プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(土・日・祝は翌日)、6,000円(税抜)以上送料無料

ASHES ARE BURNING

RENAISSANCE

REP5078(REPERTOIRE) 【2006年発売CD】

紙ジャケット仕様。

評価:50 2件のレビュー

フォーク、ロック、クラシックを絶妙に配合した名曲群に命を吹き込む天使の歌声。何というか、もうこれがNO.1ですよね・・

73年リリースの2nd、牧歌的な伸びやかさと英国的な麗しき叙情美、そしてロックの躍動感が一体となったシンフォニック・ロックの決定盤!

YARD BIRDSのKeith Relf、Jim McCartyを中心に結成されるも、2枚のアルバムを残し解散したイギリスのグループ。72年にソプラノ・ボーカルAnnie Haslamを擁し新体制で活動を再開、ロック・フォーク・クラシックが交差する幻想的な楽曲は今なお色褪せることはありません。本作は73年にリリースされた2nd。クラシカルな中に多少のサイケデリック感覚を残したデビュー作から方向性が定まり、牧歌的なのどかさと英国叙情、オーケストラを従えたシンフォニック・ロックの世界を作り上げています。以降ライブでも取り上げられる機会の多い名曲となった「カーペット・オブ・ザ・サン」「燃ゆる灰」などを収録。

YouTube動画

試聴 Click!

テーマでカケハす。

優美でドライヴ感いっぱい!英ファンタスティック・ロックの名作たち

まとめて試聴する

  • GREENSLADE 『BEDSIDE MANNERS ARE EXTRA』

    緩急自在のツイン・キーボードを特徴とする英国叙情溢れるプログレ・グループ、73年作2nd

  • ENGLAND 『GARDEN SHED』

    77年リリースの唯一作にしてブリティッシュ・シンフォ・プログレの大傑作、ファンタスティックで英国叙情匂い立つアンサンブルは素晴らしすぎます!

  • WALLY 『WALLY』

    リック・ウェイクマンのプロデュースによる74年デビュー作、英クラシカル・フォーク・ロックの名作、溢れ出る珠玉のメロディは絶品の一言!

  • FRUUPP 『PRINCE OF HEAVEN'S EYES』

    クラシカルかつファンタスティックなアイルランドの名バンド、74年発表の傑作3rd

  • GRYPHON 『RED QUEEN TO GRYPHON THREE』

    英国の古楽プログレ・グループ、YESの飛翔感あるファンタジックなアンサンブルをより格調高く典雅にしたようなイメージ、74年作

  • ANTHONY PHILLIPS 『GEESE AND THE GHOST』

    77年ソロ1st、これぞ英国という叙情と格式に満ち満ちた傑作!

  • DRUID 『TOWARD THE SUN』

    YESフォロワー筆頭グループの一つといえる英シンフォ・バンド、75年発表の傑作

  • GREENSLADE 『LIVE 1973-75』

    アルバム以上にドラマティックな演奏が楽しめる73/75年のライヴ集!

関連Webマガジン記事

このアーティストのその他タイトルのCD

  • 盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    85年フィラデルフィアでのアンプラグド・ライヴ、全12曲

  • 盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    ケースツメ跡あり、若干カビあり

    元YARDBIRDSのKeith RelfとJim McCartyが結成したオリジナル・ルネッサンスによる69年作1st

    クラシカルで躍動感に溢れたピアノ、荘厳なコーラス・ワークをフィーチャーしたサウンドは大変幻想的。

  • 盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    元ヤードバーズのKeith RelfとJim McCartyを中心に結成されたオリジナル・ルネッサンスによる71年作2nd

    私のルネッサンスだって忘れないで!いやいやもちろん、姉さんの妖艶さ、たまりませんっ!

  • PROLOGUE

    RENAISSANCE

    ECLEC2644(ESOTERIC

    デジパック仕様、18年リイシュー、リマスター、ボーナストラック1曲

    72年リリース、第二期ルネッサンスのデビュー作、ロック/フォーク/クラシックが交差する幻想的な名作

    クラシックとロックが交差した気品溢れるアンサンブルに、Annie Haslamの伸びやかなスキャットが映える…!新生RENAISSANCEの記念すべき第一作目!

  • PROLOGUE

    RENAISSANCE

    ECLEC2644(ESOTERIC

    デジパック仕様、18年リイシュー、リマスター、ボーナストラック1曲

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    72年リリース、第二期ルネッサンスのデビュー作、ロック/フォーク/クラシックが交差する幻想的な名作

    クラシックとロックが交差した気品溢れるアンサンブルに、Annie Haslamの伸びやかなスキャットが映える…!新生RENAISSANCEの記念すべき第一作目!

