プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

PFM来日公演@Billboard Live東京(2018/01/09)ライヴレポート

こんにちは、スタッフ佐藤です。

1月9日に六本木のBillboard live東京で行われた、PFM来日公演の初日1stステージを観てまいりました!

1970年の始動以来、イタリアン・ロック史上最も偉大なバンドとして君臨してきたPFM。
彼らの功績やこれまでの歩みについては、ビルボード・ジャパンのサイトで特集記事として書かせていただきましたので、お読みくださった方もいらっしゃるかと思います。


http://www.billboard-japan.com/special/detail/2169

現在のPFMは結成以来最も大人数の7人編成。ダブル・ドラムスとダブル・キーボードを含むかつてない編成となっていて、スタジオ・アルバムは聴いていたものの、一体ライヴではどのようなパフォーマンスを見せてくれるのか、期待に胸をふくらませて開演を待っていました。

こちらが今回の来日メンバーです。

フランツ・ディ・チョッチョ / Franz Di Cioccio (Drums / Lead Vocals)
パトリック・ジヴァス / Patrick Djivas (Bass)
アレッサンドロ・スカリオーネ / Alessandro Scaglione (Keyboards)
マルコ・スフォーリ / Marco Sfogli (Guitars)
アレッサンドロ・ボネッティ / Alessandro Bonetti (Violin)
アルベルト・ブラビン / Alberto Bravin (Keyboards/Guitars/Vocals)
ロベルト・ガウディ / Roberto Gualdi (Drums)

なお正式なバンドメンバーには、70年代よりPFMを支えるヴァイオリニストのルーチョ・ファッブリが名を連ねていますが今回の来日公演には不参加。代わりにDEUS EX MACHINAのヴァイオリニストであるアレッサンドロ・ボネッティが参加していました。

開演時間の19時、7人のメンバーがステージに登場!やはり目を引くのは白髪をなびかせた考古学者のような風貌のフランツ・ディ・チョッチョ。セカンド・ドラマーのロベルト・ガウディにドラムを任せ、フロントに立ちます。新作『EMOTIONAL TATTOOS』からのナンバーでスタート。


「Il Regno」は、ゆったりとスケール大きなサウンドに、チョッチョの淡くエモーションが滲む味わいあるヴォーカルが沁みる感動的なメロディアス・チューンで、円熟の境地に達したPFMの姿を伝える一曲。泣くとしたら初期ナンバーだなぁと思っていましたが、あまりに伸びやかなイタリア叙情にのっけからウルッと来てしまいました…。

続く「Le Lezione」はジヴァスの緊張感あるベースプレイが光るソリッドなロック・ナンバーで、00年作「SERENDIPITY」の作風を思わせます。椅子に腰掛けて(フリップ・スタイル?)演奏するジヴァスですが、出てくる音はかなり鋭角的でギラギラした存在感を放っていてカッコいい!

またここではギタリストのマルコ・スフォーリが速弾きを交えたテクニカルなプレイも会場を沸かせます。結成以来45年にわたり在籍した名ギタリスト、フランコ・ムッシーダの後任という重責を担う彼ですが、イタリア然とした叙情的なタッチと若手らしいハードエッジな感覚を持ち合わせた、現在のPFMには適任と言える逸材だとステージ上での演奏を見て再認識しました。

ここまでで新作中心のセットリストになるのかなと思ったら次の瞬間、跳ね踊るような楽しげなイントロで始まったのは、74年作『甦る世界(THE WORLD BECAME THE WORLD/L’ISOLA DI NIENTE)』収録の「FOUR HOLES IN THE GROUND」!客席から一斉に歓声が沸き起こります。

圧巻だったのが、チョッチョとロベルト・ガウディによるダブル・ドラムス!チョッチョによる往年と変わらぬ猛烈な手数のドラミングはただただ強靭の一言に尽きます。今月21日で72歳を迎えるとは思えないパワフルさ。

サビのテーマをスピードを増しながら繰り返すラスト数分は、間違いなく本公演のハイライトでしたね!テンポが早まるにつれドラムもますます激しさを増してつむじ風のような超絶アンサンブルへ!イタリアのみならずプログレ・シーン全体でも屈指と言える技巧派バンドの面目躍如たる、凄まじいパフォーマンスが会場を飲み込みます。

