANDの在庫」をもっと見る

ブリティッシュ・プログレの在庫

「ブリティッシュ・プログレの在庫」をもっと見る

ブリティッシュ・ジャズ・ロックの在庫

「ブリティッシュ・ジャズ・ロックの在庫」をもっと見る

米ビート/ガレージ/フォーク・ロックの在庫

「米ビート/ガレージ/フォーク・ロックの在庫」をもっと見る

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。