  • 盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    若干カビあり、ケースに経年あり

    72年リリース、第二期ルネッサンスのデビュー作、ロック/フォーク/クラシックが交差する幻想的な名作

    クラシックとロックが交差した気品溢れるアンサンブルに、Annie Haslamの伸びやかなスキャットが映える…!新生RENAISSANCEの記念すべき第一作目!

  • ASHES ARE BURNING

    RENAISSANCE

    ECLEC2646(ESOTERIC

    評価:50 1件のレビュー

    19年リイシュー、デジパック仕様、デジタル・リマスター、ボーナストラック3曲

    73年リリースの2nd、牧歌的な伸びやかさと英国的な麗しき叙情美、そしてロックの躍動感が一体となったシンフォニック・ロックの決定盤!

    フォーク、ロック、クラシックを絶妙に配合した名曲群に命を吹き込む天使の歌声。何というか、もうこれがNO.1ですよね・・

  • 帯【無】 解説【有】

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    帯無

    73年リリースの2nd、牧歌的な伸びやかさと英国的な麗しき叙情美、そしてロックの躍動感が一体となったシンフォニック・ロックの決定盤!

    フォーク、ロック、クラシックを絶妙に配合した名曲群に命を吹き込む天使の歌声。何というか、もうこれがNO.1ですよね・・

  • 燃ゆる灰

    ルネッサンス

    TOCP95066

    評価:50 1件のレビュー

    廃盤、紙ジャケット仕様、SHM-CD、2000年デジタル・リマスター、ボーナス・トラック2曲、定価2667+税

    帯【有】 解説【有】

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    若干圧痕あり

    73年リリースの2nd、牧歌的な伸びやかさと英国的な麗しき叙情美、そしてロックの躍動感が一体となったシンフォニック・ロックの決定盤!

    フォーク、ロック、クラシックを絶妙に配合した名曲群に命を吹き込む天使の歌声。何というか、もうこれがNO.1ですよね・・

  • ASHES ARE BURNING

    RENAISSANCE

    ECLEC2646(ESOTERIC

    評価:50 1件のレビュー

    19年リイシュー、デジパック仕様、デジタル・リマスター、ボーナストラック3曲

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    73年リリースの2nd、牧歌的な伸びやかさと英国的な麗しき叙情美、そしてロックの躍動感が一体となったシンフォニック・ロックの決定盤!

    フォーク、ロック、クラシックを絶妙に配合した名曲群に命を吹き込む天使の歌声。何というか、もうこれがNO.1ですよね・・

もっと見る

レビューの投稿

レビューは登録ユーザーのみ記入できます。

新規登録 ログイン

レビュー一覧

評価:5 シンフォニックロックの決定版(6 拍手)

Durangoさん レビューをすべて見る

シンフォニックロックというジャンルは、後続を待たずしてこの作品によって完成を見た感があります。まさに原点にして頂点。
技巧的にも音楽的にも別段難しいことをやってるわけじゃないのですが、出てきた音からは情熱、悲哀、優美さ、激情、哀愁と、およそ音楽の中で考えられるあらゆる要素が感じ取れます。
ポイントはやはりクラシカルな音使いとロックのダイナミズムの絶妙すぎるバランスによるところでしょう。「Can You Understand?」と「Ashes Are Burning」ではこの二つの要素が互いを阻むことなく最大限に機能しており、真に新しい音楽が生まれゆく場面に立ち会うかのような興奮を味わえます。
この作品以降は、管弦をフル活用してどんどんスケールが大きくなっていき、クラシカルシンフォの様相を強めていきます。雄大な音の流れに浸る快感はこのあたりの作品でしか味わえないものですし、これをRenaissanceの真骨頂だとする意見にも賛成ですが、「プログレッシブロック」の一グループとして彼らを見た場合には、革新性、ドラマ性、ロックの力強さを兼ね備えた本作を最高傑作と呼びたいです。

ナイスレビューですね!

評価:5 「At The Harbour」の美しさ(1 拍手)

purebluesさん レビューをすべて見る

英国のバンド、ルネッサンスのアルバム。1973年発表。
言わずと知れた名盤。
タイトル曲や「Can You Understand」「Carpet of the Sun」など名曲ぞろいの最高傑作。
でも個人的に一番好きなのは「At The Harbour」である。憂いのある歌声と素晴らしメロディ、鍵盤楽器と弦楽器の音色。すべてが完璧。「Shadows falling at the harbour」のくだりは何度聞いてもこみ上げてくるものがあります。
ちなみに盤の中にはこの曲のピアノソロ(ドビュッシーの引用)がカットされたショートバージョンに差し替えられているものもある。要注意。

ナイスレビューですね!