オリジナル・キーボーディストだったフラヴィオ・プレモリ特有の鮮やかな色彩感を持つムーグシンセのトーンがちゃんと再現されていたのも嬉しかったなぁ~。
あとキーボード/ギターも兼任するマルチ・プレイヤー、アルベルト・ブラビンのよく通るヴォーカルも、ハスキーな声質のチョッチョと良い対比を成していましたね。

名盤『PHOTOS OF GHOSTS(幻の映像)』からは、「PHOTOS OF GHOSTS」「IL BANCHETTO」の二曲を披露!

特に「IL BANCHETTO」が素晴らしく、マルコ・スフォーリとマルチ・プレイヤーのアルベルト・ブラビンによる、典雅でまろやかな鳴りのアコースティック・ギター2本が優美に交差するイタリアらしい温かなアンサンブルが会場を優しく包み込みます。
ここでも中間部に登場するプレモリの浮遊感あるアーティスティックなキーボード・プレイを忠実に再現するキーボーディスト=アレッサンドロ・スカリオーネの手腕が見事でした。

00年代以降に加入した若手メンバーが半数以上を占めることもあり、初期ナンバーをどのように聴かせるのかというのは重要なポイントでしたが、どのメンバーもイタリアン・ロックの長い歴史の原点と言える初期PFMへのリスペクトを感じさせる、技巧的ながらも丹念な演奏を披露していて、その姿勢にジワジワと感動が湧き上がってきます。

『CHOCOLATE KINGS』からは大好きな「HARLEQUIN」を聴かせてくれました。この曲では、マウロ・パガーニのパートを若干のアレンジも加えつつ熱気たっぷりに演奏するヴァイオリニストのアレッサンドロ・ボネッティが素晴らしかった~!90年代以降のイタリアン・プログレでもトップクラスの実力を誇るバンドDEUS EX MACHINAで活躍するその実力を遺憾なく発揮してくれていました。

終盤には、デビューアルバム『STORIA DI UN MINUTO(幻想物語)』から『Impressioni di settembre』『DOVE…QUANDO』で畳み掛け!世界デビュー後の楽曲とは趣を異にする、よりルネサンス~バロック音楽のDNAを感じる美しくもしみじみとした哀愁を湛えた演奏が目の前で紡がれます。うーん、これぞイタリア。思わず溜息が出てしまうような至福の一時でした…。

80分ほどの中で新作のナンバーと初期の名曲を半分づつ演奏してくれた印象で、PFMというバンドが積み重ねてきた歴史を改めて実感させてくれるステージだったと思います。個人的には、機材をまたぎながらステージ上を忙しなく動き回るチョッチョさんの元気な姿を見ることができて嬉しかったです^^

PFMの新たな黄金期がここから始まるのではないかという予感すら感じさせる、大充実のパフォーマンスに痺れっぱなしの一夜となりました!

Photo:Yuma Totsuka

P.F.Mの在庫

  • P.F.M / EMOTIONAL TATTOOS

    70年の結成以来、名実ともにイタリアン・ロックの代表格として活動してきた名バンドによる17年作!

