プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(土・日・祝は翌日)、6,000円(税抜)以上送料無料

KLUBKIN'S VOYAGE

QUORUM

MALS367(MALS

評価:45 2件のレビュー

全パートのどこを切り取ってもメロディが溢れ出る、と言っても過言ではないメロディアスぶり!これはGENESISやCAMELやYESなど70年代プログレの遺伝子を受け継いだ正統派プログレとして一級の出来映え!

ロシアからとんでもない新鋭が登場!70年代プログレの遺伝子を受け継いだ正統派プログレとして一級の傑作!

ロシアの新鋭グループ、2011年のデビュー作。もうオープニング・ナンバーのイントロからキてます。リック・ウェイクマンとアンディ・ラティマーが共演!?っといった感じで、マイルドなトーンの流麗なギターとクラシカルなピアノが美しい旋律で幕を開け、一転して、マイク・オールドフィールド『チューブラー・ベルズ』を彷彿とさせるような緊張感あるピアノに切り替わったかと思うと、ドラムが走りだし、視界が一気に広がり、ギターとキーボードから次々とメロディが溢れ出る!この展開に心躍らないプログレ・ファンは居ないでしょう。さぁさぁ、ヴォーカルはどんな感じかな、と待っていると、透明感のある歌声と包み込むような歌唱が素晴らしい男性ヴォーカルが伸び伸びと美しいメロディを歌い上げる。バックではコロコロとリリカルなピアノがサポート。それにしても、全パートのどこを切り取ってもメロディが溢れ出る、と言っても過言ではないメロディアスぶり!これはGENESISやCAMELやYESなど70年代プログレの遺伝子を受け継いだ正統派プログレとして一級の出来映え!往年のプログレ・ファンは必聴の大傑作です。

他のお客様はこんな商品も一緒に買っています

SILHOUETTE / ACROSS THE RUBICON の商品詳細へ

SILHOUETTE/ACROSS THE RUBICON

オランダ新鋭シンフォ12年作、透明感溢れる音使いはそのままによりダイナミックに、ドラマティックに深化を遂げた傑作!

2190円(+税)

QUORUM / ANOTHER WORLD の商品詳細へ

QUORUM/ANOTHER WORLD

2010年代屈指と言えるロシアのプログレ新鋭バンド、2015年作の2nd

2190円(+税)

ISLAND / PYRRHO の商品詳細へ

ISLAND/PYRRHO

77年唯一作『PICTURES』で知られるスイスのプログレ・グループ、唯一作リリース前の発掘音源!

5190円(+税)

OBIYMY DOSCHU / ELEHIA の商品詳細へ

OBIYMY DOSCHU/ELEHIA

ウクライナの恐るべき新鋭、09年デビュー作、狂おしいばかりに美しく荘厳なシンフォ名作

2190円(+税)

YouTube動画

試聴 Click!

テーマでカケハす。

2011年リリースのシンフォニック・ロック名作選

まとめて試聴する

  • AFTER CRYING 『CREATURA』

    東欧プログレを牽引するグループ、前作から8年ぶりとなる2011年作、鮮烈な傑作!

  • HOSTSONATEN 『SUMMEREVE』

    90年代以降のイタリアン・シンフォを語る上で最も重要なグループ、四季をテーマにしたコンセプト作の完結編となる『夏』編

  • SEAN FILKINS 『WAR AND PEACE AND OTHER SHORT STORIES』

    英シンフォ新鋭を代表するグループBIG BIG TRAINのヴォーカリストによるソロ、2011年作

  • DORACOR 『LA VITA CHE CADE』

    伊出身11年作、きらびやかなキーボードと硬質なギター絡むドラマティックなキーボード・シンフォ、11年作

  • INTROITUS 『ELEMENTS』

    北欧シンフォ・プログレ11年2nd、女性ヴォーカルの美声を生かした圧巻のドラマティック・サウンド

  • FLOR DE LOTO 『IMPERIO DE CRISTAL』

    ペルー出身11年作、現代的なヘヴィネスと民族情緒がバランス良く配合されたドラマティックなヘヴィ・シンフォ作

ロシア・プログレ新鋭特集!

