プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

MARQUEE ベル・アンティーク8月リリースタイトルのご案内!

8月25日ごろ発売 ベル・アンティーク・レーベル新譜紹介

※入荷時期は変動する場合がございます。ご了承ください。

当店でMARQUEE国内盤をお買い上げいただいた方には、限定特典として『作品やアーティストにまつわるカケレコオリジナル小冊子』or『その作品からもっとカケハす』ペーパーをプレゼント!

ぜひ国内盤&カケレコで、音楽探求をもっともっとお楽しみください♪

ロスト・ワールド・バンド『トラジェクトリー(軌跡)2020年ヴァージョン』

現在までに5枚のスタジオ作をリリースするロシア出身のロスト・ワールド・バンド。世界の三大コンセルヴァトワールの一つと言われるモスクワ音楽院出身のサラブレッド達を中心に結成されたバンドの、2002年発売後すぐに入手困難となった幻のデビュー作がリズム・セクション等を新たに録り直して遂に再発!ヴァイオリンとフルートの為の現代的コンチェルト「軌跡」をメインに配し、硬質の楽曲を鬼気迫る演奏力で表現する歴史的名盤。紙ジャケット、SHM-CD、ボーナス曲7曲収録という究極的ヴァージョン! 今年2月に急逝したフルーティスト、ヴァシリ・ソロヴィエフへの追悼リリース。
<BELLE203344>【紙ジャケット仕様/SHM-CD/定価3,143+税】

ダルシマー『ターンド・アズ・ア・ボーイ』

Nepenthaから1971年にリリースされたダルシマー。ギター、木管楽器類、ダルシマー、ベース、ヴォーカル等を3人のメンバーで奏でる。英国のフォーク/トラッド系作品の中でも、コンセプト指向の楽曲、繊細な演奏が夢見るように紡がれていくファンタジックな内容で異彩を放つ作品。ピアノの遠い祖先といわれるダルシマーの響きがアルバムのエキゾティシスムに彩を添える。美しいジャケット・ワークがその内容を語る好作品。紙ジャケット、SHM-CD、最新リマスターの決定版的内容!
<BELLE203345>【紙ジャケット仕様/SHM-CD/定価3,143+税】

メインホース『神々の饗宴』

スイス出身のパトリック・モラーツ。1974年にイエスに加入し、アルバム「リレイヤー」でその技巧的コーボード・ワークでプログレッシヴ・ロック・ファンの度肝を抜くことになるが、渡英後最初にリリースしたアルバムがこのメインホースの唯一作。キーボードをメインに配したハード・ロック的アプローチで制作された作品だが、彼の超絶技巧のテクニックは十分に堪能できるスリリングな作品。紙ジャケット、最新リマスター、SHM-CDにての決定版的内容!!
<BELLE203346>【紙ジャケット仕様/SHM-CD/定価3,143+税】

レフュジー『レフュジー』

1973年、元ナイスのリー・ジャクソン、ブライアン・デヴィソンとパトリック・モラーツの3人で結成したキーボード・トリオ、本格的なプログレッシヴ・ロック作品で、ナイスのイメージをアップデートしたかのようなスリリングな躍動感ある演奏が素晴らしい。しかし、74年に本作をリリースするも、直後にモラーツがイエスへと加入したことによりその歴史に幕を下ろした不運なバンド。紙ジャケット、最新リマスター、SHM-CDに加え、1974年6月のライヴ演奏を収録したディスクを加えた決定版的内容!
<BELLE203347/8>【紙ジャケット仕様/2枚組/SHM-CD/定価4,000+税】

パトリック・モラーツ『ザ・ストーリー・オヴ・アイ』

スイス出身、レフュジーでの活躍にて一気にキーボード・ヒーローに躍り出たパトリック・モラーツが、リック・ウェイクマンの後任としてイエスに加入、プログレッシヴの頂点を極める中、制作したファースト・ソロ。多彩なキーボード群を縦横無尽に弾きまくるプログレッシヴ性と、ジェフ・バーリンやアルフォンス・ムザーン(元ウェザー・リポート)等のフュージョン界の一線級による融合は、イエスが「リレイヤー」で試みた音楽を更に発展させたもので、同作でのモラーツの貢献度の高さを改めて認識させられる名盤中の名盤!紙ジャケット、自身によるリマスター、SHM-CD, ボーナス曲2曲収録の決定版的内容!
<BELLE203349>【紙ジャケット仕様/SHM-CD/定価3,143+税】

MARQUEEレーベル在庫一覧はこちら

7月のリリースはこちら!