    70年の結成以来、名実ともにイタリアン・ロックを代表するグループとして君臨してきた名バンドによる17年作。オリジナル・アルバムとしては06年作『Stati di immaginazione』以来、実に11年ぶり!オリジナル・ギタリストのFranco Mussidaが2015年に脱退、Franz Di Cioccio(ドラム/ヴォーカル)、Patrick Djivas(ベース)、Lucio Fabbri(ヴァイオリン)の3人に、新ギタリスト、キーボーディスト2人、セカンドドラム/パーカッションの若手メンバー4人という7人編成となっています。97年の復活作『Ulisse』以降の、骨太でダイナミックな現代ロックの逞しさとイタリアン・ロック然とした伸びやかな叙情性が一体となったメロディアス・ロック路線を踏襲するサウンド。年齢を感じさせないパワフルでモダンなドラミングに、さすがのユニークなフレーズセンスが耳を引くベース、ここぞの場面で気品高く飛翔するヴァイオリン。そこにP.F.Mらしい色彩感溢れる艶やかなシンセとオルガンによる存在感あるダブル・キーボードやオーケストラが加わって、結成47年のバンドとは思えない力強いアンサンブルが紡がれます。そんな中でもやはりP.F.Mというバンドを最も強く印象づけるのが、チョッチョの情感をたっぷり込めたエモーショナルな歌声。時代が変わりサウンドの質感が変遷を重ねても、P.F.M以外でしかありえないと感じさせるサウンドを作り上げています。ムッシーダに替わる新加入のギタリストは、近年のテクニカル・ギタリストらしいヘヴィなタッチを織り交ぜたプレイを軸としますが、今作の張りのあるパワフルな作風にはかなりハマっている印象。地中海エッセンスをたっぷり含んだ叙情ナンバーでの爽やかなアコギ、バラードでのスケール大きく優美なソロプレイも見事に聴かせます。復活後のP.F.Mを変わらず愛する方ならきっとグッと来る、聴き応えたっぷりの力作に仕上げています!

  • P.F.M / SERENDIPITY

    イタリアン・ロックの代表格バンド00年作、モダンなポップセンスを取り入れたキャッチーな好盤

  • P.F.M / DRACULA: OPERA ROCK

    舞台劇「DRACULA」のサウンド・トラック作、P.F.M.本来のプログレッシヴなサウンドを聴かせる05年作

  • P.F.M / STATI DI IMMAGINAZIONE

    06年作

    06年作。CDとDVDとの2枚組。映像を作り、そのサントラを作曲する、というスタイルで制作された意欲作。オール・インスト。

  • P.F.M / CANTA DE ANDRE

    全編彼らが敬愛する故FABRIZIO DE ANDREのナンバーを取り上げた08年ライヴ作

  • P.F.M / LIVE IN ROMA

    イタリアン・ロックの雄PFM、10年にローマで行われたIAN ANDERSON参加のライブを収録

    イタリアン・ロックの雄PREMIATA FORNERIA MARCONIの、2010年ローマで行われた「PROG EXHIBITION」出演時のライヴ音源を収録した12年作。ドラムのFRANZ DI CHOCCIO、ギターFRANCO MUSSIDA、ベースPATRICK DJIVASにサポート・キーボーディストという編成でのライヴですが、注目はゲスト・ミュージシャンとしてJETHRO TALLのIAN ANDERSONを迎えている点。PFMのメンバーをバックにあのアクの強いフルート演奏を存分に披露しています。PFM+IANによるJETHRO TALLの名曲も演奏されており、プログレ・ファンにとっては夢の共演と言える内容の素晴らしいライヴ作です。

  • P.F.M / DA MOZART A CELEBRATION

    名実ともに伊ロックを代表する名バンド、クラシック古典とバンド初期の名曲をオーケストラとともに聴かせる13年作!

    名実ともにイタリアン・ロック・シーンを代表する名バンド、2枚組13年作。ディスク1はタイトルの示す通り、モーツァルト、サン・サーンス、ドヴォルザーク、マーラーなどのクラシック古典をオーケストラとともにスリリングかつダイナミックに演奏。時に力強く雄大に時に驚くほど繊細に、起伏に飛んだストーリーを描くストリングスとブラスをバックに、チョッチョの鋭くタイトなドラムス、ジヴァスの歌心あふれるベース、ムッシーダによるキレの良さとパッションに満ちたギターが緩急自在に駆け抜けるアンサンブルはもう見事の一言。このバンドとオーケストラの融合度合いは並のバンドでは絶対に生み出せないもの。単なるクラシック曲のロック・ヴァージョンという枠に留まらない巧みなアレンジセンスが随所で感じ取れます。ディスク2は、初期を中心とした名曲をオーケストラを伴って演奏。本来のキーボードに代わってストリングスが甘く優雅に舞う冒頭の「La Luna Nuova」のなんと素晴らしいこと!まるで最初からオーケストラ・パートとして作曲されているかのようにピッタリとはまるストリングスに、PFMというバンドのクラシカルな素養の確かさが浮き彫りになります。物悲しいオーケストラをバックに情感を込めて歌い上げるムッシーダのヴォーカルが素晴らしい「Impressioni di settembre」も出色。オリジナルよりテンポを落としてじっくりと聴かせる叙情的な演奏が胸に迫ります。77年作収録の「Maestro Della Voce」のようなポップな歌ものも、オーケストラが加わるとドラマティックで情熱的なナンバーに。クラシックサイド、カヴァーサイドともに楽曲の新たな魅力を引き出す名アレンジが堪能できる作品です。

