プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

【ユーロロック周遊日記】『NIEMEN / MOURNER’S RHAPSODY』

前回より始まった「ユーロロック周遊日記」。毎日一枚ユーロロックの名盤をピックアップしてご紹介してまいりたいと思います!
今回は、ポーランドが世界に誇る名シンガー/キーボーディストNIEMENの74年作『MOURNER’S RHAPSODY』をご紹介いたしましょう。

NIEMENは、1939年に生まれ60年代前半より音楽活動を開始、70年代には数多くのプログレ名盤をリリースしています。惜しくも04年に亡くなってしまいましたが、本国ポーランドでは彼の胸像が造られるほどの国民的人気を得た、ポーランド・ロックの父とも呼べる人物でした。

この74年作はアメリカで録音された全編英語詞による作品。前作まで演奏を担当していたSBBの面々から、キーボードにJan Hammer、ベースにRick LairdなどのMAHAVISHNU ORCHESTRA人脈、そしてポーランドの名ヴァイオリン奏者Michal Urbaniakを迎えた布陣で製作されています。それでは、このメンバーによるポテンシャルが存分に発揮されたナンバー「I SEARCH FOR LOVE」をお聴きください♪

試聴 Click!

テクニカルに畳み掛けるアンサンブルもさる事ながら、NIEMENによる絞りだすようなヴォーカルの存在感が凄いですよね。MAHAVISHNUのテンションそのままの超絶アンサンブルとここまで堂々と渡り合えるヴォーカリストなんてそうはいないはず。彼のシンガーとしての並々ならぬ力量を感じさせます。

NIEMENの在庫

  • NIEMEN / LIVE IN HELSINKI 1973(CD)

    ポーランドの重鎮シンガー/オルガン奏者、SBBの3人を従えた73年ヘルシンキ公演を収録

    「ポーランド・ロックの父」とも謳われる名シンガー/オルガン奏者、73年にフィンランドはヘルシンキでおこなったライヴの模様を収録。バックはあのSBBの3人が務めており、さすがのテクニカルかつキレのあるアンサンブルでNIEMENを支えています。

  • NIEMEN / ON STAGE 1970/1972

    ポーランドの重鎮シンガー/オルガン奏者、70年と72年のライヴ音源を収録

    「ポーランド・ロックの父」とも謳われる名シンガー/オルガン奏者、70年と72年に自国ポーランドでおこなったライヴの模様を収録。

  • NIEMEN / DZIWNY JEST TEN SWIAT

    ポーランドを代表するヴォーカリスト/キーボーディスト、67年の記念すべきデビュー作

    「ポーランド・ロックの父」とも云われるヴォーカリスト/キーボーディスト、67年リリースの記念すべき1stアルバム。バックバンドはAKWARELEが務めています。軽快なギターがリードするガレージ風ポップあり、メロディアスなソフトロックあり、クラシカルな泣きのバラードあり、哀愁いっぱいのシャンソン風ナンバーありと、68年というロック/ポップスが多様な広がりを見せた時代を感じさせる様々な要素が含まれたサウンドを展開。そんな中ブレることなく一貫して素晴らしいのがNiemenのヴォーカルで、少しハスキーで独特の憂いを湛えた声質を生かしドラマチックに歌いこむスタイルはすでに完成形に近く、ジャズ・ロック/プログレ期と言える70年代の活躍を十分に予感させます。彼のヴォーカルを気品高く彩る管弦アレンジも見事です。垢抜け具合はさすがに足りないものの、IDLE RACEやTHE MOVEあたりも引き合いに出したい優れた60sユーロ・ポップスの逸品です。

  • NIEMEN / CZY MNIE JESZCZE PAMIETASZ

    ポーランドを代表するミュージシャン、68年作

  • NIEMEN / ENIGMATIC

    ポーランド・ロックの父とも呼ばれる伝説的シンガー/オルガン奏者、69年作

    ポーランドを代表するミュージシャン。69年作。荘厳なハモンド、熱情的なヴォーカル、混声合唱によるコーラス、哀愁溢れるメロディアスなギターをフィーチャーした16分を超える壮大な1曲目をはじめ、渾身の力を込めたスケールの大きな楽曲が並ぶ名作。

  • NIEMEN / LIVE IN OPOLE 1971

    代表作『ENIGMATIC』リリース翌年の71年の本国ポーランドでのライヴ音源

    ポーランドを代表するロック・ミュージシャン。彼の代表作でありポーランド・ロック屈指の傑作と評される70年作『ENIGMATIC』、よりプログレ度を増した71年『Niemen』をリリースし、脂が乗った時期の71年ポーランド本国でのライヴ音源。『ENIGMATIC』のオープニングを飾る16分を超える大曲「Bema Pamieci Zalobny Rapsod」、同じく『Niemen』のオープニングを飾る17分超えの「Czlowiek jam niewdzieczny」がやはり出色。荘厳なハモンド、熱情的なヴォーカル、混声女性コーラス、哀愁溢れるメロディアスなギター。渾身のライヴ・アルバムです。クリアで音圧ある音質も特筆です。

  • NIEMEN / MOURNER’S RHAPSODY

    Jan HammerなどMAHAVISHNUのメンバー参加の74年作、熱くスリリングな演奏が堪能できる傑作

    ポーランド出身のKey兼Vo。74年作の10thアルバム。前作までバックを務めたSBBに代わり、Jan Hammer、Rick LairdといったMAHAVISHNUのメンバー、名エレクトリック・ヴァイオリン奏者Michal Urbaniakなどが参加。バックの精緻なアンサンブルと、NIEMENの熱いヴォーカル&荘厳なオルガン/メロトロンが絡んだサウンドは、これぞ「NIEMEN」印のオリジナリティに溢れています。最高傑作。

「NIEMENの在庫」をもっと見る

東欧・ロシア(旧ソ連)プログレの在庫

「東欧・ロシア(旧ソ連)プログレの在庫」をもっと見る

ユーロ・ジャズ・ロックの在庫

「ユーロ・ジャズ・ロックの在庫」をもっと見る

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。