関連カテゴリー

関連CD在庫

  • REFUGEE / REFUGEE

    エマーソンが抜けたNICEに、彼に匹敵する実力者パトリック・モラーツが収まる形で結成されたキーボード・トリオ、74年の唯一作

    Keith Emerson率いるThe Niceのリズム隊であったLee Jackson、Brian Davisonが、EL&P結成のためThe Niceを解消したKeith Emersonの代わりに、MAINHORSEのメンバーのスイス人Patrick Morazを引き入れて結成したキーボード・トリオの74年作。その内容はPatrick Morazの技巧が冴え渡るクラシカルなキーボード・プログレであり、The Niceと同じリズム隊を擁しながら、The Niceとは違ったタイトなプレイを連発。後にYESの「Relayer」に参加することになる、プログレッシブ・ロック界屈指のテクニシャンPatrick Morazのオルガン、ピアノ、モーグ・シンセが堪能できる名盤となっています。

  • PATRICK MORAZ / STORY OF I

    一斉にリリースされたYESメンバーソロ群の中でも特に高い完成度を誇る76年の傑作!

    スイス出身の技巧派キーボーディストであり、MAINHORSEやキーボード・トリオであるREFUGEEで活動後YESの名盤「Relayer」へ参加した人物の76年ソロデビュー作。時期的にはYESの「Relayer」をリリースし、まだ正式メンバーとして活動期のリリースとなった本作は、「Relayer」でもその個性を発揮した南米色やジャズ色をふんだんに取り入れたクロスオーバー・フュージョンの色濃い1枚。パーカッション・セクションの彩りやリズミカルな雰囲気が彼らしいものの、プログレッシブ・ロック然とした聴き所にも恵まれており、技巧的なキーボード・ワークが目を見張る傑作と言えるでしょう。

  • MAINHORSE / MAINHORSE

    渡英直後のパトリック・モラーツが結成したキーボード・プログレ・バンド、スリリングかつ技巧的な71年唯一作、名作!

    後にREFUGEE、そしてYESへと参加し、その卓越した技巧を見せつけることとなるスイス人キーボーディストPatrick Morazが在籍したイギリスのグループの71年唯一作。その内容はPatrick Morazのオルガンを中心としたキーボードとギタリストPeter Lockettのドライブ感が素晴らしいプログレッシブ・ロックであり、サイケデリックな質感を残したハード・クラシカルな作風はNICEとも共通するものですが、叙情的な楽曲では非常にメロディアスなヴァイオリンやチェロなどの弦楽器が登場するなど多彩な仕掛けが施されており、シンフォニック・ロック黎明期の名盤となっています。

  • DULCIMER / AND I TURNED AS I HAD TURNED AS A BOY

    71年作、ファンタスティックなジャケも魅力のブリティッシュ・フォーク傑作

    ファンタスティックなジャケットで人気の高い、71年発表の1stアルバム。優しく紡がれるアコースティック・ギター、マンドリン、ダルシマーによる繊細な響きと叙情性溢れるメロディーがこの上なく美しいブリティッシュ・フォークの名作。男性ヴォーカル2人によるコーラス・ワークもまた絶品で心洗われます。

  • LOST WORLD BAND(LOST WORLD) / TRAJECTORIES (2020)

    現ロシアを代表するプログレ・バンド、02年発売後すぐに入手困難となった幻のデビュー作を一部新録&英詩ヴァージョンで生まれ変わらせた20年再発盤!

    00年代以降のロシアを代表するプログレ・バンド。02年デビュー作『TRAJECTORIES』に、リズム・セクションの再録と英語Voへの差し替えを施し完成度を高めた2020年バージョン。クリムゾンからの影響が色濃い緊張感みなぎるヘヴィ・プログレを、クラシックの高い素養で料理しきった、硬質にしてどこまでも気品高いシンフォニック・サウンドが特徴。『DISCIPLINE』〜『THRAK』クリムゾン影響下のグルーヴィかつ重量感溢れるリズムの上を、『太陽と戦慄』のDavid Crossばりに鋭くキレのあるヴァイオリンが疾走するアンサンブルは、終始ハラハラするようなスリルに満ちていて圧巻です。凛とした音色のヴァイオリンとフルートが美しく調和するクラシックの素養を前に出したナンバーもさすが見事。「静」と「動」がダイナミックに対比する強靭なうねりを伴ったサウンドで押し寄せてくる、迫力満点の傑作です。※輸入盤はございません。

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。