プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

恐怖!オカルトなジャケ特集

本日7月13日は、オカルト記念日です。

1974年7月13日に、映画『エクソシスト』が日本で初公開されたことで記念日となりました。

今回は、身の毛もよだつ(?)、オカルティックなジャケを集めてみました!

①ザ・オカルトなジャケ

BLACK SABBATH / BLACK SABBATH(1970)

試聴 Click!

やっぱりこれですよね。13日の金曜日リリースとか、徹底してます。

GOBLIN / SUSPERIA(1977)

試聴 Click!

う~怖い。しかし癖になる怖さですね!


【カケレコ中古棚探検隊】”決してひとりでは観ないでください” ~ さあゴブリンの世界に耽溺しましょう♪

【関連記事】

【カケレコ中古棚探検隊】”決してひとりでは観ないでください” ~ さあゴブリンの世界に耽溺しましょう♪

あのCMのフレーズを覚えていますか。ゴブリンが奏でるホラーの世界をどうぞ

UNIVERS ZERO / HERESIE(1979)

試聴 Click!

ゴシックなジャケがいいですね!


【ユーロロック周遊日記】ベルギーの暗黒チェンバー集団UNIVERS ZEROの79年作2nd『HERESIE』

【関連記事】

【ユーロロック周遊日記】ベルギーの暗黒チェンバー集団UNIVERS ZEROの79年作2nd『HERESIE』

毎日一枚ユーロロックの名盤をピックアップしてご紹介する「ユーロロック周遊日記」。本日は、チェンバー・ロックを代表するバンドの一つ、ベルギーのUNIVERS ZEROの79年作『HERRESIE』をピックアップいたしましょう。

THIRD EAR BAND / ALCHEMY(1969)

試聴 Click!

呪術的なジャケットが、じわじわと怖いです!


「MEET THE SONGS」 第26回 THIRD EAR BAND『ALCHEMY』

【関連記事】

「MEET THE SONGS」 第26回 THIRD EAR BAND『ALCHEMY』

チェンバー・ロックの元祖と言われるTHIRD EAR BANDがハーヴェスト・レーベルより69年にリリースしたデビュー作『ALCHEMY 錬金術』をピックアップいたします。

②インパクト大!気色悪ジャケ

SAD CAFE / MISPLACED IDEALS(1978)

試聴 Click!

アメリカでは発禁になったとか。

TOE FAT / TOE FAT(1970)

試聴 Click!

印象的ではあるけれども。


第4回【秀逸ジャケ調査委員会】ヒプノシスのジャケットは総じてすばらしい。だが中にはこれはいかがなものかというものも…

【関連記事】

第4回【秀逸ジャケ調査委員会】ヒプノシスのジャケットは総じてすばらしい。だが中にはこれはいかがなものかというものも…

ヒプノシスのデザインしたすばらしいジャケット群。でも、なかにはアレなジャケットもあるわけで…

HYDRA / HYDRA(1974)

試聴 Click!

うわわ、ちょっとこれは・・・

GREATEST SHOW ON EARTH / HORIZONS(1970)

試聴 Click!

眼球ってよく見ると怖いですよね。

③人形ジャケ

IL CERCHIO MEDIANICO / UN’OPERA PROP DI STEFANO AGNINI(2017)

試聴 Click!

目が合ったら呪われそう。

CRESSIDA / ASYLUM(1971)

試聴 Click!

一つ一つ、並べていったんでしょうね。

MANFRED MANN CHAPTER THREE / VOLUME TWO(1970)

試聴 Click!

色使いがまた、不気味ですね。

④悪夢ジャケ

RAINBOW / DIFFICULT TO CURE(1981)

試聴 Click!

無表情が怖い!

GOLDEN EARRING / TO THE HILT(1976)

試聴 Click!