まとめて試聴する

  • LITTLE TRAGEDIES 『AT NIGHTS』

    ヴィンテージ・キーボードが躍動するクラシカルかつダイナミックなキーボード・プログレ、00年代以降のロシア・プログレの最高峰!

  • LOST WORLD 『SOLAR POWER』

    現代ロシアを代表する3人組プログレ・バンド、前作を上回る密度と緊張感がみなぎる13年作4th!

  • INNER DRIVE 『OASIS』

    ヴァイオリンやフルートが躍動する「鮮烈」なシンフォニック・ロックを聴かせるロシア注目の新鋭、2014年傑作デビュー作!

  • GROUP 309 『DREAMS OF SEA』

    ロシアの新鋭シンフォ・グループ、2010年デビュー作、特筆すべきメロディ・センスを持った大注目バンド!

  • PIKAPIKA TEART 『MOONBERRY』

    ロシアはシベリア出身のクラシカルなチェンバー・ロック・グループ、2010年作、ずばり傑作

イエスのDNAを継ぐキャッチーなプログレ新鋭特集!

まとめて試聴する

  • DRUCKFARBEN 『SECOND SOUND』

    イエスやジェントル・ジャイアントのDNAを継いだカナダの新鋭による2014年作2nd、北米らしい爽快&痛快なプログレ・ハード快作

  • BIG BIG TRAIN 『UNDERFALL YARD』

    ジェネシスのヴォーカリストの候補となったDavid Longdonが加入し、強力ラインナップで制作された09年作6th、鮮烈かつファンタスティックな大傑作!

  • PERFECT BEINGS 『PERFECT BEINGS』

    YESと10ccが合わさったようなメロディアスかつクールな浮遊感あふれる米プログレ新鋭、2014年作

  • COSMIC REMEDY 『COSMIC REMEDY』

    ハンガリー、元YESTERDAYSのリーダーによるソロ・プロジェクト、70年代プログレへの憧憬に満ちあふれたファンタスティックな2013年快作!

2010年代新鋭プログレ・グループによる傑作デビュー作選!

まとめて試聴する

  • SCHERZOO 『1』

    FRANCOIS THOLLOT率いる仏暗黒アヴァン/チェンバー・グループ、11年デビュー作

  • MOOGG 『LE ORE I GIORNI GLI ANNI』

    ハットフィールド meets キャメルといった感じの叙情性溢れるジャズ・ロックが楽しめる力作、2011年デビュー作

  • IL FAUNO DI MARMO 『CANTI RACCONTI E BATTAGILE』

    伊新鋭13年デビュー作、往年の伊バンドそのものなヴィンテージ感のままに、ファンクからトラッドまで振れ幅自在な演奏が圧倒的な傑作!

  • INGRANAGGI DELLA VALLE 『IN HOC SIGNO』

    イタリア新鋭プログレ・バンド、13年デビュー作、ARTI E MESTIERI『TILT』を思わせるスピーディーなジャズ・ロックからELPばりのヴィンテージ・キーボード・シンフォまで、圧倒的なテクニックで描き切る傑作!

  • UNREAL CITY 『LA CRUDELTA DI APRILE』

    奇才FABIO ZUFFANTIプロデュースによる新鋭シンフォ・バンド13年デビュー作、FINISTERREを彷彿させるモダンなサウンドを聴かせる傑作シンフォ!

  • INNER DRIVE 『OASIS』

    ヴァイオリンやフルートが躍動する「鮮烈」なシンフォニック・ロックを聴かせるロシア注目の新鋭、2014年傑作デビュー作!

  • SINAGOGA ZEN 『SINAGOGA ZEN』

    アヴァン/ジャズ・ロックからキーボード・プログレ、神秘的フォークまでめくるめく展開するブラジル注目の新鋭が登場!2014年のデビュー作にして傑作!

