プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(土・日・祝は翌日)、6,000円(税抜)以上送料無料

UT

NEW TROLLS

VMCD138(VINYL MAGIC

紙ジャケット仕様、デジタル・リマスター。

評価:50 2件のレビュー

ジェノバ出身のグループは歌心が魅力ですね。このグループはその代表格。アルバムのフィナーレを飾るこの曲なんて、ヴォーカルの熱唱に導かれ、これでもかと畳み掛ける叙情展開に完全ノックアウト・・。

72年作、ハードロックに根ざしたアグレッションとイタリアならではの叙情美が調和する名盤!

イタリアを代表するプログレッシブ・ロックバンドの72年の作品。Nico Di Paloのハードな音楽性の色濃い作品となっており、純ハードロック然とした楽曲から哀愁のバラード、キーボーディストMaurizio Salviが大活躍のシンフォニック・ロックまでを放り込んだイタリアン・ロックを代表する1枚。もともと雑多な音楽性を持ちながら咀嚼能力に優れたNEW TROLLSらしい作品となっています。本作を発表後にバンドは分裂、Nico De Paloは新バンドIBISを結成、一方Vittrio De ScaltiはN.T. ATOMIC SYSTEM名義でクラシカルな音楽性を追求した名盤「ATOMIC SYSTEM」をリリースします。

他のお客様はこんな商品も一緒に買っています

OSANNA / PALEPOLI の商品詳細へ

OSANNA/PALEPOLI

伊ヘヴィ・シンフォニック・ロックを代表する傑作、73年リリース

1,190円(税込1,309円)

NEW TROLLS / CONCERTO GROSSO N.1 AND N.2 の商品詳細へ

NEW TROLLS/CONCERTO GROSSO N.1 AND N.2

壮麗なストリングスをフィーチャした荘厳かつ劇的な「N.1」、リラックスした雰囲気のクラシカル・ポップ的作風の「N.2」、どちらもイタリアン・ロック必聴作!

2,090円(税込2,299円)

BANCO / IO SONO NATO LIBERO の商品詳細へ

BANCO/IO SONO NATO LIBERO

これまで以上にイタリアらしい芸術的な感性が発揮された73年発表の3rd

1,890円(税込2,079円)

NEW TROLLS / ATOMIC SYSTEM の商品詳細へ

NEW TROLLS/ATOMIC SYSTEM

ハードロック寄りの名盤「UT」に続く、重厚なプログレッシヴ・ロック志向の傑作、73年作

1,490円(税込1,639円)

YouTube動画

試聴 Click!

関連Webマガジン記事

このアーティストのその他タイトルのCD

  • コンチェルト・グロッソ・ライヴ

    ニュー・トロルス

    MICP10294

    評価:50 1件のレビュー

    ボーナス・トラック1曲、定価2,476+税

    帯【有】 解説【有】

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    若干シワあり

    オーケストラとの共演による、名作「CONCERTO GROSSO 1&2」の再現ライヴを収録

  • CONCERTO GROSSO: SEVEN SEASONS

    NEW TROLLS

    0182912AER(EDEL

    評価:40 1件のレビュー

    ボーナス・トラック1曲

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    盤キズ多めにあり、圧痕ありカビあり

    名作「CONCERTO GROSSO」の続章、07年作

  • 盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    イタリアが誇る名バンド、時代を反映したサイケポップ調の68年作1st

    NEW TROLLSの1stって聴いたことあります?これがなかなか完成度の高いサイケ・ポップなんですよね。バタつくリズム隊、こってりとしたヴォーカルもイタリアらしくてナイスです☆

  • UT

    ニュー・トロルス

    KICP2704

    定価2200

    帯【有】 解説【有】

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    若干経年変化があります

    72年作、ハードロックに根ざしたアグレッションとイタリアならではの叙情美が調和する名盤!