轢かれちゃうよ・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

如何でしたしょうか。暑くなってまいりましたので、オカルトなジャケでヒヤッとするのも良いかも知れませんね。

BLACK SABBATHの在庫

  • BLACK SABBATH / LIVE IN ASBURY PARK 1975

    75年8月5日のニュージャージーはアズベリ・パーク公演を収録したライヴ音源

    75年8月5日のニュージャージーはアズベリ・パーク公演を収録したライヴ音源。名作『サボタージュ』リリース間もない時期のライヴで、脂の乗り切ったライヴが楽しめます。

    • TOP12TOP GEAR

      2枚組、ボーナス・トラック含め全24曲収録。サウンドボード音源で音質クリア。ボーナス・トラックとして76年11月9日のSELLAND ARENA公演を収録。こちらもサウンドボード音源

  • BLACK SABBATH / BLACK SABBATH

    キーフが手掛けたジャケットからもイメージされる黒魔術的世界観をバックに、重く引きずるようなブルース・ロックを展開する70年1st!

    言わずもがな、LED ZEPPELIN、DEEP PURPLEとともに英国三大ハード・ロック・バンドにそびえ立つBLACK SABBATHが70年に放った偉大なる1st。ブルース/ジャズを基調としたヘヴィなサウンド、サタニックで暗黒なバンド・コンセプト。それらを掛け合わるということが当時としては革命的であり、のちに勃興するヘヴィメタルの元祖と称される所以である。暗黒時代の幕開けを告げるかのようなTony Iommiの不穏なリフが印象的。

  • BLACK SABBATH / PARANOID

    出世作と言える70年作2nd、インパクト抜群のジャケは前作に続きキーフ

    70年にVertigoレーベルよりリリースの2nd。グループを代表する「Paranoid」や人気ナンバー「War Pig」など、後のブリティッシュ・ヘヴィ・メタルへとつながる古典といえる名曲を多数収録した傑作。キーフによるジャケットも素晴らしい。

  • BLACK SABBATH / SABBATH BLOODY SABBATH

    シンセサイザーやメロトロンが彩るヘヴィ・サウンド、バンドが持つ叙情性が際立つ73年作

    オジー・オズボーン、トニー・アイオミを中心とする英国出身元祖ヘヴィ・ロック・グループ、73年作5th。ドラマティックな要素を推し進める一方で、多彩な楽器やアレンジを導入しており、実験性も感じられるアルバムです。「Sabbra Cadabra」では、印象的なリフを刻むTony Iommiのギター、Ozzy osbourneのハイ・トーン・ヴォーカルを軸とした疾走する前半部から、ゲスト参加Rick WakemanによるスペーシーなシンセサイザーとTony Iommiによる泣きのギターがメロディをユニゾンするスケールの大きな中盤部へと流れ込む展開がスリリング。終始、ダークなウネリを生み出しているリズム隊もポイント。全編を通して緩急を付けた楽曲展開が貫かれている他、メンバー3人によるシンセサイザー、メロトロン、フルートなどが随所に登場することで、彼らの持つ叙情性がこれまで以上に際立っています。名盤。

  • BLACK SABBATH / SABOTAGE

    75年作

  • BLACK SABBATH / NEVER SAY DIE !

    78年作

  • BLACK SABBATH / ETERNAL IDOL

    トニー・マーティンをヴォーカルに迎えた87年作

  • BLACK SABBATH / CALIFORNIA JAM 1974

    74年4月6日の米オンタリオでのカリフォルニア・ジャム・フェスティヴァル音源

    74年4月6日の米オンタリオでのカリフォルニア・ジャム・フェスティヴァル音源。クリアなサウンドボード音源。鼓膜を突き破るような音圧たっぷりのギターに悶絶。

    • TOP26TOP GEAR

      ボーナス・トラックとして73年のライヴ音源2曲+74年のライヴ音源1曲を収録

      レーベル管理上、ケース端に若干のヒビがある場合がございます。ご了承下さい。

「BLACK SABBATHの在庫」をもっと見る

GOBLINの在庫

  • GOBLIN / PROFONDO ROSSO

    GOBLINのデビュー作となったダリオ・アルジェント監督『サスペリア PART2』のサントラ盤、75年作

    ゴブリンの記念すべきデビュー・アルバムと75年作で、ダリオ・アルジェント監督の映画『赤い深淵 サルペリア2』のサウンドトラック。オープニングを飾るタイトル・トラックは、同時期にヒットしていたマイク・オールドフィールドの「チューブラー・ベルズ」を彷彿させるミニマルなキーボード・フレーズを軸に、イタリアらしいそそり立つように荘厳なハモンド・オルガンとシャープなドラムが冴え渡る代表曲。イタリアのヒット・チャートで52週間に渡りチャート・インを続け、イタリアだけで300万枚を売り上げた名作。