  • ALCO FRISBASS 『ALCO FRISBASS』

    ナショナル・ヘルスやキング・クリムゾンのDNAを感じさせるフランスの新鋭、圧巻の2015年デビュー作

  • LA FABBRICA DELL'ASSOLUTO 『1984』

    こ、これ、本当に2015年作!?70年代初期の空気をプンプンさせる伊ヘヴィ・シンフォ傑作

  • SHAMBLEMATHS 『SHAMBLEMATHS』

    奔放さと強靭さ、ただただ凄まじいテンション、このノルウェーの新鋭による16年デビュー作、ずばり70年代プログレ・ファンは必聴!

  • WAVE 『ME AND REALITY』

    「狂気」〜「ウォール」期フロイドをポーランド特有の深い陰影とモダンな質感で蘇らせたようなサウンドを持ち味とする好バンド、17年デビュー作

  • PENDELIRIUM 『ATLAS』

    マルチ・ミュージシャンKristianとメイン・ヴォーカル/ピアノを担当するKatrineのAmlie兄妹によるノルウェー出身シンフォ・ユニット17年デビュー作、ヴィンテージなヘヴィ・プログレと瑞々しい北欧フォークが理想的に共存した幻想的かつドラマチックな傑作!

  • AUTUMN MOONLIGHT 『SKY OVER YOUR SHOULDERS』

    アルゼンチンの新鋭、2010年デビュー作。ヘヴィかつメランコリックで幻想的な絶品シンフォ!

  • SEIN 『LA FLOR Y LA MIERDA』

    え!?これ本当に新鋭なの? SERU GIRANやPABLO EL ENTERRADORの遺伝子を受け継ぐ正統派アルゼンチン・プログレ、名作!

  • DRY RIVER 『EL CIRCO DE LA TIERRA』

    (クイーン + ドリーム・シアター)÷モンティ・パイソン!?プログレとHR/HMを恐るべしな諧謔精神でまとめあげた希代の奇天烈プログレ、このスペインの新鋭2012年デビュー作、凄すぎです!

  • AUTUMN CHORUS 『VILLAGE OF THE VALE』

    英国新鋭プログレ・バンド、2012年デビュー作 、 信じられないほどに繊細に紡がれる、牧歌的でいて崇高な圧巻の名作!

  • HOMUNCULUS RES 『LIMITI ALL'EGUAGLIANZA DELLA PARTE CON IL TUTTO』

    伊シチリア島出身のカンタベリー・フィーリングたっぷりの新鋭ジャズ・ロック・バンド、爽やかでポップな2013年デビュー作

  • JONAS LINDBERG & THE OTHER SIDE 『OTHER SIDE』

    ニッチ・ポップとフラワー・キングスのファンは必聴、スウェーデンの新鋭バンドによる2013年デビュー作

  • PROTOFONIA 『PROTOFONIA』

    クリムゾンやフリージャズに影響を受けたブラジルのインストゥルメンタル・トリオ、2013年デビュー作

  • BRUNO MANSINI 『DREAMS FROM THE EARTH』

    ムーン・サファリへのブラジルからの回答!と言える、透明感ある美メロとアンサンブルが光る2013年の驚きのデビュー作

  • CAMELIAS GARDEN 『YOU HAVE A CHANCE』

    イタリア新鋭13年デビュー作、たおやかなアコギ、こぼれ落ちる凛としたリリシズム、爽やかなポップ・センス、ずばり名作です!

  • EL ULTIMO BOABDIL 『LENGUAS VERNACULAS』

    コロンビアのチェンバー・ロック/レコメン系グループ、名作と言えるテンションみなぎる2014年デビュー作

  • MINOR GIANT 『ON THE ROAD』

    続々と優れたプログレ作品を生み出す00年代のオランダからまたまた注目の新鋭が登場!キーボードが清涼感いっぱいに彩る2014年デビュー作!

  • PERFECT BEINGS 『PERFECT BEINGS』

    YESと10ccが合わさったようなメロディアスかつクールな浮遊感あふれる米プログレ新鋭、2014年作

  • I AM THE MANIC WHALE 『EVERYTHING BEAUTIFUL IN TIME』

    このバンドはグレイト!英国の新鋭バンドによる2015年デビュー作で、まるでPILOTとBIG BIG TRAINが融合した感じ!