    ジェノバ出身のグループは歌心が魅力ですね。このグループはその代表格。アルバムのフィナーレを飾るこの曲なんて、ヴォーカルの熱唱に導かれ、これでもかと畳み掛ける叙情展開に完全ノックアウト・・。

  • UT

    ニュー・トロルス

    ARC7064

    紙ジャケット仕様、04年版デジタル・リマスター、定価2940

    帯【有】 解説【有】

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    72年作、ハードロックに根ざしたアグレッションとイタリアならではの叙情美が調和する名盤!

    ジェノバ出身のグループは歌心が魅力ですね。このグループはその代表格。アルバムのフィナーレを飾るこの曲なんて、ヴォーカルの熱唱に導かれ、これでもかと畳み掛ける叙情展開に完全ノックアウト・・。

  • UT

    NEW TROLLS

    8573820522(WARNER FONIT

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    小さいカビあり

    72年作、ハードロックに根ざしたアグレッションとイタリアならではの叙情美が調和する名盤!

    ジェノバ出身のグループは歌心が魅力ですね。このグループはその代表格。アルバムのフィナーレを飾るこの曲なんて、ヴォーカルの熱唱に導かれ、これでもかと畳み掛ける叙情展開に完全ノックアウト・・。

  • 帯【有】 解説【有】

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    ケースツメ跡あり

    ハードロック寄りの名盤「UT」に続く、重厚なプログレッシヴ・ロック志向の傑作、73年作

    ハードロック寄りの名盤「UT」に続く、重厚なプログレッシヴ・ロック志向の傑作、73年作

  • アルデバラン

    ニュー・トロルス

    WPCR2103

    ボーナス・トラック2曲、定価2447

    帯【無】 解説【有】

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    帯無

    イタリアン・ロック代表格、完成度の高いポップ志向の78年作

  • ニュー・トロルス

    ニュー・トロルス

    WPCR2104

    ボーナス・トラック2曲、定価2447

    帯【無】 解説【有】

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    帯無、小さいカビあり

    セルフタイトルを冠した円熟の11th、79年リリース

  • 親愛なる友達よ

    ニュー・トロルス

    K32Y2174

    廃盤、定価3,200

    帯【無】 解説【有】

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    帯無、解説に黄ばみあり

    88年作

もっと見る

レビューの投稿

レビューは登録ユーザーのみ記入できます。

新規登録 ログイン

レビュー一覧

評価:5 NT最高の一枚(2 拍手)

じゃ、見ろクワイ(笑)さん レビューをすべて見る

イタリアのハードなプログレッシヴらしく英米のようなブルースの濁りがあまり感じられないエレガントで伸びやか、かつ切れのあるスタイリッシュなサウンドです。自分はとりわけバラード調の曲がイタリアらしく艶めいていて好きですね。“ATOMIC SYSTEM”と並ぶNTの二大頂点でしょう。

ナイスレビューですね!

評価:5 イタリアのこてこてギターを聴け(0 拍手)

たすけさん レビューをすべて見る

ニュー・トロールズと言ったら、やはりこの盤でしょうね。イタリアの典型的なバンドは、クラシック路線の鍵盤奏者と、ジミ・ヘンドリックス崩れのギタリストの組み合わせで、彼らは見事にこの図式の中にいます。わたしは鍵盤よりギタリストが気になります。英国ハードの様式にはほとんど影響されず、バニラ・ファッジやアイアン・バタフライで時間が止まっているのがギターの特徴だと思います。ただただ歪ませて弾きまくる、というギターです。

6曲めの「ケ・トロッパ・グエラ」のギターをぜひ聴いてみてください。ファズ・ギター2本のユニゾンのカッコいいこと。この盤では、ビットリオ・デ・スカルツィはギタリストで通していて、ニコ・ディ・パーロとふたりソロ体制なのです。また典型的ハードロックが一転、歌ものフォークになってしまう展開の鮮やかさ。次の曲「パオロとフランチェスカ」では、ギター左右がメロメロの愛を囁くという、アバンギャルドなアイデアを聴かせます。

ビットリオの父親はストゥディオGのオーナーで、おそらく生活に困ったことなどないでしょう。ハングリーなニコ(勝手に想像してますけど)と合わなかったんだろうな、と…。この二人が高い緊張感でぶつかる名作です。

ナイスレビューですね!