  • GOBLIN / SUSPIRIA

    ダリオ・アルジェント監督による傑作ホラームービーのサントラアルバム、77年リリース

  • GOBLIN / IL FANTASTICO VIAGGIO DEL BAGAROZZO MARK

    D.アルジェント作品のサントラ演奏で世界的に知られるイタリアン・ロック・グループ、78年4th

    イタリアン・シンフォニック・ロックの代表格バンドの78年4th。それまでインスト路線を貫いてきたわけですが、本作では初めてボーカルナンバーも配置され、およそGoblinのイメージとは遠い、とてもファンタジックなコンセプトアルバムとなっています。「Goblin=サスペリア」、「Goblin=サントラ」というのはもはや常識なわけですが、数は少ないながらサントラではない、いわゆる「オリジナルアルバム」も残しており、その貴重な1枚が本作と言うわけです。ビシバシにキメるリズム隊、そして、恐怖ではなく優美なファンタジーを描かせても超一流の表現が出来てしまう、引き出しが多すぎるClaudio Simonettiのキーボードがやはり圧巻。ボーカルを取り入れたことに対する賛否両論は、それだけバンドとしてのまとまりに隙が無いことの、なによりの証です。テクニカルさを駆使したシンフォニックロックとして最高の出来であり、Goblinの新たな一面を垣間見ることの出来る名盤。

「GOBLINの在庫」をもっと見る

UNIVERS ZEROの在庫

「UNIVERS ZEROの在庫」をもっと見る

SAD CAFEの在庫

「SAD CAFEの在庫」をもっと見る

GREATEST SHOW ON EARTHの在庫

  • GREATEST SHOW ON EARTH / GOING’S EASY

    70年にHarvestレーベルよりリリースされた2nd、英国らしい陰影に富んだ叙情美にアーシー&メロウネスを加えた淡い英ロック名作

    オルガン奏者やブラス隊を含む8人編成のグループ。70年にHarvestレーベルよりリリースされた2nd。Vertigoのオルガン・ロック勢にも通じる叙情美に、スプーキー・トゥースあたりに通じるアーシー&メロウネスを加えたデビュー作の魅力はそのままに、引きずるようなヘヴィネスが増した印象。R&B、ジャズ、ハード・ロック、ブリティッシュ・フォークなどがごった煮になったサウンドはこのグループならではの魅力。英ロックのファンは必聴の逸品です。

「GREATEST SHOW ON EARTHの在庫」をもっと見る

CRESSIDAの在庫

  • CRESSIDA / ASYLUM

    71年にVertigoレーベルよりリリースされた2nd、英オルガン・プログレの大傑作!

    VERTIGOレーベル発のブリティッシュ・ロックを代表するグループの71年作2nd。KEEFの手によるジャケットアートがよく知られているその内容は、前作のポップ・センスはそのままに、より起伏に富んだアンサンブルで聴かせる作品であり、英国然としたジェントルな気品に満ちた質感と湿り気が特徴的な名作です。コロコロと転がっていくクラシカルなオルガン・ワークを中心にした渋いアンサンブルを放っており、また、ブルージーに泣くギターや所々でドラマチックに楽曲を彩るストリングス・セクション、ブラス・セクションも素晴らしく、英国ロックの奥深さと味わいを伝えています。