  • PROMENADE 『NOI AL DIR DI NOI』

    これは激レコメンドの新鋭がイタリアはジェノヴァから登場!ザッパやジェントル・ジャイアントもびっくりな痛快プログレ、2016年作!

  • THIS WINTER MACHINE 『MAN WHO NEVER WAS』

    イギリスの新鋭シンフォニック・ロック・バンド、IQやPENDRAGONなどネオ・プログレ・バンドを受け継ぎながら、より繊細にメランコリックに展開する丹念なサウンドメイクが素晴らしい16年デビュー作!

関連Webマガジン記事

このアーティストのその他タイトルのCD

  • ANOTHER WORLD

    QUORUM

    MALS412(MALS

    デジパック仕様

    2010年代屈指と言えるロシアのプログレ新鋭バンド、2015年作の2nd

    レーベル管理上、デジパックに若干スリ傷がある場合がございます。

    「陽」「陰」のパートともにシンフォニック・ロック・ファンの心に直球で響くドラマたっぷり。2010年代にデビューしたバンドの中でも屈指と言えるロシアの新鋭による待望の2015年作2nd!

  • ANOTHER WORLD

    QUORUM

    MALS412(MALS

    デジパック仕様

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    スレあり

    2010年代屈指と言えるロシアのプログレ新鋭バンド、2015年作の2nd

    「陽」「陰」のパートともにシンフォニック・ロック・ファンの心に直球で響くドラマたっぷり。2010年代にデビューしたバンドの中でも屈指と言えるロシアの新鋭による待望の2015年作2nd!

レビューの投稿

レビューは登録ユーザーのみ記入できます。

新規登録 ログイン

レビュー一覧

評価:5 ブログレは、連綿と続く。世界へ、未来へ(18 拍手)

F.Greenさん レビューをすべて見る

ロシアのバンドの2011年のデビュー盤だって?針を落とした・・・、もとい、CDのプレイボタンを押した瞬間出てくる音からは、信じられなかった。そこからは、ブログレ全盛期、70年代の音楽が流れてきたのだ。針を落とした・・・、といった感覚の音楽なのである。
例えるなら、イエス、ジェネシス、ピンク・フロイド、キャメル、・・・、美味しい美味しいブログレの世界が広がっている。
ここで、もう一度、CDの裏ジャケを確認。2011年やなぁ・・・。メイド・イン・ロシアやなぁ・・・。
こいつら、何を思って、そして何に感化されて、こんな音楽にたどり着いたんや!まさに驚異、そして奇跡である。
情報社会の今日、古今東西の音楽が、ネットを通じて簡単に入手できる。彼らもそんな中から、古典名作ブログレに出会い、刺激を受けたのかもしれない。そう考えると、ネット社会も悪くない?
このアルバムは、今後もブログレが、古典として楽しまれるだけの音楽ではなく、さらに進化し、世界中に広がっていけることを証明した。
一点、端正だが、特徴のない男性ボーカルは好き嫌いが分かれるところ。どこか、役所の公務員が歌っているみたい。この感覚、分かります?因みに私が好きなボーカルは、男は断然、ピーター・ガブリエルにピーター・ハミル。女性はアニー・ハズラムなんだけどな。

ナイスレビューですね!

評価:4 おぉっと!ロシアのカヤックか?!(1 拍手)

プログレ者さん レビューをすべて見る

アルバムの始まりと共に耳に飛び込んでくるリリカルなピアノの音。これはまるで愛すべきオランダの「カヤック」ではないか!!歌メロを大事にし欧州ポップス的フィーリングを感じさせる所もますます彼らの影響を感じずにはいられない。デビュー作としては見事な出来で将来とてつもない傑作をリリースするような予感を感じさせる良作であるがヴォーカリストの声質がやや平坦なのと、ギターにもう少し頑張ってもらいたいので★は4つに留めておいた。

ナイスレビューですね!