プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

雨の日に聴きたい!優しくドリーミーなポップ/SSW作品特集

こんにちは。スタッフみなとです。

今週の土日は、全国的に雨のようですね。

雨を連想させる、優しくドリーミーなポップ/SSW作品をピックアップいたしました。

しとしとと降る雨のような、ウェットな質感がなかなか心地良い作品ばかりです。

JAN & DEAN/SAVE FOR A RAINY DAY

米ソフト・ロック/ハーモニー・ポップ・デュオ、「雨」をテーマにした72年のコンセプト作。

甘くメロウな曲、優しいオーケストレーション、そして雨音が絶妙にマッチしています!

試聴 Click!

JOHN VILLEMONTE/PEOPLE LIKE YOU

米ウィスコンシン州SSW、77年作。曲名もまさに「Rain On Me」。

流れるようなアコギ、優しいボーカル、そしてくぐもったサウンドがとにかく気持ち良いです。

雨の日はこんな音楽を聴きながら、部屋でゆっくりくつろぎたいものです。

試聴 Click!

LINDA PERHACS/SOUL OF ALL NATURAL THINGS

米国のSSW、リンダ・パーハクス。

1Stアルバムから44年ぶりに届けられた、アンビエント・アシッド・フォークな2nd。

ふつふつ湧いてくるような電子音、繊細なパーカッションが雨音を思わせます。

試聴 Click!

BELLE GONZALEZ/BELLE

英女性SSW、72年のソロ唯一作。

湿った質感のメロディーと落ち着いたボーカルが魅力的。

キラキラと鳴るパーカッションが、少し強くなってきた雨音のようです。

試聴 Click!

ENDAF EMLYN/HIRAETH

ウェールズ出身のSSW、74年リリースのソロ・デビュー作。

降り続く雨のような細やかなギター、ドリーミーなボーカルが絶品です。

天上から少し陽の光が差し込んでいるような、暖かな雨を連想させます。

試聴 Click!

SERENITY/PIECE OF MIND

ニュージランド出身のフォーク・ロック・グループ、72年作。

くぐもったボーカルとほんのりサイケな楽曲、ブルージーなハーモニカやオルガンが独特の哀愁を醸し出しています。

試聴 Click!

いかがでしたでしょうか。

音楽で雨を楽しんでいただけましたら幸いです。


雨の日に聴きたいプログレ

【関連記事】

雨の日に聴きたいプログレ

雨模様の中でこそ聴きたい神秘的なプログレ作品をピックアップいたしました!

関連カテゴリー

雨の日に聴きたい!優しくドリーミーなポップ/SSW作品特集

  • BELLE GONZALEZ / BELLE

    サンディ・デニーやジョニ・ミッチェルを彷彿させる英フィメールSSW、72年唯一作

    Lesley DuncanやLinda Lewisのプロデュースや、Ronnie Lane『スリム・チャンス』でのストリングス・アレンジなど有名なプロデューサー&アレンジャーのJimmy Horowitzが手がけた英女性SSW。72年のソロ唯一作。サンディ・デニーにちょっぴり透明感や可愛らしさを加えたような歌声、うっとりするほどに美しいメロディ、リリカルなピアノや艶やかなストリングスが彩るアレンジ。雰囲気たっぷりのジャケに負けない、鮮やかな歌世界が広がります。コンテンポラリーな英フィメール・フォークとして一級と言える名品でしょう。アコギの爪弾きや色彩感ある奔放なメロディラインはジョニ・ミッチェルからの影響も。これはオススメです。

  • ENDAF EMLYN / HIRAETH

    リリシズム溢れる海辺の風景がよく似合う、ウェールズのドリーミーSSW、73年のデビュー作

    ウェールズのユース・オーケストラでヴァイオリンを弾き、TVの音楽番組をプロデュースしていたという経歴を持つウェールズ出身のSSW。74年リリースのソロ・デビュー作。印象派のようなタッチの海辺に佇む、どこか物憂げでどこか凛とした表情の通りのサウンドで、静かに、そして柔らかに歌われるヴォーカル、「キラキラ」「ドリーミー」というキーワードがぴったりの、心象を美しく描くようなアンサンブルが印象的です。エコーとディレイに包まれ、まるで鉄琴のようなトーンのアルペジオ(ギター?ハープシコード?)がたゆたうオープニング・ナンバーから最高で、カート・ベッチャーやブライアン・ウィルソンが好きならたまらないはず。印象派フォークとでも呼びたい美麗な逸品です。

  • SERENITY / PIECE OF MIND

    ニュージーランド出身サイケ・フォーク・ロック・トリオ、72年作

    ニュージランド出身のフォーク・ロック・グループ。本作は、70年から71年にかけて録音されながら陽の目を見ずに終わった幻の作品。サウンドを天気で表せば「曇り時々雨」。何日も雨がシトシトと降り止まないような物憂い雰囲気に包まれたサウンドで、ちょっとブルージーなハーモニカが印象的です。しっとりと歌い上げるヴォーカルも決してうまくは無いですがたいへん魅力的。好盤。

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事