  • CRESSIDA / VERTIGO YEARS ANTHOLOGY 1969-1971

    VERTIGOレーベルを代表する名オルガン・ロック・バンド、全2作品に未発表音源/BBC音源等を加えたアンソロジー

    ヴァーティゴ・レーベルを代表するバンドの一つCRESSIDAの、ヴァーティゴ時代に残された音源に新規リマスターを施しCD2枚にまとめたアンソロジー。名作として知られる2作品をそれぞれのディスクに収め、未発表音源とBBSセッション音源の計5曲が収録されており、スタジオ作と変わらぬリズミカルな演奏の上をいぶし銀のハモンドが駆け巡る、英プログレ好きには堪えられない渋味満点のアンサンブルが楽しめます。さらに特筆なのが、どういうわけか1stと2ndはそれぞれ曲の収録順がオリジナルと異なっている点で、さらにさらにそれがちゃんとアリな曲順となっているのが面白いところです。12年新規リマスター音源という以上に、彼らの作品に新鮮な形で接することができるところに魅力を見いだせるアンソロジー集です。

「CRESSIDAの在庫」をもっと見る

MANFRED MANN CHAPTER THREEの在庫

  • MANFRED MANN CHAPTER THREE / VOLUME ONE

    Manfred Mannによる第2のリーダー・バンド、サックスやフルートが活躍する英ジャズ・ロック・プログ・サウンド、69年1st!

    マンフレッド・マンの解散後、メンバーだったマンフレッド・マンとマイク・ハグが中心となり新たにスタートさせたマンフレッド・マン・チャプターIIIが、69年に名門ヴァーティゴ・レコードよりリリースしたファースト・アルバム。サックスやフルートなどの管楽器を加えたそのジャズ・プログレッシヴ・サウンドは、混沌とした60年代末のブリティッシュロックシーンを如実に表わしている。日本初CD化。(帯より)

  • MANFRED MANN CHAPTER THREE / VOLUME TWO

    重厚なブラス・セクションとオルガンが絡みあう英国ジャズ・ロックの名盤、70年作2nd

    ビート・グループから発展した英国のロック・バンド、ヴァーティゴよりリリースされた70年作2nd。ギターレス編成でブラス・セクションを前面に押し出した自由度の高いジャズ・ロックが特徴。時に重厚に、時にヒステリックに唸りを上げるブラス・セクションを先頭に、強い打撃が印象的なドラム、変幻自在なベースライン、焦燥感を煽るスペーシーなオルガンが一体となり、テンション溢れるアンサンブルを奏でます。ダークな雰囲気を湛えたヴォーカルも素晴らしい。ジェントリーなメロディも随所に取り入れており、緊張感の高い作品でありながら取っ付きにくさはありません。英ジャズ・ロックを代表する名盤。

「MANFRED MANN CHAPTER THREEの在庫」をもっと見る

RAINBOWの在庫

  • RAINBOW / RAINBOW

    75年1st

  • RAINBOW / RISING

    リッチー、ロニー、コージーの三者のパフォーマンスが激しくぶつかり合う初期の名盤、76年作2nd

    DEEP PURPLEを脱退したリッチー・ブラックモアを中心に結成された英ハード・ロック・グループ、76年作2nd。前作発表後、ロニー・ジェイムズ・ディオを除くメンバー3人がリッチーにより解雇され、コージー・パウエル等が加入。後半に配されている大作2曲に象徴されるように、演奏面が飛躍的に向上、迫力のインプロヴィゼーションが繰り広げられるスケールの大きなハード・ロック作となりました。ツーバスを駆使したパワフルなコージーのドラム、スケールが大きくオリエンタルな旋律を奏でるリッチーのギター、中世の世界観を鬼気迫る迫力で表現するロニーのヴォーカル。三者が時に重厚に、時に激しくぶつかり合う様は圧巻です。クラシカルなキーボードも貢献大。後のヘヴィ・メタル・シーンにも大きな影響を与えた名盤。

  • RAINBOW / ON STAGE

    77年作

  • RAINBOW / FINYL VINYL

    歴代ヴォーカリスト3人の在籍期をまたぐライヴ・ベスト、全15曲

「RAINBOWの在庫」をもっと見る

GOLDEN EARRINGの在庫

  • GOLDEN EARRING / 50 YEARS ANNIVERSARY ALBUM

    61年結成、今も現役で活動するオランダを代表するポップ・ロック/プログレ・グループ、50周年コンピレーション、50曲入り

「GOLDEN EARRINGの在庫」をもっと見る

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

文・後藤秀樹

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。