  • P.F.M / STORIA DI UN MINUTO

    71年リリース、イタリア本国でのデビュー作、イタリアらしい芸術的な感性が発揮された傑作!

    QUELLIを母体に結成され、後にバンドの顔となるMauro Paganiを迎えて改名。英国とはまた違ったイタリアの素晴らしい叙情性を放ち、EL&PのMANTICOREからPete Sinfieldの戦略で世界デビューまで果たしたイタリアン・シンフォニック・ロック代表グループの71年デビュー作。イタリア盤としてリリースとなった本作はイタリアン・シンフォニック・ロックの職人気質の極地といった趣の傑作。当時のブリティッシュ・ロックフィールドのアーティストたちと比べてもその技巧は抜きん出ており、クラシカルに、丹念に編みこまれたアンサンブルの妙技に酔いしれるばかりの名盤です。

  • P.F.M / CELEBRATION: 1972-2012

    イタリアン・プログレの雄、1st&2ndに未発ライヴ音源収録DISCを加えた3枚組

    70年代よりイタリアン・ロックを牽引してきた大物バンドP.F.Mの、72年のデビュー作『STORIA DI UN MINUTO』を収録したDISC1と同じく72年発表の2nd『PER UN AMICO』収録のDISC2、そして85年と再始動後の97年から2010年までの未発表ライヴ音源を収めたDISC3のブックレット仕様3枚組。抜群の演奏力がフォーカスされた85年の音源、再活動開始直後の脂の乗ったライヴ・パフォーマンスが楽しめる97年、まさに風格を感じさせる00年以降の音源と、どの時代にもP.F.Mでしかあり得ない素晴らしい演奏を披露しています。DISC1、2を含めたリマスターの効果によるクリアな音質も嬉しいところ。これは良いアイテムです。

  • P.F.M / PER UN AMICO

    世界デビュー盤『幻の映像』のベースとなったイタリア本国での第2作、72年リリース

    QUELLIを母体に結成され、後にバンドの顔となるMauro Paganiを迎えて改名。英国とはまた違ったイタリアの素晴らしい叙情性を放ち、EL&PのMANTICOREからPete Sinfieldの戦略で世界デビューまで果たしたイタリアン・シンフォニック・ロック代表グループの72年2nd。イタリア盤としてデビュー作に続きリリースされた本作から全曲を抜き出し、世界への飛躍を成し遂げたのが次作「Photos Of Ghosts」ということになりますが、次作と比べると荒さがあるもののイタリア語で歌われる叙情と爆発的なバンドの勢いを閉じ込めた作品であり、甲乙の付けられない名盤となっています。

  • P.F.M / L’ISOLA DI NIENTE

    名作『甦る世界』のイタリア語バージョン、74年発表

    QUELLIを母体に結成され、後にバンドの顔となるMauro Paganiを迎えて改名。英国とはまた違ったイタリアの素晴らしい叙情性を放ち、EL&PのMANTICOREからPete Sinfieldの戦略で世界デビューまで果たしたイタリアン・シンフォニック・ロック代表グループの74年4th。バロックを強く意識したクラシカルな前作から、プログレッシブな魅力はそのままに、よりポピュラリティーを持ったサウンドを提示した傑作であり、前作同様、イタリアのシンフォニック・ロックを代表する1枚となっています。本作は、イタリア語盤。シンフィールド作詞の「Is My Face On Straight」以外はイタリア語詞。英語版収録の「World Became The World」は収録されていません。

