プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(土・日・祝は翌日)、6,000円(税抜)以上送料無料

EGO

MILLENIUM

LM80DG(LYNX

デジパック仕様。

評価:40 1件のレビュー

現ポーランドを代表するバンドと言えば彼らですよね。ジェネシスの叙情美とフロイドの内省感を合わせたようなメロディーを東欧的なメランコリーいっぱいのアンサンブルが包み込んだこの13年作、ドラマティック過ぎっ!

ポーランド・プログレ・シーンを代表するシンフォ・バンド、ずばり最高傑作と言える13年作9th

99年結成のポーランド屈指のプログレ新鋭バンド。ネオ・プログレとピンク・フロイドの影響の元に、メランコリックで映像喚起的なサウンドでデビューし、徐々に洗練させながら、前々作、前作で到達した、「プログレ」の枠を超えた、ピンク・フロイド『ウォール』ばりのスタイリッシュな「ロック」サウンド。2013年作9thである本作では、スタイリッシュさはそのままに、叙情性を増し、シンフォニック・ロックとして孤高のサウンドを聴かせています。映像喚起的なSEから入り、中欧の森を思わせるアコギのリードが静かに鳴るイントロ。その静寂を打ち破って轟くヘヴィなギターとキーボードによる音の壁とギルモアばりに伸びやかに泣くリード・ギター。そして、何より素晴らしいのがメロディーとヴォーカル。ピンク・フロイドの内省感とネオ・プログレの叙情美とが出会ったような美旋律、そして伸びやかさの中に翳りを感じさせるハイトーンが魅力のヴォーカルは、もう絶品の一言。99年のデビュー作での「空間的な音響センスに溢れたシンフォニック・ロック」を、これまでの作品で培ったテクニックとサウンド・メイキングのセンスにより圧倒的な強度で聴かせた一大傑作。熱くも透徹としたロマンティシズム。これはずばり最高傑作!

他のお客様はこんな商品も一緒に買っています

MILLENIUM / IN SEARCH OF THE PERFECT MELODY の商品詳細へ

MILLENIUM/IN SEARCH OF THE PERFECT MELODY

ポーランド屈指のプログレ新鋭バンド、前作に負けず劣らずの傑作に仕上がった2014年作10th

2190円(+税)

MILLENIUM / EXIST の商品詳細へ

MILLENIUM/EXIST

ポーランド屈指のプログレ新鋭バンド、一気に洗練され、ピンク・フロイドばりのスタイリッシュなサウンドを聴かせる08年作の傑作7th

2190円(+税)

MILLENIUM / PUZZLES の商品詳細へ

MILLENIUM/PUZZLES

現代ポーランドを代表するシンフォ・グループ、11年発表の2枚組コンセプト・アルバム傑作

2390円(+税)

MILLENIUM / REINCARNATIONS の商品詳細へ

MILLENIUM/REINCARNATIONS

00年代以降のポーランドを代表するシンフォ・グループ、02年作3rd

2190円(+税)

YouTube動画

試聴 Click!

試聴 Click!

テーマでカケハす。

2013年リリースの新鋭シンフォ傑作選!

まとめて試聴する

関連Webマガジン記事

このアーティストのその他タイトルのCD

  • VOCANDA

    MILLENIUM

    LM69DG(LYNX

    デジパック仕様

    00年代以降のポーランドを代表するシンフォニック・ロック・バンド、00年作2nd

    レーベル管理上、デジパックに若干角つぶれがある場合がございます。ご了承ください。

    『アニマルス』『ウォール』あたりのフロイドのDNAを軸に、ジェネシス譲りの幻想美、そしてピアノには同郷ショパンのエッセンスも感じる・・・壮大な音のドラマが感動的なポーランド産新鋭シンフォの逸品。

  • VOCANDA

    MILLENIUM

    LM69DG(LYNX

    デジパック仕様

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    若干スレあり

    00年代以降のポーランドを代表するシンフォニック・ロック・バンド、00年作2nd

    『アニマルス』『ウォール』あたりのフロイドのDNAを軸に、ジェネシス譲りの幻想美、そしてピアノには同郷ショパンのエッセンスも感じる・・・壮大な音のドラマが感動的なポーランド産新鋭シンフォの逸品。