  • P.F.M / WORLD BECAME THE WORLD

    『幻の映像』に続く世界進出第2弾、74年作

    QUELLIを母体に結成され、後にバンドの顔となるMauro Paganiを迎えて改名。英国とはまた違ったイタリアの素晴らしい叙情性を放ち、EL&PのMANTICOREからPete Sinfieldの戦略で世界デビューまで果たしたイタリアン・シンフォニック・ロック代表グループの74年4th。AREAのPatrick Djivasを新ベーシストとして迎えた世界リリース2作目であり、イタリア盤も製作された名盤。前作が旧作からの再録音を中心にしていただけに、PFMの真価が問われることになった本作は、バロックを強く意識したクラシカルな前作から、プログレッシブな魅力はそのままに、よりポピュラリティーを持ったサウンドを提示した傑作であり、前作同様、イタリアのシンフォニック・ロックを代表する1枚となっています。

  • P.F.M / CHOCOLATE KINGS

    75年作、スリリングかつダイナミックなアンサンブルが楽しめる、プログレッシヴ・ロック然とした名作

    QUELLIを母体に結成され、後にバンドの顔となるMauro Paganiを迎えて改名。英国とはまた違ったイタリアの素晴らしい叙情性を放ち、EL&PのMANTICOREからPete Sinfieldの戦略で世界デビューまで果たしたイタリアン・シンフォニック・ロック代表グループの75年作。ACQUA FRAGILEからBernardo Lanzettiを迎えて製作されたその内容は、それまでの彼らの個性であったクラシカルな側面が落ち着きを見せ、よりロックのダイナミズムを押し出した作風へとシフトした良盤であり、星条旗に包まれたチョコレートが印象的な英語盤ジャケットからも分かるとおり、アメリカの音楽産業を意識した明快でパワフルなサウンドが素晴らしい傑作となっています。

  • P.F.M / JET LAG

    名実共にイタリアを代表するグループ、フュージョンに接近した77年作

    QUELLIを母体に結成され、後にバンドの顔となるMauro Paganiを迎えて改名。英国とはまた違ったイタリアの素晴らしい叙情性を放ち、EL&PのMANTICOREからPete Sinfieldの戦略で世界デビューまで果たしたイタリアン・シンフォニック・ロック代表グループの77年作。Mauro Paganiが脱退したあとの本作は、ヴァイオリニストにGregory Blochを迎えてラテン・フレーバーを散りばめたジャズ・フュージョン色濃いサウンドを提示。前作からの流れでシンフォニックな音像は姿を消していますが、軽快でテクニカルなジャズ・フュージョンサウンドの中にもイタリアの叙情をほのかに感じられるなど、過渡期とは思えない個性はやはり彼ららしい佳作と言えるでしょう。

  • P.F.M / MISS BAKER

    87年作

    1987年作。ゆっくりと制作が続けられて世に出たアルバム。80年台、試行錯誤を繰返していきついた音楽性が打ち出されている。ホーン、コーラスなども加え当時のポップスの中にもPFMの姿勢をはっきりと示した。しかしこのアルバムを最後に10年間活動を休止する。

  • P.F.M / ABSOLUTELY LIVE 1971-1978

    71-78年期における圧巻のライヴ音源集!

  • P.F.M / ULISSE

    10年振りとなった97年スタジオ作、イタリアらしい叙情性と溌剌とした張りのある演奏が素晴らしい会心作!

  • P.F.M / www.pfmpfm.it (il Best)

    98年ライヴ、全19曲

  • P.F.M / CELEBRATION DAY

    結成35周年を記念した07年ミラノでのライヴの模様を収録、全12曲

  • P.F.M / LIVE IN JAPAN 2002(CD)

    02年来日公演の音源を収録、全27曲

  • P.F.M / MARCONI BAKERY (1973-74)

    イタリアを代表するプログレ・バンドの初期作品とライヴ音源をまとめた3枚組ボックス

    『Photos of Ghosts(幻の映像)』『L’isola di niente(甦る世界 [イタリア語盤])』『The World Became the World(甦る世界 [英語盤])』の3枚に加え、73年英国レディング・フェス出演時の音源1曲を含むライヴ音源7曲を加えた3枚組ボックス・セット。

「P.F.Mの在庫」をもっと見る

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

文・後藤秀樹

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。