  • VOCANDA

    MILLENIUM

    LM69DG(LYNX

    デジパック仕様

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    デジパックに小さい角つぶれあり

    00年代以降のポーランドを代表するシンフォニック・ロック・バンド、00年作2nd

    『アニマルス』『ウォール』あたりのフロイドのDNAを軸に、ジェネシス譲りの幻想美、そしてピアノには同郷ショパンのエッセンスも感じる・・・壮大な音のドラマが感動的なポーランド産新鋭シンフォの逸品。

  • REINCARNATIONS

    MILLENIUM

    LM162CDDG(LYNX

    デジパック仕様、19年リイシュー

    00年代以降のポーランドを代表するシンフォ・グループ、02年作3rd

  • 盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    若干タバコ臭あり、ケースツメ跡あり、側面に折れあり

    00年代以降のポーランドを代表するシンフォ・グループ、02年作3rd

  • INTERDEAD

    MILLENIUM

    LM165CDDG(LYNX

    デジパック仕様、19年リイシュー

    00年代以降のポーランドを代表するシンフォ・グループ、05年作

    この人の歌ってめっちゃカッコよくありません?スタイリッシュというか・・・。声質も艶があって素敵だなぁ。そのヴォーカルを分厚いシンフォニック・アンサンブルで包み込む演奏陣も特筆!

  • NUMBERS AND THE BIG DREAM OF MR SUNDERS

    MILLENIUM

    LM64CDDG(LYNX

    デジパック仕様

    現ポーランド・シンフォ・シーンを代表するグループ、06年作6th

    シンセの海に溺れてみたいって?でもこれ、シンセはシンセでも心地いいシンセ・ミュージックなどではありません。荒波ですよ?では覚悟が出来た人から飛び込んでくださ〜い

  • EXIST

    MILLENIUM

    LM40CD(プラケース)(LYNX

    プラケース仕様

    ポーランド屈指のプログレ新鋭バンド、一気に洗練され、ピンク・フロイドばりのスタイリッシュなサウンドを聴かせる08年作の傑作7th

    レーベル管理上、盤面にキズがある場合がございます。予めご了承ください。

    「ヴォーカル&メロディ」とそれを彩る「空間的なアレンジ」というフロイドのDNAを継いだ彼らの魅力にギュッとフォーカスし、スケールを増した傑作。

  • EXIST

    MILLENIUM

    LM40CDDG(LYNX

    デジパック仕様

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    ポーランド屈指のプログレ新鋭バンド、一気に洗練され、ピンク・フロイドばりのスタイリッシュなサウンドを聴かせる08年作の傑作7th

    「ヴォーカル&メロディ」とそれを彩る「空間的なアレンジ」というフロイドのDNAを継いだ彼らの魅力にギュッとフォーカスし、スケールを増した傑作。

  • PUZZLES

    MILLENIUM

    LM66DG2CD(LYNX

    デジパック仕様、2枚組

    現代ポーランドを代表するシンフォ・グループ、11年発表の2枚組コンセプト・アルバム傑作

    ジャケット・イメージからも分かる通り、彼らが敬愛するピンク・フロイド『ウォール』へのオマージュであり、挑戦でもある力作。これはスケールの大きなプログレ新鋭による一大傑作!

もっと見る

レビューの投稿

レビューは登録ユーザーのみ記入できます。

新規登録 ログイン

レビュー一覧

評価:4 STINGファンにもおススメ!?(1 拍手)

yes_90125さん レビューをすべて見る

ポーランドを代表するMILLENIUMの9thアルバムは、オープニングから叙情派シンフォ・ファンの心を鷲掴みにする必聴作!
PINK FLOYDの影響とか、COLLAGEを継承するバンドとか言われているけれど、最早MILLENIUMらしいという表現が正しいような気がする。

一昔前の少ない情報とジャケット・イメージを頼りに自分の直観だけを信じて葛藤していたプログレ・ファンはきっと手に取らなかったであろうジャケットから連想するメタル色は一切ない。
お気に入りの「REINCARNATIONS」にしても、掌の上で人が燃えているようなジャケットだったし、もう少しジャケットをサウンド・イメージに近づければ良いのに・・・と度々思ってしまうのである。

ところで、ヴォーカルの人の声質と歌い方が、何となくSTINGに似ている・・・と思ったら、STINGにしか聞こえなくなってきて、STINGがプログレ・バンドで歌ったらこんな感じなんだろうなと・・・立て続けに2回も聴いてしまった!
そんなわけで、無謀にもSTINGファンにもお奨めしてしまうのである!!
もちろん、メロディアスなギターや美しいキーボードに女性Voも加わり、ポーランドらしいシンフォ・アルバムであることは言うまでもない♪

ナイスレビューですね!